ハイタック さん プロフィール

  •  
ハイタックさん: セミリタイア生活の日記
ハンドル名ハイタック さん
ブログタイトルセミリタイア生活の日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/haitacs/
サイト紹介文日常のなにげない出来事、趣味、本のことなどを、気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 15日(平均9.8回/週) - 参加 2017/07/14 08:17

ハイタック さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「星」をテーマにしたお勧めの曲
  •  今回は、「星」をテーマにした曲を紹介します。街中に住んでいると、星や流れ星を眺めることはあまりないのですね。セカオワの歌詞のように、「それはまるで僕達の文明が奪った夜空の光の様に」です。最近では、ストロベリームーンの時に、夜空を見上げて星を眺めたぐらいです。それで、星をテーマにした曲を検索してみて、気に入ったものを選びました。  SCANDALはボーカル&ダンススクールの講師の誘いをきっかけに結成された [続きを読む]
  • 和菓子処「兎月」のかき氷
  •  福岡市六本松にある和菓子処「兎月(とげつ)」は、昭和十二年創業以来、六本松で八十年やってる和菓子屋さん。初代から受け継いだ甘酒万十から、いちごつつみ、饅頭・大福も揃えています。  ショーケースには、定番のものから、季節ならでは和菓子が並べられています。1個が110円から150円のものが多いです。  ここも夏場はかき氷をやっています。お持ち帰りもできますが、店内にあるイートインのコーナーで食べられます。こ [続きを読む]
  • 「勉強法」を考えるのにお勧めの本
  •  勉強は中学・高校・大学の受験だけでなく、大人になっても免許取得、資格試験、検定試験などでも必要ですよね。どのように勉強すればいいのか、自分をどうコントロールすればいいのか悩みませんか。「勉強法」を考えるのにお勧めの本を紹介します。本に書いてることが全部できたら、スゴイことになりそうですね。でも、本によっても書いていることは多少違うし、自分に合った勉強法があると思います。まあ、ある程度の年齢になっ [続きを読む]
  • 「母」をテーマにしたお勧めの曲・動画
  •  今回は、「母」をテーマにした曲や動画を紹介します。きっかけは、押尾コータローさんの「MOTHER」が曲と動画が気に入ったので紹介したいと思ったからです。自分のことと重なる部分は少ないですが、物語として感動しました。それで、母をテーマにした曲・動画を検索してみて、気に入ったものを選びました。  ギターリストの押尾コータローさんの「MOTHER」は、せつないギターのメロディとともに流れるPVの物語の画像が素敵です [続きを読む]
  • 味の正福の本日の魚唐揚げ定食
  •  福岡アクロスの地下2階にある新鮮な魚介類を使用した料理に定評の「味の正福 アクロス福岡店」に行きました。「本日の魚唐揚げ定食」(1080円)を注文しました。その日によって違う種類の魚をからっと揚げたものを、醤油ベースのタレにネギ・人参などの薬味を入れて、これにつけながら、一口サイズの部分をタレの付け具合を調整しながら食べました。美味しかったです。  写真の後ろの方に、魚の三枚おろしの真ん中部分で骨があ [続きを読む]
  • 日野原先生の書かれたお勧めの本
  •  医師の日野原重明さんは、聖路加国際病院名誉院長で100歳を超えてもなお多彩な活躍をされてきました。自分の考えをいろんなことを自ら実践されて、頭が下がる思いです。18日に亡くなったというニュースを知り、ご冥福をお祈りしつつ、先生の最近作と人気があった本8冊を発行順に紹介させていただきます。  1冊目の「今日すべきことを精一杯!」は日野原先生の最近作です。「将来のことをいたずらに思い煩わず、今日すべきこと [続きを読む]
  • 山笠の集団山見せに行ってきました
  •  博多祇園山笠の7月13日の集団山見せに行ってきました。出発地点である呉服町交差点付近では、天神(福岡市役所)までの明治通り(往路)に向かう舁き山が、一番山笠を先頭に七番山笠までが順々に出発していきます。  ここでは、全部の舁き山が一堂に介するので、今年の飾り付けの違いもじっくりと見ることができます。この日に限り、知名士が台上がりを務め、棒さばき役の各流総務ともども舁き手を叱咤激励するそうです。手発前 [続きを読む]
  • 「定年後」を考えるのにお勧めの本
  •  定年後にどのように生きるかは、第二の人生といわれるように、これまでの生き方に縛られないけど、どうしていけばいいか分からいところがありませんか。 お金、健康、生きがい、楽しみ、周囲との関わりなどいろんなテーマで定年後の生活の仕方を考えますよね。  最近人気があった「定年後」を考えるのに参考となる本6冊を発行順に紹介します。  1冊目の「文庫 定年後のリアル (草思社文庫)」の著者である勢古浩爾さんは、人 [続きを読む]
  • 蜂楽饅頭のかき氷
  •  九州にある蜂楽饅頭は、先々代社長が当時、養蜂業を営み、蜂蜜を使った商品を考えていて蜂楽饅頭を考案したそうです。蜂楽饅頭の餡子には増粘材や保存料を一切加えていないそうです。豆は餡子の状態になるまで時間と手間をかけて、じっくり炊き上げ、砂糖を入れ練り上げるそうです。昔ながらの手作りだから、味の深み、おいしさが違います。  福岡市早良区西新あるお店に行きました。蜂楽饅頭(100円)には、黒あん、白あんがあ [続きを読む]
  • JABBERLOOP(ジャバループ)というクラブジャズ・バンド
