YEN蔵 さん プロフィール

  •  
YEN蔵さん: YEN蔵のFX投資術
ハンドル名YEN蔵 さん
ブログタイトルYEN蔵のFX投資術
ブログURLhttp://www.yenzo.net/
サイト紹介文元外資系ディーラーYEN蔵のブログです。
自由文元外資系ディーラーYEN蔵のブログです。
為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行っています。

http://www.yenzo.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 26日(平均5.9回/週) - 参加 2017/07/26 00:58

YEN蔵 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アドセンス広告のタグ
  • yen蔵さん、アドセンス広告のタグです。これを毎回記事の最後の部分に貼って下さい。広告を張る時は、この直ぐ上にビジュアル、テキスト、ページビルダーというのがありますが、テキストの所を してから広告を貼って下さい。この下の部分を張って下さい。 FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。YEN蔵のリアルタイムメルマガ『リアル・トップ・トレーディング』 [続きを読む]
  • バノン解任で何故株高になるのか?
  • 今晩はYEN蔵です時の人のせいでドル円が1円急騰、米国株もプラス転、VIX指数は16%台から13%台に急落ですね時の人の名はスティーブン・バノン、トランプ政権の首席戦略官兼上級顧問 彼をトランプ大統領が解任したというニュースがドル高、株高につながっているため何故?という意見が多いので、僕なりの考えをまとめてみましたバノン氏のの経歴はhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3% [続きを読む]
  • 将軍リスクが去ったらトランプリスクが登場
  • こんにちはYEN蔵です今日は雨は一服ですが、ドルの上昇も一服になってしまいましたね 上の表の右側は住宅着工許可件数で122.3万戸(予想の125万戸)で前月比4.8%の減少左側は住宅着工件数で115.5万件(予想122万件)で前月比4.1%減少 弱い指標でしたが、ドル売りの原因はこれでなく、トランプ大統領の発言でしたトランプ大統領は助言組織の製造業評議会と戦略・政策フォーラムを解散するとツイッターで述べました。米経済界の首 [続きを読む]
  • ドル上昇は続くか、重要なレジスタンスは?
  • こんにちはYEN蔵です今日も天気が冴えないですね、夏休みなのにこの天気じゃプールと海の家とか季節産業は商売上がったりですね海に行きた〜い夏はいつ戻ってくるのでしょうか さて昨晩の米国指標は結構強かったですねまず上の表は7月の小売売上高です。前月比0.6%(予想の0.4%)増加と7ヶ月ぶりの強い数字。自動車が売れたようです前年同月比では4.2%となりました 2番目の表は8月のNY州製造業業況指数です。currentというのは [続きを読む]
  • 好調な本邦GDP
  • 今日の日経平均は192円安(-0.98%)TOPIXは-1.12%、マザーズ指数-1.01%先週のリスクオフの相場を考えると、こんなもんだろうという下げでした。 金曜日に米国株が下げ止まったことた、ドル円が108円台後半をサポートし109円台中盤に反発したことも日本株を支えたのかもしれません そんな中で今日発表された日本の4~6月期のGDPは非常に強い数字でした実質GDPは前期比1%成長、前年比4%(予想2.4%)と非常に強い数字で6四半期 [続きを読む]
  • ドル円は週間ピボットの108.80をサポートしました
  • こんにちはYEN蔵です。連休ですが東京は天気がさえないですね、 さて先週のマーケットは北朝鮮がらみでリスクオフの動きでしたが、金曜日は米国の消費者物価指数が弱くドルが下落しました 上のグラフと表は米国のCPIで前月比のもの、7月のCPIは0.1%の上昇と予想の0.2%上昇を下回りました。 下のグラフと表は米国のCPIで前年比のもの、7月のCPIは1.7%の上昇と6月の1.6%は上回りましたが、予想の1.8%を下回りました 変動の大き [続きを読む]
  • 南アフリカ大統領の信任投票に注目
  • 昨日、南アフリカ国民議会(下院)のムベテ議長は、本日行われるズマ大統領不信任投票を無記名で実施することを決めました。 長期政権のズマ大統領は汚職疑惑があり、野党だけでなく与党ANC(南アフリカ民族会議)の有力者からも辞任要求がでています。 下院である国民議会400議席の中で、ANCが249議席を占めています。 ズマ大統領は5月のANC幹部会で議論されましたが、党内で結束してズマ氏を支持することになりました。 そのた [続きを読む]
  • 雇用統計とリパトリエーション
  • 金曜日は雇用統計参加の皆様、お疲れ様でした 私は岡三オンライン証券さんでガチンコ雇用統計に出演させていただきましたアーカイブはこちらで視聴できます https://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/indicator_event/usa/ さて米雇用統計は予想を上回る数字になりました 表はイエレンFRB議長が参考にしているといわれる雇用関連の指標です まだ発表されていないものもありますが、ここまでの分を更新してあります 今回は非農 [続きを読む]
  • ドル円は日本人機関投資家の勝ちでしたね
  • チャートはユーロ円の週足です 2014年12月の高値149.80付近から、2016年6月の安値109.50まで下落した後の上昇相場が続いています。 このレンジの50%戻しの129.50〜60をはさんだ動きでしたが、今日は7月11日の高値130.75を越えたあたりからストップバイで一気に131円にのせました ドル円の110.90への上昇もユーロ円の上昇でしたね こうなると次の目標は61.8%戻しの134.50〜60付近でしょうか ユーロ円が130〜135のレンジにシフト [続きを読む]
