京のラーメン記者 さん プロフィール

  •  
京のラーメン記者さん: 京都ら〜めん新聞
ハンドル名京のラーメン記者 さん
ブログタイトル京都ら〜めん新聞
ブログURLhttps://ameblo.jp/krs610/
サイト紹介文〜 見知らんガイド 〜
自由文職場のお仲間3名で始めた京都・滋賀のラーメンブログです。三人寄れば文殊の知恵?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 22日(平均5.7回/週) - 参加 2017/07/29 09:10

京のラーメン記者 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 新潟新発田相馬ラーメン
  • こんにちは、麺・食い太郎でございます。今回は京都から新潟にラーメンの旅に来ております。いわば完全アウェイです。今日先ほど食した店は国道7号線沿いにある赤シャモジさんに行きました。そして頼んだのはオススメの特製醤油ラーメン!勿論大盛りで。おお!少し濁った様に見えるスープで煮干しとカツオの出汁が効いたラーメンでした。麺は縮れ麺でスープと良く絡みとてもGOO〜!本当に美味しいというラーメンはこの様に豊富な [続きを読む]
  • 男子に化粧をトッピング!私キモい?
  • 朝の電車で、お化粧している女子を見てた。お盆休みで休日モードなのだろうか…、頑張れっ! お眠な女子。まつげをハサミみたいなので挟んで痛そうだ。見てるこちらが怖くなる次は歯間ブラシみたいなので、中・左・右・とハネ上げる。そして仕上げは、漫画の歯磨きみたいに左右に、ゴシゴシゴシー♪♪♪(あーやるのか。☆)しかし・どーして、お口開けるんだろ?その方がやりやすいのかい??見てるこちらも口があく。…ぽか〜ん [続きを読む]
  • 京ラーメン右京区:京菓子山科区
  • 今日の店は、嵯峨 『ラーメンキャプテン』です。平日は早く閉まるようで、なかなか行けませんでしたが、土日祝は21時までやってるようで、今日はチャンス‼?と思い、行ってみました。カウンター6席、4人掛けテーブル2席のこじんまりとした店内。ラーメン並650円を注文。昔ながらのあっさりとした醤油ラーメンで、厚めに切った一口チャーシューが何枚も入っていました。麺の量も結構あって、ボリュームのある1杯でした。肉のジュー [続きを読む]
  • 西京区下津林ラーメン
  • こんにちは、ラーメン記者の麺・食い太郎でございます。今日も麺の事なら何でも知ってらっしゃる麺知監督とのラーメン談義が始まりました。俺・・・昔から下津林にある老舗ラーメン店に初めて行きました。麺知監督・・・ああ、あそこ駐車場ないからなあ?。俺・・・やはりご存知でしたか?下津林交差点を西に100メートル程行った北側にある珍龍に行きました。麺知監督・・・で何を頼んでん?俺・・・中華そば大です。麺知監督・・・ [続きを読む]
  • 濃厚!豚骨ラーメンと「天ざる蕎麦」
  • 大津から草津へ琵琶湖を跨いで、ひとっ飛び!みたいな橋上からのロケーションを楽しめる「近江大橋」の大津側の袂近くにある『らーめん与七』膳所(ぜぜ)店へ行ってきた。看板メニューの「とんこつらーめん750円」は、しっかりと味のしみた焼豚が旨い。麺はスープのよくからむ太目の縮れ麺で、どろどろの豚骨スープもガツンとパンチのきいた濃い味だ。京都の「天一(天下一品)」を好きな人なら「お気に入り登録」の可能性、大 [続きを読む]
  • 京ラーメン西京区
  • 家族で丸源ラーメン「桂店」さんに行って来ました^ - ^綺麗で広い店内。駐車場も沢山停められます。豊富なメニュー(^^)メインの熟成醤油で肉そば全部盛りをチョイス。濃厚でたっぷりとした、具材がマッチこだわりのブレンド醤油だけあり、コクがありますね(^。^)こちらは、あっさりと塩ラーメン。磯の風味が良く、旨味が引き立っております娘には、お子様ラーメン(^。^)お風呂に浸かってる様な。カップ98円は、お得。家族みんなで色 [続きを読む]
  • チキンハト!中華そば専門店・長岡京
  • こんにちは。ハトですポロッぽ♪チキンじゃないけどチキンハートだよっ。京の街をお散歩していると、いろんなものに遭遇する。なんじゃこりゃ!!「ポリスまろん」めの仕業か?もっと狭い道をスッ飛ばしてるミグを取り締まりなよ!!で、どこいったの?まろんはキョロキョロ (・д・ = ・д・)(だ。誰もいない…)キョロキョロ ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ(け。蹴っ飛ばして…)逃げろーーーーー★平安京の前のみやこ「長岡京」にある [続きを読む]
  • 京都左京区一乗寺ラーメン
  • こんにちは、麺・食い太郎でございます。今日も噂のラーメン食いに行きました。麺知監督との麺談義がまた始まりました(^.^)俺・・・京都ナンバーワンと噂されていて、テレビや雑誌によく出ているあのラーメン屋さんに食いに行きました(^。^)麺知監督・・・極鶏やろ!俺・・・なんで分かるんですか?流石監督です!麺知監督・・・並んだやろ〜俺・・・クソ暑い中30分程並びました。麺知監督・・・どうやってん?俺・・・鶏だく大盛り [続きを読む]
