gypsycats さん プロフィール

  •  
gypsycatsさん: Paris Diary
ハンドル名gypsycats さん
ブログタイトルParis Diary
ブログURLhttps://ameblo.jp/gypsycats/
サイト紹介文☆Life is beautiful in Paris☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 25日(平均3.4回/週) - 参加 2017/07/26 13:57

gypsycats さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 地球の猛攻撃にエアコン
  • 昨日は久しぶりに (たぶん8月に入ってから初めて) 扇風機をつけて過ごしました。そんな涼しい (むしろ寒い) パリから気温とエアコンのお話。ルモンド・ディプロが8月号の一面記事のひとつとして掲載したのはアメリカのエアコン事情についてでした。 アメリカの情熱の歴史地球の猛攻撃にエアコンブノワ ・ブレヴィユ 1912年New Yorkのマンハッタンで凉を求める人々 むせ返るような暑苦しさの中、冷風で楽になろうとエアコンを [続きを読む]
  • 遠くからやってきた例外、ロシアのインターネット
  • パリはすっかりバカンスシーズンです。最近のパリは静かで、暑すぎず、涼しすぎず、ちょうどいい感じです。以前は、バカンス中のパリに苛立つことが多かった私ですが、今では、パリジャンには様々な場所で過ごす空白のリセット期間が必要なのだと思うようになりました。 今日の記事は、ルモンド・ディプロの8月号一面から、ウクライナのスパイ対策とロシアのインターネット事情について。 鉄のカーテンの裏側の鍛造プロジェク [続きを読む]
  • 湾岸のいかさま戦争
  • 7月14日の革命記念日をすぎて、バカンスシーズンに突入したパリは、ここのところ熱くなったり寒くなったりを繰り返しています。ちなみに、今現在のパリの気温は18度で、肌寒いと感じるくらいです。今週は平均気温23度くらいの日が続くようですね。今日は、ルモンド・ディプロ7月号の一面記事からです。 苛立つサウジの野望 湾岸のいかさま戦争ファティア・ダジ=エニ Faisal Samra ? The Other Behind the Wall ?, 2009中東 [続きを読む]
  • ケチャップが語る資本主義
  • 前回ブログを更新した時と打って変わってパリはすっかり涼しくなりました。夏はどこかへ行ってしまったのでしょうか... 。今日はルモンド・ディプロ6月号一面に掲載されている3つ目の記事から。 トマト文明ケチャップが語る資本主義ジャン = バティスト・マレ 私たちの食生活は、経済の力やそのシステムを物語る。平凡な濃縮トマトの缶詰には二世紀に渡る資本主義の歴史が詰まっている。ジャン = バティスト・マレは、新著書の [続きを読む]
  • 狂乱の時代 
  • 今日もパリは夏日でした。今年は暑くなるのが例年よりも早い気がしますが、暑い夏は好きです。本日もル・モンド・ディプロマティック6月号一面記事から。 1946年にフランスのレジオン・ドヌール勲章を受けアフリカ系アメリカ人女性として初めてヨーロッパの貴族の称号を得たジョセフィン・ベーカー 狂乱の時代 ル・モンド・ディプロマティック セルジュ・アリミ ほとんど悪夢としか言いようがないドナルド・トランプとブレグジ [続きを読む]
  • マクロン時代の労働組合、CFDT
  • 久しぶりの更新です。だいぶ間が空いてしまいました、今日は、le monde diplomqatique 6月号一面記事の冒頭から。 画像はブリュッセルを拠点に活動するベルギーの若手シュールレアリスト、トマス・ルルイ 《Split》 理想的な自己管理から妥協のカルトまでCFDT、マクロン時代の労働組合主義 ジャン・ミッシェル・デュマイ 急遽、労働法を書き換えようと、新しいフランスの大統領エマニュエル・マクロンはまず最初に、いわゆる改革 [続きを読む]
  • 福島、私の愛するべべ(赤ちゃん)【Charlie Hebdo】
  • 今月、9月14日付けのシャ?リ-・エブド紙に、日本の福島の記事が掲載されていました。批判の文化が伝統として根付いたフランスに住んでいると、マスコミや政府の見解に対して、懐疑的になることがあります。 シャ?リ-・エブドというのは、フランスで毎週水曜日に発行されている風刺新聞で、1970年に風刺画家フランソワ・カヴァナ氏が創立した小さな新聞社でした。下ネタや、辛辣でユ−モラスなイラストがフランス国内では根強い人 [続きを読む]
  • 【大西洋の挑発】
  • 一度は寒くなったパリの夏でしたが、この2週間ほど再び真夏の太陽が顔を出しました。9月に入り、少しずつ暑さも落ち着いてきたようです。今年7月9日、ポーランドの首都ワルシャワで、冷戦終結以降で最も重大な北大西洋条約機構NATOの首脳会議が開かれました。そしてロシアを抑止するため、東欧(ポーランドとバルト三国)に4000人の多国籍部隊を派遣することが、首脳会議の初日に発表されました。もちろんフランスも、この派兵に貢 [続きを読む]
  • マーケティング戦略
  • 9月になりました。カフェやレストラン、お気に入りのパン屋さんたちも8月末には営業を再開しています。 パリのカフェは、8月も5日を過ぎると例年のバカンスシーズンでさえとても静か。ビストロやレストランはバカンス中は長いお休みにはいります。空いているカフェでも、夜22時以降はレストラン客が減り、観光客の数は去年の一月以降減少傾向にあります。エッフェル塔の下には柵が作られてしまい、今までのように自由に塔の真下を [続きを読む]
  • 【戦略的領土と激動の歴史】パレスチナ民族主義のるつぼ、反逆のガザ
  • 今年、パリの夏は例年通り短く過ぎ去り、扇風機を出したのは一週間程度だったでしょうか、涼しい8月を過ごしています。フランスに住み始めもうすぐ12年目に突入、このブログを始めてからは、なんと約10年半。これからも不定期ながら、途絶えずにブログを続けていけたら幸いです。今日の記事は、ルモンドディプロマティックから【戦略的領土と激動の歴史】《パレスチナ民族主義のるつぼ、反逆のガザ》です。ルモンドディプロマティ [続きを読む]
  • 過去の記事 …