  •  JABBERLOOP(ジャバループ)は、クラブジャズ・バンド。2004年2月に京都で5人編成で結成され、関西を中心に活躍していましたが、2005年8月に東京を活動拠点に移し、全国各地の公演に加え、最近では台湾、上海の海外公演も行っています。メンバーの変遷もありながら、現在4人組となっています。楽器はトランペット、サックス、キーボード、ベース、ドラム(現在サポート)の構成です。多くのアルバムをリリースしていていますが、同 [続きを読む]
  • 「身近な人との別れ」を考えるのにお勧めの本
  •  身近な人が高齢になったり、死が間近になったとき、「身近な人との別れ」を間近なものとして考えるようになります。予期しない別れもあるでしょうが、穏やで後悔しない別れとするために参考となる本や、身近な人が亡くなってしまった後の手続きに参考となる本など、最近人気があった「身近な人との別れ」を考えるのに参考となる本6冊を発行順に紹介します。  若い時にはあまり意識しなかったことですが、どのような別れができれ [続きを読む]
  • ヤフオクドームに行ってきました
  • 昨日、ヤフオクドームでのソフトバンク対楽天戦のナイターに行ってきました。クラブホークス会員なので、通常の入場時間より1時間早い15時半に球場に入れました。入ったとき、ホークスの打撃練習の最後のようで、柳田とデスパイネの二人が打ってました。以前来たときもこの二人が一緒でした。デスパイネはホームランもありでまあまあの感じでした。柳田は相変わらず調子がいいようで全方向にホームランを打ってました。柳田のこ [続きを読む]
  • 松井祐貴というギタリスト
  •  松井祐貴さんはギター奏者で、 ソロ・ギター界の若き貴公子と言われ、早くからオリジナル曲を書き、演奏はもとより、その作曲センスも高く評価されています。ギターを叩きリズムをキープしながら、コードとメロディを同時に奏でる特殊奏法から生まれる音楽は、ギター1本のみで演奏されているとは思えないダイナミズムを持っています。ダウンストローク(低音弦側から高音弦側に向けて垂直にかき鳴らす奏法)と同時にボディを叩い [続きを読む]
  • 「女性ファッションの基本」で読むのにお勧めの本
  •  正直、ファッションのことはよく分かりません。特に女性のファッションになるとなおさらです。でも、厳選した服を上手く着まわして、自分に合ったおしゃれすることは、何となく分かります。自分でも、気に入ったブランド(Coen)の色違いのシャツやボトムを揃えたりしてます。(おしゃれの基本とは違うかな?) 女性ファッションの基本が分かる、最近人気がある本6冊を発行順に紹介します。  1冊目の「服を買うなら、捨てなさ [続きを読む]
  • ミュージシャンとしての松下奈緒
  •  松下奈緒さんはご存じの女優です。2010年に連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」(NHK)で主演し、その後もドラマなどで活躍されています。そして、作曲、ピアノ演奏、歌手もされるミュージシャンとしても活躍されています。東京音楽大学(ピアノ専攻)が出身校ですので、さすがに上手いのピアノ演奏です。一度、ソロのコンサートを見に行ったことがありますが、気品のあるピアノ演奏と優しい声に魅了されたことを思い出します。   [続きを読む]
  • 「海外旅行記」で読むのにお勧めの本
  •  国によって自然・文化・習慣などが異なります。それは、旅の難しいところであり、旅の面白いところですね。行きたいですよね。でも、実際に海外に旅行するには、時間もお金もリスクもかかります。それでは、海外旅行記を読んで疑似体験させていただきましょう。もちろんガイド本としても利用できますが・・・・・。今回は、海外旅行記から気に入った6冊を発行順に紹介します。   最初の「幻獣ムベンベを追え」はノンフィクショ [続きを読む]
  • 今日のブランチ
  •  リトルマーメイドというパン屋さんで、ブランチを食べました。厳密にはこれはブランチ(朝食と昼食を兼ね備えた食事)ではなく、朝食と昼食の10時頃の間食です。自分ながら食欲旺盛。 塩バターパンとジンジャーエールです。塩パンもありましたが、食べたことがあったので、塩バターパンに挑戦してみました。塩パンほどのあっさり感はないですが、2つの味の重なり具合を楽しめました。 実はパンが少し小さくなっています。写真 [続きを読む]
  • 「国内旅行記」で読むのにお勧めの本
  •  日常生活を忘れて旅にでること。それは体と心に栄養を与えてくれます。旅行はときどき定期的に行いたいですよね。知らないところ訪ねたり、のんびりと旅先で過ごしたり、美味しいものを探したり、いろんな旅の仕方があると思います。今回は、国内旅行記から気に入った6冊を発行順に紹介します。  最初の「貧困旅行」は漫画家・随筆家のつげ義春による昭和40〜50年代頃の紀行13編です。著者は月間漫画「ガロ」を舞台に活躍した [続きを読む]
  • 秋山暁子というピアニスト
  •  秋山暁子さんは千葉県在住のピアノ奏者で、オリジナル曲をはじめ童謡、ジャズなどを演奏されています。オリジナルのピアノ曲は自然や風景からインスピレーションを得て制作されたものが多いようです。また、数多くの曲をYouTubeに画像付きでアップされ、オリジナル曲収録のCDも制作されています。ステージは、単独演奏に加え、様々なジャンルのジョイントも積極的にされているようです。    気に入った曲を順番に紹介します [続きを読む]
  • 「99%の人が知らないこの世界の秘密」という本
  •  著者の内海聡氏の肩書は、Tokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長でもあります。これまでの著書では、「1日3食をやめなさい!」2014/7/25発行、「[断薬]のススメ」2015/3/14発行、「医学不要論」2015/4/17発行、「病気にならない「強い体」をつくる食べ方」2016/9/30発行などの医学・医療についての問題を指摘した多くの著書があります。その中には「医学の9割は不要」、「抗うつ薬は神経毒である」などの主張があ [続きを読む]
  • 過去の記事 …