kana さん プロフィール

  •  
kanaさん: 不登校・登校しぶり・登園しぶりに悩むママへ…
ハンドル名kana さん
ブログタイトル不登校・登校しぶり・登園しぶりに悩むママへ…
ブログURLhttps://ameblo.jp/k3a4n2a4e/
サイト紹介文心屋認定講師とも花認定 心屋式カウンセリングマスター・さとう式 セルフケアマスターです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 27日(平均5.4回/週) - 参加 2017/07/23 06:03

kana さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本田晃一さんのトークショーのスタッフをさせていただいて。
  • ほんと本田晃一さん好き(*^^*) 私もずっと、何でも一人で乗り越えようとしていたなー 周りのみんなが手を差し出してくれているのに、見ないフリして。 自分でできないことは潔く諦めて(笑)人に頼って甘えて生きる人生、最高です(*^^*) 周りの人たちも幸せそうだよ(*^^*) 先日、開催された「本田晃一さんのトークショー」で、スタッフをさせていただきました。 ほんっとうに楽しかった〜!! 本田晃一さんは、ブログや [続きを読む]
  • 個人カウンセリングのご感想
  • 個人カウンセリングのご感想をいただきました。 カウンセリング、ありがとうございました。 あれから、子どもが泣いても焦らなくなり、周りも気になりにくくなりました。 以前は、気付かないうちにどう見られるか気にしてた気がします…。 あと母親に対しても、前よりも素直になれた気がします。 愛されて育ったんだなーと思えるようになって。 子どものことが愛しくてたまらない時に、母も私に対してこんな気持ちだったんだな [続きを読む]
  • 子どものことが気になって仕方ない時。
  • 子どものことが気になって仕方ない時。 子どものことが不安で仕方ない時。 そういう時こそ、「自分」を大切にする。 「自分」のご機嫌取りをする。 不登校、登校しぶり、友だちとのトラブル… 子どものことで頭がいっぱい! 自分に目を向けるなんて無理! そう思いがちですが… そんな時こそ「自分を1番大切に扱う」ことをしてみてください。 やりたくないなーと思っているのに、なんとなくやっていることを思い切ってやめ [続きを読む]
  • ”【残席4になってしまいました(>_<)】ランチ会のお知らせ!!”
  • 先ほど確認したら、すでに残席4になってしまっていました(>_気になっている方、お早めにお申し込みください!私も参加させていただきます(*^^*) ぜひご一緒しましょう!私が人生を大逆転できたのは…悩みがゼロになったのは…本当にとも花さんのお陰(T_T)1年前の私は悩みを書き出したらA4の紙に収まりきらないほど。それが今では悩みがゼロになり、毎日が楽しくて仕方ない。子育てが楽しくて、子どもが可愛くて仕方なくて、夫 [続きを読む]
  • 不登校…お先真っ暗、と思っていませんか?
  • 子どもが不登校。 お先真っ暗…と思っていませんか? 子どもがダメになってしまいそう? 将来自立して生きていけなさそう? 周りの子どもたちを見て「いいなぁ…」とうらやましくなる。 「それに比べてうちの子は…」と悲しくなる。 お先真っ暗…な気持ちになってしまうかもしれないけれど。 むしろ、今がチャンス!なんです(*^^)v 「不登校になってくれた」から、気付けることがある。 あなたと、あなたの子どもが、もっと [続きを読む]
  • 「身をおく」ことって、すごい!
  • 昨日は、宮本佳実さんのランチパーティー、そしてクラブヨシミストの第1回クラブレッスンに行ってきました! やっぱり私は、佳実さんの空気感が大好きなんだな〜と実感。 書籍はもちろん全て持っていて、繰り返し読ませていただいているのですが… 佳実さんの言葉って、ほんとすーーっと入ってくる。 前にどこかでおっしゃっていただけれど、難しい言葉を使わないようにしている?らしくて。 でもそれだけじゃない、センス [続きを読む]
  • 不登校になってくれている、のかも?
