イナビン さん プロフィール

  •  
イナビンさん: 動けば変わる!成功への道
ハンドル名イナビン さん
ブログタイトル動けば変わる!成功への道
ブログURLhttp://seikou.gjpw.net/
サイト紹介文最悪からいかに人生を大成功に持っていけるか。ゼロからあらゆることを試し難局を乗り切る過程を公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 31日(平均6.3回/週) - 参加 2017/07/19 14:34

イナビン さんのブログ記事

  • たった500人の村で保険を超売って全国1位になってる人
  • 現在俺は「顧客倍増計画」を進めている。そう、なんとかして増やしたい。そのために、人脈作りは欠かせない最重要課題だ。数日前、古本屋に行き本を物色していると、「日本一になった田舎の保険営業マン」という背表紙が目に入った。パラパラとページをめくって拾い読みすると、参考になりそうだったので買ってみた。家に帰って =はじめに= から読み始めた。そこには、岡山県の人口の少ない過疎の村で、約500人を相手に保険を [続きを読む]
  • イメージの「大砲」を使って恐怖を完全に消す法
  • 昨日読み終えた本に興味深い内容が載っていた。なるほど、これはイメージの力だと思った。それは、恐怖を克服する方法。俺自身、恐怖が出てきたらその都度消す「おまじない」をしているが、今回これいいね!と感じたので紹介する。その本とは、道幸武久氏著「加速成功」。その中の内容を一部抜粋。・それでも恐怖が完全に消えないときは、「大砲」を使います。 この場合もイメージを使います。 まず自分の中にある恐怖感やネガテ [続きを読む]
  • イメージの「大砲」を使って恐怖を完全に消す法
  • 昨日読み終えた本に興味深い内容が載っていた。なるほど、これはイメージの力だと思った。それは、恐怖を克服する方法。俺自身、恐怖が出てきたらその都度消す「おまじない」をしているが、今回これいいね!と感じたので紹介する。その本とは、道幸武久氏著「加速成功」。その中の内容を一部抜粋。・それでも恐怖が完全に消えないときは、「大砲」を使います。 この場合もイメージを使います。 まず自分の中にある恐怖感やネガテ [続きを読む]
  • その家の玄関に置いてる物はもの凄く自慢したい物
  • 俺は初めて訪問した家に行ったときは、必ず玄関内を見る。なんでかって?なぜなら、それぞれの家の玄関にはほぼほぼ例外なく、人に見て欲しい物を置いてる。ウソではない。玄関って、普通いろんな人が訪れるよね。裏の勝手口に「今日はお招き頂きましてありがとうございます」なんて来客はない。であるなら、人間の心理として人に見られて困るような物は玄関に置きたくない。どっちかっていうと、人に見てもらいたい、自慢したい、 [続きを読む]
  • ブックオフが俺の好感度を上げちまったこと
  • 今日、ブックオフに行った。そもそも俺は古本屋によく行く。単純に安いもん。ホントに安いよね、古本って。だって100円コーナーなんてのもあるし。新刊本がすべて良いとは限らないからね。数年前にベストセラーになったものも古本であるわけで。本好きの俺にとってはすごいコストパフォーマンスが高いと思ってるわけ。で、話しは戻るけど、その店で古本を3冊選んでレジへ持って行った。アルバイトのお姉さんが本を受け取り、素 [続きを読む]
  • のどから手が出る程欲しかった契約を切った理由
  • 2か月間くらい検討してもらってたカーポート設置工事のこと。先週、最終の商談打ち合せで訪問した。でも決まらなかった。当初から予定していた予算を越えていたことと、立地的にカーポートの奥行を短くしないとダメで、それなら車が少しはみ出てしまうことにも躊躇していた。要は主人の頭の中で引っかかる点がいくつかあったのね。でも奥さんは横の席で「やってもいいんじゃないの?」と促す場面も。その間ずっと主人は考えている [続きを読む]
  • 大丈夫?この大手宅急便会社のドン引きな対応
  • 昨日のことだが、お中元を買いに行った。お中元売り場で配達受付もあったけど、届くのに終日かかるというので家の近くの業界トップの宅急便配送センターに持っていった。そこまではよかったが、利用したことがないので、受付カウンターにひとまず行く。すると、いきなりパートさんであろう人が俺に向かって手で制しながら「ちょっと待って!」と。「はあ?」なんだこれ、犬をしつけるようなしぐさ。確かに先客がいたのはわかってい [続きを読む]
  • 商店街飛び込み作戦は吉と出るか凶と出るか
  • やれることはなんでもやるというコンセプトのもと、考えたのが商店街を一軒づつ挨拶訪問をするということ。なぜ商店街かというと、俺のお客さんが商店街に店舗を出しているから。これだと、他の店舗に挨拶に行ったとき「〇〇店さんとお付き合いしてるんですよ」と言えるので親近感が湧くはず。そればかりではない。商店街ってアーケードになっていて全天候型だよな。雨が降ろうが槍が降ろうが関係ない。快適に移動できる。それに、 [続きを読む]
  • ペットを利用しお客さんをたまらなくキュンとさせる方法
  • 空前のペットブームなのだが、俺のお客さんにもペットを飼っている家が多い。犬、猫、ウサギ、カメ、ハムスター、鳥、コイ、金魚、メダカ、そしてウーパールーパーなんかもいる。そういう俺のうちにもウサギがいる。最近はユーチューブでペットの動画がやたらと目立つ。かわいいけどね。ペットショップに行けば、今までなかったような商品が多いのに驚く。犬用のデザートには笑うわ。そんな中、そのペットを利用しお客さんをたまら [続きを読む]
  • お客さんの心をつかんだこの「スプレー」は相当神ってる!
