嫁じょ さん プロフィール

  •  
嫁じょさん: 宮崎に移住したイチゴ農家のヨメ日記
ハンドル名嫁じょ さん
ブログタイトル宮崎に移住したイチゴ農家のヨメ日記
ブログURLhttp://www.noukayome.com/
サイト紹介文東京から宮崎に移住した、いちご農家の嫁による4コマ日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 14日(平均15.0回/週) - 参加 2017/08/06 08:02

嫁じょ さんのブログ記事

  • 【Vol.24】嫁じょ、受験生になる
  • サイボーグだった嫁じょでしたが3年間まったく勉強をしなかったおかげでツルッツルな脳みそになっていました。www.noukayome.comそんなこんなで、死ぬほど勉強して高校卒業認定試験(旧大検)とって翌年、第一志望の大学に入学できました。周りより2年ブランクがあったのですが童顔のおかげ(?)ですぐになじめ友達もたくさんできました。いえーい嫁じょ、大学生になるまでのお話は完結です。パチパチそれでは、次回は [続きを読む]
  • 【Vol.23】嫁じょ、チョークアートに出会う
  • 教室では人生の師匠となる先生のもとで学ばせてもらい一年後に無事、プロ資格を取得。結果的に、今はこれが仕事になっているのでまわり道のどんな経験も無駄じゃないってことで。できないのに「できる」と言って周りを振りまわす人っていますよね。(はい、私のことです。)でも、看板の依頼って毎回条件が違うので「やったことありません」が通用せず、毎回毎回、依頼をもらった後に新しく勉強することがほとんど。 [続きを読む]
  • 【Vol.22】嫁じょ、パン職人になる
  • この頃、たしか18歳。SNSを見ると同級生たちが青春しているのをうらやましく思い大学受験を目指すことを決意。「単純に恋愛したいだけかい!」っていう。いや、マジメに家とパン屋の往復だけの毎日は多感な10代の送る生活ではない、と職人を挫折。ってことでいつか宮崎でパン屋やろうと思います。なんつって〜でもイチゴ酵母とか面白いと思うんですよね〜菌は楽しい、妄想妄想。すみません、私の話が続いて。あ [続きを読む]
  • 【Vol.21】廃人ブロガー
  • 2年くらい家から出ない生活をしていました(笑)この頃、ブログの広告収入をやっていたらいくら儲かったんだろ〜って悔やみます。ははは(ブログはすでに消えてますので探してもありません)こういう時代も人生に必要でしょ〜ってことで次回はパン職人編です。(嫁じょ、やっと社会にでるぞ) [続きを読む]
  • 【Vol.20】嫁じょ、JKの座を失う
  • ブラックネタですが、今ある結果がすべて。誰にでも過去があるってことで笑ってくださいね!ここからは、長いのであしからず。当時は「本当の私を愛してほしい」そのくせ、「自分の気持ちなんて誰もわかってくれない」と、独りよがりでした。病気を100%理解してくれる人なんて当事者以外にはいないかもしれない。だけど、いつでもどんなときでも「あなたのチカラに少しでもなりたい」と思ってくれている人は必 [続きを読む]
  • 【Vol.19】嫁じょ、サイボーグ時代
  • さかのぼること10年以上前…かつての嫁じょは、完璧主義者。白か黒か、グレーはなし。0か100か、50はキライ。クラスにひとりはいるクソ真面目キャラでした。おかげでイケメンからはモテずじまい、トホホ。今はだいぶゆるくなりましたがそのキッカケとなる出来事はまた次回。さて、おかげさまで10日足らずで1万PVいきました!ありがとうございます。来月くらいから移住後の4コマが始まります。それまでは私たちの [続きを読む]
  • 【Vol.18】嫁じょ、父に報告する
  • 2016年秋今回の結婚の件で一番被害を受けたのが自由な家族に振り回されたあげくひとり東京に残された姉でした。子は親に似るって本当のことみたいで父が自由な人でよかったよかった。(っていうよりも自分勝手に我が道を行く父はダンナと似ている)よく宮崎に移住してから「よく親が結婚認めたね〜」と心配されるのですがこんな感じなのでご安心くださいませ(笑) [続きを読む]
  • 【Vol.16】ダンナ、いちごになる
  • ダンナの口癖、「いちごになりたい」が実現に至った話。ダンナがいちごになったのは婚約してから2週間後のこと。「親への挨拶はどうするんじゃー」って話ですよ。嫁じょは苦肉の策で「イチゴのシーズン以外はパフォーマーなんです」と両親に伝えました。(顔合わせの時は坊主になってました) [続きを読む]
  • 【Vol.15】似ている。_旅03
  • インド編最終話素直で単純でまっすぐなところでしょうか。インドでは2人の男性に求婚され婚約してなかったら真に受けていたかも。(嫁じょだまされやすい)人生、来たバスに乗るのもかっこいい、ってことにしておきます。 [続きを読む]
  • 【Vol.14】インド人に勝つ_旅02
  • インド編第二話。インドなら美男美女カップルになれたかも。って言う冗談は置いておいて。写メのくだりはこの記事でも。www.noukayome.comインド人はとにかく積極的な印象でした。「もっと今を生きなさい」「明日のことは考えるな」と、ありがたいお説教をもらいました。身分によって生活水準の差が大きいインド。それを悲観的にではなく、あっけらかんと今ある環境を楽しもうとする雰囲気があふれています。 [続きを読む]
  • 【Vol.12】ダンナ、polcaに頼らせる。
  • 昨晩のこと。結論から言うと、憧れの家入さんにまでダンナが突っ込まれるという始末。ダンナ買ってやれ https://t.co/CjOvuzWPec― 家入 一真 @polca出来たよー! (@hbkr) 2017年8月11日さて、なんの話かというと…※ペンタブ=パソコンでお絵描きできるペンそのとき夜もふけ23:30。ダンナ:「みんな寝ちゃうぞ!30分以内に公開しろ〜!」と、謎の圧をかけてきた。嫁じょは基本的に売られたタスクは買うので眠い [続きを読む]
  • 【Vol.11】退職願いの裏側
  • 2016年12月、嫁じょ@オフィス。。。。。。はい。言葉が出なかったみなさん、ごめんなさい!たまたまそのブログの記事はダンナの言葉を代弁してしょうきちさんが書いてくれたものでした。だから、語ってる内容は嘘ではないんですけど…ね。部長は親のように一番応援してくださり期待を裏ぎらないためにも頑張らねばです。ダンナを応援してくれると嬉しいです。 [続きを読む]
  • 【Vol.10】結婚相手はネギ畑で
  • なれそめ(※)よりさかのぼること2年前の2013年2月。2人は埼玉県深谷市にいました。※問題のなれそめ事件はこちらwww.noukayome.com埼玉県深谷市と言えば「深谷ネギ」。当時、ダンナが主催をしていた農業イベント、「深谷ネギ掘り体験」が私たちの初対面でした。(お互いそれぞれ学生団体の代表だったのですぐ親しくなった)もちろん第一印象は「チャラっ」と思いましたがやたら団体説明などのプレゼンがうまくて周りか [続きを読む]
  • 【Vol.9】ミヤザキラッシュ
  • 2017年1月3日。嫁じょの友人「みね」と「ちゃら」とランチ会にて。峰あらため「宮崎」さん、ご結婚おめでとう。(お相手の名字が宮崎さんなんです、めでたい)私たちが入籍する2週間前に籍を入れた彼女。ダンナが峰に『「宮崎になりました」ってFBに投稿しろよ〜俺も嫁じょも「結婚しました」って投稿するからさ。で、3人とも同じタイミングで投稿したら「ダンナどっちと結婚したの?」ってなるやん』とバカな提案をした [続きを読む]
  • 【Vol.8】上司、唖然。
  • タイプじゃない話題は、夫婦共々ってことで。( Vol.2エピソード参照)www.noukayome.com「イチゴになりたい!」って婚約した翌月にダンナが言い出し髪を初音○クちゃん色に染めてました。(そして赤いツナギをきて全身でイチゴになるっていう)私の職場では「嫁じょの結婚相手がイチゴ野郎」という噂が広まり心配されました。今年は何色にするんですかね、ガクブル。(ちなみに嫁じょの髪はピンクではなく黒です) [続きを読む]
  • 【Vol.7】思いつき発注
  • 2016年12月、1年目の収穫が始まる。よくよくダンナに聞いてみると収穫量が思ったより少なかったことと、注文が多くてイチゴが売り切れてしまい泣く泣くネット販売をあきらめたそうで。農家一年生ってことでそりゃ大変。毎日毎日、予測できないことばかり。私も辛抱強く支えていかなければですね。ってことで、気持ち切り替えこの冬新たにホームページを公開します!嫁じょも勉強の日々が続く…。 [続きを読む]