petite-mipi さん プロフィール

  •  
petite-mipiさん: アラサー1ヶ月傷心旅行、フランスにて。
ハンドル名petite-mipi さん
ブログタイトルアラサー1ヶ月傷心旅行、フランスにて。
ブログURLhttp://petite-mipi.hatenablog.com/
サイト紹介文フランス人彼氏に振られたアラサー女子が、1ヶ月間フランスを旅する記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 68日(平均8.5回/週) - 参加 2017/07/17 18:08

petite-mipi さんのブログ記事

  • パリのメトロと観光アプリ
  • パリのメトロの路線は、半蔵門線とか千代田線とかみたいな名前は無く、全て番号。1番から14番まで。とてもシンプルで分かりやすいと思う。フランス語に慣れてないと、駅名は読みづらいし、車内アナウンスがある路線は少ないけど…スリが多いのが、日本人旅行者にとって最大の難点だけど、それ以外は危険なことはあまりないので(郊外除く)、旅行中の足として活用することが多いかと思います。切符を通す改札では、たまに無 [続きを読む]
  • 仏単語"ばか"から見る、主観性
  • 突然ですが、日本語で馬鹿と言ったような意味を表す言葉はいくつかありますよね。馬鹿、馬鹿野郎、阿呆、まぬけ、愚か者、気狂い…例えば馬鹿と阿呆の違いは何か?と求められると答えに困りますよね。使い分けと言われても…みたいな。フランス語でも、馬鹿と言ったような意味を表す単語はいくつかあります。もう何年かフランス語を勉強しているので、そう言った単語を見たり聞いたりして、辞書で目にする機会がありまし [続きを読む]
  • フランス語で挨拶、旅をスムーズに
  • パリを始め、フランスを旅行するにあたって、フランス語を喋れる必要は絶対ではありません。少しでも話せるに越したことはないけど。パリの観光地は英語を喋れるスタッフがいるだろうし、観光客が行くようなお店もだいたいみんな英語を話せると思います。(レベルはいかほどか知らないけど…)地方も、観光客が来るようなところだと英語でコミュニケーション取れるんじゃないかなぁとは思いますが、パリよりはその可能性が低いか [続きを読む]
  • ステレオタイプ化してはいけないbyマダム
  • 昨日はディジョンから、またもや以前のホームステイ先に。電車の不備で出発が遅れ、乗り換え時間6分の電車には当然間に合わなく、次の電車まで乗り換え駅で2時間の待ち時間。。今回は指定席電車ではないので、返金はなしです。。以前のホームステイ先のマダムとムッシュには、本当に良くしてもらっている。今回のファームステイでのことも相談していたのだけど、発つなら家に来ていいよと快く受け入れてくれる。ホームス [続きを読む]
  • 欧米人は自分の主張を曲げないのか
  • 前回の記事で書きましたが、今回のファームステイにおいて、欧米人の文化を痛感することもありました。petite-mipi.hatenablog.com一般的に、日本人と違って欧米人は簡単に謝罪の言葉は言わない、自分の非であっても他に責任転嫁する、自分の意見は曲げない、などと言われますよね。今回のステイ先のムッシュはフランス人ではなく、イタリアンスイス人でしたが、なるほどそういう文化背景もあったのかなぁと。振り返ってみて [続きを読む]
  • 出発を打ち明ける
  • 前回からの続き。petite-mipi.hatenablog.com出て行くことをムッシュに伝えようと思いきや、夜は元パートナーさんがこちらに来ていた。それでも話さないことには終わらないので、2人で話せないか声をかける。私「まず、いつも色々なことを経験させてくれて、ありがとう。だけど、明日ここを発ちたいです。」ム「それは良かった、僕も君が発つことを望むよ。君は僕のやり方を支持出来ないし、いままでの日本人の子たちとはこ [続きを読む]
  • 限界点
  • 昨日のお昼の出来事。午前中やっていたことを切り上げ。時刻は12時50分。私「もうご飯が仕上がるから、13時に食べれるよ。」ムッシュ「完璧、すぐ後で。」で、その後いつものごとくムッシュが降りてくるのを待つこと30分。だいたい待つのはいつものことだから、特に気にはしてなかったけど、流石に30分経ったので声を掛ける。ムッシュは降りて来て一言。「もう食べたかと思った!」え?待ってたけど…しかも13時に食べ [続きを読む]
  • お肉
