社員のやる気を働きがいに繋げる人事制度を創る さん プロフィール

  •  
社員のやる気を働きがいに繋げる人事制度を創るさん: 佐賀の社労士が人事制度を革新!最強の人創り経営戦略
ハンドル名社員のやる気を働きがいに繋げる人事制度を創る さん
ブログタイトル佐賀の社労士が人事制度を革新!最強の人創り経営戦略
ブログURLhttps://ameblo.jp/nextstage-setsu/
サイト紹介文自創型のしくみでワクワク会社成長へ導く人創りコーディネーター養成講座
自由文いきいきワクワク自ら考えて動く社員を創る人ための価値ある情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 24日(平均9.0回/週) - 参加 2017/07/26 18:55

社員のやる気を働きがいに繋げる人事制度を創る さんのブログ記事

  • 【人事制度:持てるチカラを120%引き出す秘訣(4−4)】
  • 興味や関心があること時間を忘れて没頭してますそんな経験、あなたもあるでしょう。。。 自分が本心からやりたいと思うこと知らず知らずに最大限の力を発揮していますよね。 これは仕事にもいえること。 与えられた仕事が苦痛ならやる気なんて起こりません。 一日どうやって過ごそうかと・・・ ではどうしたらいいですか? 「適材適所」という言葉知ってるでしょ。 ようするにその人に会う仕事につけてやればいいのです。 「 [続きを読む]
  • 【人事制度:ビジョンを示すだけでは動かない(4−3)】
  • 毎日会社へ行って与えられた仕事をこなし少し残業をして家へ帰る。毎日同じ繰り返し・・・・ 確か去年も同じ仕事をしていたように思う。来年は、しっかり事業計画を立てて計画どおりに進めていこうと・・・ でも計画どおりには進んでいない。 なぜだろう? 事業計画が絵に書いた餅になっている。かっこいいことばかり並べてある。 きっと、トップ好みの言葉を紡ぎながら作ったのでしょう。 実現できないことばかりを。。。 [続きを読む]
  • 【人事制度:人への投資にもコツがある(4−2)】
  • 三流のリーダーは「カネ」を残す。二流のリーダーは「事業」を残す。一流のリーダーは「○○」を残す。 「○○」の中に入る言葉わかりますか? わかった人はさすがですね。 一流のリーダーはカネを残すでもなく事業を残すのでもなく「人」を残すんです。 「人」を残して何になるんですか? 私はカネや事業が残ったほうがいいですよ。 そういう人も確かにいますよね。 でも、会社を支えているのは「人」人なしでは、カネも生み [続きを読む]
  • 【人事制度:成長を阻むのは「人を育てる」視点だった(4−1)】
  • もしかして、うちの商品悪いんじゃないの?さっそく商品を改善しないと・・・ ひょっとして、うちの値段が高すぎるんじゃないか?さっそく、値引きをしないと・・・ 売上が落ちればそう考える会社も多いはずですね。 商品を改善しても値引きをしても一時的には売上が回復するでしょう。 しかし、また同じ繰り返し うちは今までこうしてきたからこれからもこのままでいいんだ という会社に意外と多いんです。 昔の売れていた時代 [続きを読む]
  • 【人事制度:つくるより真似る方が難しい(3−6)】
  • あの会社がこんなことやってる。うちも真似してがっちり儲けてやる。そう思っている人多くないですか? どこにもないものを作ってもどうせ真似されるのが世の常。 「同業他社」って聞きますよね。 同じものを作ったり売ったり会社名が違うだけ。 それでもちゃんと生き延びている会社多いんですね。 私が知っている会社 オリジナルティを出せずどこかの真似ばかりをしています。 それでも何とか成り立ってます。 ところがこの会 [続きを読む]
  • 【人事制度:絶好調企業の秘密(3−5)】
  • 今期の利益は1兆円突破!ある大手企業の決算発表うらやましいそう思って聞いていませんか? 一流企業はいいよな〜大手企業はいいよな〜 そう思っている社長さん あなたの会社も必ずそうなりますよ。 私が知っている会社 従業員10人からスタートしいまや700人を超えるまでになりました。 時代の流れを上手く読み画期的なシステムを作り一気に急成長をしたのです。 「売れるうちに売れ」を合言葉に・・・ ところがここ数年 [続きを読む]
  • 【人事制度:20年後 会社がつぶれないために!(3−4)】
  • 20年後あなたの会社どうなっていると思いますか?順調だからつぶれることはありませんよ。。。そう言い切れるでしょうか。 神様でもない限り会社の将来なんか予測できませんよね。 俺の会社は俺一代で十分だと思っているのであれば別ですが。 会社を支える働き手 人口の減少とともに確実に減っていくのは事実です。 それでも会社は順調だから将来も大丈夫だと言い切れますか? 働き手がいなくなれば会社は存続できないのです [続きを読む]
  • 【人事制度:公正・公平より「納得感」(3−2)】
  • 人を公正、公平に評価することできますか?何をもって「公正」なんですか?何を持って「公平」なんですか? なかなか明確には答えられませんよね。 公平とは「平等でいっぽうにかたよらないこと」 公正とは「特定の人に有利不利な扱いをしないこと」 あれ!ありきたりな答えですね。 どちらも同じ意味にしか取れませんが? 「平等に扱え」ということですね。 あるときある会社の社長に聞いたことがあるんです。 「社長は、日頃 [続きを読む]
  • 【人事制度:知っているようで知らない巨大しくみの裏表(3−1)】
  • 人創りのしくみそれはズバリ「人事制度」のことです。 聞いたことあるけどさっぱりわからないという人も多いはず。 簡単に言えば上司が部下のしごとを評価してランクをつけること。 例えばA・B・C・D・Eなど・・・ 「あなたはAランクだから給与や賞与はこれになりますよ」と決めること。 そういえば、少しはわかるでしょう。 でも「人創りのしくみ」って本当は、複雑で「巨大なしくみ」なんですよ。 働いている部門や役 [続きを読む]
  • 【人事制度:「キムタガ」これって何?(2−9)】
  • 元SMAPのメンバー「キムタク」ではありません。えっ違う!では「キムタガ」で何ですか? ある保険会社が募集した川柳のひとつに「ゆとり世代 そういうあなたは バブルでしょ!」というのがありました。 今はゆとり世代とバブル世代半々ぐらいが会社にいるようです。 「キムタガ」って ゆとり世代の人を言い換えることばです。  キ・・・気にしない ム・・・無理しない タ・・・対話しない ガ・・・ガマンしない 4つ [続きを読む]
  • 【人事制度:2割が働かない現実!(2−8)】
  • 働きもののイメージが強い「アリ」実は全部の「アリ」が働いているわけではない? アリは全部が働いているのでしょうそう思っている人も多いはず。 聞いたことありませんか?「働きアリの法則」という言葉 別名「2:6:2の法則」と言います。 100匹のアリがいたとしますね。そのうちの20匹(2割)が良く働き60匹(6割)が普通に働き残りの20匹(2割)は全く働かないということです。 では全く働かない20匹をの [続きを読む]
  • 【人事制度:社員が辞めるタイミングに全く気づかぬ上司(2−7)】
  • 「1ケ後に辞めさせてもらいます」「おい、ちょっと待ってくれ・・・」 みなさんこのシーン、会社でよく見かけませんか。 突然の「辞表」提出周りは知っていたのに気づかぬは上司だけ ことが生じて初めて動き出す「放置プレー体質」そのような上司が多くなりました。 なぜでしょうね? 「評価制度」って聞いたことあるでしょう。ほとんどの会社が導入し今やスタンダードとなっているしくみです。 部下の成果や行動を公正に評価 [続きを読む]
  • 【人事制度:人を変えるより自分が変わる(2−6)】
  • 上司の言ったことはメモを取りなさいもっと考えて動きなさいでも言われた時だけですすぐにメモをとったり動いたりしなくなります・・・ それはだれにでもわかっていること思うようには人が変わらないことぐらい知ってます。 「人は本人の意志」のみでしか動かないからです。 人を変えるのは難しいそうであれば自分が変わりましょうよ。 例えば何度訪問しても全くものが売れないとき 「なんて自分はダメなんだ」と自分を責めま [続きを読む]
  • 【人事制度:活かすも殺すも言葉次第(2−5)】
  • グサッ!何気ないことばがこころに突き刺さる突き刺さったトゲは簡単には抜けない何気ないことばであっても受け手によっては「ことばが、グサッ!」 なんでこんなんで傷つくの?人を傷つけるようなこと何も言ってないのに・・・ このような経験、一度や二度はあるはず それだけ、ことばの重みってすごいこと 「そんなことわかっているわ!」と思っている人ほど取り返しのつかない軽率な発言、気をつけましょう。 人間というの [続きを読む]
  • 【人事制度:信頼されない上司は自分がわからない(2−4)】
  • ビジネスの成功は「信頼だ!」「信頼がいちばん大切だ!」と高々と声を上げている上司いませんか? あるとき人への暴言、中傷を連発そしてある部下への不満爆発 これにはビックリしました。あの上司が、こんなことを・・・ 酒の席かもしれませんが「幻滅」しました。 酔いが覚めると同時にきっと信頼も失っていることでしょうね。 私がもっとも嫌いなタイプそれは「言行不一致」の人 口ではかっこいいことを言いますが全く行 [続きを読む]
  • 【人事制度:地道なコツコツが人の価値を高めてくれる(2−3)】
  • 小さいことを重ねることがとんでもないところにいくただひとつの道 この言葉 聞いたことがありませんか? これはイチロー選手が3000本安打を放った直後の言葉 偉業を達成した人の言葉って心に響きませんか? 「自分の価値を上げる」なんだかすごいことのように感じますが。。。 成果を残す人 成功した人  私たちが持たない「何かすぐれた才能でもあるんじゃないの?」そう思いますよね〜? でも、そんなことはないの [続きを読む]
  • 【人事制度:「気づき」は自ら「気づく」もの〜?(2−2)】
  • 「あっ、そうか!と自ら気づくこと」「それは自分を育て、さらにもっと大きく成長させるものなんだよ」「会社は“俺”が変えていくんだという自信を生むものさ。」 これは、サラリーマン時代先輩がいつも私に言っていた言葉。 そんなの“嘘”だろう?なんで「気づく」だけで、成長できるものかといつも思っていました。 でもあるとき「これって、こう変えたら、もっと仕事が楽になるよな。」「先輩、こう言ったけど、こういう [続きを読む]
  • 【人事制度:ちよっとしたねぎらいの言葉で人は動く!?(2−1)】
  • 「この社員は指導しにくいな・・・」「あの社員はだめだ、指示どおりにやってくれない・・・」「あの社員は我が強いから、とても扱いにくい・・・」 そう感じている部下っていませんか? そう感じる部下がいるのであれば「あなたの指導方法が通用しない」ということ? 「そんなの頭でわかってる!」「そんなこと言われなくても、懸命にやっているんだ・・・」 あなたはそう言うかもしれませんね。 では、あなたは部下のことを [続きを読む]
  • 【人事制度:社員の挑戦が止まりません!?(1−6)】
  • 人は人によって動かされない人は人によって使われない人は人によって変わらない 「人は本人の意思のみで動く」と言われます。 自分がその気にならなければ動かないということですね。 本人が「やろう」という意志と実行でのみ 「変化」が始まるのです。 本人の意思を決定するもの それは140〜150億個あると言われる「脳細胞」である「脳力」1日1440分という「時間」 誰でもが平等に持っている。 これをどう使うかは [続きを読む]
  • 【人事制度:お金をかけずにやる気を引き出す方法(1−5)】
  • お金をたくさん出せば社員はやる気を引き出すのか? 普通に考えれば、お金がやる気を出す起爆剤であるかもしれない・・・ 成果主義が主流だった頃(今では少しは主流かも) 「社員のモチベーションは報酬でコントロールできる」という考えが一時、社会現象といってもいいくらいの勢いで当たり前のように広がったのはご承知のとおりです。 言い換えれば「成果を出さなければ給与を下げるぞ!」ということですね。 「成果=報酬 [続きを読む]
  • 1−4 いきいき職場といきいき社員をつくる橋渡し役
  • 「人創りコーディネーター」とは? いつも「わくわく感」を持って「色々なことに積極的に挑戦できる社員」を創るそのお手伝いをするのが仕事。 というお話を以前にしました。 覚えていらっしゃいますか? 要するに会社を支える社員を活性化させ活性化した社員が会社を支えるという構図をつくること 「会社の想い」と「社員の想い」を同時に実現するしくみつくりを行っているんです。 では「いきいき職場」とはどんな職場だと [続きを読む]