きのこたけのこ さん プロフィール

  •  
きのこたけのこさん: なんちゃってJava
ハンドル名きのこたけのこ さん
ブログタイトルなんちゃってJava
ブログURLhttp://taisyoku3650.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文Java、Java関連技術を勉強するブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 63日(平均4.9回/週) - 参加 2017/07/16 10:10

きのこたけのこ さんのブログ記事

  • Spring MVC の基本制御
  • ・Webコンテナは、リクエストを受け取り、DispatcherServlet # service  を呼び出す・DispatcherServletは、HanderMapping からリクエストに対応する Controller を取得する・DispatcherServletは、 Controllerにリクエスト処理を移譲する・Controllerは、モデルを生成し、入力データを設定する・Controllerは、ビジネスロジックを実行する・Controllerは、ビジネスロジックの結果と表示を行うビューを設定し DispatcherSe [続きを読む]
  • Springを学ぶ
  • @Controller annotation はそのクラスが、コントローラーの役割を担うことを示すコントローラーは、Servlet API をベースクラスとしたり参照していることはないがServletの機能を使うこともできるディスパッチサーブレットは@Controller が指定されたクラスを探し@RequestMapping に基づいて実行するメソッドを探す [続きを読む]
  • Java try-with-reasouces
  • リソース付のtry を利用すると例外処理を抜けるとき、リソースが自動的にclose()されますファイルの読み込みで利用したらこんな感じですpublic static void main(String... args) { try(FileReader infile = new FileReader("C://aa.txt")){ int c ; while((c = infile.read()) != -1 ) { System.out.println((char)c ) ; } }catch(Exception e) { System.out.println(e.getMess [続きを読む]
  • Spring bootでMVC
  • Tomcat の Embedded Jasper を利用する1.Spring Starter Project を作成する2. pom.xml に次の行を加える org.apache.tomcat.embed tomcat-embed-jasper provided3. Veiw を作成するフォルダーの作成src/main/webappを作成する4.JSPを作成する3. で作成したフォルダーの下に、index.jspを作成するこんな感じ pageEncoding="ISO-8859-1"%>Insert title here   index.jsp 5. コントロールのクラスの作成前回同様、 [続きを読む]
  • STS Spring Tool Suite で Spring boot
  • 1.Spring Starter Project を作成する名前だけ指定して、あとは、デフォルトですただし、Dependemcies の画面で、▼Web のWeb にチェックを入れるのを、忘れずに2.コントローラクラスを作成する1.で、Boot1Applicationクラスができているのと同じ階層にMyController.java を作成しますこんな感じimport org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;import org.springframework.web.bind.annotation.RestControlle [続きを読む]
  • Java 拡張 For での処理
  • 次のようなPersonクラスを作りますimport java.util.ArrayList;import java.util.List;public class Person { private String name ; private int age ; public Person(String name, int age) { this.name = name; this.age = age; } public String getName() { return name; } public int getAge() { return age; } public void setName(String name) { t [続きを読む]
  • Java Strem で、sum
  • 自作のPersonクラスを利用して、条件に合致するレコード数を求めてみます。count()を利用するよう
    ですpublic static void main(String[] args) { List person = Person.listPerson() ; System.out.println(person.stream
    ().filter((p)->(p.getAge())>20).count()); }年齢が、20より大きいレコード数が抽出されます [続きを読む]
  • PLSQL 何もしない例
  • 1.ソースCREATE OR REPLACE PROCEDURE sample0ISBEGIN NULL ;END ;/2.実行結果SQL> @sample0.sqlプロシージャが作成されました。SQL> execute sample0 ;PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。 [続きを読む]
  • Spring  MVC 作ってみる
  • 1.プロジェクトの作成STSでSpring Legacy Project Spring MVC Project を選択して、プロジェクトを作成する名前はsample2としますトップレベルのパッケージはcom.sample2.sampleとします2.実行sample2 を選択しRun --> Run on Server でtc サーバを動かしますSTSの中で、ブラウザーがあがってきてhttp://localhost:8080/sample/で、home.jspが起動されます [続きを読む]
  • Java マッチングの例
  • 正規表現を利用した文字列のマッチングの例ですpublic class Main {  public static void main(String[] args) { System.out.println(isMatch("A")); System.out.println(isMatch("D"));  } /* * AかBかCにマッチするかを確かめるサンプル */   static boolean isMatch(String str){ return str.matches("[ABC]");   }}実行結果はtruefalseになると思います [続きを読む]
  • Java util.logging
  • こんな感じです1.サンプル プログラムimport java.util.logging.*;public class Main { public static void main(String[] args) {  Logger logger = Logger.getLogger(Logger.GLOBAL_LOGGER_NAME);  // 出力テスト  logger.finest("finestのメッセージ") ;  logger.finer("finerのメッセージ") ;  logger.fine("fineのメッセージ") ;  logger.config("configのメッセージ");  logger.info("infoのメッセージ" [続きを読む]
  • Java Strem で、データを選択
  • Strem で、条件に合致するクラス(person )の属性を表示してみますpublic static void main(String[] args) {
    List person = Person.listPerson() ; person.stream().filter((p)->(p.getAge())>20) .forEach((p)->S
    ystem.out.println(p.getName())); }年齢が、20より大きい人が抽出されます [続きを読む]
  • Spring automatic wiring
  • Spring のautomatic wiring には、次の2つがある(1)Component scanning application context にそって、自動生成するbeanを、生成する(2) Autowiring bean の依存性を保障する [続きを読む]
  • Java Exceptionを学ぶ 2
  • 第二回目ですC言語のような手続き型の言語では、関数の呼び出しの失敗を判断するためにreturn value を用いるreturn value の特別な値、null や -1 が失敗を表すすべての関数呼び出しに対して、return value をチェックする必要があるそのため、エラー処理がプログラム全体にわたる [続きを読む]