たかゆき さん プロフィール

  •  
たかゆきさん: LADY SOUL MUSIC 聴こうか!
ハンドル名たかゆき さん
ブログタイトルLADY SOUL MUSIC 聴こうか!
ブログURLhttp://ladysoulss.blog.fc2.com/
サイト紹介文結婚〜子育てで長らく離れていた音楽を聴きなおすようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 15日(平均5.6回/週) - 参加 2017/08/09 20:02

たかゆき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Juanita Dailey/Free (1998)
  • Juanita Dailey/Free (1998)ファニータ・デイリーと読みます。おそらく唯一のアルバムです。98年リリース当時の流れからすると、ちょっと異質ともいえる本格的(保守的?)なSOUL R&Bのアルバムです。カヴァー曲も多いです。デビュー盤で、これはある意味、冒険かもしれません・・・が、あまり売れなかったのかもしれませんね。ゴスペル出身、祖母はマーヴィン・ゲイの名付親(ライナーノーツより)という由緒正しい(?)お方のよう [続きを読む]
  • Jennifer Hudson/Jeniffer Hudson (2008)
  • Jennifer Hudson/Jeniffer Hudson (2008)オーディション番組アメリカン出身の歌手兼女優の1stアルバムです。2006年の映画ドリームガールズにオーディションを経て出演し、主演のBeyonceを食った演技で第79回アカデミー賞の助演女優賞受賞しています。ゴスペル、SOUL R&B、ファンクとブラックミュージックの総ざらえのようなアルバムで序盤は、まだまだ余裕のある歌いっぷりで普通ですが、中盤以降がガンガン歌ってくれています。終 [続きを読む]
  • Tatyana Ali/Kiss The Sky (1998)
  • Tatyana Ali/Kiss The Sky (1998)主に女優として活動しているTatyana Aliの唯一のアルバムです。思い出しかのように2014年にEP盤が出ているようですが未聴です。女優さんのアルバムだからか割とキッチリ・カッチリ作られています。奇をてらったような曲や冒険している曲もなく安心の一枚です。リビングでかけたりしていました。逆にある一定のフォーマットからはみ出してはいないので、言ってしまえば普通です。然しながらUS,UKで [続きを読む]
  • Rihanna/Rated R (2009)
  • Rihanna/Rated R (2009)4thアルバムです。2009年に当時交際していたChris Brownに口論の末に暴行を受ける事件の後に発表されたアルバムで、コンセプトはバイオレンス風。被害者なのによくそんなの出せるなと凡人には理解ができねます。冒頭から「バイオレンス」な雰囲気で、イメージで「怖い」とアルバム自体を評価される方もおられようですが、サイバーでPOPなアルバムで中盤には聴かせる曲もあります。よく出来たコンセプトアル [続きを読む]
  • Soulhead/Oh My Sister (2003)
  • Soulhead/Oh My Sister (2003)日本の姉妹グループの1stアルバムです。洋楽CDのバーゲンコーナーに紛れていて完全にジャケ買いで邦楽と知らなかったので正気「しまった」と思ったのですが、これが想定外のなかなかの好盤でした。2003年発売でオリコン最高3位ということですので、有名な方々の有名なアルバムと思いますが、邦楽に疎い自分は全く知りませんでした。ごちゃまぜ感がちょうど良い(ある意味正統派な)ファンク、ソウル [続きを読む]
  • Brandy/Afrodisiac (2004)
  • Brandy/Afrodisiac (2004)4thアルバムです。派手さがないものの結構カッチリと作りこまれています。歌までデジタルエフェクトをかけている曲もありますが、Brandy節は壊れていないのはさすが。アルバムを通して聴いても選曲〜曲順の良さからトータルでみて完成度は非常に高いと思います。この後、人身事故を起こした影響などで、人気が翳っていきますが、最後のヒットアルバムといえる好作です。ソウル・R&Bランキングにほんブロ [続きを読む]
  • Beyonce/4 (2011)
  • Beyonce/4 (2011)タイトル通りの4thアルバムです。聴かせる系の曲が大半だっため、ガッカリとの意見も多く見受けられましたが、聴き込むにはちょうど良いアルバムです。その聴かせる系の曲もSOUL、R&Bっぽくないって?では、その定義は?何をもって?と問いたくもなります。魂を感じさせてくれる歌とサウンドでいいじゃないですか。4枚目が節目というのはLED ZEPPELN然り??10年後、20年後も聴けるアルバムだと思います。ソウル・ [続きを読む]
  • Anita Baker/Compositions (1990)
  • Anita Baker/Compositions (1990)3rdアルバムです。デビューアルバム〜からの3部作の最終形といえるかもしれません。ソウル〜R&B色は少々薄れていますが、独特のメロディや後半ジャジーな曲は聴き飽きません。BGM代わりに聴いてみたところ結局聴き入ってしまいました。クワイエット・ストームと括られて、若い頃は「年寄りが聴く音楽」と敬遠していましたが、自分も歳をとったんでしょうね。いやっロック一辺倒からジャズに傾倒し [続きを読む]
  • The Chimes/The Chimes (1990)
  • The Chimes/The Chimes (1990)UKのグループの多分唯一のアルバムです。ヴォーカルのPauline Henryは、その後、ソロで何枚か出しています。さすがに今聴くと、ちょっと古く感じられるサウンドですが、ひたすらアツい歌で全て覆われています。U2のI Still Haven't Found What I'm Looking Forのカヴァーもアフリカンなアツい曲になっていて、原曲の寒々とした感じはなくなってしまっていますが、ソウルフルな曲だったんだなと再認識 [続きを読む]
  • Lumidee/Almost Famous(2003)
  • Lumidee/Almost Famous(2003)1stアルバム。Never Leave You (Uh Oooh, Uh Oooh)が印象的ですが、他の曲も音数少なめのバックトラックと独特なエキゾチックで叙情的なメロディーで佳曲が多いです。ですが、アルバムを通して聴くと、あまり印象に残っていないというか・・・一曲ずつは本当に良いのですが。彼女の歌い方が、どの曲も同じようなことが原因かもしれません。なんかこう突き抜けて「ソウル」を感じるような歌い方ではありま [続きを読む]
  • Cindy Mizelle/Cindy Mizelle(1994)
  • Cindy Mizelle/Cindy Mizelle(1994)バックコーラスで色んなトコに顔を出してた(多分)唯一のアルバムです。確かミック・ジャガー〜ストーンズに参加したことから購入したと思います。AOR的な破綻のアルバムで安心して聴いていられる・・・けど、そんなに特徴もないような気がします。良盤には違いないないけど、ちょっと型にハマりすぎです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • Mary Mary/Thanksful (2000年)
  • ゴスペル系姉妹グループの1stアルバム。当時、試聴してキャッチーな前半(4曲目 Shackles (Praise You)まで)を気に入り、購入した記憶があります。中盤以降のミディアム〜スローテンポの曲は、あまりピンとこなかったのですが、改めて(年を取って)聞くと、このグループの持ち味であるゴスペル〜ソウル的な独特な感じは中盤以降の曲にあるように感じます。中盤以降ダルく感じ、とっちらかった印象でしたが、聴きかたによって通し [続きを読む]
  • 過去の記事 …