タカカズ さん プロフィール

  •  
タカカズさん: まっすぐ歩いてゆけたなら
ハンドル名タカカズ さん
ブログタイトルまっすぐ歩いてゆけたなら
ブログURLhttp://massuguaruite.blog.fc2.com/
サイト紹介文まっすぐ歩けている時にはおそらく必要のない言葉たちです。脇道にそれた時などにそっと覗いてみてください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 69日(平均2.5回/週) - 参加 2017/07/14 06:33

タカカズ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 生きる
  • 生きることは傷つくということなのだとふと心でつぶやいてみたそうすることによって傷ついた心に覆いかぶさるように何かか胸の内にわき上がるそう生きるということは傷つくということたくましく堂々と胸を張り目を輝かせるそれらはみな生きるということではない生きるということは嘆き悲しみ足掻き彷徨いそして辿り着くこと傷ついた心の果てに見出したものを今は役に立たなくともいつかは役に立つと信じて命を明日へとただ繋ぐそれ [続きを読む]
  • わたしを守るために
  • 間違っているか正しいかで言えばわたしはきっと間違っているのだろうだからわたしのやることは正しさとはかけ離れたものでそんなわたしがそれは間違っている正しくないと憤ったところで無意味なんだと思う正しいからやるんじゃないわたしがやりたいと思ったからそれをするんだそこに意味とか正当性とかをこじつけようとするとそれはやがて自分自身に痛みとなって跳ね返ってくるわたしの命はもっと自由に使いたい何をやっても正しく [続きを読む]
  • すべては
  • 咲くことのない花ならばせめてつぼみのままで長くあろうつぼみのまま枯れ果てたとしても確かにそこにいのちが存在していたという事実は変わらないまっすぐに花開くことなくつぼみのままでしかいられなかった誰かが言っていた念ずれば花開くとだけどわたしは言う花開かなくともつぼみのままでもそれはいのち弱肉強食の世界で命の尊さを語ったところできっと根本ではそれは無意味なことなのかもしれないいのちはただそこにあるだけ価 [続きを読む]
  • かわいそうと思うなら
  • フライパンがかわいそういつも炎でじゅうじゅう焼かれてフライパンはかわいそう靴ってとってもかわいそうみんなに足を突っ込まれたうえ上からぎゅうぎゅう踏みつぶされる靴ってとってもかわいそうトイレがとってもかわいそういつもいつもきたないものをかけられちゃってトイレはとってもかわいそう車がとってもかわいそう毎日毎日嫌になるほど走らされて車はとってもかわいそうかわいそうだと思ってしまえばどんなものでもかわいそ [続きを読む]
  • 吹き抜けろ
  • 風に木の葉が揺れているさわさわさわと心地よい音広がるよわたしの心も風になれ穏やかに吹く風になれさわさわさわと心地よい音鳴らしつつ街のざわめき村ののどかさみんなの心を吹き抜けろ明日へ向かって吹き抜けろ [続きを読む]
  • ちり
  • この喫茶店はいつもいつもちり一つたりとも落ちていないきれいすぎると落ち着かないって言う人だっているけれどこの喫茶店はほんとにほんとに落ち着くのほんとにちり一つたりとも落ちていないのこれがほんの一つでも落ちていたらこれほど心が落ち着くことなどないのじゃないかとそう思うわたしもちりを落としたい心のちりを落としたいちり一つないほどきれいになれればみんなの心も穏やかにできちゃうような気がするの [続きを読む]
  • がらくた
  • がらくただけどわたしにとっては宝物がたくたみたいな心だけれどわたしにとっては宝物みんなみんな実はがらくた自分の心ががらくただってそう思ってるきっとそうがらくただけど大事に大事にしていたいがらくただから大事に大事にしていたいみんなみんな自分の心は大事に大事にしていたい [続きを読む]
  • 威風堂々
  • 威風堂々胸を張れ情けないとこいっぱいあるし弱いところもいっぱいあるそれでも前みて歩くなら威風堂々胸を張れいいとこだっていっぱいあるさ自分じゃ気付いてないようなあなたのいいとこまわりのみんなが知っている威風堂々胸を張れ何にも恥じることはない威風堂々胸を張れ何にもわかってない人がカラ元気だと似合ってないと指さそうとも胸を張れそれこそ威風堂々だ [続きを読む]
  • まがってもゆがんでも
  • まがっちゃったゆがんじゃったこんなお茶碗発表会には出せないやそう思って自作の茶碗の発表会には出すことなくしまい込んだまがったゆがんだお茶碗だけどある日友達たずねて来てね料理を振る舞うことになったんですちょっと茶目っ気だしてみてまがったゆがんだお茶碗にご飯を盛って差し出すといい茶碗だねと友達はとってもとっても嬉しそうで楽しそうそれみて思ったまがったゆがんだお茶碗だってだれかを笑顔にできるんだ [続きを読む]
  • ひとつ
  • ひとつひとつ終わらせていこうやるべきことはひとつひとつ終わらせていこう一度にいろいろやらなくちゃって焦ることもあるけれどほんとにやるべきことはただひとつひとつひとつ終わらせていこうやるべきことはただひとつなのだから慌てずにひとつひとつ [続きを読む]
  • 善と悪
  • 善って何ってたずねられたらわたしはこう答えますいのちを大事にすることです悪って何ってたずねられたらわたしはこう答えますいのちに乱暴することです自分のいのちに他のいのちにあなたは乱暴していませんか投げやりになるその気持ち自分自身のいのちに対する乱暴は他のいのちにも乱暴はたらく引き金になるとわたしはそう思います自分のいのちを大切に自分のいのちを精いっぱいに慈しめばそれはやがてめぐりめぐって他のいのちを [続きを読む]
  • ていねい・穏やか・清らか
  • 何をやったらいいかわからなくなったときはていねいに生きようやらざるを得ないことがすぐに目の前にくるからそれをていねいにやりとげようていねいに何かすると心が清らかになってくれる心が清らかになると迷いがぜんぶ吹っ切れるていねいに生きよう迷ったときこそ雑にならずていねいに生きよう穏やかに生きよう清らかに生きよう [続きを読む]
  • たったひとつダメなこと
  • へこたれたっていいじゃないくじけちゃってもいいじゃない挫折しちゃっていいじゃないへこたれないとわからないことくじけないとわからないこと挫折しないとわからないこといっぱいいっぱいあるからね失敗したっていいじゃない失敗しないとわからないこといっぱいいっぱいあるからね回り道でもいいじゃないそのぶんきっといろんな景色を眺めることができるでしょでもでも絶対ダメなことたったひとつあるんですいのちを自分で捨て去 [続きを読む]
  • 雑草
  • 庭でひなたぼっこをしていると一本の雑草がその日やたらと気になったその次の日雑草はやっぱりそこにあったその次の日にも雑草はやっぱりそこにあったぼくはどんどんその雑草が気になり始めた雑草はやがて大きく伸びてきたちょっとうっとおしくなっていっそのこと引っこ抜いてやろうかと思ったこともあったけど少し触れるだけでやめておいた雑草はたくましく生え続けたやがて少しずつ枯れてきたけどそれでも雑草は長いことたくまし [続きを読む]
  • 生きているって
  • 生きているって素晴らしい生きているって難しい生きているって大変だわたしの心を生み出している六十兆の細胞たちがそんなふうにささやくよ生きていくって難しい生きていくって大変だ六十兆をうまくうまく組み合わせないとちゃんとちゃんと動かないわたしは何にも考えなくても息を吸えるし腹が減ったら飯を食う細胞たちの歯車がぴったりかっきりかみ合ってくれているからそれができる六十兆の歯車たちよ生きているって難しい生きて [続きを読む]
  • 万能薬
  • 笑顔ですべてを解決するっていうような話がたまにあるけれど笑顔は万能薬じゃない仏のような笑みを浮かべたままでおぞましいことする人も世の中にはいるんだもん笑顔は万能薬じゃないでもねそれでもこう思うみんなを笑顔にしてみたいみんなを笑わせちゃいたいなと思う心はいつかきっと万能薬になるんじゃないかと感じるのわたしもいっぱい試作品をつくってるあの人だって頑張って試作品をもっといっぱいつくってるいつかきっと完成 [続きを読む]
  • 火の玉ストレート
  • まっすぐだけがとりえですいつものようにまっすぐすすんでいきますがカキンとバットで跳ね返されて空舞いますバットに当てられないためにたまにはちょっとまがってもいいんじゃないかと思いますためしにちょっとまがってみたらどこへいくやらわかりませんコントロールがつきません余計なことを考えずにいくらいくら打たれてもまっすぐいけばいいんじゃないかと思い直したところですたまには暴投いたしますわたしを投げるは作者です [続きを読む]
