健次郎 さん プロフィール

  •  
健次郎さん: 癌治療情報
ハンドル名健次郎 さん
ブログタイトル癌治療情報
ブログURLhttp://kyotomura4592.hatenablog.com/
サイト紹介文癌を克服する為の癌治療情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 11日(平均26.7回/週) - 参加 2017/08/08 17:11

健次郎 さんのブログ記事

  • 抗ガン剤の苦しみから解放
  • 5年ほど前のことですが、腹部が苦しく、尿が出なくなってしまったので、泌尿器科の医師に相談、婦人科を紹介され、卵巣腫瘍と診断されました。子宮ガン検診を毎年受けていただけにショックでしだ,しかも、最初の手術では、 開腹したものの腫瘍の癒着が見られ、溜まった腹水を取り除くだけで。結局、胸の部分から管を通して腹部に抗がん剤を注入。その後の再手術で子宮と卵巣を全摘出しました。それでも治療は終わらず、手術し [続きを読む]
  • 牛乳のコクがよみがえる
  • 「どうも最近の牛乳は水つぼくておいしくない」「牛乳にコクがなくなってきたと思わない」どうも近頃の牛乳はあまり評判がよくないようです。その原因はエサや銅青時の飲み水の問題や、高温殺菌や乳脹肪分の調整などさまざまな事例があげられます。しかし、なによりも問題になるのは、これらの人的作業のために貴重なカルシウム源である牛乳の栄養バランスが崩れるという点でしょう。特に高温殺菌した牛乳のカルシウムは、不溶性の [続きを読む]
  • 古く硬くなったパンが焼きたてのパンに
  • かたくなったパンにスプレーおいしいと評判のパン屋さんで買ってきた食パン。しかし、2、3日袋に入れておいただけでもうカヂカチ"困りましたね。こんなときは、トーストする前に500・倍に薄めた水溶性イオン化カルシウムをバンにスプレーしてみてください。デンプン粒子がふくらみ、みちがえるほど、ふっくらおいしいトーストに焼き上がります,もちろん食パンだけでなく、マフィンやバターロールなど、ほかのパンにも応用してくだ [続きを読む]
  • 朝ご飯がグーントおいしくなる
  • 最近は若者瘤を中心としてパン・コーヒー派が多くなっていると聞きますが、やはり栄養而や腹もちがいい、などの那由から、「朝ごはん」も見直されています。そこで食卓の必需品となるのが、味増と醤油。同じ大豆をた原料にするこれらは、日本を代表する調f料です。もともと米・大店など殻類は、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどミネラルを多く含んでいるほうがおいしくなりますから、水溶たイオンitカルシウムを添加すれば [続きを読む]
  • 元気が出る亜鉛酵母発酵ミネラルエキス
  • カルマックスθは、(ヒバマタ・亜鉛酵母発酵ミネラルエキス)は特許製法により、ヒバマタ(北欧海藻)と亜鉛酵母を発酵液化したもので、現代人に不足しがちな亜鉛をはじめとしたミネラルをイオン化し、より吸収しやすい液状にしたものです。          体に最もよい水が作れます。http://ckkm.main.jp/newpage7.htm亜鉛(あえん)はミネラルの中でも不足しやすい栄養素で、腸管での吸収率も約30%程度と低いため、食事 [続きを読む]
  • 二日酔いしない、おいしい酒になる
  • アルコールは百薬の長というものの、飲みすぎれば毒にもなることは皆さんご承知のとおり。つらいつらい2日酔、水溶性イオン化カルシウムを上手に利用して防ぎましょう。まず、2日酔のメカニズムから。原因は、はっきりしています。「飲みすぎ」です。体の中に取り入れられたアルコールは分解され、酸化し、アセトアルデヒドという物質が生成されます。アセトアルデヒドは、さらに酸化されて酢酸となり、最終的に炭酸ガスと水にな [続きを読む]
  • 本当によい塩が簡単につくれる
  • 最近、塩がなにかと話題になっています。本来の塩のよさが再認識されるようになり、さまざまな商品が開発され、まさに塩ブームといっても過言ではないでしょう。もともと海水から堀田法で作られていたころの塩には、少なからず塩化ナトリウム以外のミネラが含まれていました。海水には全ミネラル元素が含まれ、食塩は本来、ミネラルの宝庫である海水の濃縮物であったのが、現在のイオン交換法や平筆塩では、塩化ナトリウムの純度が [続きを読む]
