スピリチュアル氣功師のリハビリ さん プロフィール

  •  
スピリチュアル氣功師のリハビリさん: スピリチュアル氣功師のリハビリ
ハンドル名スピリチュアル氣功師のリハビリ さん
ブログタイトルスピリチュアル氣功師のリハビリ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nikkotommnokaigo
サイト紹介文異次元介護
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 2日(平均24.5回/週) - 参加 2017/08/10 14:57

スピリチュアル氣功師のリハビリ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 松果体の意味5
  • 人間にとって「当り前」と言う考え方からは幸福も成功も、ましてや、健康はありません。何故ならば、当り前からは一切「感謝」が生まれないからです。「感謝」のない人間に幸福や成功・健康はなく、あっても全てがなくなります。そして、「価値観」が物質や金や権力やプライドからくる価値観を持つ人間も、幸福はありません。欲には満足がなく、達成もなく、すべてが失われていくのが人間の宿命です。例えば、食べる欲、出す欲、物 [続きを読む]
  • 松果体の意味4
  • 人間を生きるための条件は全てのものへの感謝です。まず、大自然と言われる地球が、空気・水・土を揃えてくれて始めて生きられるのです。そして、生物・動物・植物・鉱物などがあるから生きられるのです。そのあらゆる生命の維持をさせているものこそ“太陽”が中心であり、太陽によりすべてのものが生かされているのです。そして、その太陽(恒星と惑星たち)をも創ったのが、大宇宙創造の主(サムシング・グレート)と言う存在な [続きを読む]
  • 松果体の意味3
  • 人間は生きるという意識を持って、神により知能と肉体を使わせて頂いている動物です。しかし、動物と違うことは霊長と言うがごとく、他の動物にはない「一心(一神)一体」。一つの身体に自我(もう一人の自分を含む)と神が存在していることです。動物は1個単位で神が内在しておらず、一つの神が集団管理しています。しかし、意識がない訳ではなく、本能と言う部分(大小あり)では個の単位での存在を認められています。動物の中 [続きを読む]
  • 松果体の意味2
  • 松果体に内在神(守護神)、自分(自我)、そして、もう一人の自分(守護霊)が宿っています。内在神の役割りは、天上界で自我と守護霊たちが今世の課題を申請したことを、今世の肉体に同体になり人生を見守ることです。見守ると言っても、肉体を動かす(生きる)役割りが主なことです。松果体には神経が1500万本あり、その内500万本は精神として、650万本は頭(脳)部に使い、350万本は首から下の肉体に使います。で [続きを読む]
  • 松果体の意味1
  • 人間の後頭部(脳幹のつけ根)にある松果体はたった約8mmの器官です。人間が生きている内に、松果体にメスを入れることは不可侵です。もし、侵害すると死ぬか、正常な症状が悪化します。松果体は、8mmの松ぼっくりのようで、茶っぽい4〜6枚花弁があります。例えて言えば、蓮の花の上に仏陀が座っている状態が花弁の開いた時です。即ち、人間は松果体の花弁が開くことこそが、神の子人間の人生の目的です。つまり、悟り・覚 [続きを読む]
  • 人間を生きる
  • 人間の人生は、すべて自分の意識と行動の結果により決まります。つまり、人間の輪廻転生により、来世への課題を自分(魂)が、縁のあった魂たちと共に今世を決めて来るの(下生)です。即ち、魂の世界(天上界)での魂の存在は、自分の因果応報として今世の一生を組み立てているのです。人間は肉体に魂が入魂されます。それを生きることと言います。人間の遺伝子には、その人生の課題と縁ある魂たちとの関係についても、肉体的には [続きを読む]
  • はじめに
  • スピリチュアル氣功師の日光十無(とむ)と申します。氣功治療(身体に触れる気功療法と触れない気功療法)を通じて、この16年間で10,000人以上の患者様に関わってきました。この度、スピリチュアル氣功師のリハビリ「異次元介護」と題して、今までの氣功治療(こころと身体)を通じて知り得たことやあくまでも私の体験したことで、皆様に是非聞いて頂きたいことを投稿します。なお、内容の一部(こころの部分)に、どうし [続きを読む]
  • 過去の記事 …