唐上なり さん プロフィール

  •  
唐上なりさん: フリーランスの嫁
ハンドル名唐上なり さん
ブログタイトルフリーランスの嫁
ブログURLhttps://furiyome.blogspot.jp/
サイト紹介文フリーランスの夫と暮らす嫁の暮らしのキロク。手帳や家計管理、夫を観察してみて思ったことをゆるりと。
自由文フリーランス夫と暮らす日々の中、ちょっと面白かったり嬉しかったりすることを書き留めておきたいなぁと思い、このブログを始めることにしました。
暮らしのことと、手帳や家計管理などの嫁の日々と趣味もたっぷり添えつつ。
収入不安定の代名詞?のように言われることの多いフリーランスだけど、その嫁は、こんな暮らしをしているよ、と遠くの友達からの手紙を読むように、このブログを楽しんでいただけたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 46日(平均4.1回/週) - 参加 2017/08/10 12:41

唐上なり さんのブログ記事

  • 【9月分】今月のお散歩状況ご報告。
  • ども、嫁の唐上なりです。ちょっと早めですが、9月のお散歩ウォーキングの状況などをまとめてみます。2ヶ月目の振り返り。ええとですね、正直に書きますと、9月は殆どお散歩できておりませんで…。気分リセットから始まっているお散歩ですが、何かしらの運動を習慣化したいとは前から考えていたので、目的を「運動の習慣化」にスライドしていこうとしています。なのに、せっかく8月時点でほぼ1ヶ月続いていたのに、また初めからや [続きを読む]
  • スマホ依存になる前に森に行くことにした
  • ども、嫁の唐上なりです。来年の手帳に能率手帳もいいなぁ、なんて思ってたら能率手帳ゴールドが55周年だと教えてもらいまして。手元にあったおやつを見たら、コイケヤさんも55周年って書いてあったです。お、キミタチ同級生なんだね!なんて思いながらむしゃむしゃ食べました。手帳はまだ決まっていませんが、ポテチは美味しかったです。かっちょよく言うのならデジタルデトックス?今日はスマホのおはなし。便利だし生活必需品で [続きを読む]
  • 手帳の年間ページで習慣化チェックしてますよ
  • ども、嫁の唐上なりです。9月も半分が過ぎましたねぇ。ということは、ということはつまり、本年も4分の3が過ぎ去ろうとしているわけです…。毎度毎度この時間の素早さにびっくりしますが、手帳なりノートなりで記録を取るのが好きになってからは、時間が過ぎることがイコール全てマイナスだとは思わなくなりました。今ぐらいの時期って、手帳が程よく書き込まれて可愛くなってくる時期でもあるからです。今日は、年間ページでやっ [続きを読む]
  • いつだってトライアンドエラーなんだ
  • ども、嫁の唐上なりです。先日おかゆの話をしたあと、無事にスープジャーを確保しました。えへん。そして早速作りました、試しましたスープジャーでおかゆ作り。おかゆの記事はこちらからどうぞ。?? 良いと思ったら試す、身軽さを手に入れたい。作った後にどうなったかというと結論から申し上げますと、私には合わなかったです…。スープジャーで作れる手軽さは、とてもとても良かったんです。でもね、味が、どうも整わなくてで [続きを読む]
  • 初めまして、と手にするパスポートは楽しい。
  • ども、嫁の唐上なりです。スタバの豆を初めて買ってほくほく気分でございます。コーヒー自体はそこそこ飲みますが、こだわりとかそういうのは全く無く。こだわり無いが故に知識も無く、なんちゃらブレンドやらコーヒー豆の種類がどーだこーだも「なんだか呪文みたいで可愛いなぁ」で終わっちゃう程度のコーヒー飲みです。サクッと美味いのが飲めればいい、というある意味ゼータクな嗜好。ラテやクリーム系などの甘いのも良いけれど [続きを読む]
  • 決めつけない、ということ。
  • ども、嫁の唐上なりです。今日は読んだ本のおはなしなど。「あのひととここだけのおしゃべり」というタイトルがいいなぁ、と思って手に取ったらよしながふみ先生でした。「ここだけのおしゃべり」って言い方、なんかいいですよね。しかも「あのひとと」って、限られた関係の中での、密やかなおしゃべり。あなたとわたし、で成り立つ会話。うん、そういうの、好きです。決めつけない、ということ対談相手は漫画家9割、残りは小説家 [続きを読む]
  • 形が無いから、好きな形にしてもいいってこと
  • 少し前のことになるのですが、今年の誕生日に旦那氏に石をもらいました。ジュエリーなどの宝石ではなく、雑貨屋さんで見つけた天然石。パワーストーンって言うのかしら?たまご型に磨かれたかわいいこです。天然石は気になってはいたものの、ピンとくる出会いがなく、今まで手に入れたことはありませんでした。根拠はないけれど、必要になれば手元にやって来るんじゃないかな、と思っていて。そしたら今年、なんとなく手元にやって [続きを読む]
  • ブログを始めて1ヶ月が経った嫁が思うこと。
  • このブログ、「フリーランスの嫁」ってタイトルなんですけれどね、「フランダースの犬」みたいだな〜っていう、語呂の良さだけで決めたところがあります、正直に言うと。なのでブログタイトルだけで「フリーランスとして働く嫁」のブログだと思ってしまわれたら申し訳ないです…。一応、自己紹介とかで説明してるつもりではありますが、いやぁ言葉って読み取り方がたくさんありますね。改めて書くと、「フリーランス(という肩書き [続きを読む]
  • 良いと思ったら試す、身軽さを手に入れたい。
  • ども、嫁の唐上なりです。前にTwitterで見かけて、気になっていたおかゆ生活。試しに家にあった一合用の土鍋で炊いてみたら、食べやすいしお米の量は半分で済むし、おかゆも良いなぁと思っていたんです。小さな土鍋も可愛くて、ぐつぐつと炊くこと自体は好きだったんですが、さすがに毎日土鍋で炊けるかというと、炊けなかったですね…。すっかりたまーに炊く「特別なごはん」になってしまいました。でも、寒くなってくると冷えや [続きを読む]
  • 三年先の自分を考えてみよう、の巻。
  • ども、嫁の唐上なりです。今日は所用で郵便局に行ったんですけれど、車を降りた瞬間にザーッと雨が降ってきまして。既に時刻は閉局20分前だったので、雨宿りする暇はないなーと判断して小走りで100mほど先の郵便局へ駆け込んだんです。傘もないまま。まぁ、濡れますよね。局内は冷房が効いてて、濡れた端から冷えるけれども仕方ない、とササっと用事を済ませることに。レターパックを購入し、局内で宛名を書いていたら、横からタオ [続きを読む]
  • 冷蔵庫に潜んでいたノスタルジーとしょうゆ差し
  • ども、嫁の唐上なりです。冷蔵庫って、たまに奥底から何かが発掘されたりしますよね。大きめのサイズに買い替えた時に、そういった死蔵品が出ないように意識はしていたんですけれども、死角というものは目に見えなくなるから死角というのだな、と再認識しました。とはいっても、今日の発掘品は、しょうゆ差しです。セーフ!小さい頃から、このしょうゆ差しが実家にありました。中身が無くなると、食料棚から大きなしょうゆボトルを [続きを読む]
  • 月に一回はたっぷり自分を褒めほめする月次レビューの日。
  • ども、嫁の唐上なりです。毎月末日か一日頃に、月次レビューをやっています。かしこまった形式ではなくて、軽〜い感じで1ヶ月の振り返りトピックをまとめるだけ。トピックのテーマは「できたこと」「やれたこと」で、自分を褒めほめすることを目的としています。今月も頑張ったぞ〜、というノリです。本を●冊読むとか、●?痩せるとか、具体的に数字で見れるものは「ここまで頑張った!」というポイントに気が付きやすいのですが [続きを読む]
  • ウォーキングがほぼ1ヶ月続いたぞー!のご報告。
  • ども、嫁の唐上なりです。以前の記事に書いた、「お散歩が三週間続けられた」後の経過報告をすこし。前の記事はこちら。??一日の中にリセットボタンを仕込むお散歩のつもりだったのに、いざ外に出るとウォーキングになってたり、その逆もあったりして、自分が続けてるのがどっちだったかが混乱してきました、苦笑。今のところ「ウォーキング」っぽい動きに行き着きそうなので、記事タイトルはウォーキングにさせてくださいね。 [続きを読む]
  • ねこ写真展のお土産がノートカバーにぴったりだったはなし。
  • ども、嫁の唐上なりです。岩合光昭さんの写真展「ねこ」を観てきました(*´ω`*)もうね、前売りがね、すでにねこ型でしてね…!カワイイ。これが欲しくて前売り券を買っておいたくせに、会期最終週に滑り込む羽目になりましたが、まぁそれはそれとして。ねこですし岩合さんですし、もう説明不要だと思うんですが、見渡す限りねこだらけで幸せな展示でした…。さすがに御本尊は召喚できないのでペット不可の賃貸暮らしとしては、ね [続きを読む]
  • 月曜日の好きなとこ
  • ども、嫁の唐上なりです。今日は、ひとつラッキーなことから1日が始まったので、ちょっとご機嫌でした。我が家のある地域は、月曜と木曜に可燃ごみ回収日があります。つまり、今日。うっかりごみ回収時間を寝過ごしてしまい、布団の上で時計を見て、寝過ごしたことに気がついた私は絶望の淵におりました…。玄関に用意しておいたごみと共に木曜まで暮らすのか…虫防止のスプレーしとかなきゃ…と、夏のごみとの共存をあれこれ考え [続きを読む]
  • 俺にしとけよ、とTSUTAYAは言った(妄想)
