chantra さん プロフィール

  •  
chantraさん: チャントラ/夫婦の営みで涅槃を目指すブログ
ハンドル名chantra さん
ブログタイトルチャントラ/夫婦の営みで涅槃を目指すブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chantra/
サイト紹介文心身の健康や不老長寿、最終的には涅槃への到達を目指す夫婦の営みを紹介します。性的な表現を含みます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 20日(平均26.6回/週) - 参加 2017/08/01 15:36

chantra さんのブログ記事

  • 77 オナニーしたいです
  • ああ、オナニーしたいです。ち○ぽがズキズキ、タマがジンジンしています。涙が出てきそうです。いやらしいことしか考えられません。タマが桃みたいに膨れ上がっています。精液で破裂しそうです。ああ、絞り出したい。けれども、本家タントラの教えでは、射精はせいぜい月一でしか許されません。房中術の教えも、射精をかたく戒めています。出すわけにはいかないのでした。ち○ぽをこすってみます。声が出そうなほど気持ちがいいで [続きを読む]
  • 76 指と舌とで
  • やってきました。妻の生理がやってきました。そりゃやってくるはずです。安全日にやりましたから。さらに外だしさえもせず一切漏らさなかったのですから。こなきゃ困ります。でも。これで挿入できなくなりました。屹立した陰茎をしまう場所がありません。妻が手でしごいてくれました。いやらしい言葉を囁きながらシコシコとしてくれました。我慢汁も出ませんでした。出さないクセがついているのです。滑りが足りないのでフェラして [続きを読む]
  • 75 淫らになりたい法則
  • エントロピー増大の法則ってご存じですか?そうです。高校の授業で習いましたよね。淫らになりたい法則です。自然界のあらゆるものは無秩序に混じり合い淫らになりたがっているのです。人間がエントロピーを増大させまいと自然界の法則に逆らって整理整頓をしたりしているのでした。男と女も7歳になったら席を分けて異性として互いに距離をとるべしというそんな教育がなされています。これもエントロピー増大の法則に逆らった教育 [続きを読む]
  • 74 苦痛と快楽で死にそうなほど
  • ち○ぽくん「あー、もうダメだ、イっちゃうよー」私「イっちゃダメです、頑張りなさい」ち○ぽくん「せまいよー、きついよー、くるしいよー」私「気持ちよくないの?」ち○ぽくん「気持ちいいよー、気持ちよくて死にそうだよー」私「中を楽しみなさい」ち○ぽくん「……」私「中に入るまでのことを思い出してごらん」ち○ぽくん「……痛かった」私「でしょう?」ち○ぽくん「オイラ、よく頑張った」私「尿道が裂けそうになったでし [続きを読む]
  • 73 新記録達成後の生理休暇
  • 6回やってしまいました。日に5回までのルールを破ってしまいました。罰が当たったのでしょうか。右のタマが痛いです。久々の逆行性射精でしょうか。逆行性射精についての詳しいことは“5 危険性”という記事に書いてあります。逆行性射精自体はそれほど問題になる障害ではないようです。妊娠を望むのでなければ実害は少ないかと思われます。でも痛い。やりすぎには気をつけないといけません。しかしまあよくぞ日に6回もやれるもの [続きを読む]
  • 72 見ず知らずの熟女さんに……
  • エッチな熟女さんの喘ぎ声をBGMにした2回目チャントラをしたのですが、今回はよくなかったかもしれません。妻は感じてしまったようで、膣内のうねり方がいつもよりも卑猥でした。気持ちよかったです。いや気持ちがよすぎました。熟女さんが切ない声でよがります。被せるようにして妻が喘ぎます。陰茎は、いつにも増した締め付けにビクビクと脈打っています。もう駄目です。出ます。漏らしてしまいます。と、いつもならここでインデ [続きを読む]
  • 71 性器への拷問
  • 今、本日3回目のチャントラを終えたところです。膣の中がすごかったです。締め付けたり、引っ張り込んだり、こねくりまわしたり、そんな今までの動きに加えて、亀頭部分に触手のようなものが絡みついてきました。チロチロと舐めるような。もしもし、膣の奥に何か生き物を飼ってらっしゃいますか?そんな感じ。入り口部分で強くくわえ込んで、奥の方でチロチロ。出そう!と、ち○ぽくんは叫びたいのでしょうが、そうはさせじと私の [続きを読む]
  • 70 チャントラの危機?
