KITA さん プロフィール

  •  
KITAさん: マンション管理研究所ウォームハート
ハンドル名KITA さん
ブログタイトルマンション管理研究所ウォームハート
ブログURLhttp://condominium-management.hatenablog.com/
サイト紹介文当ブログはマンション管理のセカンド・オピニオン”マンション管理士”の活用を推進するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 26日(平均11.3回/週) - 参加 2017/07/25 00:08

KITA さんのブログ記事

  • 管理規約で定めるペットの飼育
  • 最近の分譲マンションの管理規約は、ペットの飼育を禁止するか、認めるかを明確に規定するようになりました。というより、分譲時から「ペット飼育可能」を謳ったマンションが大半を占めるようになって、管理規約には当然のようにペット飼育規定があり、細則にはペット飼育細則があるという状況です。しかし、かつて、今ほどマンションでペットを飼うという習慣がなかったころの分譲マンションでは、動物の飼育に関して、管理規 [続きを読む]
  • 迷子にしないためのペットの防災
  • 今年は夏は例年以上の大雨で、毎日のように日本の各所で避難勧告や避難指示が出されています。地震も多い日本では、やはり防災についてしっかり考えておく必要があります。マンション管理組合でも、標準管理規約には防災に関する業務が管理組合の業務として規定(標準管理規約32条12号)されていますが、今回は直接、管理組合の業務に関係しませんが、ペットに関する防災について考えてみようと思います。 1.飼い主の心得 [続きを読む]
  • マンションに住むペットの事情いろいろ
  • マンションにおけるペット飼育は、今も昔も、住民間のトラブルを引き起こす最も大きな原因のひとつです。そんな古くて新しいペット問題について取り上げてみたいと思います。ちなみに私は猫派です。ペットを飼ったことはありませんが・・・正確にいうと、小学生のころ、夏祭りの夜店でカラーひよこを買ってもらって、3日後に死なせてしまって以来、生き物を飼ったことがありません・・・そんなトラウマがある私がペットのことを書 [続きを読む]
  • マンション標準管理委託契約書(4)第7条〜第9条
  •  今回は、管理事務に必要な管理室などの使用に関する規定(7条)、緊急時における管理業者の業務に関する規定(8条)、管理業者の管理事務報告に関する規定(9条)になります。 ☆第7条 管理事務室等の使用 ☆第8条 緊急時の業務 ☆第9条 管理事務の報告等※甲(管理組合)、乙(管理業者) マンション標準管理委託契約書 ⇒ 契約書 マンション標準管理委託契約書コメント ⇒ コメント 建物の区分所有等に [続きを読む]
  • マンション標準管理委託契約書(3)第4条〜第6条
  • 今回は、管理事務の第三者へ再委託に関する規定(4条)、管理業者の善管注意義務に関する規定(5条)、委託業務費の内訳に関する規定(6条)になります。 ☆第4条 第三者への再委託 ☆第5条 善管注意義務 ☆第6条 管理事務に要する費用の負担及び支払方法※甲(管理組合)、乙(管理業者) マンション標準管理委託契約書 ⇒ 契約書 マンション標準管理委託契約書コメント ⇒ コメント 建物の区分所有等に [続きを読む]
  • マンション標準管理委託契約書(2)第1条〜第3条
  • 今回からは、国土交通省が、管理組合と管理会社の間の管理委託契約書の雛形として活用を促している「マンション標準管理委託契約書」を条文ごとに確認していきます。なお、国土交通省は「マンション標準管理委託契約書」本体と、その解説である「マンション標準管理委託契約書コメント」も発表していますので、これについても併記していきます。 ☆「マンション標準管理委託契約書」の前提 ☆第1条 総論  ☆第2条 本 [続きを読む]
  • マンション標準管理委託契約書(1)
  •  多くの管理組合は、管理業務をマンション管理会社に委託しています。厳密にいうと「管理委託契約」を交わしているわけです。 ところで、管理委託契約の内容が書かれてある「管理委託契約書」を見たことはありますか?管理組合を構成する組合員の皆さんであれば誰でも見ることができるはずですが、ほとんどの方は見たことはないでしょう。そこには何が書いてあるのでしょうか?※下記のマンション総合調査では、管理委託契約の内 [続きを読む]
  • マンション標準管理委託契約書(1)概要
  •  多くの管理組合は、管理業務をマンション管理会社に委託しています。厳密にいうと「管理委託契約」を交わしているわけです。 ところで、管理委託契約の内容が書かれてある「管理委託契約書」を見たことがある方はいますか?管理組合を構成する組合員の皆さんであれば誰でも見ることができるはずですが、ほとんどの方は見たことはないでしょう。そこにはいったい何が書いてあるのでしょうか? 5年に1度実施されている国土交通省 [続きを読む]
  • 新築マンション購入後、1年以内に行うこと
  •  新築マンションを購入する場合、基本的には「管理会社」と「管理規約」はあらかじめ分譲会社が指定したものを選ばざるを得ません。マンションの売買契約書には、分譲会社が指定した管理会社と管理規約を承認する旨の条項が存在しており、それを受け入れないと、一生に一度の買物として時間と費用をかけて選んだマンションが購入できないからです。 しかし、生活の本拠としてのマンションを購入することと、その管理方法を選択 [続きを読む]
