shen さん プロフィール

  •  
shenさん: 金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ
ハンドル名shen さん
ブログタイトル金利とセンチメントから資産価格を考えるブログ
ブログURLhttp://shenmacro.blog.jp
サイト紹介文FX、TOPIX、米国株のファンダメンタルズ、テクニカル双方を毎朝予想、解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 9日(平均12.4回/週) - 参加 2017/07/14 08:16

shen さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2017/7/21 怒涛のドル安
  • 注目されていたECB理事会は特に目立ったコメントがなかったが、市場は金利低下、ドル安の方向に動いた。やはり市場はメイントレンドであるドル安への備えが足りない割には、ECB主導の金利上昇には備えすぎだったように見える。昼間はドル円は昨日の記事で記した通り、さすが... [続きを読む]
  • 2017/7/20 新高値
  • 昨日の記事通り、米株は月曜の高値圏の調整を経て新高値に売りなしの様相である。一方でドル円は相変わらず弱く、112をも割り込んで推移している。米金利が低いながらも株高で下げ止まっているし、米株との温度差も大きすぎるためドル円はさすがにいいところまで来ているので... [続きを読む]
  • JREITに投資妙味が出てきた
  • JREITの下落が佳境に 年明け以来一貫して売られてきたJREITだが、7月に入ってからの激しい投げ売りを経てようやく底打ちの様相を見せている。JREITは2016年のマイナス金利導入で行き場がなくなった地銀資金が流入して高値をつけたと言われているが、その後円金利はマイナス... [続きを読む]
  • 2017/7/19 ドル安
  • ドル円は予想通り弱気転換したが、112.3のサポートは役に立たず、日本時間からブレイクして一時111.6台まで突っ込んでしまった。一直線の上昇の後に一直線の下落とはえげつない。上昇局面では円キャリー取引が話題になっていたが、一般的に円キャリー取引はリスクオフに... [続きを読む]
  • 2017/7/18 同じ所で二度転ぶ
  • 注目されていた金曜の米国CPI(予想1.7, 前回1.9, 結果1.6)は、予想は低く出されていたものの、市場参加者の多くは心の中で予想ほどは悪くないだろうという思いがあったようで、あるいはドル円が急騰、急落の後でポジショニング的にそう思わざるを得なかったようで、予想... [続きを読む]
  • 2017/7/14 日本株出遅れ
  • 昨日の記事では「昨日の記事でも記したようにこの程度は健全な調整であり、米国の景況感の戻りをテーマとした上昇トレンドそのものが崩れたわけではない。ドル円は最後の急上昇の始点となった112.8前後が今のところサポートとなっている。」「ドル円は急落そのものが... [続きを読む]
  • 2017/7/13 ゴルディロック2
  • 昨日はどうせイエレン総裁の講演はタカ派に違いないという油断がドル円の急落につながったと書いたが、一部では本番まで慢心が続いた、或いは耐えようとした勢力があったようで、ドル円はさらに急落して113を一瞬割り込んだ。一方もう一つの慢心はゴルディロック再来がない... [続きを読む]
  • 2017/7/12 ロシアゲート2
  • 5年債入札は予想通り無難な結果に終わった。ありもしない14:00の指値オペ予想を背景にドル円は114.37を攻略して114.5手前まで上値を伸ばしたが、米金利も上昇したにもかかわらず114.5手前は異様に重く、NY入りでの二回目のトライも失敗して反落した。どうせFedはインフレを... [続きを読む]
  • 2017/7/11 微ゴルディロック
  • 海外金利は欧州主導で一転して下落したが、米株がNASDAQ中心に堅調だったこともあってドル円は114円を死守した。イメージで言うとドル円とユーロ円は金利変化対比で高すぎるため追いかけ買いは避けたいが、欧米の景況感が良く、またこれまでのモメンタムがあるためショート... [続きを読む]
  • 2017/7/10 金利差
  • 欧米発の金利上昇に対して日銀は無制限国債買入れを発動し、欧米中銀とのスタンスの違いを明確にした。今回は中途半端な時間に入れずに10:10にさっさと発表している。筆者は前回の経験からドル円の上伸はあまり期待していなかったが、思ったよりも素直に反応したようだ。前... [続きを読む]
  • 米中の6月景況感が持ち直す
  • 米国の景況感は2016年の通年ラリーの後、2017年前半から一貫して減速していたが、7月3日に発表されたISM製造業景況感指数は57.8と、サプライズで3年ぶりの高水準になった。これで米国の景況感に対する懸念は一気に後退し、金利上昇の継続を後押しした。このように米国のI... [続きを読む]
  • 2017/7/7 トリプル安
  • 米国は米株が下落、金利は上昇、ドルも対ユーロで下落とトリプル安となった。やはりECB会合をきっかけとしたドイツ主導の金利上昇が目立っており、米国の株、債券から資金が欧州に吸い取られているという解釈になる。ブラックマンデーもドイツの空気を読まない利上げがき... [続きを読む]
  • 円金利の上昇と日米金利差
  • 長期金利が一時0.10%に上昇、約5カ月ぶりECBから始まるグローバル金利上昇トレンドが続いている。円金利は2月15日以来の10年金利+10bp載せを達成した。2年金利も2月の頃より20bp以上も上昇しており、米国が2回利上げする間に日本も1回利上げしたのに等しい。前回の10bp載... [続きを読む]
  • 2017/7/6 方向感なくなる
  • 各市場共に方向感を失った。TOPIXは朝は記事通りに重く、1604をも割り込んだが午後には日銀の買入れをきっかけに大きく反発した。ドル円も連れられて上昇し、113.37をブレイクして一時113.7まで上昇したが、こちらは米国時間に押し戻されている。米金利は一回伸びてから... [続きを読む]
  • 2017/7/5 警戒
  • 米株がダウとナスダックで雰囲気が分かれた中、TOPIXは寄付きはダウを見て高かったが、昨日記した1628のレジスタンスを前に売りに押され、久々に見事な寄り天大陰線となった。アジア株もナスダックをより参照しており、香港株は直前の水平レンジを下抜けてしまっている。午... [続きを読む]
  • 過去の記事 …