  • 京都伏見桃山ラーメン
  • お初にお目にかかります。ラーメン記者の麺・食い太郎と申します。以後お見知りおきを。さて、麺知監督はその名の通り麺を知り尽くされてる方です。その監督との麺談義が 始まりました(^.^)俺・・・今日自宅からチャリで1時間かけてラーメン食いに行きました。麺知監督・・・何処に行ったんや?俺・・・伏見桃山の田所商店です。麺知監督・・・あー、あの味噌ラーメン専門店やな。俺・・・流石監督なんでもご存知ですね。麺知監督 [続きを読む]
  • 彼女を友達に紹介して言われる京言葉
  • 職場の「ブログ記者お仲間」と、天空のカフェでミーティングった、のは、今朝のこと。協議の結果、それぞれのプロフ画像は、それぞれの記事更新時に同時に差し替えることに決定したのです。お仲間のお二人は、実に当たり障りなく青井めの下手くそな記事を褒めてくれた。これもまた生粋の「京都っ子」特有の技だ…ご存知の通り千年のみやこ・京都は、歴史が変わる度に、その表舞台として歴史上に度々登場する。長い歴史の中で幾度と [続きを読む]
  • ときめき坂で恋しちゃったかも?大津
  • 旧の東海道にある「義仲寺」は、木曾義仲公ゆかりのお寺で、松尾芭蕉のお墓のあるお寺だ。義仲寺を右手に見ながら東へ進むとすぐに、その名も美しい「ときめき坂」との分岐点にさしかかる。南東の角に、また「我が家と同じ家紋」が染め抜かれた、暖簾を見つけた!!(近頃のラーメン屋さんでは、抱き茗荷の紋がブームなのだろうか?)…と、目を凝らして見てみると、こちらの抱き茗荷は「丸に抱き茗荷」だった。そそ。「らぁ麺とう [続きを読む]
  • 生粋の京都っ子の見分け方!醤油拉麺
  • 京都市北区大宮は、わたくしめ青井といたしましても思い入れの深い場所。つい数年前までこの地、子供の自動車教習所みたいな大宮交通公園から徒歩すぐのマンションで暮らしていたから。なのです因みにパスポートの住所は現在もこの北区大宮まるまる町のままだ。とってもルーズなわたくしめでございまチュこの思い出の地に「行列のできるラーメン屋さん」があると聞きおよび、いざ出陣!場所的に、お店は大宮交通公園の西側の通りの [続きを読む]
  • 京ラーメン、右京区
  • 今回、ラーメン好きの友人と西小路四条西にある麺処 鶏谷さんに行って来ました^ - ^いつも行列のようですが、21時頃で並ばずに、すんなり入店できました。今回は『鶏そば』を注文。あっさり醤油1.塩こってり1。見た目はやはり、肉の存在感がありますね。しっかり豚の味が残っている、豚チャーシュー肉と脂の旨味豊かな、モモ、あっさりで柔らかくしっとりしている、ムネ、それぞれが丁寧に作られている印象でした。麺はコシのある [続きを読む]
  • 和食料理人の「醤油ラーメン」・大津
  • 前々回の記事のお店「支那そば・天下ご麺」を出て渡って来た方じゃない方の、国道の横断歩道を渡り路面電車の線路に沿って右へ歩くと右手にもと和食の料理人が手掛けるラーメン店『らーめん みふく』がある。ここでもやはり表の看板にある文字通りの「看板メニュー」をお願いするわたくしめ。「浜大津にはウマイらーめん屋があるぞ!」と小耳に挟んでいたが、ついに御対麺の時がやって来た。南無八幡大菩薩!! いざ。じっ食魚介 [続きを読む]
  • シンプルだからこそ奥深い塩ラーメン
  • 遠くて近い お隣の滋賀県。大津の塩ラーメンを記事にあげたのなら京都の塩ラーメンも書かねばなるまい。ど・どーん!!( ラーメンって芸術だね♪ )このシンプルな塩ラーメンがカウンターに置かれた時、そう思いました。この色合い、このバランス感、これをアートと呼ばないでなんと呼ぶ。そしてまた、この丼鉢が実にいい。わけていただきたいくらい私好みだらーめんドンブリしかり塩ラーメンしかり「いぃーしごとしてますね〜♪ [続きを読む]
  • 京拉麺もいいけど琵琶湖もいいぞ!!
  • 京都のベッドタウン滋賀県大津市は、京都の中心部を東西に走る四条通りの東の果て「祇園」から車で約30分の距離にある街だ。京の三条大橋を起点として、お江戸日本橋までの東海道五十三次で数えるなら、京都から一つ目の宿場が「大津宿」。京都の企業が密集する商業地帯の「烏丸御池」からは、地下鉄東西線で乗り換えなしの26分。運賃は500円で行けて京都駅からJRを使えば、ふた駅9分、200円の他府県でありながら京都 [続きを読む]
  • 京都のラーメンブログはじめました!
  • 職場のお仲間3名で京都のラーメンブログはじめました。はじめまして記事はラーメンが主となりますが、地元の人しか知らない隠れた名店やマニアックなお店京都観光ガイド的B級グルメ等も時折トッピングしていきたいと思います。この暑い時期に「暑い暑い」と言いながら、ガンガンにクーラーのきいた店内で熱々のラーメンをいただくことは、我々ラーメンマンにとって、それはこの季節にしか味わえない醍醐味なのです。写真のラーメ [続きを読む]
  • 過去の記事 …