かむさーてぃー さん プロフィール

  •  
かむさーてぃーさん: 配当金生活者のストレスフリーな投資生活
ハンドル名かむさーてぃー さん
ブログタイトル配当金生活者のストレスフリーな投資生活
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/dividendpeople/
サイト紹介文配当金生活者のストレスフリーな投資生活。
自由文かむさーてぃー。30代独身。配当金生活者。現物株。ストレスフリーな株式投資。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 23日(平均8.8回/週) - 参加 2017/07/30 13:36

かむさーてぃー さんのブログ記事

  • シベール、減配と株主優待改悪を発表
  • 18日引け後にシベールが減配と株主優待改悪を発表しました。年間配当金は、1株あたり30円→15円に減額。株主優待は、年2回から年1回(8月末)に変更するという改悪です。シベールは、配当金取得目的株ポートフォリオに100株組み入れ中でした。 業績が悪いので減配はしかたがないですが、シベールのラスクは年2回届くのが楽しみな優待だったので年1回になるのは残念です。株主優待は現行どおり年2回で変更なしで、その代わり保有期 [続きを読む]
  • 元手12万円から億り人へ(第5話:社長本投資法)
  • 毎月の追加入金によって投資元本は109万円まで膨らみました。投資元本が増えるにしたがって売買する銘柄、回数が増えます。この頃に投資先を選ぶ基準は、社長本を書いた社長または社長本に書かれていた社長が経営する会社の中から魅力的だと思う会社を選ぶというもの。したがって、この時期の私の投資手法は「社長本投資法」と命名できるかもしれませんね(笑)社長本投資法によって売買した銘柄と社長本は、ざっと次のとおりです [続きを読む]
  • 元手12万円から億り人へ(第4話:ビギナーズラック)
  • 元手12万円でテイクアンドギヴニーズとライブドアの株式を購入しましたが、それから数日後には、もっと多くの株式を保有したいという思いが沸々と出てきて抑えきれなくなりました。そこで普通預金に預けていたお金の一部を証券口座に移すことに決めました。追加入金です。6月中に合計で23.5万円を追加入金しました。この追加入金で購入した株式は、楽天、USEN、ライブドアです。さらに購入した株式が値上がりしていたことで気分を [続きを読む]
  • 元手12万円から億り人へ(第3話:小学生株主誕生)
  • 2005年6月、元手12万円で初めて買った株式は、ハウスウェディング大手のテイクアンドギヴニーズでした。株価108,000円で1株購入。(※当時は一単元が1株)テイクアンドギヴニーズを買ったため、キャッシュポジションは1万円強になりました。当時は、資金が少ないながらも少しでも多くの株式を買いたいという思いを持っていましたので、この1万円強で買える株式はないかと探し始めました。株式投資を初めて早々、フルポジ病に罹患し [続きを読む]
  • 元手12万円から億り人へ(第1話:12万円からのスタート)
  • ※私が億り人になるまでの日々を、特に記憶に残っている出来事を中心に過去の売買履歴を確認しながら少しずつ書いていきます。記憶があやふやな部分がありますので、必ずしも正確な内容になっているとはかぎりません。また、他の記事も挟みながら書いていきますので、不定期公開となります。私が証券会社に口座を開いて株式投資を始めたのは、サラリーマンとして働いていた2005年6月でした。もともと私立大学経済学部で経済の仕組 [続きを読む]
  • ORCHESTRA HOLDINGSの第2四半期決算について
  • 昨日引け後にORCHESTRA HOLDINGSが第2四半期決算を発表しました。オーケストラ、上期経常は8%増益も対通期進捗は過去平均を下回る OrchestraHoldings > [東証M] が8月14日大引け後(15:00)に決算を発表。17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期比8.1%増の1.7億円に伸びたが、通期計画の3.6億円に対する進捗率は48.1%にとどまり、前年同期の53.7%も下回った。(株探ニュース)https://kabut [続きを読む]
  • 株式投資で勝ち続けるために1番最初にすべきこと
  • 「株式投資で資産を増やすためには何をしたらよいですか?」 「株式市場で勝ち続けるために何をしたらよいですか?」 などと聞かれたら、私は次のように答えます。 「勝ち続けるために1番最初にすべきことは、適時開示情報サービスを毎日欠かさず見続けることです」適時開示の対象となる情報にはさまざまなものがあります。 決算短信、業績予想の修正、増配・減配、株主優待制度の導入・廃止、M&Aなど投資判断に影響を与えるような [続きを読む]
  • アスラポートダイニング、初配&株主優待改悪を発表
  • 一昨日にアスラポートダイニングが初配と株主優待改悪を発表しました。上場後初の配当(初配)は、1株あたり4円です。その一方、株主優待は年2回から年1回(9月末)に変更するという改悪です。アスラポートダイニングは、配当金取得目的株ポートフォリオに500株組み入れ中です。 そのため、年間で税引き後配当金1,593円(=税引き前配当金2,000円)を受け取ることができるようになると同時に3月末の株主優待がなくなります。配当金 [続きを読む]
  • Theグローバル社を新規購入
  • すでにツイッターでツイート済みですが、キャピタルゲイン狙いPFの残りのキャッシュ枠を使って、昨日Theグローバル社の株式を新規購入しました。 815円で700株の購入です。 さっそく含み損・・・ 株つらい・・・今期大幅増収増益予想。配当利回り3.0%。今後の直近の材料としては会社四季報秋号サプライズで取り上げられることに期待。 これでキャッシュ枠は使い切って、フルポジになりました。 (執筆時間:11分) [続きを読む]
