いってつおじさん さん プロフィール

  •  
いってつおじさんさん: 仕事を辞めても、また働けばいいブログ
ハンドル名いってつおじさん さん
ブログタイトル仕事を辞めても、また働けばいいブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/ittetsuozisan/
サイト紹介文仕事を辞めても、また働けばいい。仕事や転職を気楽に真面目に考えるブログです。
自由文どうも、いってつです。

若いとき、一通りサブカル的なことをやってきた。
正社員にもなれず、嫁に飯を食わすのにもやっとだった。
自分が若いときに思い描いて大人じゃないじゃん。
そこから、とにかくガムシャラに働いて
販売職、営業職、エンジニア職、事務職、クリエイティブ職…
とにかく目の前にある仕事に向き合った。

働くって何だっけってことを語らせてもらっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 27日(平均2.1回/週) - 参加 2017/07/16 21:17

いってつおじさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【ウソとホントの求人情報 vol.4】〜 総合職という不可思議〜
  • どうも、いってつです。 辞職ラッシュが続きますね。日本は辞めることにネガティブな発想が強いですが、そんなことはないと思います。必ず次ぎの挑戦があるから、辞めてそこで終わりにしなければ特に問題はないのです。 アメリカとかって、基本的に再挑戦を応援するカルチャーがある。薬物で捕まった人もアルコール依存症で施設にいた人もリストラされた人も、元浮浪者だった人でも再起をかけた挑戦に対しては寛大。切られるのも [続きを読む]
  • AIなんて恐るるに足らず
  • どうも、いってつです。 マイケル・オズボーン准教授曰く、今後10〜20年で47%の仕事が機械に取って代わられるとのこと。中身見ると、事務系から販売の仕事まで!?広い!! そんな将来AIに代替されるであろう職業を見て一喜一憂したりするけど、そんなに憂う必要はないと思う。 とりわけ僕はあまり信じていません。 AIは確かに作業効率は上げてくれる凄く合理的なやつら。でも、人の感情の機微を読み取ることはできない。AIの将棋 [続きを読む]
  • 「辞めてやるっ!」は金欠警報
  • どうも、いってつです。 なんでこんなにお金がかかるのか。贅沢してないのに。欲しい漫画をTSUTAYAのレンタルまで待つ。ハーゲンダッツを我慢してスーパーカップにする。でもお金は足りない。僕は、転職活動中に貯金がほとんど底をつきて、スーパーでモヤシばっかり買って炒めて食べていたことがあります。モヤシシストの称号があるなら、貰っていてもおかしくないはずです。 転職活動するのにもお金がかかります。ちなみにとあ [続きを読む]
  • 【ウソとホントの求人情報 vol.3】〜 教育制度に騙されるな〜
  • どうも。いってつです。 咳の風邪が流行っているんですかね。空咳みたいな咳している人が多いです。特に猛暑日が続くのでオフィスもガンガンに冷房効いてますし、就寝中もエアコンも切れないし、そりゃ流行りだしたら止まりませんね。初心に戻って手荒いうがいしよう。 今回のウソとホントの求人情報は、教育制度について。 この見極めが結構難しい。 異業界や異業種の転職では中途入社者への受け入れ体勢は気になります。入社し [続きを読む]
  • 居酒屋を探すのと同じ?【求人情報のウソとホント vol.2】
  • 居酒屋とかレストラン探すとき、どうやって探してますか? クーポンサイトとか、口コミサイトとか、いろいろ見ると思うんですけど。運営会社の視点からすれば、ランキングをいじらないにしろ、同一得点での順位だったり、一番上に広告枠設けてピックアップしてあったり。もちろん、ビジネスなので当然。 でも、全国チェーン展開して資金力が豊富にある居酒屋が自分が望んでいる今一番行きたい、食べたい料理や酒が置いてあるお店 [続きを読む]
  • ゾンビと僕と仕事
  • 今、僕はゾンビっています。 ホラー界のウォルトディズニー。と僕は勝手によんでいるホラー映画の巨匠ジョージAロメロ監督が昨日7/17、ご逝去されたからです。ご冥福お祈り致します。 今日は、とりあえず仕事の話の前に、僕の敬愛するゾンビの話させて下さい。 僕はロメロ監督作品が大好きでして、初期作の「悪魔の儀式」を探して中古ビデオ屋をまわっていたくらいロメロ監督が好きだったんです! ロメロ監督の何がすごいって、ま [続きを読む]
  • 正直、エンジニアになるのは難しくない
  • 子供に習わせたい習い事のTOP10に「プログラミング」が入る時代。果たしてプログラミングを学ぶことだけがそんなに有益なんでしょうか。 僕は甚だ疑問。 誰が何にどれだけ、どんな風にシステムを必要としているのか、それを人と共に考えて創りあげていく。所詮、システムを使うのは人間だから、プログラムの前に学ぶことがある。 大事なのは、人と仕事をする力なんだと僕は感じている。とはいえ、業界全体でエンジニアが不足して [続きを読む]
  • 過去の記事 …