なおたろう さん プロフィール

  •  
なおたろうさん: なおたろうの本棚
ハンドル名なおたろう さん
ブログタイトルなおたろうの本棚
ブログURLhttp://naotarobook.hatenablog.com/
サイト紹介文おすすめの本を紹介していきます。 勉強法、心理学など実生活に役立つ本を紹介予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 66日(平均5.4回/週) - 参加 2017/07/19 09:05

なおたろう さんのブログ記事

  • 祖国愛と愛国心の違いとは?「祖国とは国語」を読んでみました
  • こんにちは!なおたろうです^^文系のわたしが「理系になりたい!」と切望している立場とは、逆のことを唱えている数学者の本を取り上げてみたいと思います。数学だって、ひいては国を再生するためだって、結局は国語力が必要だよという話です。ということで、今日の1冊。藤原正彦さんの「祖国とは国語」です。 1.今の日本がダメなわけこの本の初版は平成18年です。今から10年以上前に書かれた本ですが、 [続きを読む]
  • 法律系資格の受験勉強におすすめの方法
  • こんにちは!なおたろうです^^今日も勉強法について書かれた本をご紹介します。この本は、私も色々と勉強方法を考えていたときに出会ったのですが、今まで私が学生時代にしていた勉強方法と全然違いました。それだけに衝撃でしたが、考え方が画期的だったので、挑戦したくなりました。勉強って、頑張って努力することが大切だと思っていたのですが、ちょっとしたコツで頑張らなくても合格することができるのです。今ま [続きを読む]
  • ようやく入手した幻の1冊「ユダヤの商法」を読んでみました
  • こんにちは!なおたろうです^^今日は、amazonで超プレミアものになっている本を入手しました。こちらです。単行本なのに、お値段なんと・・・中古で現在35,000円^^;中古品が何冊かあるけど、最低価格が35,000円って凄いですね! 藤田田さんの「ユダヤの商法」です。流石に購入はできないですが、図書館で予約して、約2か月待ちました^^今日は、そんな1冊をご紹介したいと思います。迫害され続けたユダヤ [続きを読む]
  • シンプルライフ「断捨離」のすすめ
  • こんばんは^^なおたろうです。今日はストレスフリーの環境を目指して断捨離についての本を読んでみたいと思います。やましたひでこさんの「心がスーッとする断捨離」です。断捨離とは断捨離とは、「モノを捨て、片付けることで、心のガラクタもスッキリ整理し、人生をご機嫌に変える方法」のこと。 もとはヨガの「断行」「捨行」「離行」という、心の執着を手放すための教えに由来します。出典元 やましたひ [続きを読む]
  • 「八つの日本の美意識」を読んで【前編】
  • こんにちは!なおたろうです。今日はamazonでプレミア価格になっている本のご紹介です。この本は相方にすすめられて、読んでみたのですが相方の読む本は難しい。わたしみたいに、心理学、法律、お金儲けといったジャンルと少し違うのです・・・黒川雅之さんの「八つの日本の美意識」を読んでみました。黒川雅之さんは、日本の建築家です。目次1 微 一期一会    細部に全体がある    内と外の等質性    [続きを読む]
  • あるがままを受け入れる森田療法とは【後編】
  • こんにちは。なおたろうです^^今回も前回に引き続き、日本の精神療法である森田療法について考えてみたいと思います^^全然関係ないですが、9月からうちに豆柴がやってきました!こちらのブログもよろしくお願いします^^  ジャンピング☆ゆきちブログ 不安神経症には、恐怖突入が重要不安神経症とは今でいう、パニック障害または全般性不安障害のことです。わたしは、神経質ですがパニック障害になった [続きを読む]
  • あるがままを受け入れる森田療法とは【前編】
  • こんにちは!なおたろうです^^先日、「禅」についての記事をアップしたのですが、記事を書きながら思いだしたことがありました。それは、あるがままを受け入れる、森田療法です。(「禅」って、「森田療法」ともリンクしている、と思うのは私の勝手な推測ですけどね。)今日は、森田療法について書いてみたいと思います。 「あるがまま」を受け入れる森田療法とは、約100年前に日本で森田正馬によって [続きを読む]
  • 禅とは?世界でも注目されるその効果とは
  • こんにちは!なおたろうです^^今日は少し違ったジャンルの書籍を読んでみました。 永平寺に行ってきました著者の川上全龍さんは、臨済宗ですので、宗派が違っているのですが^^;昨年の夏に、福井県の永平寺(曹洞宗)に観光で行ってきました。  8月だったのですが、お寺の中は心なしかヒンヤリして、気持ちがすっきりします。涼しかったですよ。  ・・・一つ心残りなのは、永平寺で座布(座禅をす [続きを読む]
  • 資格取得のために、勉強方法の研究をしてみよう。
  • こんばんは!なおたろうです^^今日は、勉強方法についての本をご紹介します。荘司雅彦さんの「最短で結果が出る超勉強法」です。こちらは、2007年に発行されてDVDも発売されているようです。 目次第1部 スタートはモチベーションアップがいちばん大切だ!ルール01 1冊の基本書にすべての情報を集中させようルール02 道具選びは機能性とオシャレ性を重視しようルール03 強力な勉強仲間を作ろうルール04 「試 [続きを読む]
  • 呉の観光に行ってきた
  • こんにちは!なおたろうです^^実は先日、広島県の呉市に行っていました!新しくなった市庁舎を見学して、大和ミュージアムにいってきました。大和ミュージアムのホームページはこちらそしておみやげがこれです。じゃーん!夫婦でペアルックwこの帽子は冬用・・・白の帽子は夏用です。勢いで買ったものの、いつ着用すべきか悩んでます。被るときはあるのやら・・・  これは両親にお土産で購入 [続きを読む]
  • 無気力の原因を探ってみよう!【後編】〜うつ病の原因とは?〜
  • こんにちは^^なおたろうです。今日も引き続き、無気力の原因を科学的に探るとともに、その対策を考えてみたいと思います!今日は、脳内伝物質がどのような働きをしているかを勉強しま〜す!読んでいるのはこの本です。無気力なのにはワケがある 心理学が導く克服のヒント (NHK出版新書)作者: 大芦治出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2013/12/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るうつ病患者の脳内 [続きを読む]
  • 無気力の原因を探ってみよう!【中編】
  • こんにちは!なおたろうです^^今日も昨日に引き続き、無気力の原因を科学的に探るとともに、その対策を考えてみたいと思います!昨日までの結論①コントロール不可能だということを学ぶと無気力に陥ってしまう。②予測不能であることも、同様に無気力の原因になりうる。③コントロール不可能な状況に置かれると、胃潰瘍・ガン・免疫系の病気になる可能性が増えるさらに、三章ではコントロール可能<コントロール不可<コン [続きを読む]
  • 無気力の原因を探ってみよう!【前半】
  • こんにちは!なおたろうです。まだまだ暑い日が続きますね。結構この暑さで無気力病が再発しつつあります(笑)前回、アドラー心理学より、なぜ無気力になるのかを探ってみましたが、今回は科学的な方面よりその原因を探ってみようと思います^^無気力なのにはワケがある なぜかやる気がでない・・・その理由はアドラー心理学では、他人と比較しているから、もしくは他人の目を気にしてはじめたことだから、とい [続きを読む]
  • 最近ガンダムがにぎわっている気がする
  • こんばんは!なおたろうです。今日の1冊はコレ!!大人のガンダム 完全版 (日経BPムック)作者: 日経エンタテインメント!出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2007/12/06メディア: 雑誌 : 1回この商品を含むブログ (1件) を見るわたし、ガンダム世代ではないです。でもyoutubeではまり、DVD買いました。そんなガンダムが、最近にぎわっています。お台場に新たな「聖地」誕生「富野監督は?」「ORIGINの [続きを読む]
  • 漫画 いぬやしきが面白い
  • こんにちは!なおたろうです。今日はおすすめの漫画の紹介です^^奥浩哉さんの「いぬやしき」です。いぬやしきは、講談社のイブニングに連載していました。ちなみに「いぬやしき」とは、主人公の名前です。主人公の「犬屋敷壱郎」はさえない初老のサラリーマンですが、ある日突然宇宙人に機械にされてしまいます。同じ時、同じ場所にいた高校生の「獅子神 皓」も同じく機械にされてしまうのですが、この二人がこの後 [続きを読む]
  • 福沢諭吉の「学問のすゝめ」を読んでみよう!④
  • こんにちは!なおたろうです^^今日も福沢諭吉の、学問のすすめを勉強します。学問のすゝめ 第五編「古来我国治乱の沿革に由り政府は屡々(しばしば)改まりたれども、今日に至るまで国の独立を失わざりし由縁は、国民鎖国の風習に安んじ、治乱興廃外国に関することなかりしをもってなり。」古来、わが国の治乱の移り変わりにより、政府はしばしば形を変えたけれども、今日に至るまでの国の独立を失わなかった理由 [続きを読む]
  • 学力の経済学をよんで【後編】
  • こんにちは!なおたろうです。今日は昨日に引き続き、中室牧子さんの「学力の経済学」について、後半部分を読んでみたいと思います^^勉強よりも大切なこと第三章では、IQや学力テストで測ることができる認知能力の他に、非認知能力と呼ばれる能力の重要性が説かれています。牧室さんの記事を見つけましたので、詳しくはこちらをどうぞ。人生の成功を左右する「非認知能力」とは ヘックマン教授らは、学力テストでは計 [続きを読む]
  • 学力の経済学をよんで【前編】
  • こんにちは!なおたろうです。今日は、今人気の本、中室牧子さんの「学力の経済学」を読んでみました^^人はだませてもデータはだませない巷にあふれる子供の教育法について、「特定の個人の成功体験」を「あなたの子供」にも試してみて、というのは難しいハナシである。子供の成功体験には様々な要因があり、なぜそうなったのかをデータに基づいて分析した方が、より確実性がある。というのが第一章の内容です。 [続きを読む]
  • 「だから、あなたも生きぬいて」を読んで
  • こんにちは!なおたろうです。今日は、高校生の時に読んだ大平光代さんの「だから、あなたも生きぬいて」の感想を書きたいと思いました。再度読んでみましたが、やっぱり、学生時代にこの本を読んでいてよかったと思いました。辛いことがあっても、読めば勇気をくれる本 作者の大平光代さんは、中学生の頃に卑劣ないじめにあい、割腹自殺を図ったものの、一命を取り留めるという壮絶な過去があります。自殺未遂後も、 [続きを読む]
  • 福沢諭吉の「学問のすゝめ」を読んでみよう!③
  • こんばんは^^なおたろうです!今日は学問のすすめ4編「学者の職分を諭す」をみてみたいと思います。学問のすゝめ 四編然らば即ち我国文明の有様、今日をもって昨日に比すれば或いは進歩せしに似たることもあるも、その結局に至っては未だ一点の疑いあるを免れず。苟(いやしく)もこの国に生れて日本人の名のある者は、これに寒心せざるを得んや。とすると、わが日本の文明のようすは、今日の状態を昨日に比べれば、まあ [続きを読む]