相場師ヨシ さん プロフィール

  •  
相場師ヨシさん: 株式投資で配当金生活
ハンドル名相場師ヨシ さん
ブログタイトル株式投資で配当金生活
ブログURLhttp://www.stkwin.com
サイト紹介文株式投資歴は長いけれど零細投資家であり続ける筆者が、株の配当金や株主優待での生活を目指すブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 18日(平均10.5回/週) - 参加 2017/08/02 15:23

相場師ヨシ さんのブログ記事

  • 金融危機10年周期説
  • 相場の分野で近年、「金融危機10年周期説」がアノマリーとなっています。アノマリー(anomaly)とは、法則や理論で説明できない事象のことを言い、相場の分野では、理論的根拠は分からないけれども当たる可能性が高いかもしれないと言われる経験則のことをいいます。1980年以降、1987年にブラックマンデーが、1997年にアジア通貨危機が、2007年にサブプライムローン問題が発生していることを思うと、2017年に世界的な金融危機が起 [続きを読む]
  • 日経平均株価、続落 2017/8/18
  • 東京株式市場で 2017年8月18日(金)、日経平均株価は前日比 232円22銭安の 1万9470円41銭で取引終了しました。日経平均株価の下落は 3営業日連続。16日と 17日が小幅下落だったのに対し、18日は下げ幅拡大し、約3ヶ月半ぶりの安値を付けました。この日、筆者はユニチカ(3103) 2000株・指値83円の現物売り注文を出してありましたが、約定せず、結果的に何も取引しませんでした。日経平均株価が 3営業日連続で下落した後だけに、 [続きを読む]
  • SBI証券、少額取引の手数料を無料に
  • SBI証券が来月(2017年9月)から、1日あたり 10万円以下の国内株式の売買について、インターネット取引手数料を無料にするそうです。2017年8月17日の夜に日本経済新聞のサイトで報じられました。ただし、今回の無料化の対象となるのは、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「アクティブプラン」だけで、1注文の約定代金に対して手数料がかかる「スタンダードプラン」は変更対象外です。アクティブプランで 1日あたり 10万円 [続きを読む]
  • 無駄遣いを反省
  • 2017年8月16日(水)、筆者宛にジャックスから漢方スタイルクラブカードの 7月分の利用明細が郵送されてきました。ここ数ヶ月、筆者が漢方スタイルクラブカードをショッピング利用する金額は月に 3万〜4万円程度だったのですが、今回の明細では 11万円台でした。こうなった原因は、先月(2017年7月)、アマゾンで 8万2千円余りの買い物を行なったためです。大部分は必要な出費でしたが、約2万円でドラマの DVD を購入したことにつ [続きを読む]
  • 野村證券口座を確認
  • ポケットカード(8519)の株の公開買付け(TOB)について、2017年8月15日(火)現在、詳細の正式発表はまだですが、野村證券が TOB の受付を行うようなので、公開買付けに応募するには野村證券の口座が必要です。筆者は野村證券で口座を開設済ですが、約10年間、口座を利用しておらず、現在でも口座を利用可能な状態かどうかは分かりません。そこで、この日の昼頃、野村證券のサイトでログインし、口座情報を確認してみたところ、 [続きを読む]
  • 信用買い後の現引き
  • 2017年8月14日(月)の 9時2分、前夜のうちに出しておいたユニチカ(3103) 2000株 指値80円の信用買い注文が約定しました。この時間、筆者はユニチカの株価の動きを見ていたため、約定したことはすぐに分かり、さっそく現引き。信用買いした日に現引きするのは、手数料節約のためのテクニックです。筆者がメインで利用している sbi証券では、現物取引よりも信用取引の方が手数料が安いことが多く、現引きは手数料無料なので、この [続きを読む]
  • Amazon Mastercardゴールド、到着