  • 本物
  • 炎に一度も触れたことのない人は炎の熱さがわからない氷に一度も触れたことのない人は氷の冷たさわからない人のぬくもり知らない人は人の心がわからないそう言うわたしは炎の熱さも氷の冷たさ人の心も全部全部わからないそれはほんとに炎なのそれはほんとに氷なのそれはほんとに心なの一度も本物みたことないよだから何にもわからない火だるまになる苦しみも手足が凍結する苦しみもわたしは経験したことないからねそんなわたしに人 [続きを読む]
  • できないにサヨナラ
  • なぜできないと悩みに悩んでなぜできないと苦しんでみんなが普通にできることなんでわたしはできないのそれはきっと神さまがあなたにそれはできませんとこっそりお決めになったからだからきっとできないものはできないのいいわけがましいことだけどそう思った方がきっと楽もっともっと気軽にねできることだけやってみよう神さまだって酷じゃないわたしにだってできることきちんと授けてくださってるはずなんだからできないことはこ [続きを読む]
  • 落ちちゃった
  • わたしのゴムひもゆるんでますパンツがストンと落ちるんですわたしの心がゆるんでます心がストンと楽な方へと落ちるんですパンツがストンと落ちたっていけない部分をさらけ出すだけみなさんキャーキャーいいつつも興味しんしん眺めます心がストンと落ちたっていけない部分をさらけ出すだけみなさんこいつはどんなやつだと興味しんしん眺めますわたしのわたしのいけない部分をもっとみてこれが慣れるとたまらないこういうことがある [続きを読む]
  • 階段
  • 一日一日たつ度に一段一段登ってく心の階段登ってく引き返しちゃうことはないこの階段は登っていくしかないいっけん引き返してしまったような気がしても登った先の障害物がそうみえさせているだけさあなたは毎日登ってる一段一段登ってる心の階段登ってるきっときっとてっぺんで何よりすごいものみられると信じてよいしょと登っていこう一人一人の階段を [続きを読む]
  • すべて向いて歩こう
  • 上を向いて歩こう星空を余すところなく眺めるために右を向いて歩こうかけがえのない友と語り合うために左を向いて歩こう喧嘩した友の瞳をみつめ許すために下を向いて歩こう何かにつまづいて怪我しないために後ろを向いて歩こう自分の歩んだ道を確かめるために前を向いて歩こうこれから歩む道を選び取るためにすべて向いて歩こうこれがわたしなのだからわたしを向いて歩こう本当のわたしと出会うためにわたしを向いて歩こう [続きを読む]
  • 夢追い
  • 夢みて何かをしてみるけれど夢がちっともかなわないつらいつらい時もあるそれでも夢をみていたい夢などみるなとほんとに優しいあなたならそう声かけてくれると思うけどあんたの夢などどうでもいいよと心の底では思っている人たちの夢みていればいつかはかなうという掛け声に押されるようにまた夢をみる追いかけるちっとも優しくなんてないとっても厳しい声だけど夢みていればいつかはかなうごく一部の人だけかなうそれが事実の厳し [続きを読む]
  • 記念日
  • 変わらないでいたいです変わりたくはないんですだったら一生そのまんまでいりゃいいじゃんと口にすりゃたいていみんな実は実は変わりたいと言い出すんだと思います変わらないは居心地よい慣れ切っているから居心地よい今の家庭のぬくもりが今の友人関係が今の仕事がほんのちょっと楽しくて変わらないこと願いつつもっともっと高みを目指して変わっていくのを願う心も持っているそれがきっと人間なんだと思います明日明後日明々後日 [続きを読む]
  • ゆっくり走ってさえいれば
  • ゆっくり走ってさえいれば助かるいのちもあったのに慌てて走ってゆくせいで失われてくいのちがどれほどどれほどあるだろう慌てて走っていったおかげで助かるいのちもあるっちゃあるけどゆっくり走ってさえいればもっともっと多くのいのちが助かっていたとそう思うなんでみんな慌てて走ってゆくのだろういのちをそんなに粗末にしてまでなぜ急ぐわたしにゃどうもわからないわからないというよりはわかりきれないこの感じわたしもたま [続きを読む]
  • 過去の記事 …