26tsubo さん プロフィール

  •  
26tsuboさん: 横浜26坪ハウス
ハンドル名26tsubo さん
ブログタイトル横浜26坪ハウス
ブログURLhttp://yokohama26tsubo.hatenablog.com/
サイト紹介文横浜に暮らす共働き夫婦が子育てをしつつ建築家と家を建てるブログ。2018年3月竣工目標。実施設計中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 4日(平均28.0回/週) - 参加 2017/08/08 12:39

26tsubo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 26坪ハウスの間取り
  • 前回の打ち合わせで実施設計が終わりました。工務店が夏休みに入る前に見積もり依頼を出すことが出来たようです。2週間に1回の打ち合わせペースで、基本設計と実施設計にかかった期間は合計で3ヶ月弱。短くも楽しい3ヶ月間でした。出来あがった間取りはこちら。(ベランダとロフトを除けば)約26坪となりました。1F2FLoft---今後は、見積もりを待ちながら、設計の詳細を少しずつご紹介する予定ですが、明日からの夏休みにあわせて [続きを読む]
  • 設計監理委託契約をむすぶ
  • ゴールデンウィーク前半にYさんに敷地調査を実施頂き、5/13に設計監理委託契約を締結しました。Yさんに支払うお金は266万円。内訳は下記です。設計料244万円(建物本体価格の13%)建築確認申請書類作成料22万円設計料は最終的な本体価格にあわせて増減します。通常の感覚では、本体価格が増額すると、その分設計料も増額すると思うのですが、ここでYさんはそれとは真逆の話をしだすのです。「出来る限り予算内の設計を心掛けます [続きを読む]
  • 建築家がYさんに決まるまで
  • 土地探しにあたり、私たちがYさんに協力を仰いだのは、Yさんに対する印象が良かったことはもちろんですが、そもそも他に面識のある専門家がいなかったからです。つまり、最初からYさんに設計をお願いすると決めていたわけではありませんでした。しかしながら、土地の検討を通じて、Yさんは私たちが建てたい家に対する理解を深め、私たちはYさんの人となりを知っていきます。そして、三角形の土地を断念する頃には「土地が見つかっ [続きを読む]
  • 26坪の土地(後編)
  • 26坪の土地を再発見してから3日後、私たちは2000万円現況渡しの条件にて買付証明書を出し、その翌日、売主からOKの返事を頂きました。土地探しを始めてから10ヶ月目、ゴールデンウィーク直前の話です。---26坪の土地はもともとS不動産の専任物件でした。昨年の夏、100万値引きでの購入を希望した買手がつき、売主はOKの返事を出したそうです、S不動産経由で。しかしながら、S不動産は売主が値引きに応じることを買手に伝えません [続きを読む]
  • 26坪の土地(前編)
  • 南西に12m、南東に5m接道した26坪の角地。駅徒歩15分。古家あり。2280万円。高台の土地の値引交渉中にS不動産からもらった物件資料にこんな土地がありました。「じがたは良いけど駅まで少し遠いな」これが当時の感想です。高台の土地の値引交渉が終わる頃にはネットから消えていたため、売れたのだろうと思っていました。三角形の土地を断念した数日後、その26坪の土地が、今回はM不動産の専任物件としてネットに掲載されました。7 [続きを読む]
  • 建売を見学してみた
  • 三角形の土地と話は前後しますが、建売の見学をしました。立地が希望の条件を満たすならば、建売も視野に入れるべきなのかもしれない。土地探しジプシーの私たちはそんな考えに至ったのです。気分転換も兼ねて、まずは見てみようと。---申し分のない立地の物件がありました。価格も予算内です。外装、内装、設備いずれも悪くはありません。まずまず快適に暮らせそうです。悪い買い物ではないのでしょう。しかしながら、判断は「ナ [続きを読む]
  • さよなら三角
  • 三角形の土地にはネットの情報だけからはわかりにくい悪条件がありました。それは、交通量の多さです。前面道路が国道の抜け道になっており、出勤前に確認すると1分間に2〜3台程度はコンスタントに車が通ります。しかも10台に1台くらいはトラック等の大型車。交通量の少ない住宅地ばかり検討してきた私たちにとって想定外のことでした。しかしながら、それ以外の条件は悪くないのです。そんなことをYさんにお話ししました。Yさんは [続きを読む]
  • 三角形の土地