  • 今日、客宅に訪問した。門から玄関に行く途中、ハチが飛び回っている。よく見るとアシナガバチ。どっかに巣があるんかいな〜、と探したらあった、あった!1階の軒先にワイングラスを逆さまにしたような形の巣を発見。お客さんにひと声かけてから、秘密兵器の「ハチ撃退用スプレー」で先制攻撃。そして秒殺。もちろんお客さんには喜んでもらった。事前期待を越えた瞬間。3カ月ほど前のことだけど、お客さんから床鳴りがするから見 [続きを読む]
  • マンションの談話室をリフォームセミナーで借りたら1000円だった
  • 以前から懇意にしてるマンションの管理人に、そのマンションの談話室を借りれるか聞いてみたことがあったんよ。もともとそのマンションは俺のお客さんが数人住んでて時々仕事で来るので、管理人とも顔なじみになっていた。談話室はそこそこ広く、卓球台なんかも置いてあるが、住人の集会にも使われるので長机やイスがある。そこで、リフォームセミナーや相談会ができんかなとふと思ったわけ。結果、使えるということだが有料になる [続きを読む]
  • あの郵便局って商売に利用できるよ
  • 一年ほど前のこと。毎月郵送しているニュースレターを郵便局にごそっと持って行った。郵送受付をしてもらっているとき、ふと壁面の手書きのポスターが目に入った。「ん?」よく見ると、近くのリフォーム屋のポスターだった。なにやらいろいろと書いてあって、最後に社名と住所と電話番号が記されている。気になったから、郵便局の人に聞いてみた。「あれなに?」そしたら、商売用のポスターを有料で局内の目立つところに貼ることが [続きを読む]
  • お茶を頂くという事は相手の思いを口の中で受ける事
  • 前回のブログの最後の方でお茶の話をしたので2日続くが、今日訪問先でハーブティーを頂いた。さわやかなハーブの香りが鼻に抜けて夏らしい。自宅の庭に自生しているハーブを使用しているそうだ。俺は仕事柄、挨拶廻りや打ち合せの訪問先でお茶を出してもらうことが多い。そしてその最初のひとくち目で必ず「おいしいー!」と言うことにしている。なぜかというと、以前コーヒーを出して頂いたお宅で、そのコーヒーがすごくうまかっ [続きを読む]
  • 人が物をくれるってときにゃ素直にもらう
  • 今日桃をもらった。訪問先で。俺は昔からだが、なんかしらんけどよく物をもらう。物をやりたいような顔をしているんだろうな(笑)。でも嫌いなヤツにはそんなことしないわけで。多少は人に好かれているのかな。今までもらったものはくだものや野菜がダントツに多い。変わったところでは、焼物のお皿、クラシックギター、三線(沖縄の楽器)、絵画、おもちゃ、カメラ、衣類、魚、酒、イノシシやシカ肉、他にもまだあったような。こ [続きを読む]
  • 今日おついたち参りに行って感じたこと
  • 商売をしている人ならわかる「おついたち参り」。毎月1日に神社にお参りに行くというもの。俺も事業を立ち上げた当初は、お参りなど全く関心がなかった。何か困ったことがあったときくらいかな、神社に参拝してたの。ところがスピリチュアル的なものに関心が及んでから、毎月月初には参拝に行く。行き出してわかったことだが、朝早く境内を散策するとすごく気持ちがいいのと、なにか神さまに見守ってもらってる感がひしひしと湧く [続きを読む]
  • 顧客をどうしようもなく嬉しくさせるクレーム処理例
  • クレーム対応って、ぺこぺこ頭を下げたり手みやげを渡して機嫌をうかがうなんてイメージが強いよね。もちろんそういったことも必要なんだけど実はこんなことが過去あった。以前勤めていた会社で、お客さんから工事の着工金を銀行振り込みしてもらった。ところが、そのお礼の電話が無いと怒りだした。経理も何も言わないから俺は分からない。お金に絡むことは人って難しく言うもの。お客さんはカンカンに怒っていて、工事のキャンセ [続きを読む]
  • 人から好かれているかどうかで人生が決まるのかもしれない
  • 商売繁盛してお金がどんどん入る場面をイメージしてみた。やっぱり「好かれる」こと?人から。これだよ。宝くじで当選したり道端で大金を拾ったりは商売と無関係なので度外視。するとお金ってどこから来るか。お客さんから。お客さんがくれる。うん。ということは今までに俺にお金をくれたお客さんは、俺が好きなのか仕事のサービス内容が気に入ったのか、ウェブサイトが気に入ったのか(これはないか)。何かが好きで選んでもらえ [続きを読む]
  • ビールの移動販売車って、あったら売れるんじゃないの?
  • 昨日、訪問予定の家に着いたら、ヤ〇ルトの営業さんらしい結構年配の男性がその家から出てきた。サンプルが入っているであろうクーラーボックスを肩から下げて。インターホン越しに断られたみたい。ギンギラギンに暑い中、スーツ姿だ。ごくろうさまです・・・俺も数年間建築業界で飛び込み訪問をした経験があるので応援したい。でもそのとき感じた。なんでその商品のみに絞ってんのって。確かに乳酸菌飲料系は健康にはいいかもしん [続きを読む]
  • 奇跡が2つ キター!
  • 車で移動中携帯が鳴った車を停めて着信を見る。知らない番号。営業電話かな?とりあえずコールする。相手は3年前に工事したお客さんからだった。内容は、実家の古民家の窓を全部アルミサッシに交換希望。「キター!」さっそく来週訪問アポ。流れを感じる。何かが後押しをしてくれているのかも。また運転中、携帯が鳴った。まさか2匹目のドジョウって・・・その2匹目!!!!!!!これもOB客からで、所有の借家のキッチンを交換し [続きを読む]
  • 創業者って皆大変なんとちゃうかな
  • 資金が底をつきかけてあらためて事業を続けることの大変さを考えた。長年継続してやってる人ってすごいな。今の事業を一人で興してほぼほぼ2年。これまではありがたいことに、今までお付き合いしてきたお客さんからさまざまなリフォームの仕事の依頼を頂いてきた。誠意を持ってやっているので、さらにリピート工事も発生する。案件に対する不安はなかった。なんとかなると思っていた。ところがである。ここにきて初めてのスランプ [続きを読む]
  • 「恐れ」のつづき
  • 「恐れ」を解消する理屈は自分なりに分かった。でも、次々と出てくる「恐れ」や「不安」に実際どう対処するか。実はこのめんどくさいヤツから避難する方法がある。具体的に言おう。その方法とは、自己暗示だ。例えば、机に座っているとき、あの嫌な「恐れ」の感覚が急に襲ってきたとする。そこで、胸に手を当てて、「だいじょうぶだよ・・・だいじょうぶだよ・・・」って落ち着いて何度も上下にゆっくり手で胸をさするのね。そのと [続きを読む]
  • 「恐れ」は解消できるのか
  • 今回のゼロからの歩み始めに際し、心に重く大きくのしかかったことがある。今までにも何度もこのなんとも言えない重い嫌な感覚に襲われた。それは何か。そう、それは「恐れ」。大企業だろうが、零細企業だろうが、経営に携わる者が必ず何度かは心を苛まれるこの経営不安的な感覚。個人で事業をやっている俺も、例外なくこの経営不安の「恐れ」が今回何度もやってきていた。苦しかった。「売上げなく、来月生活費が用意できんかった [続きを読む]
  • おお!次の仕事が
  • 以前に見積りを出していた換気扇交換の依頼が来た。もうやらないのかと思ってあきらめていた。今は小工事でもうれしい。今日は週末なので、週明けに発注、入荷に合わせて即取付工事をしたい。小さい工事でも早期着工、早期回収で、高速に現金化しておく。手元にいくらかでも現金がないと、ガソリンも入れられない。その点が、飲食店など現金商売とリフォーム屋との違うところ。少しづつ動きが出てきているのがなんとなく実感できる [続きを読む]
  • このブログ名のこと
  • このブログを立ち上げる際、ブログ名をどうしようかこうしようかとまったく悩まなかった。「動けば変わる!成功への道」なんか自己啓発本のタイトルみたい。この「動けば変わる」という言葉そのものがいいわ。そもそもこの言葉を目にしたのは、何年か前に見た議員選挙のポスター。顔写真の横にこの言葉があった。なんともやる気が出る言葉だよね。過去を振り返ってみると、この言葉通りの局面が何度もあった。救われた。それを忘れ [続きを読む]