タウマゼイン さん プロフィール

  •  
タウマゼインさん: 認識ガチ勢
ハンドル名タウマゼイン さん
ブログタイトル認識ガチ勢
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ah_o/
サイト紹介文お前らの認識レベル低すぎワロタwwww
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 5日(平均12.6回/週) - 参加 2017/08/07 12:15

タウマゼイン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 世界の真理
  • 世界とは、認識である。認識とは、論理である。論理とは、対立である。対立によって、論理となる。論理によって、認識となる。認識によって、世界となる。対立によって世界が生まれた。これが真相。認識によって世界が生まれた。これが人間。これが世界の真理。論理が絶対的正当性を持っている理由。この真理式から人間の全てを説明できる。人間の全てとは、世界のこと。よって、この真理式は世界を説明できる。ところで、対立は何 [続きを読む]
  • このブログとは
  • ここは認識ガチ勢の私が認識世界の話をするブログです。最初に言っておきますが、認識世界とは論理の世界です。何故なら、認識とはすなわち論理のことだからです。勘違いしている人が多いですが、論理は物事を認識する手段ではありません。認識の形式そのものが論理なのです。人間は自らの認識形式を論理と呼んでいるのです。だからこの世界は論理的なことが正しいことになっているのです。論理という名の「認識」によって構成され [続きを読む]
  • 政治と労働の正体
  • 政治、労働。この言葉を聞いて、何を感じるか。私は、心底どうでもいい。が、世間の人間にとっては、重大な関心事なのである。彼らにとって、政治や労働、つまり社会とは自己を規定するものであり、人生そのものであり、価値なのである。彼らは、労働の種類や収入によって人の価値を測り、政治という行為の本質を勘違いしたまま、己の不勉強を自覚せず、理解しやすい主張に飛びつき、自らに正義があると信じる。自分を社会的存在と [続きを読む]
  • ミリシタ
  • 「アイドルマスター ミリオンライブ シアターデイズ」略して、ミリシタ。最近流行りの、スマホゲームである。ちなみに私は、もがみんPである。なんで、こんなにも、もがみんは可愛いのだろう。何故、他のキャラではなく、もがみんだけがこんなにも可愛いのだろう。どうして、それはもがみんで、もがみん以外でないのか。多数のキャラがいる中で、特定のキャラだけを特別に好きになるというのは、どういうことなのか。これが、好 [続きを読む]
  • 反出生主義の論理的な証明
  • さて、最近ネットでよく見かける「反出生主義」っていう、これ。完全に、誤解、半解、曲解されているように思う。大体、なんでこんなものに主義!なんて名前がついているのか。主義も何も、こんなものは、ただの論理的真理なのである。人が、生誕することなんて、悲しい事件でしかない。当たり前じゃないですか?当然すぎて当然としか言いたくないレベルで当然。どのくらい当然かと言えば、なにしろ当然である。一体全体、何をどう [続きを読む]
  • 「考える」の本質
  • 考える、とは、つまり、なんだろう。それは、論理に従ってその前提を探ること。と、言える。しかし、この言い方では不完全だ。つまり、この「論理に従ってその前提を探ること」を、ひたすら続けること。ものすごく簡単に言うなら、疑い抜くこと。これが、どうも、考えることをしてこなかった人間には、よくわからない。昔、私にもその経験があるからわかるのだ。考えることは、疑い抜くことなのだ!と言われると違和感を覚える。「 [続きを読む]
  • 思惟と音楽と食こそが善!
  • 今日は暇である。何の予定もない。まったく、暇。しかし、暇という意味で言えば、何かの予定があっても暇なのである。何かをしていようが、していまいが、暇である。ただし、暇でない瞬間もある。それが、考えているときである。考えているその現場に、時間も空間も存在しない。よって暇という概念すらもない。その瞬間しか存在しない。簡単なことである。実は私が暇を感じないことが他にもある。音楽をやっているとき。そして、美 [続きを読む]
  • 池田晶子との出会い
  • 人生は、かしこくなる過程なんです!(キリッとは、池田晶子の言葉である。池田晶子とは、犬好きで変人で微妙に腹立つ顔した文筆家のオバサンである。つまり哲学者である。ちなみに10年前に死んだ。46歳で。若い。実は、私が哲学に興味を持ったのも、このオバサンのおかげなのである。なんとな〜く、書店で手に取った本がそれだった。ペラペラと数ページ読んでみたら、これがなんというか、もはや直観に近いのだが、確信のような感覚 [続きを読む]
  • 常識を疑え
  • くだらない。うんざり。どうしてそんなに、バカなの?でも、実は、わかってる。何故、そうなのか。例えば、スポーツファンの人たち。何が、そんなに、面白い?スポーツなんて、常識的なことしか、起きないよ?それで、どうして、騒げるの?大逆転、スーパープレイ、新記録。どれも、ただの常識、でしょ?彼らは、私を、つまらない、という。楽しいこと、楽しめないなんて、つまらない、と。だから、それを言ってる。それが、ただの [続きを読む]
  • 過去の記事 …