北村友記子 さん プロフィール

  •  
北村友記子さん: 気づいたら、幸運体質になっていた。
ハンドル名北村友記子 さん
ブログタイトル気づいたら、幸運体質になっていた。
ブログURLhttp://youkinakamisama.blog.fc2.com/
サイト紹介文幸運体質の作り方、神社仏閣のお話を中心に、日々の気づきを綴ります。
自由文「幸せはいつも自分の心が決める」をモットーに暮らしています。
とにかく文章を読んだり書いたりするのが好きです。
FC2は初めてで、まだまだ不慣れな面もありますが、少しずつ慣れていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 17日(平均8.6回/週) - 参加 2017/08/07 23:05

北村友記子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 夜廻り猫
  • 『夜廻り猫』の漫画を電車内で見かけて、先ほどネットで読みました。手塚治虫文化賞短編賞を受賞した作品とのことです。詳細はこちら。やはり深谷かほるさん、最高です!(深谷さんの『カンナさーん!』は未読ですが、ドラマもヒットしているらしいですね。)私が深谷さんを知ったのは、東北の旅館の図書室にあった『エデンの東北』からです。1970年代の東北を舞台にした家族ドラマ?なのですが、主人公の八重子ママ(表紙の美人さ [続きを読む]
  • しし座新月で皆既日食、パワーの強い日
  • 8月22日の午前3時30分に、しし座新月を迎えました。今回は同時に皆既日食も起きています。皆既日食は「天岩戸開き」と言われる現象でもあり暗闇が一気に明るくなるパワーがあり、これが新月と重なる今日は、非常に力の強い日になるとか。先ほど新月の願い事を書きました。今日から新しいことを始めると良いそうなので新しい財布を使いだします。前の財布は小さすぎて、新札が折れ曲がってしまうので少し縦幅に余裕のある長財布に変 [続きを読む]
  • 感謝の気持ちを率直に伝える
  • ある小説サイトの大ファンなのですが、最近作者様が新作を発表してくださいまして嬉しさのあまり、ファンメールを綴ったところ、感謝にあふれる返信をいただき、しみじみ幸せを味わっています。プロ作家が及びもつかないほどの構成力と、文筆力をそなえた作品を時間をかけて練り上げ、しかも無料で披瀝してくださる。やはり、このことにも感動や感謝をおぼえているわけです。そういう気持ちは、速やかに伝えたいタイプです。黙って [続きを読む]
  • 物事に良し悪しはない
  • 「雪やこんこん」の歌詞に♪犬は喜び庭駆け回り猫はこたつで丸くなる♪というのがある。「雪」を犬は喜ぶが、猫はその寒さを疎む。人間でも、幼い子どもは燥ぐが大人は電車の遅延や雪掻きなどの心配をし、ため息をつく。雪そのものに善悪はない。善悪を決めるのは、その人のこころ次第だ。たまには短文のつぶやきを [続きを読む]
  • 小網神社ー強運厄除の神さま
  • 小網神社に参拝しました。都内で、一番足しげく通っている大好きな神社です。第二次世界大戦時に、小網神社のお守りを持って戦地に赴いた兵士が全員無事に帰還したり、東京大空襲の時に境内社殿が戦禍を免れたりととにかく強運厄除の磐余に事欠きません。私は優しい神様も好きですが、相性がいいのはどちらかといえば厳しい神様なので、ここのピンとした空気にいつも背中を押される気がします。神社参拝の際、参拝者の傾向も見てい [続きを読む]
  • 三峯神社の氣守り
  • 「氣守り 三峯神社」で検索すると、朔日限定の白い氣守りの話がたくさん出てきます。ついたちのみ授与されるレア守りであるため、この日の参拝はおそろしいほど混雑するとか。浅田真央選手が入手したことで、かなり話題になったそうです。私が何が何でも避けたいもの、苦手なものは「人混み」です。よくその心情をあらわすために「明治神宮に弐年参りに行けば100万円与える」と言われても断固拒否するというたとえをします。自由 [続きを読む]
  • 三峯神社の不思議(2)
  • えんむすびの木遠宮(御仮宮)では、不思議な写真を撮影。こちらの記事でも紹介しています。ここは、大口真神(眷属の山犬さん)のお宮なので、ときどき不思議なことが起きるそうです。フル充電したスマホがいきなり電池切れした、とブログに書いていた方もいました。ピンボケした写真はかなりたくさんあるのですが、この一枚は少し妙ですね。山犬さんが来ていたのだな、と思いました。拝殿左のご神木。触れてパワーをいただこうと [続きを読む]
  • 三峯神社の不思議(1)
  • 以前から参拝したかった三峯神社。電車とバスを乗り継いで、到着まで4時間ほどかかりました!激混みバスに50分立ちっぱなしで参拝前から足が棒になった上標高が高いので、わずかの傾斜にもふらつき、息が切れます。幸い暑さもやわらぎ、静かな霧雨が降っていたので新緑の香りを心の支えに、てくてくと山道を歩きます。ほどなくして、到着!三つ鳥居(大神神社も三つ鳥居があります)。両脇の山犬さんたちにも挨拶して、鳥居前で一 [続きを読む]
  • 終戦から72年
  • 当たり前のようにある生活は、72年前なら薔薇色の世界だ。ひとりひとりが今ある幸せをよろこびいつも心に感謝を持ち続け自分を常に満たして生きていければ搾取や争いは遠いものになるだろうに。星野富弘さんの「かぶ」を眺めながら幸せな時代に生まれたことを感謝する。恵まれた国に、豊かな時代に生を受けながら時おり不満や不足を訴える、そんな自分を僅かに恥じる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 三峯神社に参拝(すべてタイミング良し)
  • 「三峯神社で祈祷を受けたら、ご神体から巨大な山犬の顔がぬうっと出て、私の鼻先まで近づいてきたのよ」と、ある方から聞いたのが一年前。「厳しい山岳系の神様だから、弱っているときは行かないほうがいい」とつけ加えていましたが、大顔面登場話を聞いたときから、私はいつか三峯神社に行ってみたいと望んでいました。私は視えたり聞こえたりするタイプではないけれど、山犬さんたちが、どんなメッセージを送ってくるか、楽しみ [続きを読む]
  • 大神神社(奈良県)
  • 8月4日、奈良県の大神神社に参拝しました。日本最古の神社は、流れる時間も違う気がします。緑豊かな場所は、やはり落ち着きますね。祓戸社。参拝前に、この場で心身を浄めます。夫婦岩拝殿やはり迫力があります!この近くのご神木も素敵です♪三輪成願稲荷社くすり道狭井神社(身体健康・病気平癒の神様)薬井戸(狭井神社の霊水)私もペットボトルに水を汲みました。容器を洗うのは水道水で、霊泉を用いてはいけません。井戸の水 [続きを読む]
  • 不思議な写真を撮影(ここはどこでしょう?)
  • 今日は怪談の日だそうです。…私は幽霊もお化けも雷も、まったく怖がらないタイプです。これから公開する写真も、別に怖いネタではありません。でも、怖がりの人は読まないでくださいね。ある神社(摂社)にてこのような写真が撮れました。1時の方向に、丸いオーブが鮮明に写っています。そしてお社のまわりの樹々の姿が、星の軌道を撮影したかのように、細く線を描いた状態で写っています。参拝者二人の姿も多少ブレていますが、 [続きを読む]
  • 生まれたての命ほど神に近いものはない
  • “生まれたばかりの赤子ほど、  この世の罪穢れからはるかに遠く、    神に近いものはない”以前から、古事記を読んで、いくつか腑に落ちない上酷いと思う台詞や展開もあったのですが、今回執筆するにあたり「神性(古事記の神様)=赤ちゃん」だとふっと気づいてから、ほぼ得心がいきました。     近年の自己啓発書でよく見られるのが〇世界で一番大事なのは自分〇自己肯定感を高める〇素の自分を認めよう〇犠牲にしな [続きを読む]
  • 古事記(黄泉比良坂)
  • イザナギ(男)とイザナミ(女)の二柱神が天の沼矛を使い、天の浮橋で大地をつくり、その後地上に降りて宮殿を造成しました。そして天の御柱をイザナギくんは左回り、イザナミちゃんは右回りで顔を合わせイザナミちゃんが「なんて素敵な男なの」、イザナギくんが「なんて美しい乙女だろう」と互いを賞賛します。交わった後水蛭子が生まれ「女性が先に声をかけるのは良くない」という展開になりますが…このくだりは「夫唱婦随」「 [続きを読む]
