Nao1510 さん プロフィール

  •  
Nao1510さん: Enjoy the world
ハンドル名Nao1510 さん
ブログタイトルEnjoy the world
ブログURLhttp://enjoy-theworld.com
サイト紹介文海外旅行を中心とした旅行記。女子ひとり旅もたくさん。旅の魅力と各地の魅力を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 23日(平均5.2回/週) - 参加 2017/07/29 22:32

Nao1510 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 絶景!パムッカレ
  • 2週間のボランティア活動を終えて、ついにみんなとお別れです。今回は、メキシコの時と比べて英語力がアップしていたので人の言葉を理解できないことはほとんどありませんでした。一方で、言いたいことが言えないことは非常に多く、それはそれでかなり悩みました。会話があまり続けられないし、面白いことも言えなくてこの年も語学に対する葛藤は続きました。私よりもずっとペラペラ英語を話すベルギー人の女の子たちでさえ「ずっ [続きを読む]
  • Milasからのエクスカーション
  • はじめにMilasはとても中途半端なとことにあると紹介しましたが、そんな中途半端なところからの小旅行へ行ったので紹介します。ただ、メンバーのトルコ人がバスなど手配してくれたので、どうやって行ったかは全く覚えていません(>_<) ボドルムトルコのビーチリゾートといえばボドルム!ヨーロッパの方では有名で観光客も多いですが、日本人はあまりいません。というかアジア人があまりいないので、外国に来た気分が存分に味わえ [続きを読む]
  • Milasからのエクスカーション
  • はじめにMilasはとても中途半端なとことにあると紹介しましたが、そんな中途半端なところからの小旅行へ行ったので紹介します。ただ、メンバーのトルコ人がバスなど手配してくれたので、どうやって行ったかは全く覚えていません(>_<) ボドルムトルコのビーチリゾートといえばボドルム!ヨーロッパの方では有名で観光客も多いですが、日本人はあまりいません。というかアジア人があまりいないので、外国に来た気分が存分に味わえ [続きを読む]
  • CIEEボランティアでの国際交流
  • 私が海外ボランティアに参加する理由は国際交流のため。もちろん誰かの役に立てれば嬉しいけれど、それが一番の目的ではなくて、各国から来た人と交流すること。世界を広げること。 そのためにボランティアという共通の目的を持っていることはとても良いと思ったのです。 どんなことをしたかというとお祭りの準備。 掃除したり、椅子並べたり。後片付けしたり。 当日は、松明?持って町中を歩き回る。コンサートとかイベントとか [続きを読む]
  • Mugla Milas というトルコの田舎町
  • 日本から飛行機で12時間、トルコという遠い国まで訪れて、わざわざミラスへ行く人はほとんどいないと思います。 ミラスはごくごく普通の田舎町です。トルコ内でも有数のビーチリゾートであるボドルムから車で約1時間。トルコ第3の都市、イズミルまでは車で約2時間半。世界的にも有名な絶景、パムッカレまでは車で約3時間。 なんとも中途半端なところに位置しています笑 おしゃれなバーや遅くまで開いているクラブはあんまりない [続きを読む]
  • Mugla Milas というトルコの田舎町
  • 日本から飛行機で12時間、トルコという遠い国まで訪れて、わざわざミラスへ行く人はほとんどいないと思います。 ミラスはごくごく普通の田舎町です。トルコ内でも有数のビーチリゾートであるボドルムから車で約1時間。トルコ第3の都市、イズミルまでは車で約2時間半。世界的にも有名な絶景、パムッカレまでは車で約3時間。 なんとも中途半端なところに位置しています笑 おしゃれなバーや遅くまで開いているクラブはあんまりない [続きを読む]
  • ボランティア inトルコ の始まり
  • ボランティアに参加するミラス(Mugla Milas)へ移動します。またまた長距離バス。 小さなギョレメの街をプラプラしまくったので色々な人がお見送りに来てくれてちょっと嬉しい。 カッパドキアからバスに乗ること13時間。バス停に到着。なんてバス会社のバスに乗ったかも、なんてバス停に行ったのかも覚えてないけど笑そこからミニバスに乗り換えて、さらにミニバスに乗り換えて目的地へ。 でも、実はどこで降りたら良いのかわから [続きを読む]
  • ギョレメの魅力:カッパドキア