  • 世の中何やら人手不足なようです。我が家は不労所得で生活をしているのですが夫婦揃ってチャントラばかりしているのも世間様に対してアレなのでということで、妻がパートなるものを始めることにあいなりました。結婚して以来妻が働きに出るのは初めてのことです。週に3日、日に3時間程度の仕事から始めたいとのことです。賛成しかねる気持ちがないといえば嘘になります。チャントラタイムが3時間も削られることになるわけです。日 [続きを読む]
  • 69 熟女のオナニー
  • 熟女のオナニーを目撃したことがあります。妻と二人でそれを見ました。エーゲ海クルーズの船旅の最中でした。同行しているツアー客の中に妙齢の女性がいました。今の妻くらいの年齢でしょうか。大変綺麗な顔と身なりをしていました。「ジュディ・オングに似てるって言われませんか?」ビールを飲みながらそんなふうに話しかけると、「昔はね」とジュディさんは応えました。「若い頃はいろいろ言われたわよ」少し憂いのある応え方で [続きを読む]
  • 68 熟女さんの隣でやる
  • いつもはインディアンフルートのBGMを流しながらチャントラをします。でも今日は趣向を変えて“いやらしい喘ぎ声”をBGMにしてチャントラをしてみました。1時間以上にわたって熟女さんが喘いだり休んだりしています。なかなかよかったです。複数プレイを忌避するチャントラですが一対一の交わりが複数為されている感じを否定したりはしません。私たちとは別のカップルがすぐそばで切なく喘ぎながらチャントラをしているような気分 [続きを読む]
  • 67 カリ高最高!
  • ま○こから出たばかりのち○ぽを眺めて気がつきました。カリが異様に高くなっています。めくれるようにして反り返っています。1?はないかな。8?くらいでしょうか。斜めなのでよくわかりません。なんにしても段差がすごいことになっています。おま○この蠕動運動が最近複雑なことになっていてカリ首が特別に刺激されたからかもしれません。ち○ぽをくわえこむま○この力が強くてち○ぽを引くたびにカリ首に強い力が掛かるからかも [続きを読む]
  • 66 チャントラの夏
  • 暑い日が続きますね。我が家では冷凍ヨーグルトがブームです。ぶっかけうどんはマイブームです。こう暑いとクーラー代もバカになりませんから食で涼をとろうと考えるのでした。でも、もっと効果的なものがあります。チャントラです。セックスのあとって女性は冷えるじゃないですか。あの何倍も冷えるのだと妻は言います。寒いと言って布団にもぐっています。チャントラの夏はクーラー要らず、行水以上の効果があります。ただし、男 [続きを読む]
  • 65 お腹の中から気持ちよく
  • 便秘がちな女性も少なくないかと思います。そんな方にはチャントラをお勧めします。効果抜群です。なぜかはわかりませんが、チャントラをすると腸内環境が整うようです。腸に限らず内臓全般が元気になります。食欲も増進します。けれども食べても太りません。妻は毎日アイスクリームを食べていますがお腹が出てくる気配もなしです。私も毎日ビールを飲んでいますがビールっ腹ではありません。お通じがよくなると肌の調子もよくなる [続きを読む]
  • 64 チャントラライフはエコライフ
  • チャントラを始めたばかりの頃のこと、妻が嬉しそうに大量のティッシュを買ってきました。けれども、結論からいうと、ティッシュのストックはまったく減っていません。なぜなら射精をしないので、精液を拭き取る必要がないからです。妻の淫液で濡れた陰茎も、そのままにしておきますから。拭き取ったり、シャワーをしたりしてはいけないのです。濡れたち○ぽやま○こは、そのままにして生活します。エネルギーを吸収するためです。 [続きを読む]
  • 63 オーガズムのさなかに
  • 引き寄せの法則について書きます。引き寄せの法則自体については今更紹介するまでもないでしょう。心に描いたイメージは実現するってアレです。引き寄せのパワーを強めるためにはオーガズムに達した直後の忘我のときにイメージングするのが効果的なのだとか。チャントラで女性は数え切れないほどの深いオーガズムを迎えます。ですからこのときに、何か実現するといいなと思っていることを強くイメージすればそのイメージは実際に現 [続きを読む]
  • 62 複数プレイ
  • 写真の像を見てください。ま○こにち○ぽが、口に別のち○ぽが、ねじこまれています。3Pですね。他人様に迷惑を掛けることなく当人たちが楽しんでやっているならまあいいんじゃないかと個人的に思いますが、私がそれをしたいかというと、別にしたくありません。チャントラ道にももとります。チャントラは陰陽の対等なエネルギー交換を旨とする営みなので、多対一という性交はチャントリックではないのです。自然界を見渡しても、基 [続きを読む]
  • 61 房中術との違い
  • 中国に伝わる房中術には、採陰補陽という技法があるようです。男性が女性の陰の気を取り込んで、自らの陽の気を拡充させる技法のようです。男性は、何度も女性をオーガズムに導きつつも射精せず、このことにより女性の気を吸い取るのだとか。相手の女性は若いほどよく、相手の人数は多いほどよいとされています。一方で、房中術がいうところの採陽補陰とは、女性が男性の陽の気を取り込み、自らの陰の気を拡充させる技法のようです [続きを読む]
  • 60 採陰補陽の術
  • 妻曰わく、最近意識が遠のくのだそうです。悪い病気ではなさそうです。チャントラの最中に限ってのことなので。ビクビクビクビクビクビク……と、連続オーガズムを迎える妻なのですが、そのさなかに短い時間の失神を経験しているようなのです。これはよい兆候です。瞑想にとって意識は邪魔になるからです。対象も、対象を認識する自我も消え去ってこそ、真の瞑想に入れるのだと思います。かくいう私も、チャントラ中は変性意識状態 [続きを読む]
  • 59 チャントラダイエット
  • チャントラが終わって、しばらくグッタリとしていた妻がヨロヨロと立ち上がり、トイレに行くその姿を見ながら思いました。痩せたなあ。違う女かと見間違えるほどです。グラマーと形容するには、お腹もお尻も太ももも、イマイチ太めな妻でしたが、今ではすっかり別人の体です。お腹の肉はなくなり、お尻も締まり、太もももスマートになりました。乳と尻ばかりが目立つ、本物のグラマー体型になりました。若い頃、様々なダイエットを [続きを読む]
  • 58 やればやるほど
  • やればやるほどよくなるみたいです。日に4セットか5セット行うのですが、1セット目よりも2セット目、2セット目よりも3セット目が、より感じるようになるようです、妻も私も。しかし、その気持ちよさとは裏腹に、回を重ねるごとに増してくる困難さもまたあるのでした。まず、挿れにくくなってきます。妻が感じてしまい、ま○こがきつくなってくるからです。淫液も増えてはくるのですが、指1本入れるのも困難なほど狭くなってくるの [続きを読む]
  • 57 弾けるいやらしさ
  • 肩が逞しくなり胸板が厚くなりました。チャントラ効果です。わき腹の肉が削げてヒップアップもしました。これもチャントラ効果です。筋肉質だけれどもゴツゴツとした印象はなく、鏡に映した私の体はどこか丸い感じです。イルカのようなボディです。腰つきがいやらしいと妻は言います。一言でいうならエロいボディになりました。妻もそうです。Eカップはありそうな乳房にツンと上を向いた乳首、絞り込まれたウエストと丸いお尻のバ [続きを読む]
  • 56 性的交流
  • 気とは、不思議なものです。伝わるものです。残留思念として時を超えて。またはテレパシーのように距離を飛んで。広く伝わるものです。念にも似ています。気持ちや思念は距離を超えて届くものなのであります。例えばアダルトビデオの女優さん。女優さんの演技を見てたくさんの方がオナニーをしているものと思われます。するとファンの気といいますか、思念といいますか、つまりこの場合はスケベな気持ちが女優さんに届くわけです。 [続きを読む]
  • 55 営む意味は生きる意味
  • 人はみな、いつの日か死ぬのであります。仏教的には、この事実が重大な意味を持つわけです。けれども、若いうちは、あまりそのようなことを意識しません。意識しない人が多いかと思います。たくさんの異性と付き合って、様々な価値観を吸収して見聞を広め、ガツガツと稼いでパッパッと散財する、そんなふうに忙しく生きておりますと、いつかは死ぬのだという絶対的な事実も視野に入ってこないのでしょう。私もそうでした。妻はとい [続きを読む]
  • 54 恥ずかしい性器
  • 「サイズがないね」と妻。コンドームについて話していたのでした。「Lじゃ絶対に無理だよ」とさらに妻。「通販でXLとか買っても、まず無理だと思う」肥大化してしまった陰茎を見ながら私は頷きました。また少し大きくなったような気がします。特に行為のあと、膣から抜き出したばかりの陰茎はグロテスクなまでの存在感を放っていて、自分でも恥ずかしくなるほどです。「穴があったら入りたいって、ちんぽくんが言ってる」と私。「 [続きを読む]
  • 53 ズボズボ島
  • ここは島です。もちろん比喩です。豪華客船に乗っていた私ですが、今は無人島で妻と二人きりです。そうなったら、やることは決まっています。来る日も来る日もズボズボしまくりです。朝から晩までズボズボ。生殖のためではありません。悟りを得るためです。ズボズボしてると、性器の感度が高まります。高くなるから、よりいっそうズボズボしたくなります。性欲があるからやるのか、やるから性欲が高まるのか。世をうとみ島に隠れて [続きを読む]