  • 配当金生活の想定為替レート
  • 配当金生活を送るために必要な配当金を得るために購入した株式、いわゆる”配当金取得目的株ポートフォリオ”の1年間の配当金収入見込みの税引き後(※例えば、日本株は配当金にかかる税金20.315%を控除した後)の金額は、次のとおりです。〔配当金取得目的株から得られる税引き後年間配当金見込み〕・米国株(ADR含む): 3,230,000円 (※ドル円108.00円で計算)・日本株(※株主優待なし): 210,000円・日本株(※株主優待あ [続きを読む]
  • 宝印刷から株主優待が到着
  • 先日、宝印刷から株主優待が到着しました。 宝印刷は、配当金取得目的株ポートフォリオに100株組み入れ中です。 3年未満保有のため、1,500円相当の選べるギフト(8種類の中から1つを選択)です。 暑い日が続いていますので、今回はカゴメのフルーツ&野菜飲料ギフトにします。 写真を撮影して、アップロード&貼り付けするまでの作業に手間取り、記事執筆に思いのほか時間がかかってしまいました・・・(執筆時間:26分) [続きを読む]
  • 貸株金利収入は大切に
  • これまでに書いてきましたが、私は"配当金取得目的株ポートフォリオ"から、1年間で3,980,000円の税引き後配当金収入を得て、配当金生活者として生活しています。 現在は定職についておらず無職のため、会社からの給料収入は0円です。 しかしながら、配当金収入以外にも少額ですが収入があります。 それが、貸株金利収入です。 保有している現物株(個別株)を証券会社に貸株することで、毎日貸株金利を得ています。 昨日の貸株金利 [続きを読む]
  • 配当政策の基本方針に注目する
  • 配当金生活を始めると、各企業の配当政策に注目しなければなりません。通常、上場企業は利益配分に関する基本方針、配当政策の基本方針を策定しています。配当政策の基本方針に注目することで、今後、配当金が増える可能性が高いのか、それとも配当金は一定なのか、はたまた配当金が減る可能性が高いのか、などをあらかじめ予想することができます。配当金生活者が第一に優先すべきことは、安定した配当金収入です。加えて、毎年少 [続きを読む]
  • アセンテックの業績予想の上方修正発表は予期できるのか
  • 昨日、13時半にアセンテックが第2四半期累計業績予想の上方修正を発表しました。発表と同時に株価は上昇し、ストップ高となって引けました。そして、本日寄り付き時点では特買い気配となり、この記事を執筆している今現在、株価は6,000円前後の大幅高で推移しています。上方修正発表直前の株価は4,835円であったため、株価はわずか1日足らずで+24%上昇したことになります。株式市場で勝ち続けるためには、今回のアセンテックのよう [続きを読む]
  • 株のアルゴリズム取引の癖を読むPart2
  • 昨日、「株のアルゴリズム取引の癖を読む」と題した記事を書きました。昨日の記事の中では、具体的には7月31日に第1四半期決算を発表したG−7ホールディングスとイエローハットの事例を使いました。本日の記事ではもう一事例を取り上げます。具体的には、8月1日に第1四半期決算を発表したディーブイエックス(DVx)です。ディーブイエックスは、循環器分野の医療機器を販売している会社です。同社の第1四半期決算の営業利益は、 [続きを読む]
  • 株のアルゴリズム取引の癖を読む
  • アルゴリズム取引が株式市場を賑わしています。個人投資家がアルゴリズム取引と正面から対決しても、勝てる可能性は低いでしょう。しかしながら、アルゴリズムの癖を読むことによって、個人投資家でもアルゴリズムと互角以上に戦うことが可能性です。例えば、7月31日に第1四半期決算を発表したG−7ホールディングスとイエローハット。G−7ホールディングスとイエローハットは日本全国で自動車用品店を運営している会社です。両 [続きを読む]
  • 信用取引
  • 信用取引は諸刃の剣です。うまく使いこなせればいろいろなメリットを享受できますが、使い方を誤ると大きく資産を減らすことになってしまいます。株式投資を始めた当初は現物株のみの取引をしていましたが、アベノミクスがスタートして株式市場が活況を呈していたときに、信用取引口座を開設して、信用取引をおこなうようになりました。アベノミクス相場では、株価は右肩上がりであったため、幸運にも信用取引の助けを借りて資産を [続きを読む]
  • インカムゲイン狙いとキャピタルゲイン狙いを区別する
  • これまで書いてきたように、配当金生活者になるにあたって、インカムゲイン(=配当金)狙いの投資とキャピタルゲイン狙いの投資を区別しています。億り人になれるぐらいなのだから、これまでどおりキャピタルゲイン狙いの投資を続けて、2億、3億円・・・とどんどん資産を増やしていったほうがいいのではないかと思われる人もいるかもしれません。けれども、私がここまで大きく資産を増やすことができたのは、アベノミクスという追 [続きを読む]
  • 配当金取得目的株ポートフォリオ
  • 私が配当金生活を送るために必要な配当金を得るために購入した株式、いわゆる”配当金取得目的株”のポートフォリオを公開しておきます。下記の予想配当利回りはYield on CostではなくDividend Yieldです。〔配当金取得目的株ポートフォリオの保有銘柄別〕・米国株(ADR含む) PM フィリップモリス 3.51% HSBC HSBCホールディングス 5.19% UL ユニリーバ 2.61% GSK グラクソ・スミスクライン 4.80% VOD ボーダフォン [続きを読む]