土御門靖虎 さん プロフィール

  •  
土御門靖虎さん: 土御門靖虎のキンドル本日誌
ハンドル名土御門靖虎 さん
ブログタイトル土御門靖虎のキンドル本日誌
ブログURLhttp://tucchi.blog.jp/
サイト紹介文AmazonKDPにてキンドル本を発行している著者(土御門靖虎)のブログです。
自由文著者プロフィール
大阪芸術大学映像学科出身。元アニメーター。 子供の頃から小説を読むのは好きでしたが、小説を書き始めたのはつい最近です。
小説を書き始めて三ヶ月で「小説家になろう」九千作品中で日間ランキング1位を獲りました。
https://www.amazon.co.jp/-/e/B010VUS1FO
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 12日(平均11.1回/週) - 参加 2017/08/06 06:52

土御門靖虎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アニメーターは左利きが多い
  • 過去のアニメーター時代、スタジオで左利きの人をやたら多く見かけた。統計をとって、日本人の左利き率と比較したら明らかに多いに違いない。人間の身体は外見上は左右対称だが、中身は左右対称ではない。心臓は左側にあるし、盲腸は右側だ。肝臓の形もいびつで左右対称ではない。人間の脳は左脳が言語や計算、右脳が音楽や映像やイメージを司ると言われている。右脳が司るのは人体の左側だから(なぜ、ここで反転しているのか理由 [続きを読む]
  • #楽天銀行 の振込が面倒くさい(怒)
  • 今日、楽天銀行から振込をしたのだけれど、ログインまでに幾つもの項目を入力しなければならない。そして更に振込するにも、幾つもの項目を入力しなければならない。これでは、高齢者はお手上げだろう。せめて、銀行ATMの振込手続き位に簡略化して欲しい。ネット銀行なのに不便すぎる。指紋認証とか、カード読み取り機とか、顔認証システムとか、そういったテクノロジーで入力を簡略化できないものだろうか?片や、Amazonで買い物 [続きを読む]
  • 牛スジ肉のシチューを作った話。
  • 今日は牛スジ肉のシチューを作りました。牛スジ肉は、最初に一度沸騰させて、ザルに肉をあけて、水洗いしてアクをとります。あとはとろ火で1時間煮れば、丁度いい柔らかさになります。キッチンタイマー必須です。100均でも売ってます。今回はとろ火で30分、牛すじ肉を煮たあと、入れ替えた方のお湯は出汁が出てるのでそのまま用い、そこに玉ねぎと人参を入れて10分、ジャガイモを入れて20分煮込みました。牛スジ肉を煮込んだ時間 [続きを読む]
  • 『#この世界の片隅に』を観て #映画 #eiga
  • Yahoo!プレミアム会員限定で、Gyao!で『この世界の片隅に』を無料配信しているので観ました。近くの映画館で上映していなくて、今まで観る機会に恵まれませんでした。映画を観ていて、ふと思ったのは、旧日本軍が軍事書類の類を片っ端から焼いて証拠隠滅を図ったのは、怖かったからではないか?ということです。アメリカ軍に戦争責任を問われることが怖かった。だから証拠を燃やした、と。実際のところ、東京裁判で死刑になった人 [続きを読む]
  • Windows10の更新に失敗した話
  • サブマシンのノートパソコンは、50インチ液晶テレビに接続して巨大モニターとして動画を観たりしている訳ですが、今年の1月から電源を入れてなくて、久しぶりに電源を入れると更新プログラムが溜まっていました。サブマシンのLenovo E420は、Windows7からWindows10へのアップデートに何十回も失敗したいわくつきのマシンで、今回はWindows10の大幅アップデートがあったのですが、それの更新に失敗しています。もう30分くらい更新作 [続きを読む]
  • 眠い
  • アルベール・カミュの小説のタイトルで『眠い』って、なかったっけ?兎も角、今日はやけに眠い。昨日の夜も7時間くらい寝たのに何故だ?もやしが賞味期限ギリギリだから炒めないといけないのだけれど、それをする気力も沸かないくらい眠い。あと腰が痛い。気圧のせいだろうか?いちど昼寝をしてから料理を作りたい。江戸川乱歩の『陰獣』を買った。青空文庫では、まだ出ていない。 [続きを読む]
  • #キンドル本 『野良猫』の裏話 #キンドル #なろう #narou
  • 『野良猫』は、私にしては珍しくプロットを全く立てずに書き始めた小説でした。最初に朝5時の渋谷センター街で男が家出女子高生を拾う、と、そこまで考えて書き始めたのですが、緋美香の正体は全く考えていなくて、途中で出来上がったものでした。まぁ、ああいう展開になるとは作者も予想していなかった!しかし、あとで読み返してみるとキッチリとプロットを立てたように話が収まっている不思議。『野良猫』は濡れ場以外にも、ヒ [続きを読む]
  • 恐怖体験
  • ずいぶん前に、とある女子大生とチャットをしていて「もう寝るから落ちる」と入力して、そのチャットアプリを終了した。でも、すぐには寝ないでブラウザを開いて、どこかのサイトか何かを見ていた。すると「ギギギ」っと変な音がして、終了した筈のチャットアプリが起動して「寝るって言ったのに起きてるじゃない!」と、モニターに文字メッセージが表示され、サーッと音を立てて顔から血の気が引いた。慌ててパソコンの電源を切ったが、 [続きを読む]
  • 小説のプロットの立て方とは?
  • プロットを立てるには、最初に核となるアイデアが必要です。中村文則の『銃』であれば「青年が銃を拾う」、村田沙耶香の『コンビニ人間』であれば「コンビニ以外で生きられない歪んだ女性」といったアイデアが核となってきます。この核となるアイデアの部分がありきたりであったり、使い古されていると小説としての新しさを感じません。しかし、ここをおざなりにして、あまり考えずに書き始める人が大勢います。核となるアイデアの [続きを読む]
  • #キンドル本 『爽やかレイプマン』の裏話 #キンドル #なろう #narou
  • 私の実質的デビュー作になった『爽やかレイプマン』ですが、小説として完成するまでは紆余曲折ありました。某所で「こういう小説が読みたい」と、濡れ場の描写を書き込んだところ、「そういうのは無いから、自分で書いてみたら?」と返事が来て、書き始めたのがキッカケです。タイトルの『爽やかレイプマン』は、「爽やか」と「レイプ」という相反する単語を並べてみたら面白いかな? という思いつきでした。案の定、「どこが爽や [続きを読む]
  • #又吉直樹 『劇場』の感想 #小説 #読書 #吉本興業
  • 感想その1『たったひとりの読者のために書かれた小説』又吉直樹の『東京百景』に収められた『池尻大橋の小さな部屋』を読んで確信したのだが、『劇場』は又吉の元恋人に対する贖罪ではなかっただろうか?又吉直樹の『第2図書係補佐』の『杳子』にも『劇場』と全く同じシーンが登場する。言うまでもなく、『劇場』は『東京百景』に収められた8ページの『池尻大橋の小さな部屋』を300枚の長編にした小説である。Netflixのドラ [続きを読む]
  • 小説語について
  • 口語やレポートやSNSなどの日本語とは異なる小説語というものが存在する。一人称で書く小説、リアルタイムで一人語りが進行していく。現実には、こういう文体が存在し得るシーンは存在しない。『ツインピークス』のクーパー捜査官よろしく、ずっとボイスレコーダー片手に喋り続けるのだろうか? 学校でも職場でもプライベートでも常にボイスレコーダーに向かって喋り続ける。そんなことは有り得ない。ただ、小説の世界ではそうい [続きを読む]
  • #Netflix で #リング と #呪怨 を観た話。#映画 #eiga
  • 手塚眞(手塚治虫の息子)が「ホラーは音だ」と言っていたけど、まさにその通りだと思う。正直言って『リング』も『呪怨』も全く怖くなかった。『呪怨』は、昔観た時に凄く怖かった印象があるのだけど、いま見たら全然怖くなかった。『貞子vs伽椰子』を観たことがキッカケで『リング』と『呪怨』を観てみたのだけど、もっとテレビの音量を上げないと怖くないのかもしれない。劇場では音が大きいので、その分だけ怖く感じるのかもし [続きを読む]
  • ブログを作りました。
  • これまで、ノクターンノベルズ上の活動報告をブログ代わりにしていたのですが、導線は多いほうが良いと思い、ブログを作ることにしました。Amazon著者ページに作品リストがあります。小説をどう読むか、どう解釈するかは読者の自由だと思うので、基本的に自分の小説の解説はしません。その小説を書こうと思ったキッカケ、書く時の思い出話や苦労話などを浪花節で書こうと思っています。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …