月明かり さん プロフィール

  •  
月明かりさん: Minded    thoughts
ハンドル名月明かり さん
ブログタイトルMinded thoughts
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/engel_1059
サイト紹介文類つくのみです。花沢家が好きなので他のCPをするとしたら類パパとつくし?ありかも?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 20日(平均12.6回/週) - 参加 2017/08/04 20:44

月明かり さんのブログ記事

  • 和解54
  • 君枝が出迎えてくれた君「お帰りなさいませ、類様。いらっしゃいませ、つくし様(^_^)」類「・・・」つ「こんばんは、遅くにお邪魔してしまい、すみません。沖縄でもお世話になりました。」君「いいえ、とんでもございません。こちらこそ、類様の笑顔を久しぶりに拝見しまして、大変有り難いと思っております。」類「///もういいよ!父さんは?」君「書斎においでですよ。お二人のお帰りを今か今かと待ちわびていらっしゃいます。」 [続きを読む]
  • 和解53
  • 類はつくしをそっと抱きしめたつ「/////( ; ゜Д゜)」類「ごめん・・・そしてありがとう」つ「えっ?///」類「長い間苦しめてきて・・・悲しませて・・ごめん・・・そんな俺を憎まずにいてくれて有難う」類はさらに強く抱きしめたつ「うっ、うっ、うあぁー」つくしは今までの想いを吐き出すかのように泣き叫んだ。類はそんなつくしを愛しむかのように、しっかりと抱きしめた。暫くするとつくしは我に返り、急に恥ずかしくなった。 [続きを読む]
  • 和解52
  • 昼食後、各自フリータイム♪類がつくしの傍へ行った。類「牧野さん・・・」つ「なに?」類「さっきの話なんだけど・・・」つ「それは花沢邸で話すと・・・」類「そうじゃなくて・・・さっきからずっと気になってた」つ「ん?」類「牧野さんが話したくないって言ってたこと・・・」つ「ああ、そのこと」類「別にそれは・・・仮に皆に聞かれても大丈夫なんでしょ?」つ「(苦笑)うーん、あまり聞かれたくないというか恥ずかしい///幼 [続きを読む]
  • 和解51
  • 既に司達はテーブルについていた。総「あれあれ〜、二人は部屋でイチャついてたんじゃなかったのかよ♪」司「イ・イチャ///バ・バカヤロー!そ・そんなことあるわきゃねーだろー!」あ「司、何どもってんだよ!ハハハ!」二人、腹抱えて大笑い!!司「わ・笑うんじゃねー///!!」滋「クスクス、司さっきと全然違うねーホント、は・ず・か・し・が・り・や・さん?」顔から首まで真っ赤に染まる司桜「・・・写メ撮ろうかしら!?」 [続きを読む]
  • ごめんなさい(>_<)
  • こんばんわ、すみません、今気づきました。和解48・・・何故か2つUPされ、先に投稿したものは文章が途中でした。投稿した記憶がなく、ヘンな処を押してUPしてしまったようです。読者の方々、ご迷惑をおかけ致しましたm(__)m [続きを読む]
  • 和解50
  • 先ほどの雰囲気とは打って変わって暗雲が立ち込めてきた総「怖い顔するなよ、つくしちゃんが話しにくくなるだろ?そんな顔するといい男が台無したぜ!?」深刻な話になることを予想して、総二郎はわざとおどけてみせたつ「その話は申し訳ないけど花・・ううん類君にしか話せないことだから。これはごくプライベートな事だから、いくら家族以上の付き合いあるあなた達でもこれ以上話せないの、ごめんなさい。類君、その話の続きは明 [続きを読む]
  • 和解49
  • プー ハハハハハ!! ゲラゲラ♪ 総「は・は・腹いてー あーハハハ」優「道明寺さんも流石に恥ずかしくて、滋さん連れて行っちゃって・・フフ」あ「ハハハ!まさか今日告ることになるとは思わなかったぜ(^_^)」つ「・・・いつの間に二人はそんな事になってたの?知りあったのって確か4日前よね!?」類「沖縄にいる時からそれっぽかったけど、急接近したのはやっぱり昨日の夜だね」つ「そうなんだー、観たかったかも・・残念! [続きを読む]
  • 和解48
  • 皆、唖然呆然・・・美男美女が呆けた顔を観るのも面白いかも クスッつ「そろそろ、その呆けた顔晒すのヤメナイ?あたしは笑えるけど・・・クスクス」類「流石にこれは驚いたね。まさか『あの父さん』の第一秘書だなんて・・・随分永く片腕として働いてて、絶大な信頼があると言ってた。」つ「そーだね、何年になるのかなー!?20年近いんじゃないかな?二人ともとても仲いいよ。なんたって幼馴染だからね!」類「えっ!?幼馴染 [続きを読む]
  • 和解48
  • 皆、唖然呆然・・・美男美女が呆けた顔を観るのも面白いかも クスッつ「そろそろ、その呆けた顔晒すのヤメナイ?あたしは笑えるけど・・・クスクス」類「流石にこれは驚いたね。まさか『あの父さん』の第一秘書だなんて・・・随分永く片腕として働いてて、絶大な信頼があると言ってた。」つ「そーだね、何年になるのかなー!?20年近いんじゃないかな?二人ともとても仲いいよ。なんたって幼馴染だからね!」類「えっ!?幼馴染 [続きを読む]
  • 旅行&出来ました!