  • あなたの子どもは… わざわざ、不登校になってくれているのかもしれません。 あなたのために。 あなたはきっと今、「不登校」のことで、頭の中がいっぱい。 「子ども」のことで、頭の中がいっぱい。 いつになったらまともに学校に行ってくれるのだろうと、夜も不安で眠れないかもしれない。 あなたはきっと今、「登校しぶり」のことで、頭の中がいっぱい。 「子ども」のことで、頭の中がいっぱい。 夏休み明け、学校に行くこ [続きを読む]
  • 「不登校」を一人で抱えない②
  • 子どもが不登校だから… 私が頑張らなければいけない。 私がどうにかしなくてはいけない。 母親なのだから… 「母親なのだから」がんばらなければいけない。 「母親なのだから」どうにかしなくてはいけない。 本当に、そうかな? もっともっと頼っていい。 ご主人にも、学校の先生にも、ママ友にも、子どもの友だちにも、頼っていい。 あなたにしかできないことって実はすごく少ないよ。 「私の子どもなのだから!私が母親 [続きを読む]
  • 「不登校」を一人で抱えない
  • 子どもが不登校だから、私が頑張らなきゃ。 子どもが不登校だから、私は我慢しなきゃ。 誰にも頼れない。 「誰にも頼れない」 のではなくて。 「誰にも頼らない」 だけかもしれない。 「誰も助けてくれない」 「誰も信用できない」 と、自分が思っているだけかもしれない。 「私は、助けてもらえない人間だ」 「私は、一人で頑張らなければいけない人間だ」 と、自分が思い込んでいるだけかもしれない。 夫に話 [続きを読む]
  • 不登校の子どもを信じることの怖さ
  • 不登校の我が子。 この子はこのままで本当に大丈夫? 普通の大人になれるの? まともな人生を歩むことができるの? 自分の子どもだからこそ、信じたいですよね。 信じられるお母さんでいたい。 信じられるお母さんになりたい。 でも…どうしても不安になってしまう。 不登校の子どもの未来が、不安になってしまう。 大切だから。 自分の子が、本当に本当に大切だから。 失敗してほしくない。 間違ってほしくない。 悲しい思 [続きを読む]
  • 不登校の子どものせいで、私は不幸
  • 子どもがまともに学校に行ってくれたら。 私は、幸せに過ごせるのに。 こんなに悩まなくて済むのに。 子どもが不登校だから、私は不幸なんだ。 あなたはきっと、不幸でいたい。 私は不幸なんだ、と思っていたい。 もっと言うと… 「誰かのせいで、私は不幸だ」と思っていたいのかもしれない。 「この子がこんなふうだから、私は不幸」だと思っている人には、こんなセルフイメージがあるかもしれない。 「どうせ私は、誰かの [続きを読む]
  • 不登校の子どものお母さんって
  • 不登校の子どものお母さんって… 人に無理しすぎだよ、と言われるような人が多い。 でも、何が無理しすぎなのか分かっていない人が多い。 やりたくないことを嫌々やっていていたら、それはもう、あなたの心と身体にとっては、無理しすぎなのかもしれない。 主婦だから、母親だから、やりたくないこともやらなきゃって思ってしまうけれどね。 でも、もうちょっと減らせるかもね。 自分の意識次第で。 やりたくないことをやめ [続きを読む]
  • 不登校の子どもって、ダメ?
  • 不登校の子どもを、学校に行かせたい。 これが、不登校に悩む多くのお母さんの想いなのかもしれません。 でも、問い返してみてほしいのです。 「ほんとうに、そう?」 あなたはどうして、学校に行ってほしいんだろう。 将来が不安だから? 将来、子どもが不幸になりそうだから? 周りのみんなと同じように生きてほしいと思うから? それとも、ずるいから? 「私は、嫌なことも頑張ってきたのに」 「私は、親の期 [続きを読む]
  • 不登校でも、これだけはやっておこう!
  • 不登校でも、これだけはやっておくと良いこと。 ズバリ、足し算、引き算、掛け算です。 1、2年生の学習内容なので、多くの子が当たり前にできるようになります。 だからこそ、できないことが劣等感につながりやすいのです(>_ そして、これらの計算が さっと できないと、その後の学習がかなり危ういのです。 繰り上がりの足し算、繰り下がりの引き算、そして掛け算が完璧にできること。 数字を見ただけで答えが出るくらい [続きを読む]
  • 不登校・登校しぶりが長引く子と、長引かない子
  • 登校渋り。 不登校。 長引く子と、長引かない子がいます。 大きく違うのは、お母さんの心の状態。 長引く傾向にあるのは… ・自分の子どもが登校をしぶることに対して、嫌悪感を感じている。 ・「このまま不登校になったらどうしよう」と、未来がすごく不安。 ・子どもを登校させるために、手を変え品を変え、お母さん自身が努力している。 ・学校や先生に対して不信感がある。 ・学校や先生にもっと努力してほしいと思う。 [続きを読む]
  • 子どもの問題を、お母さんの問題にしない
  • とっても大切なこと。 子どもが学校に行くことができないのは、お母さんの問題ではない。 子どもの問題。 子どもが自分で「学校に行く」と思えるようにならないと、学校へは行けない。 どんなにお母さんがお膳立てしても。 どんなにお母さんが努力しても。 それは子どもの問題であって、子ども自身が乗り越える壁だから。 よくね、こういう話を聞きます。 「昨日の夜、子どもと約束したんです」 「明日は絶対学校に行くって」 「 [続きを読む]
  • 気が利かない夫にイライラする
  • 今日は、家族みんなでお出掛けする予定。 それなのに…! 旦那は自分の準備だけやって、テレビ見てくつろいでいる。 私は自分の準備だけじゃなく、子どもたちの準備も、そして家事だってやっているのに! せっかくの休日だからちゃんとメイクもしたいし、少しはオシャレしたい。 それなのに、それなのに…! パンダみたいに寝転がってテレビ見ながら「いつぐらいに出発できそう?」だって。 あー腹立つ! こっちは、あなたみたいに [続きを読む]
  • トイトレしなくてもオムツは外れる!
  • もう周りの子たちはトイレトレーニング始めている… すでにもうパンツの子もいる… 親にも「まだオムツなの?」と言われる… 遅くとも3歳までにはオムツを外さないと… この子のために、早く外さないと! この夏、絶対外さないと! 来年4月に入園を控えている子のお母さんは特に、この夏が勝負!だと思っているかもしれません。 でもちょっと待って。 私の子どもは4歳直前までオムツでした。 うんちは1歳前からトイレで [続きを読む]
  • 先生からの電話にザワザワする
  • また学校から電話だ… うちの子また何かやらかしたんだ… あー嫌だなぁ… でも「何かあったらまた教えてください」って言ったの私だしな… 取りたくないな… でも取らなきゃな… 私の子だし… 子どもが帰宅した後の先生からの電話、ドキドキしてしまいますよね。 何度も繰り返しあると、何だか自分が責められているように感じる。 うちの子が悪いのは分かるけれど… 理解しているつもりだけれど… 相手の子だって悪いんじゃないの [続きを読む]
  • 不登校になってしまいそうで不安になる②
  • 子どもが、朝たまに「学校行きたくない」と言う。 子どもが、夕食を食べている時に「学校が嫌」と言う。 子どもが、宿題をやっている時に「分からない!」と泣く。 子どもが、お風呂に入っている時に「仲良しの友だちがいない」と言う。 小さな失敗をしただけですごく落ち込む。 「どうせ私はできないもん」と言う。 すぐ泣く。 すぐ怒る。 そんな子どもを見ていると… 「いつか不登校になってしまうんじゃないか」と不安に [続きを読む]
  • 過去の記事 …