  • サクラテラス京都
  • サクラテラス京都に宿泊しました。今回は、別件があって大阪に向かったのですが、せっかく関西まで行くのだから、この機会にいろいろ見てまわろうと計画しサムハラ神社、堀越神社に参拝してきました。用事を済ませた後、京都へ向かいます。京都にはよく遊びに行きます。目新しい体験が好きなため、いつも宿を変えています。ネットでピンと来て予約した、初めて泊まる宿。1 駅近2 大浴場完備3 適正料金おおむね、この3点で宿 [続きを読む]
  • 自分を偽らない
  • 「ネガティブな言葉や感情は持ってはいけません、いつもポジティブでいましょう、いつも明るく元気でいましょう」という考えは好きではありません。喜怒哀楽という感情はどれも無駄なものではなく喜楽は善、怒悲は悪という分類ではないと思うからです。例えば、餌に惹かれ罠にかかって重傷を負い、這う這うの体で逃げた禽獣は、二度と人里に近づきません。飢えを満たす欲求(充足感)より殺されかねない体験(恐怖)のほうが勝るか [続きを読む]
  • 浪華茶臼山 堀越神社(大阪市天王寺区)
  • 堀越神社に参拝しました。「一生に一度の願い事を聞いてくださる」ことで有名な神社なのです。ひと夢祈願も行われています。初穂料は五千円。当該ページに他人を不幸に陥れようとする祈願は、逆にご自分の身に災いがふりかかる恐れがありますので、くれぐれもそのような祈願をされないよう十分にご注意ください。 と記載されているのですが…つまり「人を呪わば穴二つ」な祈願をする方が多いのでしょうね。特に縁切り系神社に行く [続きを読む]
  • サムハラ神社(大阪市西区)
  • 8月3日に大阪のサムハラ神社に参拝しました。祭神は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神。神様の創始者といわれる神々がまつられているそうです。こちらは限定品の指輪が人気だそうです。サイズが合わないと、授与していただけないとか。私が行ったときは「指輪の入荷は8月下旬」と書かれた張り紙がありました。平日ですが、女性の参拝客がちらほらと観られます。神様のエネルギーよりも、太陽光線の力に負けて、そそくさと退散 [続きを読む]
  • 自分の感覚を最優先する
  • 先月、知人の紹介を受けて、ある店舗でパワーストーンブレスレットを作りました。ここのお店は、自分の直感で石をいくつか選び、それをオーリングテストで合っているか確認してからブレスレットに仕上げます。石の効果や色などを考えてはいけない、アクセサリーでなく、まず持つ人のエネルギーに合うものをブレスにするのだとか。で、完成したものをつけてみたのですが…全くしっくりこないのですね。妙に悲壮感に浸り、ネットで気 [続きを読む]
  • 古事記の陽気な神様たち
  • 空に龍神のような雲が見える!と思い、カメラを探している間にだいぶ型崩れしてしまいましたさて、新ブログでやってみたいと思っていたのが、古事記の私的解釈です。特に黄泉比良坂編が大好きなのですが、知人に話したら「え?あんな不気味な話が好きなの?」と驚愕されました。…かなり面白い話だと思うのですけどね。え?私だけですか?イザナギ、イザナミの国生みの話を辿っていると、契る前に女が先に声をかけたのが良くない、 [続きを読む]
  • 立秋のライオンズゲートが開く満月の前に
  • 8月7日は立秋。陽のエネルギーが陰に向かい、自分の内面と対峙するには絶好の機会だそうです。また8月8日の午前3時11分には、みずがめ座の満月を迎えます。今回は、部分月食もあり、かなり月の力が強い時期なのだとか。いろいろな流れが変わるこの日に、ブログを立ち上げることにしました。さて、明日は台風ということで「電車が止まるのではないか」「各種予定を変更しなければいけないのか」と会社で対策を練っておりました。で [続きを読む]
  • 過去の記事 …