ころたん さん プロフィール

  •  
ころたんさん: 海外プロレスこぼれ話
ハンドル名ころたん さん
ブログタイトル海外プロレスこぼれ話
ブログURLhttp://www.unclelarry376.com/
サイト紹介文WWEなど海外プロレスのこぼれ話を集めて感想を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 6日(平均22.2回/週) - 参加 2017/07/16 05:56

ころたん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • シャーロット、アレックス・ライリー&Xパック
  • シャーロット・フレアーがポッドキャストFan Theoryに出演し、現在の目標を挙げています。一つ目はスマック・ダウンの女子王座を獲得して、ディーバ王座、RAW女子王座、NXT女子王座と女子タイトル総なめを果たすこと。二つ目はアスカを「dethrone」すること。もう一つはステファニー・マクマーンとのクイーン対決。シャーロットほどの選手が、しかも王座独占やステファニー戦と並べてアスカの名前を挙げるというのはすごいですね。 [続きを読む]
  • サモア・ジョー
  • サモア・ジョーがDrew Garabo Liveに出演し、メイン・ロスター入りの経緯を語っています。当初の契約は金銭面はよかったものの、扱いについてはあまりよくなく、「申し訳ないがWWEは新しい選手を育てようとしているので、年齢的にRAWやスマックダウンで使われることはないと思う」と言われていたそうです。しかし、NXTでグッズの売れ行きがよく、2週間もしないうちに契約の見直しが行われたのだとか。インディで実績を積んだ選手が [続きを読む]
  • エッジ&クリスチャン
  • AJスタイルズがテレビ中継のないハウス・ショーでケビン・オーウェンスからUS王座を奪取しましたが、エッジとクリスチャンも、ハウス・ショーでインターコンチネンタル王座を獲得したことがあるそうです。7月14日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessで二人が語っています。エッジは地元トロントのスカイドームでジェフ・ジャレットから、クリスチャンはアイオワでブッカーTから。調べたところ、エッジはその日オープニング [続きを読む]
  • ライバック対アルティメット・ウォリアーほか
  • ライバックが7月10日のポッドキャストConversation with the Big Guyで、レッスルマニア30でライバック対アルティメット・ウォリアー戦が計画されていたことを明かしています。否定する声もあがっているようですが、当時彼は実際に予定カードのラインナップを記したシートを見せられ、そこに書かれていた他のカードは実現したのだとか。スカッシュされることになるだろうとは思ったが、ウォリアーのファンだったし、求められること [続きを読む]
  • アレクサ・ブリス
  • アレクサ・ブリスが6月29日のポッドキャストSam Roberts Wrestling Podcastで、「What?」チャントへの対応について面白い話をしています。彼女はあのチャントをしつこく浴びせる観客に「もう一度でも言ったらただじゃすまないわよ」と言い返し、さらに調子に乗らせてしまったことがありましたが、当時は本当に腹が立ってそういう態度に出たのだそうです。しかしそんな対処法ではなんの解決にもならないと学び、チャントを逆手に取 [続きを読む]
  • セザーロ&シェイマス
  • 7月12日のポッドキャストTALK IS JERICHOに、セザーロとシェイマスが出演しています。二人の七番勝負の最後の試合で、セザーロが場外ダイブで頭から床に突っ込んだことがありましたが、飛ぶ直前に手を出さずヘッド・バットで行こうとひらめいてしまったのだそうです。あまりに危険な落ち方をして、クリス・ジェリコにもダイブは止めたほうがいいと言われ、ダイブは止めたのだとか。セザーロは体が大きくスピードもすごく早いので、 [続きを読む]
  • ジェリー・ローラー
  • ジェリー・ローラーがポッドキャストDinner With The Kingで、ゲームのボイス・オーバーの仕事について語っています。今度のWWE2K18のコメンタリー・チームはマイケル・コール、バイロン・サクストン、コーリー・グレイブスが担当するようですが、吹き込みは毎年1月や2月から始まるし、ゲームの中のアナウンサー陣も実際のテレビ放送の実況となるべく同じ人にさせたいという意向はわかっていたため、すでに実況席から離れている自 [続きを読む]
  • サモア・ジョー
  • 7月7日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessのゲストは、サモア・ジョーです。ジョーはTNAを辞めた時点ではWWE入りの見通しなどまったくなかったらしいのですが、ポール・ヘイマンやクリスチャン、ウィリアム・リーガル、ロード・ドッグやジョーイ・マーキュリーら多くの人がHHHにしきりに推薦してくれて、入団の話が進んだそうです。なんだかいかにも選手を見る目は確かなメンバーという感じで、応じないわけにはいかないの [続きを読む]
  • ザ・ミズ
  • ザ・ミズがHard Hidz Wrestling Podcastに出演し、インターコンチネンタル王座への思い入れを語っています。彼はアルティメット・ウォリアーやブレット・ハート、ショーン・マイケルズなどのIC王者の活躍を見て育ったためタイトルへの思い入れが強く、自分の手でもっと意味のある、注目度の高い王座に戻したいと願っているそうです。出るたびに負けるがタイトル戦になると防衛に成功するというお決まりのパターンをこなすだけの王 [続きを読む]
  • タイラー・ブリーズ&ベイリー
  • ライバックが、6月26日のポッドキャストConversation with the Big Guyで、親しかったというタイラー・ブリーズのエピソードを話しています。ブリーズはメイン・ロスター入りしてまもない頃、出番がないので帰っていいと言われて、荷物を持って会場を出ようとしていたところ、それを知らないビンスに見られたのだとか。ブリーズには何の責任もないのですが、彼に帰るよう言ったとビンスに申し出る者がおらず、それをきっかけにビン [続きを読む]
  • ヤング・バックス
  • 7月5日のポッドキャスト「AfterBuzz TV’s X-Pac 1,2,360」に、ヤング・バックスが出演し、現時点ではWWE入りは考えていないと語っています。PWGのショーに出た後14日休んだが、WWEではそんなに休みがもらえることはありえず(Xパック「怪我しない限りはね」)、年に300日も家族と離れる生活はいやなのだとか。ハーディーズのようなスケジュールなら考えるだろうし、今後変化があればわからないとは言っていますが、今は消極的なよう [続きを読む]
  • CMパンク
  • 7月1日のポッドキャストSomething to Wrestle with Bruce Prichardで、ブルース・プリチャードがCMパンクのストレート・エッジのライフスタイルについて語っています。なお、「CMパンク」というリングネームは、キャリア初期に「Chick Magnet」というタッグ・チームを組んでいた時にそう名乗り、ずっとそのままなのだそうです。彼がアルコールもドラッグもしないのは事実ですが、ハーリー・レイスの誕生日に、レイスに勧められてお [続きを読む]
  • シャーロット&ミスター・ケネディ
  • 6月30日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessで、シャーロット・フレアーが「ベッキーと二人で新エッジ&クリスチャンになりたいとWWEに提案している」と明かしています。自分たちは統一タッグ王者だと主張し、ベルトなんかなくても実際そうなんだから問題ないと吹いて回るようなキャラクターらしいです。この二人の二代目E&Cはとても面白そうです。6月28日のポッドキャストWINC Podcastで、ケン・アンダーソン(ミスター・ケ [続きを読む]
  • 伝説のギミック「モルデカイ」の真実
  • ケビン・ソーンが、ポッドキャストThe Art of Wrestlingに出演し、謎に包まれたモルデカイの真実を明かしています。。OVWでトラビス・トムコとのタッグで活動していた彼は、ビンスに「タッグ・チーム・レスラーは必要ない。何がやりたい」と言われ、モルデカイのキャラクターを提案したそうです。穢れを激しく憎悪する白ずくめのキャラクターというそのアイデアをビンスはとても気に入ってくれ、さらにはプロモを見たアンダーテイ [続きを読む]
  • バロン・コービン
  • 6月28日のポッドキャストTALK IS JERICHOのゲストは、バロン・コービンです。コービンはクリス・ジェリコのごく御近所さんで、以前はビッグ・ショーやアンダーテイカーが住んでいた家で暮らしているそうです。すごく背の高い人が暮らしやすいように設計された家で、玄関もリビングの天井もとんでもなく高いため、奥さんは棚の物を取るのにも苦労するのだとか。家族は大変でしょうが、ビッグマンの大スターたちが代々生活してきた由 [続きを読む]
  • ブルーノ・サンマルチノ伝説ほか
  • マイク・ケネリスが、6月23日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessで、WWE入りの経緯を語っています。TNAとの契約が切れた時、彼はポール・ヘイマンに相談してHHHに連絡を取ったそうです。しかし、その後なかなか進展が聞かれなかったため、TNAに戻ることを本気で考え始めたのだとか。そんな時にケビン・オーウェンスから「TNAに戻るなんて愚かな考えだぞ。こっちに来なきゃだめだ」と言われ、思い直して待っているとウィリ [続きを読む]
  • ジョン・シナ、伝説の始まり
  • ブルース・プリチャードが、6月23日のポッドキャストSomething to Wrestle with Bruce Prichardで、若き日のジョン・シナについて語っています。プリチャードはUPWのリック・バスマンにシナを紹介された時、そのあまりに見事な体つきにあらぬ疑いを抱いて、プロレスで成功したいならクリーンな体作りをすべきというようなことを言ってしまい、のちに謝罪したそうです。ビンスも初めてシナを見た時、それはあらゆる検査結果が出て完 [続きを読む]
  • 過去の記事 …