じゃこ さん プロフィール

  •  
じゃこさん: アラサー兼業主婦じゃこの、適応障害と生きる日記
ハンドル名じゃこ さん
ブログタイトルアラサー兼業主婦じゃこの、適応障害と生きる日記
ブログURLhttp://jacconikki.seesaa.net/
サイト紹介文適応障害もちのアラサー主婦じゃこの、フルタイムで働きつつなんとか生きる日記です。ゆるく妊活準備中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 23日(平均6.4回/週) - 参加 2017/07/20 19:02

じゃこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 診察と医療費のこと
  • こんばんは、じゃこです。今日は診察の日でした。7月からこっち抑うつが落ち着いているので、薬を少しでも減らしたくて、主治医に相談して、薬(ジェイゾロフト)を半量にしてもらいました。こうやって減らしていって、漢方薬だけで過ごせるようになれたらと思っています。通っているクリニックに行くと、少ししんどい瞬間があります。受付で保険証を出すとき。そこには職場の名前が入っています。自分はまだこの会社に所属してい [続きを読む]
  • 復職はたぶん無理
  • こんにちは、じゃこです。このところ、復職は無理だと思うようになりました。戻っても環境が良くなっているわけではない。戻ったら体調が悪くなるのは目に見えている。それじゃあ、身を置く環境を変えたほうがいい。人生が、時間がもったいない。そう思うようになりました。HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)という概念を知ったからかもしれません。敏感すぎる性質。当てはまる事項が多くて、驚きました。もう、場所に自分 [続きを読む]
  • 子どもを得るのための手段なのか
  • こんばんは、じゃこです。先日、夫とちょっとした言い争いになりました。議題は、夫婦生活の頻度や向き合い方について。ブログだから書けますが、この一か月、夫との夫婦生活は無いです。こんな状況で妊活がどうのと、言っていられませんね…。話のきっかけは、私がそのこと(頻度について)を冗談っぽくこぼしてしまったこと。言い訳ですが、私にとっては、冗談っぽく言うことが精いっぱいだったのです。結婚して1年半ほどが経ち [続きを読む]
  • カウンセリングへ
  • こんばんは、じゃこです。今日はカウンセリングの日でした。おおよそ2週間に1回のペースで受けているカウンセリング。先生は小動物系のかわいらしい女性で、私が吐き出すもつれた話をほぐしてくれる感じです。そしてほぐされたそれを受け取り、私が自分でほどいていく感じ。抽象的ですみません…十代の頃にもカウンセリングを受けた経験があるのですが(この辺りについては後日まとめる予定)、やはり先生によって方法が違います [続きを読む]
  • ひとり飲み会と、妊活への姿勢
  • こんばんは、じゃこです。今日は夫が職場の飲み会で帰りが遅い(そもそも今日中に帰るか分からない)ので、コンビニでお酒とおつまみを買ってきて、家でひとり飲み会をすることにしました。薬のことなど考えると、本当は良くないんだろうけれど。ペットもいるし、寂しくない、寂しくない。昨夜、何がきっかけか夫と妊活の話題になり、互いの妊活の姿勢を再確認しました。私は、体調を整えて薬を減らし、妊娠できる身体になったらで [続きを読む]
  • ペットの死と、これからのこと
  • こんにちは、じゃこです。ほぼ1か月ぶりになってしまいました。先日ペット2匹のうち、1匹が他界しました。天寿を全うしたといえる年齢だったのと、看取ることができたので、しかたないことだな、と受け入れています。実家で居場所がないと悶々としていた時期から、一人暮らしの部屋、結婚してからの家。ずっと一緒にいてくれました。休職してから約3か月がたちました。6月は休職期間を延ばすかどうかでかなり落ち込みがあり、 [続きを読む]
  • 休職延長の手続きと無気力
  • 診断書をいただいて、休職期間を延長することになった。それから数日、無気力状態が続いている。上司への報告は、メールと郵送によって済ませることができた。これは本当にありがたい。職場に持参だったり面談があったら、圧力に負けて「復職します」と言ってしまったかもしれない。すぐ体調が悪化する(逆戻りする)ことは目に見えている。診断書をいただくため診察に行ったとき、上司への報告のため自分の状況を詳しく話した。不 [続きを読む]
  • 調子のよい一日を増やすために(その2)
  • 前回のエントリーの逆、調子がよくない日を振り返ってみる。朝、起きられず夫の「行ってきます」に「ごめんなさい」と布団から答える水と薬だけ飲んで、横になる昼を過ぎても何も用事ができていないことに罪悪感、人より劣っていると感じるヨーグルトなど冷蔵庫にあったものを食べ、横になるテレビは疲れるので、ネットを見たりする(ネットで落ち込むことも多々あり)夕方起きだして夕食を作るか、起きられないときは夫に「ごめん [続きを読む]
  • 調子のよい一日を増やすために
  • 比較的調子よく過ごせた日の行動を振り返る。朝は目覚ましの時刻、またはその少し前に目覚める。換気をし、植物に水をやる。着替えて軽く化粧をする。夫の弁当を作り、送り出す。自分の朝食を軽く摂る。洗濯をし、午前中に干す。ペットの小屋を掃除して餌をやる。昼食を作り、摂る。食料品や日用品の買い出しに出かける。床や水回りの掃除をする。洗濯物を取り込み、たたみ、アイロンをかける。紅茶などを飲みつつ、録画したテレビ [続きを読む]
  • しょっとしたことで動揺する
  • 昨日は落ち着かない一日だった。朝、同僚からメールが来た。彼女も先月病気休暇を取っていて、今週復帰したとのことだった。職場環境は改善していないので、復職は慎重にした方がいいとアドバイスをくれた。内容はありがたかった。彼女は会社の中でも心を許して話せるうちの一人だ。それでもやっぱり、職場の皆のことを想像し、動揺してしまった。昼、母から電話が来た。聞けば、父の葬儀で揉めた親戚とばったり道で会ってしまった [続きを読む]
  • 睡眠がうまくとれない
  • 最近、睡眠がうまくとれなくなっている。夫の生活リズムに合わせていること、睡眠薬を飲んでいること、昼寝をしてしまうことが要因だと思う。夫は23時を過ぎて帰ってくる。それから夕飯を食べ、シャワーを浴び(疲れすぎて翌朝に持ち越すこともあり)、ふたりで会話、例えばその日家で起こったできごと、仕事でのエピソードを話し、ここで私は寝床に入る。夫は持ち帰り仕事があれば作業し、スマホゲーム(ストレス解消らしい)をし [続きを読む]
  • お金と罪悪感
  • お金の話になると、とても動揺してしまう。私は今「病気休暇」として休んでいるので、給与を支給されている身だ。同僚は週5で朝から晩まで働いている。対する私は、家事をしたり、食品の買い出しに行ったり、テレビを見たり、昼寝をしたり。そのことに対して、ものすごく罪悪感がある。仕事に行けない状態であるから、診断書を貰って休んでいる。今会社に戻っても、役に立つどころか迷惑をかけ、体調も悪くなるだろう。頭では分か [続きを読む]
  • 婚家の墓参り
  • きのう、夫の祖母と両親とともに、墓参りに行ってきた。前日まで調子がとても悪かったので、不安でいっぱいだった。夫の実家には、私が休職していることは話していない。もし仕事の話題が出てパニックになったら、どうしよう。もう実父と墓参りに行くことはできない。それを思い出して泣いてしまったら。義父はかたい職についている。病気や休職のことが知れたらいい気はしないだろう。同じことがぐるぐる、あまり眠れなかった。当 [続きを読む]
