ハイタック さん プロフィール

  •  
ハイタックさん: セミリタイア生活の日記
ハンドル名ハイタック さん
ブログタイトルセミリタイア生活の日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/haitacs/
サイト紹介文日常のなにげない出来事、趣味、本のことなどを、気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 70日(平均4.2回/週) - 参加 2017/07/14 08:17

ハイタック さんのブログ記事

  • 「気持ち」をテーマにしたお勧めの曲
  •  今回は、「心」をテーマにした曲を紹介します。気持ち、きもちなどをキーワードに曲を検索してみて、気に入ったものを6曲選びました。  Charaさんは1991年に「Heaven」でデビュー。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感により人気を得て、ファッションでも注目を集め、 1996年には女優として出演した映画「スワロウテイル」が公開され、劇中のバンドのボーカルとして参加して制作されたテーマソング「Swallowtail Butterfly [続きを読む]
  • 九州産業大学学食の唐揚げ定食
  •  大学の学食は、一般の人が入ることができるところがほとんどと思うのですが、私は福岡市東区にある九州産業大学の学食をときどき利用します。  学生時代を思い出しても、お金のない私にとって、学食は「命の綱」のような存在でした。お安くて、ボリュームもあり、家でインスタントラーメンやカップ麺を食べていても、学食で栄養素を取っていたような時期もあったことが、懐かしく思い出されます。  唐揚げ定食(410円)を食べ [続きを読む]
  • 「話し方」を考えるのにお勧めの本
  •  「話し方」の本をみると、次のようなことがポイントのようです。聞きやすい声の出し方(声の高さ、声のスピード、上手な抑揚、相手目線の声)聞きやすい話し方のコツ(誰とでも仲良く話せる技、人から信頼され、深くつながれる技、自分の思いを上手に人に伝える技、大切な人のモチベーションをアップさせやる気になってもらう技、たくさんの人の前で話をして聞いている人たちを魅了する技、10秒で人の心をつかむ技、チャンスを生 [続きを読む]
  • 「心」をテーマにしたお勧めの曲
  •  今回は、「心」をテーマにした曲を紹介します。心、KOKORO、にじ、HEARTなどをキーワードに曲を検索してみて、気に入ったものを選びました。  平井真美子は作曲家でピアニスト。CMソングやテレビ番組のテーマ曲や挿入曲を提供しています。最近では、テレビドラマの「過保護のカホコ」や、映画「いつまた、君と 〜何日君再来〜」の音楽担当をしています。NHKテレビの「にっぽん縦断こころ旅」では、テーマ曲「こころたび」(歌 [続きを読む]
  • サザエさんの像
  •  福岡市の早良区にサザエさん通りという通りがあります。福岡市早良区の脇山口交差点から、シーサイドももち海浜公園入口までの道路約1.6 キロの通りです。  「サザエさん」の作者である長谷川町子さんは、幼少期、戦中戦後を福岡で過ごしたそうです。福岡市そして早良区は、サザエさんが生まれ育ったゆかりの地で、長谷川町子さんとの関わりが深いまちです。漫画「サザエさん」が福岡市の「夕刊フクニチ」に掲載されていた頃の [続きを読む]
  • 「会議」を考えるのにお勧めの本
  •  「会議」の意味を改めて調べると「関係者が集まって相談をし、物事を決定すること。また、その集まり。」とあります。関係者は誰になるか、つまり誰を呼ぶかによって会議の内容は変わってきます。また、何の相談をし、何の物事を決定し、または何を伝えるのか、会議の目的を明確にしなければなりません。会議の場での進め方も重要です、いつ集まるか、会議時間はどのくらいか、誰が進行役(ファシリテーター)を勤め、誰の発言を [続きを読む]
  • 奥華子というシンガーソングライター
  •  奥華子さんは地元である千葉県を中心に路上ライブを始め注目を集め、インディーズ時代からメジャーデビュー後の数年間ほど、精力的に路上ライブを続けていました。首都圏以外に遠征する際も路上ライブを数多く行っていました。 現在でも、無料ライブという形で活動を続けています。また、多数のCMソングの作詞・作曲・歌唱を担当しています。 トレードマークの赤いメガネは、レンズのない枠だけのメガネです。 事務所の社長に顔 [続きを読む]
  • 「博多ラーメン膳」のおいしいラーメン
  •  「博多ラーメン膳」のラーメンは、HPによると、こだわる豚骨スープで、豪快でありながらもなめらかな味わいとなるよう頑固なまでに風味にこだわり、磨きをかけてきたそうです。麺は小麦の美味しさ、食感を最大限に生かしたオリジナルです。タレ、チャーシューは自家製をご用意。九州人にピッタリな味を追い求めています。 特に、おいしいラーメン(280円)は、ラーメンを気軽に食べてれるようにしてくれる店のプライドのような [続きを読む]
