末っ子長男 さん プロフィール

  •  
末っ子長男さん: オスイチパチンコ
ハンドル名末っ子長男 さん
ブログタイトルオスイチパチンコ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sw432494/
サイト紹介文通称「ホルコン」を利用した自己流の立ち回りの情報公開です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 8日(平均16.6回/週) - 参加 2017/07/15 22:54

末っ子長男 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ハマリ台を打たない
  •  MAX機で、20回転の台と1000回転の台のどちらを打つか? と考えたとき、人はどちらを選ぶでしょうか?  いつも打っている人は、ハマっている台はとことんハマることを知って避ける人も多いでしょう。 彼らは賢明な判断をしています。 しかし、確率の何倍もハマっていると、「そろそろ当たるかもしれない」「こんなにハマっているのだから、当たったら反動で大連チャンするかもしれない」と考えて、ハマっている台の方 [続きを読む]
  • 立ち回り術
  •  ホルコンの情報はちょと前ほどではありませんが、そこそこ信頼できるものは出ています。 しかし、その多くは、ホルコンの仕組み情報であり、「どう立ち回ったら良いのか?」まで言及されているものは少ないです。 そうした立ち回り術を書いているのは、やはり吉野大観氏であり、また私が最初に入手した「夢の攻略法」でした。 吉野大観氏は、高い情報ですが、具体的でわかりやすいです。 そのコピーを書くのはいけないこと [続きを読む]
  • ヒントは羽根モノ 後編
  •  残り玉が少なくなったり、止めようとして離席しようとすると、SPが発生しやすい・・・というだけなら、それは「打ち手を止めさせないためにホルコンが仕掛ける罠だ」ということで終わる話です。 しかし、この状態になったとき、「当たることがある」からこそ、この仕組みを利用しない手はないと気が付きました。 では、具体的にどうすれば良いか? その前に一つホルコンの機能について考察しないといけません。 それは、 [続きを読む]
  • ヒントは羽根モノ 中編
  •  パチンコは、「判定されたグループの当たり番のある台から当たる」わけで、その条件を満たしていれば、電圧が上がることで、判定時間でなくてもその台が当たることがあります。 つまり、前編で書いた状態を意図的に作り出すことで、強制的に電圧を上げ、当たりを取ることが可能となります。 これを私は「強制電圧上昇打法」と呼んでいます。 私は、ホルコンの存在を知ってすぐに、基本的な当たりの仕組みを知ったわけではあ [続きを読む]
  • ヒントは羽根モノ 前編
  •  今は打つことがなくなった「羽根モノ」ですが、昔は、羽根「ウルトラセブン」が面白くて、ときどき打っていました。 マイホで、最初に貯玉が出来たのが、この機種からでした。 その後、エヴァの「キセカチ」で、「学校ステージ」の中で、カヲル君が登場して当たった確変が伸び、10000発出してから今日まで10年間、マイホの4円貯玉がなくなったことはありません。  貯玉は順調に伸び、10万発を突破したときもあっ [続きを読む]
  • パチンコあるある現象
  •  ホルコンの存在を否定する人もまだいるようですが、次の現象をそういう人たちはどう考えるでしょうか? 偶然でしょうか?*残り玉が少なくなると、SPがよく発生する。*玉貸しボタンを押すとSP確定の保留変化などが発生する。*ハンドルから手を離すとリーチが発生しやすくなる。*保留があるのに、あきらめて席を立とうとするとSPがかかる(稀に当たる)。 これらの現象は、打ち手を止めさせないためのホルコンの仕掛けだと [続きを読む]
  • 転落モード
  •  以前、「特殊モード」と呼ばれているものがありました。 今も、具体的にそのようには触れませんが、ほとんどの機種であります。 昔の機種で明記されていたものでは、初代「花の慶次」の“七霧モード”、「エヴァ2」や「エヴァ3」であった“ミサトの部屋”“学校”“ミッションモード”などです。 これらは、モード突入後、リーチ成立で大当たり確定というものでした。 リーチ成立で大当たり確定でないものでも、初代「冬 [続きを読む]
  • 電圧による当たり演出
  •  「なぜ、大当たりするときに、電圧を100%に一気上昇させるのか?」 「当たりか、ハズレは2つに1つの単純選択なのだから、ソフトの操作演出ですむことなのに、なぜ電圧上昇なのか?」 その説明を書いている記事を読んだことがありますが、私は、ちょっと違う一つの仮説を立てています。 それは「羽根モノ」にヒントがあると思うのです。 電圧によって、電磁誘導コイルを動かし、玉を誘導することがホルコンにはできるよ [続きを読む]
  • メイングループとサブグループ
  •  たくさんあるグループの内、3つのグループを知っていれば、だいたい負けないくらいの立ち回りは可能であると考えます。 それでも私が常勝できないのはメンタルの問題です。  パチンコ対策でホルコンの研究と同時進行で学ばないといけないのは、この「パチンコを打つときの心得」であると、いつも考えています。 しかし、何年も同じことを繰り返し、暴走して勝ち切れていないのは、もはやどうにもならないパチンコの魔力な [続きを読む]
