Bucket さん プロフィール

  •  
Bucketさん: バケツスタジオ
ハンドル名Bucket さん
ブログタイトルバケツスタジオ
ブログURLhttps://bucketstudio.blogspot.jp/
サイト紹介文ネットショップ運営・ゲーム制作・IgA腎症・LINEスタンプ作成情報を公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 21日(平均8.0回/週) - 参加 2017/07/31 14:51

Bucket さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • IgA腎症 - 91日目 - 扁桃腺摘出手術 (後編)
  • 水が飲めるようになってから本当に楽になりました。喉の潤いで血とタンが少しだけ緩和されます。息苦しさもすぐには無くなりませんが、ティッシュでぬぐい取る間隔も長くなってきます。ここからは待ちの時間です。少しずつ楽になっていきますが、急激に回復する訳ではありません。でも苦しさを数時間我慢すれば、見合った回復は得られます。ひたすら我慢です。我慢に我慢を重ねます。御飯の時間がやってきました。僕はもう水が飲め [続きを読む]
  • IgA腎症 - 91日目 - 扁桃腺摘出手術 (中編)
  • 扁桃腺は無事に摘出され僕は部屋に戻されました。手術後に待っていたのは猛烈な息苦しさです。喉の奥に溜まった血(タン)で空気の通り道が塞がれています。苦しい・・・手術の痛みは我慢出来ますが、息苦しさは我慢出来ません。僕はなるべく多くの酸素を取り入れるために、顎を突き出して寝ます。少しは空気の通り道ができますが、すぐに塞がれます。痛みを伴いますが、血を取るしかありません。しかし通常のような「カーーーッッ [続きを読む]
  • IgA腎症 - 91日目 - 扁桃腺摘出手術 (前編)
  • 扁桃腺摘出手術の日がやってきました。昨夜は不安な気持ちで殆ど眠れずに過ごしました。眠れないので「扁桃腺摘出の痛み」なんかをネット検索し、更に眠れなくなりました。腎生検からあまり時間が経っていない為、手術後の苦しみは鮮明に覚えています。今回の場所は喉にあたるので違った痛みにはなりますが、恐怖心は拭えません。顔や声では「大丈夫」と気丈を振る舞っていましたが心は泣いていました。僕のベットの周りが騒がしく [続きを読む]
  • ネットショップ運営 - Amazon - vs 楽天
  • ほんの数年前まではネットでお買い物と言えば楽天でした。これがあっと言うまにアマゾンに変わったのは本当に驚きです。僕のお店でも主役の座を楽天からアマゾンに奪われて行きました。どんどん売上を伸ばしていくアマゾンに対し、どんどん減らしていく楽天。以下の2点でアマゾンが圧勝していると考えています。・商品が探しやすい・安い・商品が探しやすいこれは楽天とアマゾンのビジネスモデルが全く違う為に起こります。楽天の [続きを読む]
  • IgA腎症 - 64日目 - 扁摘前の検査結果
  • 扁桃腺摘出手術は耳鼻科で行われるのですが、この耳鼻科が非常に混んでいます。入院の予約をしてもベッドに空きが出るまで数か月待つ事になります。この間にもIgA腎症は徐々に腎臓を傷つけてしまうため、腎臓内科で病気の進行を遅らせる薬を処方して貰っていました。この日も処方箋を貰うために腎臓内科へ向かいます。ちなみに扁桃腺摘出手術前の最後の外来となりました。いつものように血液検査と尿検査が行われます。・クレアチ [続きを読む]
  • ネットショップ運営 - ヤフオク - 新規登録
  • 今更ですがヤフオクでの販売を開始しようと動きました。仕事の時間の使い方としては、ギリギリ間に合わせている感じですが、ここ最近の不景気は精神的に辛く、政府も増税を模索しているようですし、何か手を撃たなければならないと考えています。既にヤフーショッピングでの店舗運営は数年前からやっていましたが、新たな販売チャネルとしてヤフオクを選ぶことにします。売り先を選ぶにあたってまず考える事は、費用対効果です。投 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 55日目 - 麻酔科外来
  • 扁桃腺摘出の手術は全身麻酔が必要です。喉の奥の手術なので、咽たり咳き込んだりすると危ない為です。IgA腎症になるずっと前ですが、僕は過去に2度全身麻酔の手術を受けています。過去の経験から言うと、全身麻酔は眠りから覚めたら手術が終わっているので、手術を受ける側からすれば助かりますが部分麻酔に比べると危険が大きいそうです。そのような全身麻酔のリスクについて説明を受ける為、麻酔科の外来がありました。全身麻 [続きを読む]
  • ネットショップ運営 - 楽天 - お買い物マラソン2017年8月
  • 8月5日(土)20時から10日(木)2時まで、楽天にて「お買い物マラソン」が行われていました。通常日を100%とするとマラソン期間における日別の売上比率はこうなりました。5日:100%6日:200%7日:200%8日:150%9日:300%10日:100%僕のお店では、マラソン期間におけるセールなどはしていません。楽天の広告は買わないので露出度も相対的に下がる事になります。純粋に買い回りによるポイントアップを狙ったお客様が購入してくれ [続きを読む]
  • IgA腎症 - 43日目 - 指定難病支給認定申請
  • 市役所に難病申請の書類を貰いに行きました。もう少し詳しく言いますと難病の申請書類は都道府県庁に送るのですが、送付する書類を貰うために市役所に行く必要がありました。元々はIgA腎症は難病扱いではなかったようですが、平成27年1月1日から指定難病に入りました。指定難病であれば月額の医療費上限2万になります。病気になって辛い事ばかりでしたが、これは本当に助かりました。時期も僕にとっては運が良かったと言えま [続きを読む]
  • ネットショップ運営 - メルカリ - 値段交渉の断り方
  • 赤字で販売しているときに困るのが値段交渉です。中古の商品等で相応の価格を提示されている場合は仕方ありませんが、「これ以上は下げたくない」という事もあったりします。まずは「値下げ交渉は不可」等の文言を追加しておく事をお勧めします。交渉が得意なら良いのですが、交渉が不得意なら商品情報に書くだけで、値段交渉はほとんど無くなります。しかし、それでも交渉を望まれる購入者さんは存在します。僕だけでしょうか・・ [続きを読む]
  • 腎臓の知識 - Muse細胞
  • あくまでも未来の話です。ですが、とても明るい未来の話です。御存じとは思いますが、一度失われた腎臓の機能は二度と回復しません。ですが最近の研究成果で、腎臓病のマウスの機能が回復したそうです。「東北大学」や「Muse細胞」と言ったキーワードで調べるとヒットすると思います。静脈に点滴すると治るそうです。嘘みたいな話です。人工透析や腎移植はもう必要ありません。腎臓が健康になればやりたい事は沢山あります。夢の焼 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 36日目 - 腎生検の結果(後編)
  • 紹介状を貰った僕は耳鼻咽喉科へ向かいます。事前にIgA腎症について調べていたので、扁桃腺摘出の事は知っていました。この治療法については賛否があり僕自身も懐疑的です。腎臓と扁桃腺に何の関連性があるのでしょう。痛い思いをして無意味な手術で体を傷つけるのが果たして効果的と言えるのでしょうか。「扁桃腺摘出?日本人はなんて愚かな事をしているんだ!!」外国人の医師は日本の治療方法を見て、そう言うみたいです。今ま [続きを読む]
  • IgA腎症 - 36日目 - 腎生検の結果(前編)
  • 腎臓の中には糸球体という組織があります。毛細血管が毛玉のようにクルクルと球体状になっており、老廃物を濾過する機能を有しています。濾過された老廃物は尿として水分と一緒に排出されます。ちなみに糸球体は腎臓1つにつき100万個あると言われています。人には腎臓が2つありますので、合計で200万個です。腎臓病とはこの糸球体の数が減少し、濾過を含めた腎臓の機能が大きく失われた状態を言い、IgA腎症とは、自らの狂 [続きを読む]
  • ネットショップ運営 - メルカリ - 新品定価
  • メルカリは果たして売れるのでしょうか?僕はメルカリに出品しています。ネットショップで販売している商品と全く同じ物を同一価格で設定しています。メルカリは業者を排除する方向性なので、出品はツールではなく手作業がメインです。ですので、商品数は20個程度に絞ってテストを行っています。新品・定価出品でのテストの結果を言いますと「売れなくはないけどメルカリでは生活出来ない」となりました。もっと大量に出品する場 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 28日目 - 高熱とER
  • ERとは何でしょうか。医療関係者ではない僕の解釈では、夜間にやっている緊急外来の事です。普段は名前すら知らない存在ですが、その日はお世話になりに行きました。腎生検の結果はまだ分かっておらず次の外来日まで待ち状態でした。その結果を聞く前に僕は突然、熱を出しました。38度台だったので普段なら風邪薬ですが、退院して間もなくだったこともあり、いつもの病院に電話しました。既に夜になっていたので、外来は終了して [続きを読む]
  • ネットショップ運営 - 7月度
  • 7月度は本業のネットショップ運営が苦しい月でした。ここ数年で最低を記録した6月度より若干回復しましたが、依然として景気は悪いです。ちなみに過去に最も良かったのは2015年頃でした。この頃はありがたい事に注文数が多すぎてマンパワーが足らなくなり、「いかに注文数を減らすか」という今から考えると羨ましい施策に追われていました。EC業界全体も、最も活気づいていた時期ではないでしょうか。そこから楽天が徐々に迷 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 体験記 - 一覧