  • 「仕事術」を考えるのにお勧めの本
  •  「仕事術」は仕事をしていれば、徐々に見に付くもののようですが、実際は心に余裕を持って常に自分の「仕事術」を客観的に見直すことで、大きな差が出来ると思います。「仕事術」と言っても、取り上げた本だけ見ても、ハウツー的なもの、仕事の進め方の枠組み的なもの、スピードを重点にしたもの、仕事の教わり方についてのものなど、いろんな観点のものがありました。常にアンテナを張って、新しい「仕事術」も取り入れるのも、 [続きを読む]
  • 「虹」をテーマにしたお勧めの曲
  •  今回は、「虹」をテーマにした曲を紹介します。虹、にじ、rainbowなどをキーワードに曲を検索してみて、気に入ったものを選びました。  Aqua Timezは2003年結成した太志(フトシ/Vocal)、OKP-STAR(オーケーピースター/Ba)、大介(ダイスケ/Gt)、mayuko(マユコ/Key)、TASSHI(タッシー/Dr)からなる5人組バンド。希望、愛情、悲しみ、切なさなど普遍的でありながらも強烈なメッセージ性を持った歌詞とそれをより一層感情にうった [続きを読む]
  • 博多えびすの山ちゃん鯛焼
  •  福岡県新宮町三代の国道3号沿いにある「山ちゃんうどん」といううどん屋さんがあります。その隣に「山ちゃん鯛焼えびす」というたい焼きの専門店があります。お城の上部ような建物ですので、かなり目立っています。  黒あん、白あん、カスタード、きなこ、白玉、チーズなどいろんな味が楽しめます。期間限定で、レモンクリーム(180円)もあり、これと黒あん(170円)を一匹づづ買いました。  店内で作っていて、作る様子もガ [続きを読む]
  • 「起業」を考えるのにお勧めの本
  •  「起業」は、なにで起業するのかを決め、見つけたアイデアをどう実現するか考えて、ネットビジネスを始め利用できるものを見極め、自分の仕事をどこに集中するか考えるといったことが重要です。特にスモールビジネスの起業では、いかに差別化して特徴を出し、ネットをどう使い、内容によってはアウトソーシングした方が効率化できるか判断するかがポイントのようです。  最近人気があった「起業」を考えるのに参考となる本6冊を [続きを読む]
  • 「月」をテーマにしたお勧めの曲
  •  今回は、「月」をテーマにした曲を紹介します。月、ムーン、moonなどをキーワードに曲を検索してみて、気に入ったものを選びました。  絢香さんは2006年2月1日「I believe」でデビューしたシンガーソングライターです。 2014年には「にじいろ」がNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌となりました。  「 三日月」はデビューした2006年9月にリリースされた4曲目のシングルで、作曲が西尾芳彦さんと共作、作詞が本人に [続きを読む]
  • 石井氷店のかき氷
  •  まだまだ暑い夏、冷たいかき氷が楽しみです。今年のかき氷の第三弾です。  福岡市東区香椎の西鉄高架下にある石井氷店のかき氷は、器がプラスチックですが、いろんな種類があり、リーズナブルなお値段で、トッピングもできます。スプーンだけでなくストローも付ているので、溶けた氷水も最後まで飲めます。  レモン味にパイナップルをトッピングしたものをいただきました。250円でした。さすがに製氷屋さんのかき氷なので、キ [続きを読む]
  • 「台所」を考えるのにお勧めの本
  •  「台所」は勝手、炊事場、キッチンなどとも言いますね。外食関連などの調理をする場所は厨房とも言いますが、この言葉は中国語では台所の意味もあるようで、「男子厨房に入らず」は台所の意味の使われています。  このように、いろんな言い方がある台所ですが、あらためて辞書で引くと「家の中で食物の調理や炊事をする場所」のありました。でも、料理するだけでなく、片付けする場所、食品・食器・調理器具・調味料などを保管 [続きを読む]
  • 「太陽」をテーマにしたお勧めの曲
  •  今回は、「太陽」をテーマにした曲を紹介します。太陽、タイヨウ、Sunなどをキーワードに曲を検索してみて、気に入ったものを選びました。  andymoriは2007年から20014年まで活動した3人組(ボーカル・ギター、ベース、ドラムの編成)のロックバンドです。グループ解散後、メンバー1人加えてAL(アル)という新しい音楽バンドになっています。andymoriのバンド名はアンディ・ウォーホルと「メメント・モリ」(藤原新也によるイ [続きを読む]
  • とんかつ松乃屋の得朝ロースかつ定食
  •  牛めしで有名な松屋が経営する「とんかつ松乃屋」を知っていますか。福岡市内では天神北のバス停の北寄りにあります。ロースかつ定食などが、リーズナブルに500円からで食べられます。 さらに、午前11時までは、得朝ロースかつ定食が超リーズナブルに400円であります。お肉の量が90グラムから70グラムになりますが、量も充分満足できます。味噌汁も付いていて、キャベツも結構大盛りなのも嬉しいです。「松のや」というのもあり [続きを読む]
  • 「ミニマルライフ」を考えるのにお勧めの本
  •  「ミニマル」は「非常に少ない量、特に可能な限り最も少ない量」」のことです。これに似ている「ミニマム」は「ある定められた範囲における最小限」のことです。ですので、ミニマルライフとは、「最小限のものしか持たない暮らし」ではなく、「自分価値観で選んだ最適量との暮らし」だと言えます。  例えば、自分の好きな趣味のものなど自分にとって必要なモノであれば持っておくのはOK。つまりいろんな価値観の持たない暮らし [続きを読む]
  • 熊木杏里というシンガーソングライター
  •  熊木杏里さんは、映画・テレビの主題歌やCMソングを数多く作っているシンガーソングライターです。「星」をテーマにした曲をお勧めした時、「星を追う子ども」の主題歌「Hello Goodbye & Hello」で知りました。 名前の由来は出身地の長野県更埴市(現・千曲市)の観光名所「あんずの里」より採られた本名だそうです。愛称は「あんりこ」。人生を反映させた唯一無二の詩世界とフォークソングをベースにした音楽性、そして透明感 [続きを読む]
  • もち吉の昔ながらのアイスキャンディ
  •  もち吉の博多本店に「久助こわれせんべい」を買いに行ったついでに、店舗内でアイスキャンディを買って食べました。食べたのは小豆味です。北海道産の十勝大豆をたっぷり使い、上品な甘さに仕上げていて、水は店舗でもミネラルウォーターとして扱っている福智山地下深層水の「力水」を使っているそうです。冷蔵庫から出して直ぐ食べたので、しっかり固められたままで歯ごたえがありました。  小豆味のほか、ミルク味、ソーダ味 [続きを読む]
  • 「記憶法」を考えるのにお勧めの本
  •  記憶法は勉強だけでなく、仕事や日常生活においても必要ですよね。どのように記憶すればいいのか、忘れないか悩みませんか。「記憶法」を考えるのにお勧めの本を紹介します。もっと早く知っていれば良かったと思う人も多いのではないでしょうか。いろんな記憶法があり、自分に合った記憶法を見つけることができれば、得することもあると思いますので、参考にして下さい。  最近人気があった「記憶法」を考えるのに参考となる本6 [続きを読む]
  • 「星」をテーマにしたお勧めの曲
  •  今回は、「星」をテーマにした曲を紹介します。街中に住んでいると、星や流れ星を眺めることはあまりないのですね。セカオワの歌詞のように、「それはまるで僕達の文明が奪った夜空の光の様に」です。最近では、ストロベリームーンの時に、夜空を見上げて星を眺めたぐらいです。それで、星をテーマにした曲を検索してみて、気に入ったものを選びました。  SCANDALはボーカル&ダンススクールの講師の誘いをきっかけに結成された [続きを読む]
  • 和菓子処「兎月」のかき氷
  •  福岡市六本松にある和菓子処「兎月(とげつ)」は、昭和十二年創業以来、六本松で八十年やってる和菓子屋さん。初代から受け継いだ甘酒万十から、いちごつつみ、饅頭・大福も揃えています。  ショーケースには、定番のものから、季節ならでは和菓子が並べられています。1個が110円から150円のものが多いです。  ここも夏場はかき氷をやっています。お持ち帰りもできますが、店内にあるイートインのコーナーで食べられます。こ [続きを読む]
  • 「勉強法」を考えるのにお勧めの本
  •  勉強は中学・高校・大学の受験だけでなく、大人になっても免許取得、資格試験、検定試験などでも必要ですよね。どのように勉強すればいいのか、自分をどうコントロールすればいいのか悩みませんか。「勉強法」を考えるのにお勧めの本を紹介します。本に書いてることが全部できたら、スゴイことになりそうですね。でも、本によっても書いていることは多少違うし、自分に合った勉強法があると思います。まあ、ある程度の年齢になっ [続きを読む]
  • 「母」をテーマにしたお勧めの曲・動画
  •  今回は、「母」をテーマにした曲や動画を紹介します。きっかけは、押尾コータローさんの「MOTHER」が曲と動画が気に入ったので紹介したいと思ったからです。自分のことと重なる部分は少ないですが、物語として感動しました。それで、母をテーマにした曲・動画を検索してみて、気に入ったものを選びました。  ギターリストの押尾コータローさんの「MOTHER」は、せつないギターのメロディとともに流れるPVの物語の画像が素敵です [続きを読む]