  • 食べたい…!!!ムッシュは完全にベジタリアンなわけではないけど、肉食はほとんどしない。基本的に食事はシンプルで質素。そもそもフランシュ・コンテは土地柄、精肉より、比較的長期保存が出来るサラミやソーセージと言ったところである。田舎だと村の中にスーパーも、ましてや精肉屋すらないしね。私はかなり好き嫌いの多い人間だけど、普段ガッツリ肉食人間というわけではないし、近年お肉より魚も好きになってきた [続きを読む]
  • 自己満足で生きる
  • お茶を待ってのくだり以降、ムッシュなりに気を遣ってくれていることは分かったけど、それでもやはりマイペースで自由な人だなぁと思う。笑こちらも慣れては来たので、あまり気にはしなくなったけど。それに私が相手をマイペースだと思うということは、向こうからしたら私の方がマイペースで仕方ないなぁ!ってことかもしれない。笑1日の流れ、やることは、その日のムッシュの気分で決まる。作業を指示した後、テキトーに私を [続きを読む]
  • ツリーハウスに住む人
  • 今日はムッシュが歯医者に行くため、車で30分くらいのオルナンという小さな町へ。 ムッシュが歯医者に行く間、私はお散歩。画家のクールベの出身地。小さいけど、可愛い町でした。 銀行も3つもあるし、久々に町に行けて嬉しかった。やっぱり田舎人にはなれないかなぁ笑 観光局も可愛い。 その後、車で更に15分くらい行った、ムッシュのお友達のところへ。森のすぐ横の路肩に車を止め、少し歩くと階段が。 奥にツリーハウス、見 [続きを読む]
  • Bio(オーガニック)という選択
  • 現在のステイ先のムッシュは、なるべく天然のもの、なるべく地球を汚さないような生活を心掛けている人。それを強制はしない。フランスでは、結構前からBio(ビオ)=有機、自然なものを扱うお店が多い。(日本人にはオーガニックといった方がピンとくる。)ビオ商品だけを扱うスーパー、ナチュラリアも日本のガイドブックに載っていたりする。フランス人は食べるものに拘るというか、食や健康に意識が高い人が多いし、ナチュラル [続きを読む]
  • りんご加工
  • こないだリンゴ狩りをし、沢山採れたので。まずはコンポート。リンゴを小さくカットし、レモンと、刻みしょうがも少し。砂糖も少し。水を適量入れ、鍋でコトコト。大量のコンポート!ほんのり生姜とレモンが効いて、美味しい!自然の優しい甘酸っぱさ。これにヤギチーズとハチミツ一緒に食べるのも、めちゃくちゃ美味しい…続いて、ドライに。ムッシュが乾燥機を持っているので、それで40度の温度を保ちながら、 [続きを読む]
  • フランス旅行、便利な観光案内所
  • フランスを旅行するにあたって、全国各地にある、Office de tourisme(オフィス・ドゥ・ツーリスム)という、観光案内所は便利です。ここではフランス語だけでなく、少なくとも英語を話せるスタッフがいます。有名観光地の場合は、英語以外にもスペイン語、ドイツ語、中国語などを話すスタッフも。カルカッソンヌでは日本人女性のスタッフがいて、親切に色々教えてくださいました!こんなマークが目印。ウィキペディアより。Of [続きを読む]
  • フランス今まで訪れた所、旅行後
  • ついでに自己満足です。フランス国内の今まで訪れた所、旅行後です。増えたと言えば勿論増えたけど、行ったことないところがまだまだ沢山です。行ってみたい地方がまだまだ尽きません。それにしても東側はほぼ空白。好みが一目瞭然。笑フランスは大好きなのですが、東側にはあまり惹かれないんですよね…今はフランシュ・コンテ地方にいるので、東側の一部ですが。縁もあって、ドイツには2回、3都市も訪れたことがある [続きを読む]
  • 印象的だったところ、5つ
  • 今日は生憎なお天気なのと、ムッシュがお疲れなので、休息日。まぁ週末もほぼ働いてないけどね笑暖炉の前でのんびりしています〜そんなわけで、時間があるので。1カ月強の旅で、フランス各地を訪れましたが、その中でも特に印象的だったところ、お気に入りを5つ。5番目 ペリグー (Périgueux)到着時の駅周辺の微妙な雰囲気からのギャップかもしれない。旧市街の白い石で出来た中世の雰囲気残る建物、美味しい鴨肉。あと、 [続きを読む]
  • 祭りのあと
  • ムッシュの息子さん、その彼女さん、そしてその叔母さん(お母さんかと思ってたけど、叔母さんだった。)が、ジュネーヴまで帰って行きました。ゆっくりご飯の支度をしてからなので、食事の時間も寝る時間も遅かったこの週末。私は結構神経質なので、睡眠不足(宿泊者用の朝食準備があるので、ムッシュと私の起きる時間は通常)も、食事の時間のリズムがズレるのもあまり好きじゃない。それに新しい人と複数人でずっと居るのも疲れ [続きを読む]
  • イタリア語とタイ語の間で
  • 昨日の夜から、ジュネーヴ(フランス語圏)に住む、ムッシュの息子さん(スイスイタリアン)、息子さんの彼女(スイス×タイ)、彼女のお母さん(タイ×中国)が遊びに来ています。ジュネーヴからは車で2時間ちょっとだそう。ムッシュ自体もフランス人ではなく、スイスイタリアン。あまりスイスという国の文化は好きじゃないし、イタリアでも育ったので、心はイタリア人なんだとか。笑ただ、1番好きな国はフランスだし、フランス語もほぼ [続きを読む]
  • 葛藤を経て
  • ずっと考えていたことがありました。それは、このファームステイを継続するか、断念するか。その理由は、田舎生活、ムッシュのマイペースさ云々じゃなくて、ここにムッシュと2人きりであること。想定外だったことは別の日に書きましたが。日本だろうがフランスだろうが、世界のどこに居たとしても、よく知らない男の人と2人きりになることを、私は選択しません。自分の身を守る為。誰かを疑うことはしたくないし、自意識過剰と [続きを読む]
  • 不発のキノコ狩り
  • 今日はガーデン部分を綺麗にしていくことをしました。まずはムッシュが小さいショベルカーを使い、奔放に生えている草たちを掘り起こし、その後は私がその草たちを回収する。そして、藁を敷く。ビフォーアフター昼顔は物凄い勢いで増殖するらしい。ミントも結構な量が生えている。ハーブは香りがなければ、かなり生命力の強い手に負えない雑草って、何かのサイトで目にした。雑草って概念、人間が勝手に決めただけ [続きを読む]
  • ハッ!とした言葉
  • 昨日はムッシュのお友達夫婦のところに寄ったついでに夕食を頂きました。奥さんがヤギチーズを作っている。ちょっと癖のあるヤギチーズ。蜂蜜かける食べ方をフランス人の友達に教えてもらって以来、好物。その夫婦は、ほぼ自分達で家を建てたり、小屋を建てて、小屋は宿泊所として貸し出している。2人とも出身は、このコンテ地方らしい。その旦那さんのほうが、敷地内にトイレを作っていた。旦那さん「ここにUN toilette [続きを読む]
  • 優先者
  • ここでの道路における優先者は彼ら。フランシュ・コンテ地方は山に囲まれ、緑と牧歌的な、典型的田舎景色が広がっている…ほんとに田舎。ほんとに景色が綺麗。 [続きを読む]
  • 相互理解って
  • 昨日のムッシュとのやり取りの後、色々考えた。確かにムッシュの言う通り、私は受け身だったのかもしれない。指示を待ってるようじゃ駄目だって、日本の会社とかでも言われたりするよね。相手の様子を伺うのも、確かに日本的ではあるんだと思う。逆に欧米の人はそれぞれのペースがあって、気になることかあれば、待つことはなく、どんどん主張する。その分相手のペースも気にしない人も多い。異文化理解ってなんだろう。い [続きを読む]
  • お茶を待って、30分。
  • 今日の午前中、作業がひと息ついて、ムッシュがお茶を淹れようと提案。ちょうど、うがいもしたかったし、「オッケー、うがいしてから行く」と言って、一度自分の部屋に行って、うがい。その後サロンで待っていたけど、なかなかムッシュは姿を現さない。マイペースなことは分かっていたので、まぁ仕方ないか〜と携帯いじりながら待ってました。30分近く待ってもムッシュは現れないし、もうお茶休憩というよりお昼の用意するほ [続きを読む]
  • 畑仕事
  • 昨日から、ようやく本格的に作業。こんな形の畑を耕してます。くわで耕して、その後にラバ君たちとアルパカ君の堆肥を混ぜ込む。母の庭で、家庭菜園&花を植えているので、たまに草取りしていたのですが、やっぱり鍛えられてないと腰に来ます…それでも黙々と作業しているのは嫌いじゃないし、畑が出来てくると気分が良い! [続きを読む]
  • 想定外
  • このファームステイにおいて、完全なる想定外だったこと。ここにはムッシュ1人しかいないこと。wwoofというサイトを通して見つけてコンタクトを取ったのですが。そのサイトに載せてる紹介文によると、主語が複数形だったので、奥さんなりパートナーなりがいるものだと完全に思っていた。だけど、その紹介文は2年前から更新されておらず。その当時はパートナーが居て、ツリーハウスだけでなく、シャンブルドット(B&B)もしっかり [続きを読む]