ぬま さん プロフィール

  •  
ぬまさん: 最高な岩手の日々 〜ぬまの気ままな湯めぐり日記〜
ハンドル名ぬま さん
ブログタイトル最高な岩手の日々 〜ぬまの気ままな湯めぐり日記〜
ブログURLhttp://gundamsentinel.blog100.fc2.com/
サイト紹介文全国各地の温泉巡り中心のブログです。源泉かけ流しの温泉にこだわってレポートしています。
自由文岩手県盛岡市在住。
盛岡の会社に勤務。
血液型A型。 おうし座。
好きな温泉
MT芒硝、緑の硫黄泉、炭酸泉、ヌル湯。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 13日(平均6.5回/週) - 参加 2017/08/06 11:12

ぬま さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 鳴子温泉郷シリーズ〜川渡温泉編〜 東五郎の湯 ?東旅館
  • さあそれでは川渡温泉編は続きます。お次のレポはこちら。東五郎の湯 ?東旅館です。こちらは湯巡り手形以外は日帰りを受け付けておりません。ですので素泊まりで宿泊利用いたしました。 こちらもリニューアルしたんでしょう湯治宿ですが、造りは立派ですね〜。何と布団持ち込みなら3,234円で泊まることができます。 コスパ最高ですね!それではお風呂レポです。こちらはメイン浴槽です。これくらいこじんまりしているとかなり [続きを読む]
  • 鳴子温泉郷シリーズ〜川渡温泉編〜 湯宿ぬまくら
  • 冬の画像でごめんなさい( ノД`)また川渡温泉から。川渡温泉 湯宿ぬまくらです。川渡温泉の中心にあるお宿さんですね。リフォームしたんでしょうかね。 すごくキレイです。好感が持てます。鄙びファンには物足りないかもしれませんが、アットホームな雰囲気は落ち着きますね。またバリアフリーのお宿さんでもありまして、障害者の方でも入浴できるかと。それではお風呂です。湯気で真っ暗。見づらくてすいませんが、お湯は川渡温 [続きを読む]
  • 鳴子温泉郷シリーズ〜川渡温泉編〜 川渡温泉浴場 
  • 北海道ばかりあげていましたので、次はどうしようかと思っていました。記事数を見てみると北海道が一番多い。 東北に住んでいるのにそれはマズイということで。しかも宮城県がかなり少ないなぁ〜。てなわけで宮城県シリーズ。まずは鳴子温泉郷からピックアップしてみたいと思います。それではまずは川渡温泉から。川渡温泉浴場 です。川渡温泉の中にあります、共同浴場になります。普段は無人で、料金箱に200円入れて入浴します [続きを読む]
  • さようなら日本三大秘湯の湯。 ニセコ薬師温泉
  • さあ最後の北海道シリーズはもう廃業となった温泉です。3年くらい前でしょうか。 古いレポで申し訳ありません。蘭越町にありましたニセコ薬師温泉です。こちらは青森県「谷地温泉」 徳島県「祖谷温泉」とならんで日本三大秘湯と呼ばれていました。やはり秘湯だけに集客が厳しかったのでしょうかね。鄙びた木造の宿で雰囲気は抜群でした。 ここは本当に温泉が素晴らしかったです。メイン浴槽は37度前後のぬるめの浴槽で混浴であ [続きを読む]
  • こちらも激熱温泉銭湯です! 湯の川温泉 永寿湯温泉
  • 北海道シリーズ 函館で残していたのはこちら。湯の川温泉 永寿湯温泉です。創業70年の老舗の温泉銭湯であります。こちらは湯の川温泉の中心地にあります。さっそく温泉レポです。リニューアルされたお風呂でとてもきれいでした。昔は「低温」「中温」「高温」の三浴槽あり、低温でも48度ほど高温だと50度オーバーであったようですが。熱い風呂は伝承されておりました。 今は二つの浴槽しかないのですが、低温で46度。中温で50度 [続きを読む]
  • 鄙び浴槽がたまらんが超激熱! 山内温泉 長生湯
  • 今回はちょっと飛んで函館市から。 二つほどレポ忘れておりました。湯の川温泉 山内温泉長生湯です。こちらは湯の川温泉にあります温泉銭湯であります。20年程前は旅館を営んでいたそうですが、現在は日帰りのみです。ではさっそくお風呂レポです。この鄙び感、フォルム素晴らしいですね! 肝心のお湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉です。塩味と石膏成分の苦さが混じったような味がしました。匂いは典型的な温泉の香りと [続きを読む]
  • 2源泉の真っ黒なお湯! 温泉旅館松原
  • 今回も北海道シリーズ 千歳市から。温泉旅館松原です。千歳空港からも結構近く、空港に行く前にちょいと寄ってみました。明治36年に開業と結構歴史のあるお宿さんですね。こちらも日帰り利用でしたのでさっそくお風呂レポへ。こちらはメイン浴槽の「重曹泉」になります。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉です。源泉温度も低く25度無く加温しておりますが循環かけ流し併用。湯使いは良いです!腐植質含有量道内一 [続きを読む]
  • 北海道で一番高所の温泉! 十勝岳温泉 湯元凌雲閣
  • 今回は北海道は上富良野町から。十勝岳温泉 湯元凌雲閣です。こちらはあこがれのお宿で一度は行ってみたいな〜。と思っていたお宿でした。ようやく日帰りですが入浴することができました。北海道で一番高いところにある温泉なんですね!標高1280mです。 東北最高所の温泉が藤七温泉で1400mですがそれよりちょい低いくらい。9月に訪れましたが、結構肌寒かったです。それでは温泉レポへ。まずは内湯から。手前の小浴槽になります [続きを読む]
  • 食堂の温泉民宿はやっぱり料理もgood!! 白金温泉 民宿林道
  • 夏こそシリーズは先月で終わり。 今月からは北海道へと戻ります。もう何湯も無いですが。 そんなわけで美瑛町から。白金温泉 民宿林道です。前回レポした美瑛町国民センターとおなじ感じですが。こちらは白金温泉20号井を使用。独自源泉なんですかね〜?もう一度泉質を載せておきますと、ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉です。同じく金気臭と土類臭プンプンです。自分で調整してかけ流しに出来ます。 [続きを読む]
  • 夏こそこの温泉シリーズpart28! ぬぐだまりの里八甲田温泉
  • 最後は青森市、八甲田山から。ぬぐだまりの里八甲田温泉です。八甲田温泉は、昭和初期に炭焼き職人が自然湧出しているのを発見したと伝えられており、昭和39年に温泉施設として創業したそうです。ちなみに「ぬぐだまる」とはあったまるということです。旧施設は「遊仙」という名前で営業しておりました。2014年にリニューアルしております。こちらは宿泊で利用しました。お風呂もたくさんあるんですね〜。まずは「龍神の湯」から。 [続きを読む]
  • 夏こそこの温泉シリーズpart27! あたご温泉
  • 青森県サマースパシリーズ 今回は弘前市から。こちらも「百沢温泉」グループあたご温泉です。こちらは岩木山の麓の見晴らしの良い丘の上に建っています。百沢グループの3つある内の最後施設のレポです。もちろんこちらも温泉銭湯になります。 それではお風呂ですね。床にあふれる温泉たまりません!「百沢温泉」グループに共通の湯使いです。もうドバドバっす。 この湯口見てるだけでもワクワクしますよね!百沢温泉と一緒です [続きを読む]
  • 過去の記事 …