  • カッパドキアのギョレメは長く滞在すると暇になります笑多分3日くらいで十分。 私はバスの日程のせいで4日いたので最後は暇でした。今思うと近隣の村を訪れればよかったな。 例のレストランの店員さんは完全に恋人気分で、実家に招待されたり親に紹介されたりしたのでさすがにもう遊ぶのやめよと思ってとのエリアには近づかないように過ごしました笑 その時入ったレストランがCappadocia Cuisineというところ。これまた可愛らし [続きを読む]
  • カッパドキア:バギーツアーと隠れた名所
  • 海外旅行に行くとついつい忙しく観光しまくりませんか??私もそうでこの数日間ひたすらに、疲れももろともせず観光し続けました。 その結果疲れたのでこの日はのんびり過ごしました。レッドツアー申し込んでたけど、とにかく朝寝たかったのでキャンセルです 笑 自然に目が覚めるまで寝て、お決まりの朝食を食べて。ホステルのロビー?食堂?の端っこに可愛らしいクッションが敷き詰められた可愛らしいスペースがあって、そこで本 [続きを読む]
  • カッパドキア♪エアバルーンツアーとグリーンツアー
  • カッパドキアといえば、エアバルーンツアー!!!最高です!最高です!!本当に最高の景色です! 私は60分ツアーに参加しましたが、十分に楽しめます♪まだ日が昇る前、4:30に出発です。そこから日が昇る景色を見ながら、バルーンを楽しめます。だんだんと昇る太陽が乾いた岩肌を照らして、オレンジ色になり、さらにその中に浮かぶたくさんのエアバルーンが景色の一部となっていて本当に美しい。 カッパドキアは不思議なくらい美し [続きを読む]
  • 長距離バスで念願のカッパドキアへ
  • イスタンブールからカッパドキアまでは夜行バスで約11時間。 NEVESEHIRLILERというところで買いました。値段は60TL。全て座席指定で、座席は広く、2012年当時の日本の夜行バスよりもずっと快適です。タッチパネルもあるし、携帯の充電も可能。 タッチパネルはどうせトルコ語だしな〜と思って使ってなかったら、隣の小さな男の子が一生懸命使い方教えてくれました 笑親切! 長距離移動なので、ちゃんとトイレ休憩もあります。夜中 [続きを読む]
  • ボスポラス海峡クルージングと新市街
  • この日の一日はボスポラス海峡のクルージングからスタート。天気もよく快適! 景色も素晴らしい!大満足のクルージング! のはずが、ここでかなりテンションが下がる事態が。可愛らしい男の子3人組、12,3歳くらいかな?が懐いてきたから一緒に写真撮ったりしてたの。ただただ可愛くて。 近くにいた別の観光客のおばさんも可愛がってたし、安心してた。 でもよくみたら彼らの親らしき人はいないのね。でも気にしてなかった。私は [続きを読む]
  • イスタンブール 噂の詐欺の話にのってみた
  • トルコのガイドブックにはこんな注意書きがあります。 ’’チャイをご馳走するよ、と誘って お店の前まで誘って、 絨毯を売りつけようとしたり、 高いツアーを売ろうとする’’ 好奇心旺盛だった私は、チャイの誘いについて行って確かめてみることにしました。 ブルーモスクでお祈りの時間が終わるの待っている時でした。一人の男性にチャイに誘われました。日本語を勉強しているから仲良くなりたいと。年も近かったし、つい [続きを読む]
  • イスタンブール 旧市街 
  • 翌日はイスタンブール観光。ホステルの朝食は屋上にあるレストラン。暑いけれども湿気がなくとっても爽やか。レストランからの眺め、素敵でしょ。 トルコの朝食は、きゅうり、トマト、チーズ、オリーブ、パン、ヨールグトなんかを食べるのが一般的。ホステル安いのに豪華な朝食だなー!って感動♪(この時は全く同じこの朝食パターンが1ヶ月も続いて最後には飽きるなんて思ってなかった・・) 旧市街の街並みはとても可愛らしい。 [続きを読む]
  • 2012年 トルコの旅
  • 今回からは、2012年トルコ編に入ります。2012/8/17〜9/11までの26日間滞在しました。そのうち8/24〜9/4まではメキシコ編同様、CIEEノボランティアプログラムに参加です。今回はMilas International Festivalというお祭りの開催のお手伝い。行くと決めた時から楽しみすぎて、事前にかなりトルコ渡航者のブログを見て情報収集しました。情報収集に経験者のブログはとても役に立ちます!!旅程は下記の通り。―――――――――――― [続きを読む]
  • パスポート紛失 in アメリカ
  • 海外旅行で一番大切なもの。それはパスポートですね!! 2010年、友達と一緒にアメリカのロサンゼルスへ行きました。カナダ以外では初めての海外旅行で、わくわく。まだひとり旅なんで考えてもない頃で、旅行会社のパッケージツアーで行きました。そのため、ホテルも自分で探していないですし、行くところほぼ全て送迎が付いています。ガイドさんもいるので英語も必要ありません。 そんな中一日だけあった自由行動日。UCLAを見に [続きを読む]
  • 過去の記事 …