ぐうぐる さん プロフィール

  •  
ぐうぐるさん: 創価学会のマインドコントロール
ハンドル名ぐうぐる さん
ブログタイトル創価学会のマインドコントロール
ブログURLhttps://ameblo.jp/4731kubo/
サイト紹介文創価学会三世の女性と2年ほどお付き合いしました。そこで知り得た事を書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 13日(平均5.4回/週) - 参加 2017/08/05 12:40

ぐうぐる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • すべてはみこころのままに
  • 彼女に紹介された婦人部長は言っていた。この仏法には知識を知恵に変えていく力がある具体的な事は教えてくれなかった。ただ、ひたすら、御本尊様に向かって題目を唱える。そうすると、知識が知恵に変わるそうだ。例えば悩み事があるとする。まず、信頼できる何人かの人に相談する。次に、自分が他人にその悩みについてアドバイスするとしたらどのように言うか?を考える。あなたが他人に対してしたアドバイス、それがあなたにと [続きを読む]
  • 感情がすべての人達に降り注ぎますように
  • 夏の暑い日に旅行に行った。近くのテーマパークだった。楽しかった。たくさん写真を撮った。彼女は来年、結婚したいねと言った。私の運命が動いていた。私は天に身を任せていた。うん、そうしよう。二人で将来、小さなお店を持ちたいね。彼女は新聞の切り抜きを取りだし私に見せてくれた。わたしの功徳体験談。老夫婦が二人仲良く小さなお店を営んでいる話だった。辛い時もあった、人生のドン底も経験した。しかし、いつも私達に [続きを読む]
  • 平行線の2本だが手を振るくらいは
  • 彼女の母親は7年前に自殺している。一度、母親の写真を見せて貰った事がある。彼女がまだ幼い頃の母親の写真だった。顔だけアップされた写真は何かを見つめて笑っていた。何を見つめているかはわからなかった。恐らく赤ん坊を胸に抱えて微笑んでいるように私には見えた。彼女は母親が楽しそうにしている姿をあまり見た事がないと言っていた。なのでその写真を私に見せてくれた時に、お母さんにもこんな笑顔をする時があったという [続きを読む]
  • あの部屋のドアに続く永く果てない道
  • 創価学会3世の彼女と交際し始めて3ケ月たった頃、彼女に父親に会って欲しいと言われた。彼女から聞いていた父親の印象は固い、でした。その後、実際に会って私が感じた印象も固い、でした。思考が固いだけでなく体も硬そうだった。一緒にいると常に緊張を強いられるタイプの人だった。狭い個室で私と彼女と父親の三人で会食した。彼女は固まっていた。私も固まっていた。味は覚えていない。多分美味しいですね、と私は言ったと思 [続きを読む]
  • すべてはあのなすがままに
  • 彼女と交際を始めて半年ぐらいたった頃、彼女と2回目の旅行に行った。旅行と言っても近場の温泉旅館に一泊するだけなのだが、とても楽しかった。彼女の過去を聞いてみるとほとんど楽しかったという記憶がない。友達と一緒に遊んだという記憶。旅行に行ったという記憶。趣味に嵌まって何かに夢中になったという記憶。私が当たり前だと思っている人生の断片が彼女には無かった。楽しむ事が罪だと思っているのかとすら思ったのだが、 [続きを読む]
  • 悪者がもつ孤独がみんなわかるかい?
  • 彼女との最初の衝突ではズルズルと彼女の深い心の闇に引きこまれ私はなすすべもなく彼女の心の中に巣くう地獄を見たのですが、私はその絶望的な状況から逃げる為に出来た唯一の事は池田先生はガマガエルみたいで気持ちが悪いと彼女に言った事です。池田先生だけでなく、彼女から紹介された創価学会員の方全員気持ち悪かった。一度ゾーンの婦人部長とかいう人に会って欲しいと言われ会った事がある。全く話しが噛み合わなかった。 [続きを読む]
  • 愛が全ての人達に分けられてますように
  • 彼女は女子部副部長でした。20歳で鬱になり10年ほど闘病生活。3つ上の姉は高校卒業後、引きこもりを始め20年。母親は7年前に自殺。彼女から聞く創価学会員の友達はみな精神疾患を抱えていました。精神疾患を抱えて辛いから創価学会に入ったのではないのです。子供の頃から創価学会をやった結果、精神疾患になったのです。そして、一番重要なのは回りを見渡せば不幸な人ばかりなのに創価学会の信仰に対して不信感を抱かない事でし [続きを読む]
  • 急にねあなたは言う、なんかに飼われていたみたい
  • 彼女との最初の衝突は交際2ケ月たった選挙期間中の出来事でした。女子部の部長にアホな事を言われて彼女は泣いていたので何を言われたのか聞いてみるともうホントにその泣いてる理由がさっぱり分からない、なので私は選挙活動など仏教とは何も関係ないのだから適当にやって適当に報告すればいいのではないかと彼女にアドバイスをしたのですが、私としてはあくまでも彼女の気が楽になればとの思いだったのですが軽く言ったつもりが [続きを読む]
  • 暗いだなんて言うなって、全てよ、運命の思うままに。
  • 彼女とは仕事関係で知り合いました。容姿、雰囲気が昔大好きだった女性にとてもよく似ており、私は運命を感じてしまったのです。彼女も運命を感じたのかどうか知りませんが、彼女は私に自分が創価学会員であるという事を最初に打ち明けてくれました。そして、彼女との交際が始まりました。。私は毎日、瞑想を最低30分ぐらいやっています。瞑想の効果として、心を落ち着かせる不安が和らぐ集中力を高めるストレスが軽減するなどと [続きを読む]
  • 全てが人並みに上手くいきますように
  • 私は創価学会3世の女性と2年ほどお付き合いしました。現在、彼女とお別れして1年たちますが、なかなか気持ちの整理がつかないようです。彼女を救ってやれなかったという思いと、人としてとても理解できなかった言動に憎しみを感じてしまう自分がいます。感情のコントロールはとても難しい。私はこの苦しみから逃れる為に瞑想を習慣としていきました。そして、3ケ月後、私はとんでもない事に気がついたのです。つづく。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …