河童 さん プロフィール

  •  
河童さん: VBAで粒子法を勉強中
ハンドル名河童 さん
ブログタイトルVBAで粒子法を勉強中
ブログURLhttp://particlemethod.hatenablog.com/
サイト紹介文メッシュレスで数値解析できる粒子法に興味を持ち、VBAでのプログラム作成を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 26日(平均2.7回/週) - 参加 2017/07/17 07:46

河童 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【SPH粒子法のプログラムをVBAで作ってみる】 密度と圧力の計算
  • pre{ white-space: pre;}.entry-content pre{ word-wrap: normal;} 密度と圧力の計算モジュール各粒子の粒子密度を求めます。粒子密度は、他の粒子との距離rに応じて重み係数Wを乗じたものになります。重み係数はカーネル係数とも呼ばれますが、SPH粒子法でよく使用されるのは6次関数で、以下の形をしています。変わった形の式ですが、この値を関数グラフにした場合、その勾配(グラフの傾き)やラプラシアン(グ [続きを読む]
  • 【SPH粒子法のプログラムをVBAで作ってみる】 プログラムの方針について
  • 今回採用した粒子法 現在、液体をシミュレートする粒子法には大きく2つの手法があり、SPH法とMPS法といいます。 SPH法は圧縮性の流体を、MPS法は非圧縮性の流体をシミュレートするのに用いられています。 現実の流体として水などを考えたとき、より現実を反映できるのはMPS法の方ですが、この方法は陰過程(未知数を含む式を解く)があり、プログラムが複雑になりそうです。 一方のSPH法は陽過程(未知数が無い)のみの解 [続きを読む]
  • 【はじめに】粒子法とは 
  • 粒子法とは主に流れ解析に用いる数値解析法の一種です 波打つ液体表面の様に、形状が大きく変形する物質の挙動をシミュレートできるのが粒子法です。(上の図は、容器の中で激しく波打っている液体の様子です) 粒子法は現在主流的なシミュレート方法である有限要素法に比べて比較的新しい新しい手法であるものの、液体のふるまいをリアルに表現できる方法として、現在様々な分野で使われています。 この手法を勉強したくて [続きを読む]
  • 過去の記事 …