  • 今晩は米GDPに注目
  • 依然としてドル売りは続いていますが、今晩の注目は米第2四半期GDPです 第1四半期は1.4%に低下した米GDPですが、ここのところの好調な指標を受けて高めの予想が出ています コンセンサスは2.6% アトランタ連邦銀行が算出しているここまでの指標を加味したGDPの予想値、GDPナウ(グラフ)は2.8%です 強い数字がでてドルが反発するのかどうか、 FXメルマガやっています。初回10日間無料で読めます。YEN蔵のリアルタイムメルマガ『 [続きを読む]
  • ドル円のサポート、レジスタンス
  • 昨晩発表された米国の7月の消費者信頼感指数(上のグラフ)は121.1となり 前月の117.3から上昇、予想の116.5を上回り2000年囲湖ウンで2番目に高い数値になりました グラフは折れ線が消費者信頼感指数、棒グラフが小売売上高ですが、消費者信頼感指数が上昇する割には、小売売上高は低下している減少が続いています どちらが正しいのでしょうか? 今後の相関関係を見極めたいと思います 下のグラフはドル円の時間足 強い指標にド [続きを読む]
  • 強い指標でユーロ円上昇
  • マーケットは数字に反応しています 7月ドイツifo業況指数は116と予想の114.9に対して上昇、3ヶ月連続で過去最高を更新しました。現況指数は125.4と予想の123.8を上回り、期待指数も107.3と予想の106.5を上回りました クレメンス・フュースIFO所長は、現況の満足度は東西ドイツ統合後で最高水準、短期的な見通しも改善、国内経済は力強く成長していると述べました。 これを受けてドイツ10年債利回りは0.5%から0.56%に上昇 上の [続きを読む]
  • ユーロのロングが増加
  • こんにちはYEN蔵です 表とグラフはIMM通貨先物のユーロの推移です 投機のユーロのロングは199,540枚に増加 IMMの通貨先物は中央銀行や、マクロファンドなどは利用していませんから、市場のビッグプレーヤーの一角のポジションは現していません とはいえある程度のポジションの傾きを知るには有効なツールです 今日は欧州序盤からユーロクロスの売りがでており、ユーロ円、ユーロオージー中心にユーロクロスが下落しています。 さ [続きを読む]
  • 南アフリカは利下げ
  • こんにちはYEN蔵です 昨晩ECB理事会のドタバタに参加の皆さんお疲れ様でした結局ユーロは上昇、欧州序盤もユーロ強いですね さて世界が金融引締めに向かう中で、金融緩和に動いた国があります南アフリカです SARB(南アフリカ準備銀行)は政策金利のレポレートを7%から6.75%に引き下げ。引き下げは2012年7月以来です 利下げは予想外で一部には政治的な圧力ではとの思惑もありましたがSARB総裁のKganyago氏は政治的な圧力を否定し [続きを読む]
  • 日銀が何もしないと円安・株高
  • 日銀政策決定会合は何も無く、黒田日銀総裁の記者会見も新鮮味はありませんでした。 1番目の表は日銀の展望レポートですGDPの見通しを2017年度1.6→1.8%、2018年度1.3→1.4%に上方修正 CPIの見通しを2017年度1.4→1.1%、2018年度1.7→1.5%、2019年度1.9→1.8%に下方修正しました。 目標とする物価2%の到達時期を19年頃と18年頃から先延ばし、今回6回目の先延ばしになりました。 会見でも物価が上昇しない状況は世界共通、賃 [続きを読む]
  • 堅調なユーロドル
  • アジア時間に節目の1.15をストップロスを巻き込み上抜けしユーロドルは欧州時間に上昇幅を拡大し1.1560付近まで上昇しています。 18時に発表されたZEW(欧州経済センター)の7月のドイツZEW景気期待指数(上の表)は17.5となり 6月の18.6、予想の18を下回り2ヶ月連続で低下しました。 現況指数は86.4と6月の88、予想の88から低下しました。 指標はさえないものでしたが、1.15がサポートされて1.15台中盤に上昇中です チャートは [続きを読む]
  • ユーロ圏CPIとNY連銀製造業景気指数
  • グラフは6月ユーロ圏、EU圏と各国の消費者物価指数 正式にはHICPと呼びます 前月比0%、予想と一致、前月の−0.1%からは上昇 前年比1.3%、予想と一致、前月の1.4%からは低下 コア指数は1.1%と予想、前回と一致しました。 数字はインパクトなしでした 今週はECB理事会なのでドラギECB総裁の会見は重要、 それにしても−0.6%(アイルランド)から3.5%(リトアニア)とインフレ率が3%も違う 経済圏を1本の政策金利でコンとロー [続きを読む]
  • 適温相場アゲイン
  • 表は週間の高値、安値、クローズ、ピボット、フィボナッチなどです 先週は最後にドル円が売られましたが、ドル円、ユーロ円、ニュージーランド円以外のクロス円は上昇 先進国の株価も上昇、何よりVIX指数9.5に低下、ゴルディロックス相場の継続 トルコリラ円が0.93%、ランド円が1.45%、メキシコペソ円が1.68%と新興国の通過も上昇しました。 米国経済指標が弱く、金融引締め時期の後退期待が債券利回りを低下させ、株価が上昇 [続きを読む]
  • カナダの重要サポートレベル
  • 昨日カナダ中央銀行は政策金利を0.25%引き上げ0.75%にしました約7年ぶりの利上げでしたが、予想通りしかしGDPの見通しを2017年2.6→2.8%、2018年を1.9→2%に引き上げたことでドルカナダは1.26台後半に下落1.27台中盤にショートカバー中です上のチャートはカナダのCPI, 1.2〜1.5%(種類による)と低水準です。今後の利上げは経済の状況しだい、CPIも見ておきたいですね2番目野のチャートは本日発表の新築住宅価格指数、前 [続きを読む]
  • 過去の記事 …