Mr. さん プロフィール

  •  
Mr.さん: メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る
ハンドル名Mr. さん
ブログタイトルメルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る
ブログURLhttps://www.deu-car.com/
サイト紹介文欧州車と日本車の違い、そしてメルセデス・ベンツの特徴とメンテナンスに関して情報発信中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 26日(平均7.0回/週) - 参加 2017/07/25 10:07

Mr. さんのブログ記事

  • カーナビ操作のCOMANDシステムとタッチパネル式のUIについて雑感
  • カーナビの操作メルセデスのカーナビやエンターテイメントの各操作は、全てCOMANDシステムで操作します。他方、日本車の純正カーナビやアフターマーケットで流通しているカーナビの多くはタッチパネル式を採用しています。ここで、各UI(ユーザーインターフェイス)の特徴について考えてみたいと思います。 COMANDシステム メルセデスが採用しているCOMANDシステムは、近年のほとんどのメルセデスに標準装備されています。このUIに [続きを読む]
  • ガレージの選択-ボディ塗装やヘッドライトの劣化防止に明らかな効果
  • 駐車場事情今、使用している駐車場が賃貸物件ならば、土地に手を出すことができません。しかし、私有地に自動車を駐車できるスペースがあれば、予算次第でいかようにでもガレージの設置が可能です。塗料の技術は、昔と比べて明らかに進化しています。しかし、長期的には、ガレージ保管と屋外駐車では、ボディの塗装とヘッドライトカバーの劣化に大きな差が出ます。ボディの保護を考えると、やはりガレージが欲しくなります。ボディ [続きを読む]
  • 黒沢元治氏「ファイナルDVD」制作プロジェクトにご参加ください!
  • 黒沢元治氏のファイナルDVD歩く計測器と呼ばれてきた元レーシングドライバー、黒沢元治氏が最後のDVDの発売を計画しています。 1960年代1960年代、日本は高度経済成長の階段を駆け上がっていました。当時、「3種の神器」と呼ばれたテレビ、冷蔵庫、洗濯機が国民の憧れであり、その後、カラーテレビ、カー、クーラーの「3C」時代を迎えていました。1960年代、黒沢元治(以降、ガンさん)氏は日本最強のモトクロスチーム・城北ライ [続きを読む]
  • メルセデスや多くの欧州車のドアヒンジが鋳物製なのは何故だろう?
  • 鋳物製ドアヒンジメルセデスのドアを開けると、目に入ってくるパーツは鋳物製のドアヒンジ。この鋳鉄製の鋳造品は、見るからに剛性が高そうなパーツ。明らかに、コスト高です。それでも、メルセデスや他の多くの欧州車は鋳物製のドアヒンジを採用しています。なぜ、多くの欧州車が鋳物製のドアヒンジを採用しているのか検索しても、明確な答えを得ることができません。 多くは、このような内容です。・鋳物製のドアヒンジを採用す [続きを読む]
  • スーパーレインX-ガラス撥水剤とガラス油膜取りキイロビンで雨が楽しい
  • 雨天時、ガラスとドアミラーに水滴が付きにくいメルセデスのオーナーならご存じのことと思いますが、雨天時、メルセデスのドアガラスとリヤガラスに水滴が付きにくい特徴があります。これは、ドアミラーの鏡面を含めての話です。車速が上がっていくと、ドアガラスとリヤガラス表面の水滴が空気の流れによって、後方に流れていきます。ガラス面に撥水剤を塗布していなくても、50〜60km/hあたりで、この効果が表れます。 ドアミラー [続きを読む]