  • その議案、総会決議だけで大丈夫ですか?
  •  マンションに関する法律で、基本法として位置付けされるのが「建物の区分所有等に関する法律」、略して「区分所有法」といわれる法律です。 成立したのが今から50年以上昔の昭和37年。そこから2度の大きな改正(昭和58年、平成14年)を経て現在に至るわけです。 不肖、わたくしもマンションの管理に携わって10年、何度も区分所有法を読むのですが、いまだに分からない・理解不能なことが多く、そういう意味でもこの [続きを読む]
  • 水災補償を考える
  • 毎年のように日本各地で発生する自然災害、つい先日も朝倉、日田を中心とする豪雨災害が発生してしまいました。三連水車や川沿いの露天風呂など、かつて何度も訪れた町が土砂に覆われてしまい本当に悲しいかぎりです。もちろん一番つらくて悲しい思いをされているのは現地の方々です。一日も早い復旧と復興を願うばかりです。 1? 日本の気候変動と増加する豪雨 ・日本の年平均気温は、100年あたり 1.19℃の [続きを読む]
  • 管理組合は個人賠償責任保険を一括付保すべきか?
  • 区分所有法18条4項に、「共用部分につき損害保険契約をすることは、共用部分の管理に関する事項とみなす。」と規定されています。つまり、損害保険契約は共用部分を管理する団体である管理組合の業務ということです。業務であるからには、そのマンションの規模、地理的環境、居住者のニーズ等に沿った損害保険の掛けなけれなりません。今回は、ここ数年で保険料の値上げが顕著な個人賠償責任保険についてまとめてみました。 [続きを読む]
  • 2017年6月9日 住宅宿泊事業法(民泊新法)が成立 
  • 既報のとおり、2017年6月9日に「住宅宿泊事業法」が成立しました。いわゆる民泊新法と呼ばれるものです。これまでの「民泊」といえば、大きく分けて次の2つの種類がありました。 ・旅館業法民泊(旅館業法の簡易宿所と呼ばれる種類になる) ・特区民泊(東京都大田区、大阪府、北九州市で国家戦略特区の中で行われている)そもそも「民泊」というのは、個人の住宅の一室などを数日間、他人に宿泊させるものを指します。そこで宿 [続きを読む]
  • 管理組合の収益事業と税金
  • 個人でも会社でも、収入を得たら税金を払わなければなりません。管理組合も何らかの収入を得たら税金を払う必要があります。これまでは管理組合が収入を得ても、(税務当局にとって)あまり目立たない存在だったため、追徴課税されることはほとんどありませんでしたが、現在ではそうはいきません。なお、税金の時効は5年(脱税の意図がある場合は7年)であるため、収益事業を以前から行っていた場合は過年度分も併せて申告しなけれ [続きを読む]
  • マンション空き駐車場外部貸しの課税について
  • 数年前から、管理組合が運営するマンション駐車場について、区分所有者による利用が減少し、空き駐車場が増加していることが問題になっています。特に駐車場使用料を管理費会計に組み入れている場合は、数台の空きでも管理費会計が赤字におちいる管理組合も多くあるようです。財政に問題がある場合、その解決方法は「収入を増やす」か「支出を減らす」の2つの方法しかありません。今回は、マンションの空き駐車場を外部貸しする場 [続きを読む]
  • 不在組合員に対する組合運営協力金について
  • 不在組合員(マンション外に居住する組合員)に対して、管理費以外に組合運営のための協力金を徴収することについては、その必要性があり、かつ、合理的な範囲内であれば可能であるとされています。(最高裁判決:平成22年1月26日)したがって、協力金の徴収は「その必要性かつ合理的な範囲」という条件が必要になりますが、今回は最高裁判決から協力金の徴収条件について考えてみたいと思います。 1.管理費等の徴収根拠 [続きを読む]
  • 管理組合保管文書の閲覧・謄写請求権:最新判例
  • 前回の記事において、管理組合保管文書の閲覧・謄写請求の判例についてご紹介しましたが、大阪高裁平成28年12月9日判決において、新たな判断が示されました。(1)マンション管理組合が保管する文書において、区分所有者は、管理規約に定めのない文書の閲覧・謄写及び写真撮影は可能か?(2)理事長は、管理規約に定められた組合員名簿の閲覧請求を拒絶することはできるか? 訴訟の経緯 (1)マンション管理組合が保管する文 [続きを読む]
  • マンション管理士賠償責任保険について
  • マンション管理組合の共用部分の損害を補償する「マンション総合保険」に、特約として「個人賠償責任保険」を付保している管理組合は多いと思います。この特約は、「日常生活にかかわる偶然の事故により、居住者が、他の居住者や第三者に対して負担する損害賠償責任を補償するもの」です。例えば、洗濯機のホースが外れてしまい、下階の部屋に漏水させてしまった場合や、バルコニーから誤って植木鉢を落としてしまい、通行人にケガ [続きを読む]
  • 警固断層帯・南東部の地震発生確率
  •    ↑ 警固断層の位置と主な調査地点(地震調査研究推進本部HPより)地震調査研究推進本部(地震本部)では、福岡市の北西から南東を横断する警固(けご)断層帯についての過去の活動及び将来の活動についてレポートしています。2005年に発生した「福岡県西方沖地震」は警固断層帯の北西部が震源域でした。海域が震源だったわけですが、玄海島では大きな被害が発生し、陸地側の福岡市内でも断層が位置する地域を中心に被 [続きを読む]