  • 理想的な土地が買えなかったショックを引きずりつつ4月を迎えました。代わり映えのしない土地情報にうんざりしていないで、土地探しに本腰を入れなければなりません。妻の育休はあと1年。Yさんに設計をお願いするならば、そろそろ土地を見つけないと育休中の竣工は厳しい時期です。私たちは少し焦っていました。---そんなタイミングで夫が見つけた土地は、見事な直角二等辺三角形でした。この三角形の土地について相談するために、 [続きを読む]
  • 理想的な土地
  • 保育園と最寄り駅まで徒歩10分以内延床面積26〜28坪の家が建てられるサイズ2000万円以下細かなことを除けば、私たちが探していたのはこんな土地です。不意にやってきたその土地は、まさにそんな土地でした。理想的です。グーグルマップとストリートビューであたりをつけて、メールを確認した翌朝に現地確認。素人目には何も問題なさそうです。テンションを上げて不動産業者に電話をかけ、前向きに検討したい旨を伝えます。ところが [続きを読む]
  • 長男産まれる
  • 出産予定日が近づくにつれて、土地探しに対する興味は自然と減りました。特に妻は。夫は細々と情報収集だけは続けていたものの、めぼしい土地が見つからないこともあり、土地が私たちの主要な関心事ではない日々がしばらく続きます。そして、長男が産まれました。私たちも長女も長男の誕生を喜び、土地のことはますます話題にあがらなくなりました。そのまま年を越し、やがて春を迎えます。---3月末、不動産業者から新規の土地情報 [続きを読む]
  • 高台の土地のその後
  • 私たちの要望が、高台の土地にて実現するのかYさんに検討頂いた結果、次のような話になりました。擁壁対策として深基礎もしくは杭工場が必要であり、そのコストアップ分を考慮すると予算的に厳しい。擁壁対策にかかる費用を、土地の値引きで相殺できるのであれば、具体的な設計検討を進める。ということで、250万円値引きに加えて「現況渡し」を「更地渡し」に変更して欲しい旨を記し、買付証明書を提出したのでした。---しばらく [続きを読む]
  • 家に望むこと
  • 5年ぶりにYさんお会いする前に、私たちが家に望むことを整理しました。予算は土地建物あわせて4500万円くらい土地と建物の面積を26坪とすると、それぞれの坪単価が80万ならば4160万円になります。諸経費を8%とすると合計約4500万円。ざっくりそんな皮算用です。26〜28坪くらいの総2階建て必要な部屋は、夫婦の寝室、子供部屋、LDK。客間、和室は不要。プライバシーは確保した上で、シンプルに、コンパクトに、そしてリーズナブ [続きを読む]
  • 建築家Yさん
  • 高台の土地を検討するにあたり、私たちは某建築家の協力を得ておりました。その某建築家ことYさんとの出会いは2011年に遡ります。当時、なぜか夫は狭小住宅に強い関心を示し、ネットで著名な建物や建築家を調べたり、小さめの土地に合う間取りを自作することにハマっておりました。その流れのなかで、Yさんが建てた小さな家のことを知ります。その小さな家はちょうど竣工したばかりで、Yさんのブログにはオープンハウスの告知があ [続きを読む]
  • 高台の土地
  • 高台の土地はこんな土地でした。やや南北に長い43坪の長方形東側に高さ4mの擁壁西側接道。土地の方が1m低い東側の眺望が良く、2Fは風通しも良好。予算は超えていたものの、保育園から近い(徒歩1分!)こともあり、ダメもとで値引交渉だけでもしてみようという話になりました。結果的に、この交渉は2ヶ月間にもわたるのですが、まさかの値引ゼロ円回答を頂戴し、その幕を閉じます。この間もお腹の子は順調に大きくなり、交渉が終わ [続きを読む]
  • 土地探しはじめました
  • 妻からの提案を受け、夫は土地探しを始めました。対象エリアは、長女の通う保育園と最寄り駅、これらを中心とした半径1km程度の円の内側。つまり今と同じ生活圏内で探すということです。子供達が小学生になってからの家づくりならば、もっと広いエリアを対象として土地を探すつもりでしたが、このタイミングでの家づくりとなると、保育園の転園と妻の職場復帰の都合を考慮せざるをえず、今と同じ生活圏内が無難だったのです。もし [続きを読む]
  • はじまり
  • 夫は小学校6年生、妻は小学校4年生の頃に、今の実家である一戸建てに引越しました。その経験からか、私たち夫婦は子供が小学生になり自室を欲しがるタイミングでの家づくりを、漠然と共有していました。しかしながら、子育てが始まり、その考えはゆるゆると変化していきます。昨年の冬、長男が生まれ4人家族になりました。来年の春まで妻は育休です。比較的時間に余裕のある(実際はあまりないですが)このタイミングで家づくりを [続きを読む]
  • 過去の記事 …