  • IgA腎症 - 55日目 - 麻酔科外来IgA腎症 - 43日目 - 指定難病支給認定申請IgA腎症 - 36日目 - 腎生検の結果(後編)IgA腎症 - 36日目 - 腎生検の結果(前編) IgA腎症 - 28日目 - 高熱とER IgA腎症 - 24日目 - 腎生検退院日IgA腎症 - 22日目 - 腎生検当日(後編)IgA腎症 - 22日目 - 腎生検当日(前編)IgA腎症 - 21日目 - 腎生検前日IgA腎症 - 13日目 - 入院前検査IgA腎症 - 6日目 - 腎臓内科IgA腎症 - 1日 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 24日目 - 腎生検退院日
  • 退院当日を迎えます。腰に負担がかかる激しい運動はしてはいけない事になりましたが、自由に動いて良いと言う事がどれだけ素晴らしい事なのかを噛みしめた入院期間でした。当たり前の事ですが、終わってしまえば苦痛も過去の事になります。痛い事ばかり書きましたが、腎生検をするか迷っている方はすぐにした方が良いです。腎生検の痛みは2日も続きません。しかし検査のチャンスを逃し、透析になれば苦しみは残りの人生ずっと続き [続きを読む]
  • IgA腎症 - 22日目 - 腎生検当日(後編)
  • 腎臓の組織を無事に採取された僕は、4人部屋に戻されました。ここからは絶対安静の時間の始まりです。仰向けにされて背中に圧力をかける為の固い枕のような物を挟まれました。まさかこの固い枕が、あんなにカチコチになんて思いもしませんでしたが・・・・絶対安静の時間を有意義に使うなんてことは出来ません。絶対安静の時間は3時間程度だと聞かされていました。3時間なんてあっという間です。とにかく動けないので寝るのが一 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 22日目 - 腎生検当日(前編)
  • 今日は腎生検を行う日です。腎生検とは背中から針を刺して、腎臓の組織の一部を採取し、顕微鏡で腎臓の組織を調べる検査の事を言います。腎臓には絶えず血液が流れている為、針を刺して穴を空けると大量に出血してしまうので、すぐに背中に圧力をかけて止血し、その後は全く動けない絶対安静が求められます。そしてその時間がやってきました。うつぶせになり、背中を消毒され、血圧計等の機器が装着されていきます。麻酔を打たれま [続きを読む]
  • IgA腎症 - 21日目 - 腎生検前日
  • いよいよ検査入院の被がやってきました。腎生検は明日に行われるのですが、準備期間として前日から入院する事になっています。個室は予算的に厳しいので4人部屋を選びました。腎臓内科に入院している人は大きく分けて4種類の人がいます。1.腎生検の患者2.腎炎の患者で、腎臓が悪くなり始めている3.糖尿病の患者で、腎臓が悪くなり始めている4.既に腎臓が機能しておらず人工透析用の手術をする患者僕は「1. 腎生検」に該 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 13日目 - 入院前検査
  • 腎生検をする事になりましたが、入院までしばらく日数がありました。そこで入院が本当に必要なのかの外来での尿・血液検査をもう一度だけ行いました。「ここでいい数値が出たら入院なんてしなくてもいいのでは・・・」検査の数日前から睡眠時間を多めに取り、疲れないように過ごしました。そして検査当日。数値はもちろんアウトでした。クレアチニン1.31尿蛋白2+潜血反応3+検査入院が確定した瞬間でした。正確には既に確定 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 6日目 - 腎臓内科
  • 紹介してもらった腎臓内科に行くことになりました。既に熱は下がっており、体調も回復していました。「疲れが溜まっているだけだろう」僕は心配性だけど胸の中は希望で溢れている、といった人間です。尿と血液を採取されて、結果が出るまで1時間程度待つ事になります。予約しているとはいえ、大きな病院なので患者が物凄く多く、時間がかかります。「この待ち時間とも、今日でお別れだ」僕の番号が呼ばれて先生に会いに行きます。 [続きを読む]
  • IgA腎症 - 1日目 - 血尿
  • 病気とはある日に突然襲ってくるものです。僕はIgA腎症と呼ばれる病気になりました。企業に勤めている方で、健康診断を年に一度行っている場合は早期発見が見込まれますが、僕の場合は、そうではなかったので近所の内科で診断した際に異常が見つかりました。もともと、疲れやすい体質だったのもあり、普段からあまり自覚症状が無かったのですが、先月にインフルエンザに罹ったばかりなのにすぐに高熱を出したので、今度もインフル [続きを読む]
  • 過去の記事 …