  • ども、嫁の唐上なりです。嫁は本を読むのが好きです。一番多いのはマンガ本ですが、小説も児童文学系も実用書も雑誌も、気になればなんでも見るタイプ。「本好き」の定義は、かなり難しい議論になりそうなので、ここでは全部ひっくるめて「本が好き」ならもう「本好き」でいいじゃん、という表記をさせてもらいますね。さて、そんな本好きがぶち当たる壁があります。地方の入荷遅れってやつ。どうにか入荷遅れを短縮できないか、私 [続きを読む]
  • 美味いものの前では言葉は無力だ…
  • 旦那氏が沖縄マンゴーをもらって帰ってきました。早速冷やして食べたんですが、二人して「あまー!」「うまー!」しか言えずに黙々ともぐもぐ。普段、あまり果物を食べることが少ない我が家。正確には、買っても美味しいうちに食べきれないのですよね…。くだものって、足が速いし。なので、今はごくたまに小分けされたものを買うか、ゼリーや加工されたものばかりになってしまいがちでして。いやはや、やっぱり自然のくだものの方 [続きを読む]
  • 手帳的みにくいアヒルのこ物語
  • ども、嫁の唐上なりです。来年の手帳を考えていると、今の手帳の使い方を見直したくなるシーズンまだまだ進行中です。今日は、今年彗星の如く現れた「ご飯ログ手帳」をどうするかを考えていました。最初はおまけの子だった「ご飯ログ手帳」…なんのひねりもありませんが、そのまんま「献立の記録」ノートです。昨日なに食べた?的なアレ。2017年を迎えるにあたり行っていた手帳会議では、特に記録しようとも考えていなかったご飯ロ [続きを読む]
  • 手帳を選ぶポイントを考えてみた【サイズ編2】
  • ども、嫁の唐上なりです。前回のサイズ編を書いていたら、トラベラーズノートパスポートサイズに挟む手帳のサイズで迷ったことあったなぁ…と思い出しまして。自分メモの意味も含め、記録しておくことにしました。どなたかの参考になれればいいな。このみっつで比べてみたとはいえ、比べたのはこのみっつだけです。サンスター文具 ミニマンスリー能率手帳 普及版/小型サイズ無印良品 マンスリーノートB7ひとつめ:サンスター文 [続きを読む]
  • 手帳を選ぶポイントを考えてみた【サイズ編】
  • ども、嫁の唐上なりです。来年度の手帳情報が巷を賑わし始める夏になると、そろそろ来年の手帳構成を考えておかないとなぁ、と思います。いわゆる手帳会議ってやつです。自分に必要な手帳ってなんだろう、と考えるアレです。来年の自分について考えるには、まず現状を知るべし、で。「今」の自分の手帳の使い方を振り返ったら、「次」に必要なものが見えてくるんじゃないかしら?ということで、私が手帳を選ぶ時に、「どういうとこ [続きを読む]
  • 【夫語録】聞いてないようで聞いてるアイツはこう言った。
  • ども、嫁の唐上なりです。私は頭の中で考えていることを書くなり喋るなりして、一旦吐き出して整理することが多いのですが、喋る時にはだいたい旦那氏がサンドバックです。(サンドバックって書くと、なんだか私がヒドい嫁みたいですが、ち、違いますから!)柳のように、風に吹かれても折れることなく、そこにあるがままゆらゆらと風を受ける。そんな感じで聞いてくれます。何か意見が欲しい時には、こちらからそう言えば意見を返 [続きを読む]
  • 一日の中にリセットボタンを仕込む
  • フリーランスとひとくくりで言っても、職種も仕事の内容もたくさんあるわけで。ということは、働く時間帯も十人十色、百人百色な訳で。勤務時間を自由に決められるのがフリーランスの良いところですけれど、それは裏を返せば「自己管理が大前提」ってことなのは、あちこちで聞く話です。…それ、フリーランス本人だけの話だと思ってました。嫁だって影響を受けちゃうんだよ完全なる自宅仕事のみではない場合は、お仕事によって拘束 [続きを読む]
  • かばんひとつさえあれば
  • かばんひとつで生きていけるような、身軽さに憧れています。断捨離とか、ミニマリストとか、シンプルライフとか。いろんな言い方とやり方があるけれど、おそらく根っこのところは全部同じところを目指しているんじゃないかな、なんて考えたりします。自分にとっての適量を探す旅路なんじゃないかしら。そんなことを考えていたら、似たようなフレーズに憧れていたことがあった、と思い出しました。「荷物の少ない女」出どころは西 [続きを読む]
  • 手帳が好きと言ってもイッパイアッテナ
  • どこにでもある、ありふれたもの。あちこちで買えるし、もっている人も多い。なのに、それが好き、というと少し驚かれる。そんな不思議な存在が、手帳です。手帳好きって、もっとメジャーだと思っ(自主規制会社勤めだと、朝礼時とかにスピーチなどで喋る機会があったりしますよね。私、どうしてもネタがないときに、手帳の話をしたことがあります。…予想はしていたけど、反応うっっっっっす!!!!!でもごめん、私この1分間、 [続きを読む]