  • 昨日(2017年8月12日)、Amazon Mastercardゴールドが筆者宛に簡易書留で郵送されてきました。Amazon Mastercardゴールドは、三井住友カード株式会社が Amazon.co.jp と提携して発行するクレジットカードです。国際ブランドは、MasterCard。年会費は 1万円(税別)ですが、カード利用状況による値引きがあり、最大の値引きが適用された場合の年会費は 4000円(税別)になります。年会費が値引きになる条件は、下記の通り。「マイ・ [続きを読む]
  • 下落待ち
  • 2017年(平成29年)8月12日(土)現在、筆者の証券口座の現金残高は 103万円余り。保有している株の大部分は、株主優待や配当金目的で長期保有の方針ですので、気分的にはキャッシュポジション 9割というところです。このところ、北朝鮮情勢への懸念から相場の先行き不透明感が強く、無造作に株を買っても儲かる状況ではありません。とりあえず、筆者は株価の下落待ちです。筆者は現時点で、ヘリオス テクノホールディング(6927) [続きを読む]
  • アーバネット、ストップ安
  • 東京株式市場で 2017年8月10日(木)、アーバネットコーポレーション(3242)が前日終値(434円)から 80円安(ストップ安)の 354円で取引終了しました。この日のストップ安は、8月9日に行われた決算発表の影響によるもの。2018年(平成30)6月期の経常利益は前期比 42.1%減の 12.5億円に落ち込む見込みで、年間配当は前期比 8円減の 13円に減配の方針とのことです。8月10日の終値 354円を使用して算出した配当利回りは、約3.672 [続きを読む]
  • 久々のボロ株投資
  • 2017年8月9日(水)の 10時過ぎ、ユニチカ(3103) 2000株、指値 80円の買い注文を出し、久々にボロ株投資を試みました。ユニチカ株式会社は、1889年(明治22年)創業の繊維メーカーで、近年は繊維事業の他に、高分子事業と機能材事業も展開しています。ユニチカは何年も前から無配当で、当然、配当利回りは 0%です。2017年8月9日の終値 81円に対する連結PER(会社予想)は 9.53倍、連結PBR(実績)は 1.50倍。2018年(平成30年) [続きを読む]
  • 低位株投資の実践に向け
  • 2017年8月8日(火)の 21時半過ぎ、現時点の現金資産(約103万円)の運用について、筆者は今後の基本方針を低位株スイングトレードに決め、投資対象の調査・検討を始めました。低位株とは、株価が低い水準にある銘柄を指す言葉で、何円以下が低位株という明確な基準はありません。300円以下の株を指すことが多いですが、場合によっては 500円以下の株を指すこともあります。また、株価が 100円未満の銘柄をボロ株とか超低位株と呼 [続きを読む]
  • ポケットカード、比例配分 2017/8/7
  • 東京株式市場で 2017年8月7日(月)、ポケットカード(8519)の株は前営業日(8月4日)終値 874円より 150円高(ストップ高)の 1024円で取引終了しました。2営業日連続でのストップ高・比例配分でした。筆者は、ポケットカード 1000株・成り行きの買い注文を出していました。たぶん買えないだろうと思ってはいましたが、ダメ元で注文してみました。でも、7日の取引開始前の注文状況を見ただけで、買えないことは分かりました。そ [続きを読む]
  • 株知識再習得の必要性
  • 十年ほど前から今年(2017年)の春頃まで、基本的に株式投資を休んでいたこともあって、筆者は投資関係の本を読んでいませんでした。株式投資を再開後は、株主優待銘柄と高配当株を現物/NISA で買う方針を愚直に実践していたため、改めて株式投資関係の知識を補充しなくても、大きな失敗はありませんでした。ただ、今後、デイトレやスイングトレードを実践する場合、現在の筆者の知識レベルでは不安があり、株知識再習得の必要性 [続きを読む]
  • 保有資産評価額が 300万円台に
  • 2017年8月5日(土)の 14時過ぎ、手持ちの現金から 70万円を銀行口座に預け入れ、口座残高を 100万円にしました。同日の 21時半頃、筆者がメインで使用している証券口座に 100万円を銀行口座から入金。その結果、当該の証券口座で、現金残高は 103万円台、保有株式の評価額は 205万円台となり、保有資産評価額の合計が 300万円台になりました。なお、2017年8月5日現在、筆者が保有する株式の大部分は、株主優待または配当金目当て [続きを読む]
  • ポケットカード株は買いか?
  • 東京株式市場で 2017年8月4日(金)、ポケットカード(8519)の株は前日(8月3日)終値 724円より 150円高(ストップ高)の 874円で取引終了しました。前日に公開買付け(TOB)についての発表が行われ、買い付け価格が 1072円だったことから、4日にストップ高となったのは当然の動きです。ポケットカードの株について、週明けの 2017年8月7日(月)にストップ高で買っても儲けることができるか、考えてみました。日本の現行の制度 [続きを読む]
  • ポケットカード、株主優待廃止
  • ポケットカード株式会社(以下、ポケットカード)が 2017年(平成29)8月3日(木)、平成30年2月期の中間配当及び期末配当を行わないことや、平成30年2月期より株主優待制度を廃止することを発表しました。ただし、株主優待制度の廃止は、株式会社GIT(伊藤忠商事株式会社の完全子会社)と株式会社ファミリーマートの完全子会社によるポケットカードの普通株式に対する公開買付け(TOB)が成立することが条件。TOB成立後、ポケ [続きを読む]
  • NYダウ、2万2000ドル突破
  • 2017年8月2日(水)、ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均(NYダウ)が 7営業日続伸し、前日比 52ドル32セント高の 2万2016ドル24セントで取引終了しました。NYダウは、6営業日連続での過去最高値更新で、初めての 2万2000ドル突破。この日は、2017年4〜6月期決算の内容が市場予想以上に良かったアップル株が買われ、前日終値から 5%近く上昇。アップルの株価上昇が、NYダウを約49ドル上げる方向に作用しました。つまり、ア [続きを読む]
  • ミサワホーム、クオカード優待廃止
  • ミサワホーム株式会社が 2017年8月1日(月)、株主優待制度の一部廃止を発表しました。ミサワホームでは、毎年 9月30日及び 3月3日現在の株主名簿に記録された 1単元(100株)以上保有の株主を対象に株主優待品を贈呈しており、従来は「自社グループ各社で利用可能な優待券」とクオカードの 2つの優待品が贈呈されていました。今回の優待制度の一部廃止により、クオカード優待が 2017年(平成29年)3月末日権利分をもって廃止とな [続きを読む]
  • 配当利回り
  • 配当利回りとは、1株当たりの配当金額を株価で割って 100を掛けた値です。物価上昇率が配当利回りを大きく上回る状況では、銘柄を選ぶ基準として配当利回りを使う意味はほとんどありません。配当の権利確定日が近い場合に、保有期間利回りを意識することはあるかもしれませんが、株価の動きに比べれば小さな問題です。でも、低金利やゼロ金利が続く状況では、高配当銘柄に投資する戦略も成立します。筆者が高配当株を買う場合、配 [続きを読む]
  • アグレ都市デザイン株を購入 2017/7/31
  • 2017年7月31日(月)、筆者はアグレ都市デザイン(3467)の株を購入しました。9時40分頃、指値 1329円で 100株、現物/NISA の買い注文を出しました。前場の取引時間中、筆者は居間で PC を使用しており、その気ならば株価を確認できる状況。その後、アグレ都市デザインの注文状況を見ていて、買い板が薄く、指値 1319円に変えた方がよいかもしれないと思いましたが、筆者は何もせず。結局、今回の筆者の買い注文は 10時27分に約定 [続きを読む]
  • 銘柄探しの方法
  • 投資先として有望な株の銘柄探しの方法には様々なものがあります。結果的に勝てるのならば、新聞の株式欄などから勘で選ぶのも悪くありません。でも、勘で選んだ場合、成功したとしてもノウハウの蓄積ができませんし、失敗した場合、次の機会に失敗の経験を生かすことができません。勘で勝ち続けることが出来るならば別ですが、投資の経験を無駄にしないためには、何らかの基準に従って銘柄を選ぶことが大切です。近頃の筆者は、基 [続きを読む]
  • 車の買い替えを延期
  • 筆者は来年(2018年)前半に車の買い替えを予定していましたが、数日前に気が変わり、車の買い替えの時期を延期しました。今後、毎月数万円を車の買い替え資金として貯めていく方針です。2017年7月30日(日)の午前中、筆者は 30万円を本業の口座から引き出し、同額を別の銀行口座に預け入れました。今回の 30万円は、今週中に銀行口座から証券口座に移す予定です。本稿執筆時点で、筆者の証券口座と銀行口座の現金残高の合計は 46 [続きを読む]
  • WAON POINT
  • WAON POINTは、WAON POINT加盟店でのサービス利用での料金支払いの際、WAON POINTカードを提示して下記の方法で支払った場合に貯まるポイントで、利用金額 200円につき 1 WAON POINT たまります。現金、商品券、ギフトカードイオンカードに付帯されている電子マネー「WAON」他社電子マネーイオンカード以外のクレジットカードちなみに、smartWAON のサイトで WAONカードを登録すると、WAONカードを WAON POINTカードとして利用でき [続きを読む]
  • 様子見気分 2017/7/28
  • 2017年7月27日(木)の NY市場でダウ(工業株30種平均)が 2営業日連続で史上最高値を更新しましたが、7月28日(金)の東京株式市場は小安く始まりました。筆者は様子見気分で、たまに株価をチェックするのみ。11時過ぎに、この日から東証2部上場のアグレ都市デザイン(3467)に、現物/NISA で 100株 指値1336円の買い注文を出しました。注文を出した時点での株価は 1360円近辺で、1336円はこの日の最安値。約定する可能性は低い [続きを読む]
  • イオンの株主優待の価値
  • 本稿執筆の前日(2017年7月28日)に執筆公開した記事の中で、筆者はイオンの株主優待の価値を 4000円と仮定しました。イオンの株主優待は、イオンオーナーズカード(株主優待カード)を提示しての買い物に対するキャッシュバックと、イオンラウンジ利用権の 2種類。後者の金銭的価値を評価することは難しく、筆者の感覚ではゼロに近いので、後者の価値は考えずに評価しました。筆者の家庭の場合、年に 2万円〜3万円程度の株主優待 [続きを読む]