  • いつも拝見してくれてる皆さま、暑中お見舞い申し上げます先週末家族旅行で群馬の『富岡製糸場』『フラワーパーク』に行ってきました。お盆のせいか、人人人・・・雨が降ったりやんだりの繰り返しの天気なのに・・流石世界遺産です!これが晴れてたらと思うとゾッとします流石にフラワーパークは室内ではないのであまり人がいませんでした。天気のせいばかりではなく、お花は見事に散ってしまい、残骸のようになってました。勿論、 [続きを読む]
  • 和解47
  • バアーン!!!ビックリ顔のつくしと類司「お前ら、いつまでもイチャコラしてねーでサッサと入りやがれ💢💢💢」つ「イチャコラなんてしてない!ヘンな事言わないでよ!」あ「おはよう(^_^)昨日は残念だったよ」総「おはよう(^_-)今日はゆっくり出来るんだろ!?」つ「おはようございます。遅くなってすみません。昨日は誘って下さったのにすみません。今日はゆっくり出来ますよ(^_^)」司「💢さっきと [続きを読む]
  • 和解46
  • 夕食が終わり、遼は帰り支度を始めた。遼「晴さん・千恵子さん・つくしちゃん、リナや類の事でこれから迷惑かけるかも知れないが、宜しくお願いします。」千つ「はい」晴「遼君は今まで通り二人と接して。どうしてもという時フォローしてくれればいい」遼「有難う(^_^)つくしちゃん、例の件は今年中で構わないよ。つくしちゃんの判断に任せる」つ「わかりました」次の日の朝つ「行ってきます」少し余裕をもって家を出たのでゆっく [続きを読む]
  • 和解45
  • つくしは再び客間に戻った。晴「つくし、顔赤いぞ!?誰だったんだ?」つ「///あ赤くなんてなってないわよ!!」遼「何だか益々赤くなってるよ、クスッ」つ「///おおおじ様まで!!」遼「で、誰だったの?まさか類とか!?」遼は冗談半分につくしをからかった。つ「///どどどうして判ったの?」遼「///えっ!?ホントに類だったの?」つ「///うん・・・」遼「類が自分から女の子に連絡するなんて・・・静ちゃんの時でさえ、自分からな [続きを読む]
  • 和解44
  • 和んでいた雰囲気が一気に急降下・・・遼は雰囲気を和らげるためか、突然爆弾を投下した遼「つくしちゃん、結婚や育児後どうしても仕事したければいい案があるよ。類と結婚すればいい(^_^)」つ「はぁ?ななな何いい言ってるんですかぁ!!あたしみたいのが類君と何て出来るわけないじゃないですか!!」遼「何で?私もリナもつくしちゃんなら大歓迎だよ。しっかりしてるし、頭も気遣いも申し分ない。これからキャリアアップして類 [続きを読む]
  • 和解43
  • つくしは先輩の体験談を話し始めた。つ「あたしのバイト先の先輩で愚痴を溢してたことですが・・・結婚後も仕事していて、妊娠発覚後これからの事を話し合ったそうです。仕事を辞め、子育て中心の生活に切り替わるが、小学校入学したら少しずつ仕事復帰するつもりでいた彼女とは対照的に小学校卒業するまでと絶対に譲らない旦那さん・・・彼女は外で働くのが大好きだった。接客態度も笑顔もバツグンでそれを目当てに来るお客様もい [続きを読む]
  • 和解42
  • 遼は不思議に思い、つくしに聞いた。遼「それにしてもつくしちゃんが重役秘書になりたいとはビックリだね」つ「そうですか?あたしは秘書をしてる父をずっと見てきました。大変なお仕事だなと幼いながらも思っていたのを覚えてますよ。子供の頃は一緒にお風呂に入れなかったり、夏休みだから一緒に遊べると思ったのに殆ど仕事で家にいなかったり・・寂しくて悲しくて・・・でもそんな時母が言ってました。『パパはうちだけでなく、 [続きを読む]
  • 和解41
  • 背筋を伸ばして遼の眼を見て話し始めた。遼「何かな?答えられるものは出来るだけ細かく説明するよ」つ「有難うございます。では一つ目・・・本社の重役秘書は入社何年目からなれるのですか?またそれの条件は何ですか?」遼「重役秘書は入社3年以上そして秘書検定1級所持者だよ」つ「そうですか・・・その秘書はやはり男性のみですか?現在女性はいませんよね!?」晴「男性のみではないよ。本当は女性にも居て貰いたいが、ここの [続きを読む]
  • 今日から水曜日迄
  • こんばんは、いつも読んでくださる皆さま、そして偶然開いて見た方、拙いながらも何とかお話を書いております。突然ですが時間が空き、何とか水曜日迄なら2話UP出来そうなので挑戦的したいと思います。時間は指定できませんが、頑張って2話書けるようにします。出来なかったらスミマセンm(__)mこれからUPする41〜43の内容が独断と偏見で書かれております。内容が気に食わなくてもスルーして下さると助かります。無理だと思われ [続きを読む]
  • 和解40
  • 今日からまた再開です。宜しくお願いします(^-^)部屋の中がシンとした。・・・仕事の話をしようと思って来たのに、何だかヘンな話になってる・・・でもホントの事だから仕方ないよね(*ノ▽ノ)つ「どうしたの?」晴「ほ・ホントなのか?」つ「なにが?」晴「りり理想の男性・・・」つ「うん!ホントだよ!昨日の話聞いて益々思ったよ(⌒‐⌒)」遼「/////」晴「昨日の話しって・・・あの深刻な話の中でどこにそんなふうに思う処があ [続きを読む]
  • 和解39
  • ゆっくり朝寝坊でもしようかと思ってたつくしは8時に強制的に起こされた。眠い目を擦りながらゆっくりと起き上がった。顔を洗い、洋服に着替えるとキッチンに向かった。既に千恵子は朝御飯の下ごしらえをしていた。つくしは千恵子の手元を見て何を作ってるか判ると冷蔵庫から胡瓜・人参・ゆで卵を取りだし、コーンとツナ缶を棚から出した。千恵子はそれを確認すると違う作業を始めた。暫くすると晴夫が起きてきた。晴「おはよー」 [続きを読む]
  • 和解38
  • 気づけば夜中の2時すっかり話し込んでしまった。でも色んな事実を知って頭が冴えてしまった。千「すっかり遅くなってしまったわね」遼「千恵子さん、すまないねm(__)m」千「イヤだわ、遼さん、気にしないで!?とても大切なお話を聞かせて頂いて有難う。実際私も殆ど知らなかったの。晴夫さんは肝心な事は話してくれなかったから・・・でもお話を聞いてたらやっぱり・・・それでも聞き出しておけば良かったと少し後悔してます。・ [続きを読む]
  • 和解37
  • 遼「主治医は君枝から連絡を受けて、どのような経緯でこのような状態になったかを詳細に聞き出してから、直ぐに類の心療内科の担当医に連絡をした。担当医に『類にとってどのような存在で、いつ頃までよく遊んでいたかを聞いて欲しい』と言われたそうだ。私達はつくしちゃんの事を主治医に説明した後、主治医は担当医に連絡を取り、その内容を詳細に話してくれた。『類君の中で母親と同等の位置にいた可能性が高い。つまり非常に信 [続きを読む]
  • 和解36
  • あまりの衝撃に言葉も出ない・・・不倫だと噂された真実はあまりにも悲しく、辛い現実だった。あたしがその立場ならどうする? ・・・想像もつかない・・それでも決断をしなければならないことがあった時人は・・・最善だと思い、実行しても必ずしも良い結果が出るとは限らない。つくしが声も出せない程ショックを受けてるのを見て晴「つくし、リナさんの選択が悪かったわけてはない。タイミングが悪すぎたんだよ。でも究極の選択 [続きを読む]
  • 和解35
  • 遼は当時の類を思い出しながら語り続けた。遼「3人とは遊ぶが会話は殆どなかった。話しかけても『うん』とか『要らない』等の短い単語しか発しなかった。それでもその3人以外は全く受け付けず、人と接触するのを極端に嫌がった。無理に接触させようとすると発狂したり気絶したりする。担当医は無理しないように類のペースで事を運んでくれと言われた。私は焦っていたんだ。もうすぐ新年度の幼稚舎が始まるから、それに間に合わせ [続きを読む]
  • 和解34
  • 暫く、沈黙の後・・・遼「すまん、何と言っていいか判らない・・・正直今すぐ返事が出来る内容ではないことだけは確かだ・・・」遼「一つ聞いていいか?君は・・・その・・・」リ「?」遼「・・・さっき君は償いだと言ったがホントは・・・俺との結婚を後悔してるんじゃないのか?そして今でも彼を愛してるんじゃないのか?」リ「!!後悔だなんて、そんなこと一度も思ったことないわ!貴方と出会い・結婚し、類が生まれた。そんな [続きを読む]