  • 夫に負担をかけている
  • 昨晩、帰宅後の夫が何気なく、「太った?」と聞いてきた。私のとるべき行動は、「そうかも〜笑」などと流すことだった。でも、昨日はそれができなかった。家にいてごろごろしているから、太ったのだ醜い奥さんで、さぞ不満だろうエクササイズの本も買ったのに、何もできていない何ひとつ満足にできない、ごくつぶしだちゃんとできない、ちゃんとできない困惑する夫の前で、泣きじゃくり喚いた。頓服の薬もあまり効かなかった。「軽 [続きを読む]
  • お金の話と精神状態
  • 夫とは、少なくとも週に一度は家族会議をしている。最近は当然、私の体調=仕事についての話題が多い。もう一つ多いのが、子どもをもうけるかどうかについて。そのどちらも、お金のことがネックになっている。私が会社に復帰したならば、今までのように安定して給料が出る。その反面、体調はよくなることはないだろう。薬を飲み続けないと生きていけない。子どもも難しいだろうと思う。復帰せず専業主婦になるか、パート等で働くの [続きを読む]
  • 休職期間を延ばすかどうか
  • 6月末までの予定だった休職を、延長するかもしれない。私はクリニックで、診察とは別にカウンセリングも受けている。私が脈絡なく話す不調や出来事を、秩序立てて組み立て、頭の整理をする手助けをしてくれる。思考や感情で頭の中がいっぱいになってしまって動けないことが多々あるので、カウンセリングによってそれが少しづつ良くなり、たいへん助かっている。きのうはカウンセリングの予約日だったので、夕方クリニックへ行った [続きを読む]
  • 休職中のいろいろな問題
  • 適応障害で休職してから、ひと月以上がたった。父が迎えるはずだった70歳の誕生日も、何もなく過ぎた。調子が悪く、一日中寝ていることもある。調子がよく、家事や買い物に出られることもある。最近の、体調に関するいろいろな問題。早朝覚醒がひどいため、止めていた睡眠薬をまた処方してもらったこと。上司からの事務連絡メール(必要最低限の内容)に過剰に落ち込み、荒れたこと。ある日急に片耳の耳鳴りがひどく聴力が落ち、メ [続きを読む]
  • 会社を休むことになった
  • 会社を休むことになった。3月ぐらいからだろうか。朝起きるのが辛く、起きても気力がなく有休をとる日もあった。出社したはいいが、涙が勝手に流れる、更衣室の床に頭を打ち付ける、トイレで自分を殴る、といったことが続き、様子がおかしいことはなんとなく周囲にも気づかれつつあった。今日の仕事が終わったら死のう、と決めた。本気だった。だけど生きていた。それが毎日。最終的には、自分で休むことを決めた。例によって有休 [続きを読む]
  • 怒りと情けなさ
  • 先日、父の四十九日法要があった。実家に集まる親戚。もちろん母、弟、夫も一緒だ。私は親戚が嫌いだ。ほとんど憎悪している。ひねくれた思考、耐え難い暴言、迷惑を考えぬ行動。生まれてこのかた、ずっと違和感を感じてきた。夫の家族にはじめて会った時は、衝撃を受けた。親戚がたくさん集まる会合で、誰も怒鳴らない。もめごとが起こらない。みんなにこにこして、最後に記念写真を撮る。こんなホームドラマみたいな家族、あるわ [続きを読む]
  • 荒れ模様
  • きのうは、朝から調子が悪かった。朝から夫の些細なひとこと(まったく悪い言葉ではない)で泣いてしまった。仕事を休んではどうかと言われたが、今週はすでに1日休みを取っていた。無理をしているのはわかっていたが、出勤。いつものようにトイレでぼんやりしたり、泣いたり。そして何事もなかったように席につき、淡々と業務をこなす。休憩時間に、夫に「死にたい」とメールしてしまった。残業をして帰宅。夫は仕事を早く切り上 [続きを読む]
  • 過去の記事 …