  • 6月の収支
  •  3週間前のことではありますが、今更ながら6月の収支報告です。  6月実戦最終日は25日の日曜日。 午前中の3時間実践です。 実はその前の週に「じんましん」が出て、翌日、全身に広がって大変なことになっていました。 点滴を打って仕事には行きましたが、1時間が限界で早退。 家に帰ると38.5℃の高熱が・・・。 翌日(土曜日)も熱がありましたが、パチンコには行ってました(笑)。  で、本日は熱は下がって [続きを読む]
  • 6月のある日の実践
  •  オスイチ当たりを狙ってカニ歩きする私は、新MAX機の新台を打つことがなかなかできません。 理由は、4円はマイホ限定であり、そのマイホは新台をあまり大量導入しないためです。 (ずっこけ台の無駄遣いをしたくないため) 「北斗」や「牙狼」クラスでも10台も入れれば大量導入です(横一列に配置させています)。 しかし10台では、末番やポジションに同じ機種を配置できません。 したがって、「並び」から当たりを取 [続きを読む]
  • 金のエンゼル
  •  金のエンゼル、初めて出ました\(^o^)/ 先日、息子が何気なく買い物かごに放り込んだチョコボール、・・・別に集めていたわけではないけど、何と何と・・・。(゚Д゚)  昔、少し集めていて、銀のエンゼル5個集めたことはありました(後輩にあげました)。 しかし、金のエンゼルは出たことないし、また出たという話を周辺で聞いたことはありませんでした。  さっそく申し込みました。 おもちゃのカンヅメ、楽しみです。 [続きを読む]
  • ソフトとハード
  •  グループ構成を変更することは、ソフトのプログラム変更をすれば簡単なこと・・・と思われます。 しかし、本来ホルコンの本体部分は機械であり、電圧を上昇させることで大当たりを発生させる仕組みは、ソフトでは変更させることが出来ません。 ホルコンの設置は、何千万もするとも言われています。 従って、どんなにグループを変えても、ソフトを変えても、基本的な当たりの仕組みや、配線などを変更することはしないと考え [続きを読む]
  • グループ種類
  •  覚えるべきグループは下記の3種類です。1.末番グループ  シマごとで管理。 下1桁の番号が同じグループ2.並びグループ 40台柱なしのシマ(マイホ) 5台が並んでグループなしている ①②③④⑤ ⑥⑦⑧⑨⑩ ⑪⑫⑬⑭⑮ ⑯⑰⑱⑲⑳ ????? ????? ????? ????? 36台柱ありのグループ(下記の二つの可能性があり、意見が分かれている。私はサブホでは上記を採用しています) ①②③④⑤⑥ [続きを読む]
  • グループ構成とは?
  •  グループに信号を送ること(遠隔操作)は「合法」と書きましたが、これをもう少し正確に書くならば、 当たり信号を「直接その台へ送ることは違法であり、必ずどれかの台を通して信号を送らないと行けない」という制限がホルコンにはある ということです。 では、そのグループ構成とは? 昔は、「末番」構成であったようで、それを知っている人も多かったという記事を見たことがあります。 誰かの当たりの放出が終わると、 [続きを読む]
  • 仕込み
  •  「仕込み」 この言葉を聞いたのは、有名なホルカーである「ツン駒」氏のブログ記事からでした。 すなわち、ホールはサービス(?)として、ときどき特定の台を仕込んで、客にサービスさせてくれるということ。 その台はもう大当たり設定がされていて、あとは玉が入るのを待っている状態です。 なので(経験上すべて)1回転で当たります。   その仕込んだ台であるというサインは、まだ未稼働なのに初期画面でなかったり [続きを読む]
  • 大当たりの仕組み
  •  大当たりは、次の2つの条件をクリアして発生する。①メインコンピュータに「判定される」こと。②グループ内の「当たり番」であること。 「判定される」とは、コンピュータ(ホルコン)が、出玉を許可するということです。 「当たり番」は、グループ内の1台に確実に入っています。 グループが判定されると、その当たり番がある台から当たります。 「当たり番」が移動すれば、その移動先の台が次に当たります。  私は、 [続きを読む]
  • 苦戦の2017年(GW決戦頃)
  •  昨年はプラス311000円の黒字で、満足できる実践でした。  しかし、今年は1月に、4年ぶりとなる月間マイナス10万円突破を記録してからは暴走が止まらず、2月もマイナス55000円で厳しいスタートとなりました。 月間目標をプラス20000円で立ち回るというスタイルでは、すぐにプラスに転換するのは難しく、焦っては暴走しているという悪循環です。 3月と4月は、わずかでも黒字でしたが、5月に入ってGWで [続きを読む]
  • 約20年ぶりの将棋大会
  •  地元のお祭りでやっている将棋大会に参加しました。  参加者はほとんどいないのですが、強豪の小中学生がたくさん来ていました。  私は、夕方の一般の部で参加。 しかし大人の参加はなく、中学生との対戦となりました。  私にとっては約20年ぶりの大会参加です。 一番強かったときで、3〜4段の人と4割くらいの勝率がありました。  しかし実践から離れては勝ちようがありません。 20年前は0勝5敗とか、そんな [続きを読む]
  • 過去の記事 …