  • 死の4重奏から救うFK−23菌
  • 私たちは年を重ねること一加齢一は止められませんが、医学の進歩に伴って身体の老化を遅らせること一抗老化一は可能になってきました。「いつまでも若々しく、元気に暮らしたい」という、私たち方人に共通した願いが叶なう日は、もうすぐそこまで来ているのです。私たちの身体のさまざまな臓器,器官は、必要とする酸素や栄養素を血液から供給されています。しかし、その血液の通り道である血管の内腔が狭小化したり、血管壁の弾力 [続きを読む]
  • 腸をきれいにすることは、健康になる近道
  • アラブ、エジプト一旅行した際に、同行していた他の3人がすぐに敵しい下痢に見舞われたのですが、私だけが、下痢をせずに旅行を楽しむことができました。日頃から食べていた乳酸菌FK-23菌の効果しか考えられませんでした。FK−23菌を愛用してから元気になってきたことを実感していました。人は1日30品目を食べることなどが奨励されていますが、これは健康食品も同様ですが、取り入れた栄養が腸内の善玉菌と悪玉菌によって、健 [続きを読む]
  • 血管年齢が若くなる「FK- 23菌」
  • 私は、糖尿病、高臆面症、高血圧症の薬を処方をしてもらっていました。しかし、それほど深刻な問題とはとらえていませんでした。 それが57歳の時、自動車を運転中に急に胸が苦しくなり、かかりつけの医院に行ったのですが、心筋梗塞と言われ、救急車で病院へ運ばれました。運ばれる途中で意識がなくなりました。 ニトロを投与しても効果はなく、心臓カテーデル検査では、冠状動脈の血管が99%も詰まっていて、家族には [続きを読む]
  • 日本の食卓で唯一足らない栄養素は、カルシュウム
  • カルシユウム不足を補うのに補強食品やクスリをいくら補っても、吸収率が悪く非効率的です。カルシュウムは、マグネシュウムと一緒に摂取してこそ、真価を発揮します。骨はカネシュウムを主成分として、2が月サイクルで作り変えられています。カルシュムは、成長する子供や骨粗しょう症のおばぁちゃんだけが必要とするものでなく、一生を通じて必要な栄養素です。植物から作られた水溶性イオン化カルシュウム・カルマックスなら簡 [続きを読む]
  • 健康によいふっくらごはんの炊き上がり
  • 水道水には、おいしくたきあげるパワーがありません。水溶性イオン化カルシュウムをお米2合あたり小さじ3分の1弱いれれば、カルシュウムが補え、ふっくらたきあがります。保温してもたきあがりご飯をキープ家庭習慣が根本から変わるhttp://ckkm.main.jp/newpage15.htm現代の食生活で不足しがちな亜鉛を強化し、各種のミネラルがバランスよく含まれているイオン化ミネラル液です。 亜鉛は体内にて、免疫力を高め、味覚・嗅覚を [続きを読む]
  • からだによい水
  • コップ2杯の《いい水》を一日3回、食前30分から1時間前に飲みますと、 胃腸がきれいになって病気を遠ざけるといわれています。 では、《いい水》とはどんな水のことをいうのでしょうか。 結論をいいますと、「いい水とは有害物質を含まず、イオン化した必須ミネラルをバランス良く含んだ水のことです。」 イオンは物質として最も小さい単位で、1ミリの500万分の1〜330万分の1です。これは細胞膜を通過するサイズで [続きを読む]
  • バナナでリンパ球が5倍に増加
  • 毎日の食事を工夫するだけで、リンパ球を数倍にし、攻撃力を劇的に高める珪素を含む食品や水溶性珪素を摂取するリンパ球を作り出し、強化する器官として重要な器官が胸腺といわれています。この胸腺は20歳をピークにどんどん萎縮が始まり、40代には半分程度の大きさに、70歳代では10%程度になってしまうといわれています。この胸腺を作っているのが珪素という成分です。この珪素を含む食品は海藻(わかめ、昆布、ひじきな [続きを読む]
  • 癌は、薬の開発だけで、この世から無くなるのか
