kobesrupin さん プロフィール

  •  
kobesrupinさん: 俺たちバグジー親衛隊
ハンドル名kobesrupin さん
ブログタイトル俺たちバグジー親衛隊
ブログURLhttp://wearebagujiigroupies.blog.fc2.com/
サイト紹介文毎日をバカらしく生きた高校生のドタバタ日常ほんわかラブコメディ小説を毎週金曜に連載しています!
自由文電車で謎のおっさんに殴られる。旅館の浴場に温泉の素を投入。迷子の末、線路を爆走…
 読むと「っふぅほわっ」とした気分になり、人生が楽しくなる!?
 現代日本に送る「愉快痛快日常コメディ」


また、他にも音楽や、サブカルチャー、社会問題への提言など幅広い話題の記事をアップしています。
よろしくお願いいたします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 21日(平均3.3回/週) - 参加 2017/07/30 13:06

kobesrupin さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Ⅳ章 PART5 KOTTERI RA-MEN YONTYO-!!!
  • ↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger ←Ⅳ章PART4へ | 「そんなおもんないゲーム、なんで買ったん?」ボブが言い放ったキラーフレーズに憤慨しても、買ってしまったものは仕方ありません。無料で体験版を遊んでいた3人は、「そんなクソゲー早く売れよ!」と急かしましたが、ぼくは「ガンダム戦場の絆は、面白いんや!」と、信じ込んでゲームを続けます。食鮮館のベンチに座りながら、戦場の絆をプレイし、これみよがしにプ [続きを読む]
  • 5回表 阪神電車にて、マイルドヤンキーを観察
  • ←【目次】 短編エッセィ集 阪神尼崎駅からヤンキー風の男が乗ってきた。金髪の髪、白のTシャツの上に羽織る薄水色のジージャン。片方の膝だけ破れている黒のズボンに、コンバースの黒靴。友人の発言「コンバースの黒靴履いてるやつは全員もれなくダサい」を思い出して俺は吹き出しそうになる。そんなヤンキー風の男は、Tシャツの下にチラッと見える3つの鍵をジャラジャラいわせながら歩いてきた。家の鍵と、彼女の家の鍵と、あと [続きを読む]
  • 遅すぎた撤退 〜1ヶ月で2ヶ月分の給料が消える〜
  • 株式日記遅すぎた撤退 〜1ヶ月で2ヶ月分の給料が消える〜連休前の木曜日、約45万円分の株式を損切りしました。この日の損失額は約5万円。(堀田丸正、マルコ、弁護士ドットコム)いずれ上がる。そう信じて、(勝手な希望的観測)塩漬けにしてきましたが、当分の回復は見込めないどころか、もっと下がりそうでした。遅すぎる判断と思いつつ、連休中の不安を減らす、旅行資金の確保のためにもついに決断しました。思えば、14万円の [続きを読む]
  • 延 Ⅲ章 7話 サッカー大会(1)
  • ←延長戦6話へ | 深夜12時頃、俺は一人さいたまに住むボブに電話をした。「もう寝てる?」「起きてるから電話出てる。寝る直前や」「すまん、ちょいと聞いてくれっか。めっちゃ狙ってた同期の蛍子ちゃんにさ。彼氏いたわ」「そうか」「おう」「次は、誰行くん?」「はやいな」「彼氏おったんならもう無理やろ」「まあたしかにひきづったところでどうもならんからな次はなあ、ランチ屋のお姉さんや」「そのお姉さんどんな人なん [続きを読む]
  • 飛行機に乗り遅れると、焦りますが。
  • 「11時40分に梅田着く!リムジンバスで関空行こ!」10時30分、相棒から上記ラインが来ましたが、「おれ、ギリギリになるから先行っといてくれ!」そう返信したぼくが梅田に着いたのは12時半過ぎでした。そして、12時40分過ぎに新阪急ホテルの空港バス乗り場に着きます。関西空港から飛行機が出発する時間は、14時50分。「13時のリムジンバスに乗れば、14:01に関西空港の第二ターミナルに着くからな、25分前のチェックインにはヨユ [続きを読む]
  • 躍動感あふれる小兵・宇良 大相撲
  • 2017.7.18くまのプーさんのような優しい顔つきと、174cmという力士にしては小柄な体。大阪出身25歳の前頭の宇良が、大関・高安に挑んだ一戦にぼくは目を奪われました。2017年7月、大相撲 名古屋場所にて...高安に対し真っ正面からぶつかった宇良は、体格差を補うために、腕や、足を取りにいきます。しかし、そうは問屋が卸しません。高安は宇良を押し払い、間合いをあけます。そして、「来い!」と挑発するかのように仁王立 [続きを読む]
  • Ⅳ章 PART4 Bond in a field
  • ↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger ←Ⅳ章PART3へ | 「聞いて驚くなよ...あれを始める...」ぼくらは部活終わりの部室で、若竹のように力いっぱいしなりどこまでもうち飛ばしてくれそうな夏をどう過ごすか考えていました。「あれってなんやねん?」「あれを話すにはな、こんなとこじゃあかん。とりあえず帰ろうぜ」ボブは慣れ親しんだ部室を'こんなとこ'扱いして部室から出ました。彼は普段、誰よりも部室を愛しているので [続きを読む]
  • Ⅳ章 PART3 Captain Sea
  • ↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger  | 謝ってから殴るたけけに対して、ギアルの怒りは頂点に達します。そんな一触即発の雰囲気の中、常識人のキャプテンはここでもキャプテンシーを発揮したのです。「まあ、お前ら落ち着けよ」たけけと、ギアルも、キャプテンの言葉にそっと耳を傾けます。そんな彼らを諭すように話を続けるキャプテン。「ギアルは、殴られて痛い。その気持ちはめっちゃわかる。たけけは、殴りたいから謝 [続きを読む]
  • Ⅳ章 PART2 Don't hit, Don't hit!
  • ↑【目次】Ⅳ章 Don't Look Back In Anger ←Ⅳ章PART1へ | テニス部というのは、どのようなイメージでしょうか。かっこいい、地味。ださい。スマート...だいたいあっていますが、うちのテニス部の1年生には異端児が集まっています。ギアルは、みためだけいうとパソコン部。色白で細いからだつきは、殴られたら骨が折れそうです。たけけは、みためだけいうとヤンキー。黒く焼けた肌に、屈強な体つき、鋭い眼光で周りに圧を与えま [続きを読む]
  • #過保護のカホコ ドラマ感想!
  • 日本テレビ・水曜午後10時のドラマ【過保護のカホコ】第1話がおもしろかったので紹介します!【あらすじ】主人公の根本加穂子(カホコ)は絵にかいたような過保護の女子大生。何から何まで親に甘えて生きてきたので、アルバイトもしたことがないし自分で服も選べません。21歳になり社会に出ることになったカホコですが、一人の青年(イケメン竹内くん)に「お前みたいな過保護が日本を駄目にするんだ!」と言われてしまいます。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …