紅子 さん プロフィール

  •  
紅子さん: 台湾蘭嶼通信
ハンドル名紅子 さん
ブログタイトル台湾蘭嶼通信
ブログURLhttp://www.lanyu.xyz/
サイト紹介文台湾の離島、蘭嶼(ランユー/ランショ/Lanyu)で暮らす唯一の日本人のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 8日(平均10.5回/週) - 参加 2017/08/08 00:17

紅子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • タタラ舟の競技会
  • こんにちは、紅子です。今回は8月12日に行われたタタラ舟の競技会の様子を、写真とムービーでお届けします。毎年恒例の集落対抗のタタラ舟競技会です。朝から夕方まで、個人種目、2人種目、10人種目の3つに分かれて競います。今年は高波の影響で、2回延期になり、その関係でプログラムに変更がありました。例年では10人乗りの試合は午後に行われるのですが、今年は午前中に行われ、雅美族女性による踊り頭髪舞や子供達のダンスの [続きを読む]
  • 【豆犬】蘭嶼のイヌゥ
  • こんにちは、紅子です。今回は、我が家の看板犬2匹をご紹介します。咖啡豆(コーヒー豆)と甘納豆、どちらもオスの雑種です。大きくて色が濃いのが咖啡豆1歳、おとなしく人懐っこい性格で、波が怖くて海には入れないのですが、高いところは大得意です。小さく色が淡い方が甘納豆2〜3ヶ月、ちょこちょこ跳ねて動き回るわんぱくな子犬です。最近階段の登り降りができるようになりました。2匹の間に血の繋がりはありませんが [続きを読む]
  • 【観光】蘭嶼島内の移動手段+バスの乗り方
  • こんにちは、紅子です。前回、蘭嶼に来島する際はぜひありのままの蘭嶼を尊重してほしいこと、観光には不便なこともあること、このブログは観光の宣伝ブログではないことをお伝えしました。それでも蘭嶼に興味を持っていただいた方、アヨーイ(ありがとうございます)!今回は、島内の移動手段をまとめてみます。島内の交通手段レンタルバイク(125cc)24時間500元レンタカー(セダン)24時間2000元レンタル自転車 24時間25 [続きを読む]
  • 【辛口】蘭嶼観光の極意
  • こんにちは、紅子です。今日は、蘭嶼観光についてズバッとお話ししたいと思います。蘭嶼観光に限らず、どこを訪れる時でもそうだとは思いますが、その土地のありのままを尊重するすごく大事なことですよね。蘭嶼の観光客は年々増え続け、2015年には年間13万人を超えました。秋冬は観光シーズンではありませんから、毎年4月から9月の約半年間、毎月約2万人が訪れるのです。都市部でしたら、自宅近くが賑やかになって住み心地が [続きを読む]
  • 【観光情報あり】蘭嶼気象台
  • こんにちは、紅子です。前回、蘭嶼の気候についてお伝えしました。今回は、蘭嶼イチオシの絶景スポットでもある気象台(氣象站)をご紹介します。気象台蘭嶼の最高地点は紅頭山548mですが、整備されていない山道を登る必要があります。対して、観光客でも気軽に訪れることができるのが、標高324mのところにある気象台です。正式名称は交通部中央氣象局蘭嶼氣象站といい、紅頭村から野銀村へ続く横断道路(中横公路)の中腹から [続きを読む]
  • 【観光見所情報あり】蘭嶼の位置、気候、人口
  • こんにちは、紅子です。今回は、蘭嶼の地理情報について整理してみます。【蘭嶼の地理情報】位置東経121.5度経度22度台湾本島最南端地点から東に約80キロ台東市街地から南に約85キロ蘭嶼の南方105キロにはフィリピンのバタン諸島最北端のマヴディス島大きさ面積は満潮時で約48平方キロメートル周囲全長およそ38.5キロ澎湖島に続いて台湾で2番目に大きな離島地形地質ほとんどは山地で平地は僅かばかりです。最高地点は海抜548 [続きを読む]
  • 黒潮の雄大な流れ
  • こんにちは、紅子です。蘭嶼の海産物、家畜、農産物、植物のお話が続きました。今回は少し趣向を変えて、黒潮で結ばれた素敵な出来事をお伝えします。【蘭嶼から多良間島へ】多良間島みなさん、沖縄県の多良間島はご存知でしょうか。宮古島と石垣島のちょうど中間にあり、観光地化されないように自然を保護しながら景観が守られている美しい島です。蘭嶼からは直線距離にして約430キロ、東京駅ー神戸駅の直線距離とほぼ同じです [続きを読む]
  • 蘭嶼はなぜ蘭嶼なのか
  • こんにちは、紅子です。前回は食糧事情を透して、生態系を重んじ共生共存を軸とする雅美族の文化についてお話ししました。今回は、蘭嶼の由来にもなった植物についてです。【白花胡蝶蘭】島嶼という言葉もあるように、嶼は島という意味ですよね。その名の通り、蘭嶼は蘭がたくさん自生している島でした。愛と美の女神雅美語でダムッグと呼ばれるその花の正式名称は、台灣原生種白花蝴蝶蘭Phalaenopsis aphrodite subsp. form [続きを読む]
  • 蘭嶼の食糧事情
  • こんにちは、紅子です。前回は蘭嶼の魚についてお伝えしました。魚のことを雅美語でなんというか覚えていらっしゃいますか?アモォンです。海の豊富な資源に恵まれた蘭嶼では、釣りや素潜り、網などで魚を捕る以外にも、新鮮な海藻や貝、カニ、ウニ、伊勢海老などが採れます。ちなみに、紅子の好物は新鮮なシャコ貝(グヌッ)です。残念ながらレストランでは提供されていませんが、運が良ければ地元の人から、おすそ分けがもら [続きを読む]
  • 「女人魚」とイイ男
  • こんにちは、紅子です。前回の記事では、飛魚漁が本格的に始まる前に、女性陣がご馳走を準備するためにとある食料を取りに行くお話をしました。そしてその食料とは何か、というクイズを出しました。答えは、陸蟹(デンィニ)クイズとしては難しかったですかね。飛魚漁が始まる直前になると女性は山に入り、蟹のいそうな穴を見つけ土を掘って泥まみれになりながら腕を突っ込み陸蟹を捕まえます。ハサミに噛まれることもある [続きを読む]
  • 島のこと
  • 島の基本情報についてお話しします。雅美族の住む“人の島”中国語:蘭嶼(ランユー)雅美語:Pongso no Tao (ポンソォ ノ ダウ)直訳:人の島英語:Lanyu またはOrhid Island台湾南東部に浮かぶ蘭嶼は、台湾本島との距離が最も近い地点で63キロ離れています。人口約5000人のうち、約8割がこの島の原住民である雅美族ヤミ族(別称:達悟族タオ族)です。*1雅美族は台湾の原住民唯一の海洋民族なんです。*2島内で用い [続きを読む]
  • ブログ紹介
  • はじめまして、紅子と申します。台湾の 離島で暮らしています。【写真】虹がかかっていました。右側には島の伝統的なタタラ船が浮かんでいます。島唯一の日本人として日常の光景観光のご案内この2つを軸にブログを展開していこうと思います。具体的には島の風景や文化日本との意外な繋がり島へのアクセス方法などなど、画像を交えながらわかりやすくお伝えしていきます。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …