アラフィフ素敵 さん プロフィール

  •  
アラフィフ素敵さん: アラフィフを素敵に過ごして
ハンドル名アラフィフ素敵 さん
ブログタイトルアラフィフを素敵に過ごして
ブログURLhttp://arafifu50lifeevent.xyz/
サイト紹介文アラフィフを素敵に生きて、シニア世代を楽しく生きたい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 17日(平均7.4回/週) - 参加 2017/08/06 19:16

アラフィフ素敵 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「ねんきん定期便」の見込額は低い場合は何が原因か?
  • 3つの要因があります。1.厚生年金基金の加入歴がある場合  厚生年金基金では、「代行部分」と言って、「厚生年金を国に代わって給付する」という制度があります。  厚生年金基金に加入していた人の場合、受給時に代行部分相当額は基金から給付され、残りは国から受け取ります。  「ねんきん定期便」に掲載されている見込額は、「厚生年金基金から支給されている額を除いて計算されている」ため、   年金の見込額が、実 [続きを読む]
  • 国民年金の加入期間は何か月(何年)?
  • 国民年金は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入するので、480か月(40年)となります。480か月(40年)に満たない場合は、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入(65歳まで)することが出来て、満額受給の資格が得ることが出来ます。480か月(40年)を超えて加入出来ても、年金額が増えるわけではないんですね。妻は高卒なので、58歳の時に40年になるのですが・・・何か損した気分。 [続きを読む]
  • 60歳以上の収入は年金も含めてもいくらが最多?!
  • 平均月収は「10〜20万円」が多い「年金と合わせた平均月収」は、「10〜20万円」で32%でした。次に多いのが「20〜30万円」で26%です。全体の6割近くは、月収が10万円〜20万円の範囲で、現役時代に比べると少ない収入で暮らしていることが分かります。でも、「20〜30万円」ないと厳しいなとは思いました。10万円の幅がありますが、30万に近くないとゆとりが出ませんよね。20万だと食べるだけになるなと・・・・ [続きを読む]
  • 厚生年金の平均月額は、男性と女性はいくらか?
  • 男性「18万円」女性「9万円」です。年金定期便を見ている方は、実際のところあまり大きな差はなかったのではないでしょうか?私は平均は超えていますが、あまり差はありません。現在、厚生年金を貰っている世代では、女性が結婚後に離職して専業主婦になった率が高く、男性と女性では、働いていた期間と賃金に差があります。そこで男女別に見ると、男性は約1,058万人で、平均年金月額は「166,120円」でした。女性は約510万人で、平 [続きを読む]
  • 年金生活夫婦のどちらかが先立つと、支給額が大きく減るのか?
  • 大きく減ります!少なくとも、夫婦2人で国民年金を受給していたのが、どちらか1人の分になってしまいます。上記の図は、夫が40年間サラリーマンとして働き、妻がずっと専業主婦という夫婦の場合、だいたい20万円〜25万円ぐらいの範囲で年金が支給されることを表しています。余裕があるとはいえませんが、暮らしにはあまり困らない金額でしょう。夫が先立った場合、妻には夫の年金の一部が支給されます。ここで注意してほしいのは [続きを読む]
  • 国民年金を60歳から繰上げ支給すると金額は減る?
  • 60歳から繰上げ支給すると年金が3割減りますね。繰り上げ支給をすると、早い時期から年金が貰える代わりに、一定の割合で減額されます。逆に支給を繰り下げると、一定の割合で増額されます。減額の割合は、「0.5%×繰り上げた月数」、増額の割合は「0.7%×繰り下げた月数」で計算されます。上記の図参照下さい。日本人の平均寿命は、女性が87.05歳、男性が80.79歳で、いずれも80歳を越えています。65歳まで働くことができたとして [続きを読む]
  • 定年前後で、働き方はどう変わるのか?
  • サラリーマン人生も定年が視野に入ってくると、いくつかの選択肢が出てきますね。男性の場合、50代後半では90%以上の人が働いていますが、60歳を過ぎると10%以上も減ります。60代後半では、働いている人は50%になり、70歳前半では30%になります。選択肢としては下記でしょう。1.勤めている会社で60歳の定年を迎えたら、再雇用してもらう2.勤めている会社で60歳の定年を迎えたら、別の会社へ再就職する3.勤めている会 [続きを読む]
  • 年金の繰り下げは、国民年金、厚生年金と別々に出来る!
  • 老齢厚生年金と老齢基礎年金をそれぞれに繰下げ時期を選択出来ます。65歳になった時に、アルバイトだけでは少々不安なので、国民年金のみだけ受給することが可能です。ただ、一概に損得だけで考えてしまいがちですが、高齢になることを考えると良いのかなという気もします。要はうまく使い分けることも出来るということを理解しておけばいいとは思います。70歳の繰り下げ受給を選択したが、68歳で病気になって働けなくなった [続きを読む]
  • 厚生年金には家族手当にあたる加給年金がある、その仕組みとは?
  • 厚生年金保険の被保険者期間が20年※以上ある方が、65歳到達時点(または定額部分支給開始年齢に到達した時点)で、その方に生計を維持されている下記の配偶者または子がいるときに加算されます。例えばこんなケースがあります(うちの場合)私:65歳妻:63歳私が65歳で年金の受給権を取得した場合、妻は63歳であるため年金の受給は2年後となるため、その間生活面を考慮して支給されるものです。(配偶者には「65歳未満」 [続きを読む]
  • 妻に感謝へ、結婚25周年にプレゼントとは?
  • 照れますね。お互いに支えあって、11月11日に25周年になります。プレゼントは沖縄(石垣島・那覇)へ3泊4日の旅行に行きます。全額私の小遣いから負担します。笑妻:「温泉の話は?香港のディズニーは?」私:「来年ね・・・・」連れて行かないとへそ曲げますから・・・爆早かったですね、離婚の危機もありましたが・・・爆次は50周年を目指します。 [続きを読む]
  • 定年後の働き方〜再雇用が得か再就職が得か、検討した結果とは?
  • 50代前半になり、表題のことを考えるようになりました。私は中小企業でIT系エンジニアをしています。現場に常駐しているので、現場にニーズさえあれば60代でも再雇用で考えています。しかしながら、会社には再雇用の制度があるものの、実績がないので、本当に大丈夫かなと考えてしまいました。定年になったら、再就職も検討したのですが、正社員でかつ異業種で就職先あるんかな?検討した結果、前者で65歳まで再雇用、65 [続きを読む]
  • 男性も家事が出来ないと、老後1人暮らしになったとき苦労する
  • 結婚して今年で25年になります。独身の時は、実家暮らしだったのですが、母親には家事をさせられました。今となっては、それが良い経験になっています。妻は平日以外に、日曜日が午後から夜まで仕事ですので、食事、掃除、洗濯は一手に引き受けます。男性も家事が出来ないと大変だな(困る)とつくづく思ったきっかけになった出来事がありました。実は昨年の後半から今年の初めに、家内が胆のう炎で2ヶ月入院したこと。私:「は [続きを読む]
  • 過去の記事 …