  • 人間は、肉体と意識(心)と無意識(仏)という、少なくとも3つの要素で構成されていて、この3つの要素が、互いに密接に関係して、運命通りに生かされ、運命通りに癌などの病気が発症しています。癌は不思議な病気です。いくら早期発見や早期治療をしても死亡率に改善が認められなく、不思議な特徴がいくつもあります。過去50年間で、死亡率がほとんど変わっていないことです。胃がん、肺がんなど個々のがんによる死亡率はこの間 [続きを読む]
  • プロテサンのフエカリス死菌体乳酸菌とは
  • プロテサンは、フェカリス菌が主成分の乳酸菌サプリメント、フェカリス菌自体はいろんなサプリメントに含まれている乳酸菌なのですが、プロテサンに含まれるフェカリス菌の最大の特徴は、死菌であるということです。死菌とは、あらかじめ加熱することで、死んでしまった乳酸菌のこと。 一般には、乳酸菌は生きたまま腸に届いた方が良いとされており、市販されている乳酸菌にも、生きたまま腸に届くので効果がでる乳酸菌です!と謳 [続きを読む]
  • 乳酸菌生産物質は、免疫力強化し抗がん剤副作用緩和してくれます
  • 抗がん剤療法は患者の死期を早める 抗がん剤と聞くと多くの人が「副作用」をイメージすると思います。実際にそのとおりで、 患者さんのからだに大きな負担を強います。 そもそも抗がん剤は、放射線療法と同様に正常な細胞にもダメージを与え、その新陳代 謝などの生体活動もすべておさえこんでしまいます。がん細胞の活動をおさえるために、 すべての細胞を犠牲にしているというわけです。  抗がん剤治療を受けると、吐き気、倦怠 [続きを読む]
  • 癌の延命は、徳で決まる
  • 癌は不思議な病気です。いくら早期発見や早期治療をしても死亡率に改善が認められなく、不思議な特徴がいくつもあります。過去50年間で、死亡率がほとんど変わっていないことです。胃がん、肺がんなど個々のがんによる死亡率はこの間に大きく減ったり増えたりしていますが、すべてのがんを合わせた死亡率がほとんど変わっていないのです。 もうひとつは、世界中どの国でも、がん死亡率が同じくらいになっていることです。先進国だ [続きを読む]
  • ニギビを解消してくれる乳酸菌
  • 10代のニキビは、ほとんどが過剰な皮脂が原因です。過剰な皮脂の分泌で毛穴が詰まったり、汚れたりすることでアクネ菌が繁殖し、ニキビに発展しやすくなります。洗顔して清潔にすることを心がけることが大切です。大人のニキビは、ストレス・ホルモンのバランス・長時間のお化粧・オフィスの乾燥など様々な原因があります。10代のニキビと同じように皮脂対策ばかりしていては、大人のニキビはなかなか治らないのです。便秘になると [続きを読む]
  • 癌克服するためには、筋肉維持が大事
  • 手術、投薬に耐えるために、食べて動いて体重維持癌と戦うためには栄養状態と十分な筋肉がとても大切であることが明らかになっています。筋肉が減ると、合併症になったり、抗がん剤の副作用が強いことが、明らかになっています。その事を裏付けするように、肥満の方の術後の回復も良好で生存率が高いそうです。術後の回復エネルギーを生み出すために筋肉が分解されて体重が減りやすので、筋肉が十分であれば、手術に耐え、速やかに [続きを読む]
  • 癌細胞を死滅させる食べ物
  • 1、唐辛子唐辛子の薬効成分は、一番良いとされるハーブと同じ効果があります。特に消耗性疾患に良く効きます。現代医学はガンを消耗性疾患と呼びます。生の唐辛子でも乾燥した唐辛子でも、どちらも、ガン細胞を効果的に殺し、ガン細胞の増殖を抑えます。2、ニンニク古代アジアの導師達は、ニンニクは病気を治す魔法の食べ物だと言っています。ニンニクは病気全般と戦ってくれます。天然の抗生物質であり、抗ガン作用のある食べ [続きを読む]
  • 癌と寿命、運命
  • 人間は、生まれてから死ぬまで、みんな幸せを求めて努力しています。ところが、現実には病気をしたり、事故にあったり、悲しいことがあったりします。それが持って生まれた因縁で、その因縁を誰もが運命として背負っているからです。運命と言う言葉は、生命を運ぶと書きます。この命を運ぶ因縁を清めて行くことで、正しい道が示され、運命が変り健康、寿命を延ばせて、幸せを得ることが出来ます。ご先祖様と私たちとの関わりを一木 [続きを読む]