lamed30.segulah さん プロフィール

  •  
lamed30.segulahさん: 意識した人のための、これが最後のメ・ソッド
ハンドル名lamed30.segulah さん
ブログタイトル意識した人のための、これが最後のメ・ソッド
ブログURLhttp://lmed.wp.xdomain.jp/
サイト紹介文生きずらい、死んだら今よりも楽になっている人の為のサイトページです。死ぬ為にも準備が必要です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 3日(平均37.3回/週) - 参加 2017/08/12 01:41

lamed30.segulah さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • もくじ
  • はじめに〜生まれた以上は死ぬ〜 LAMEDへようこそ <筆者より> さまざまな「死」 《隠された真実》自殺の実態 「死生観」とは何か現代人の死に対する意識――アンケート調査の結果から 死の恐怖と受容のプロセ … "もくじ" の続きを読む [続きを読む]
  • はじめに〜生まれた以上は死ぬ〜
  •  生まれた以上は死ぬ。  いくら大金持ちであっても、この世の権力をどれだけ手中に収めたとしても死ぬ。  総理大臣であっても、大富豪であっても、大企業の社長であっても死ぬ。  だれも死を避けることはできない。    現代人 … "はじめに〜生まれた以上は死ぬ〜" の続きを読む [続きを読む]
  • 「死生観」とは何か
  • 「死生観(しせいかん)」という言葉がある。 死生観とは、死を通した生の見方。すなわち、死および死後の世界のことを視野に入れた人生観である。 自分がどのように死に対して向き合い、その上でどのような生き方をするのか、それがそ … "「死生観」とは何か" の続きを読む [続きを読む]
  • LAMEDへようこそ <筆者より>
  • “最後のヨガ”LAMEDへようこそ。 あなたは、「死」に対して興味があるだろうか? いや、興味という言い方がしっくりこなければ、死を身近に感じるとか、死が恐怖であるとか、死が得体のしれないもので何 … "LAMEDへようこそ <筆者より>" の続きを読む [続きを読む]
  • はじめに〜生まれた以上は死ぬ〜
  •  生まれた以上は死ぬ。  いくら大金持ちであっても、この世の権力をどれだけ手中に収めたとしても死ぬ。  総理大臣であっても、大富豪であっても、大企業の社長であっても死ぬ。  だれも死を避けることはできない。    現代人 … "はじめに〜生まれた以上は死ぬ〜" の続きを読む [続きを読む]
  • サマディ
  • 人は死んだらどうなるのか? そのヒントは、”三昧(さんまい)”という言葉に隠されていた。 「〜〜ざんまい」。 何かに没頭していることを表わす三昧は、寿司ざんまいとか読書ざんまいなどと用いてなじみ深 … "サマディ" の続きを読む [続きを読む]
  • 臨死体験
  • 1981年のギャロップ調査では、アメリカ人の成人のうち、約20人に1人が臨死体験をしているという。アメリカの全人口に当てはめると800万人という数字になる。臨死体験は、広範な現象なのである。 ■検証・死後の世界(15) … "臨死体験" の続きを読む [続きを読む]
  • 〈死〉にまつわる数字
  • 今回の記事は、死にまつわる数字のいろいろ。 死について、さまざまな角度から数字で概観していただきたい。 ・40秒に一人が自殺している ・一日の死亡者数は15万3000人 ・医者の誤診で年間7000人以上が死亡している ・ … "〈死〉にまつわる数字" の続きを読む [続きを読む]
  • 退行催眠
  • 「退行催眠」とは、催眠の暗示によって過去の記憶に連れ戻し、抑圧されて忘れてしまったような記憶を思い出させる方法である。 これはもともと、幼少時に心に受けた傷(トラウマ)を探るために有効な手段とされてきたが、それがたまたま … "退行催眠" の続きを読む [続きを読む]
  • 幻覚と臨死体験の違い
  • 【幻覚】 【臨死体験】 1 幻覚を引き起こす条件(脳の機能異常、薬物投与、尿毒症、高熱など)が存在するほど、幻覚の発生率は高くなり、体験も豊富になる。 脳内の酸素の供給状態、熱の高さ、薬物投与の有無にかかわらず、一定の比 … "幻覚と臨死体験の違い" の続きを読む [続きを読む]
  • 幽体離脱に関する報告
  • #コラム 《幽体離脱に関する報告》 今回は、生と死、肉体と意識にまつわる興味深い調査結果を紹介したい。 体外離脱体験、というものはご存じだろうか。眠っているときや麻酔のとき、病気やひどい痛みの最中、あるいは瞑想に入ってい … "幽体離脱に関する報告" の続きを読む [続きを読む]
  • 迫り来る”死の軍勢”
  • ここ何回かのコラムでは、宗教的な内容をいくつか引用してきた。 個々人の信仰や宗教に対する捉え方・考え方はお任せするとして、「無常と死」という普遍の真実があることは強調してお伝えしたい。 無常であるがゆえ、死は自らの身にい … "迫り来る”死の軍勢”" の続きを読む [続きを読む]
  • ”いまわの際”の言葉〜無常観と死の苦しみ〜
  • #コラム 《”いまわの際”の言葉〜無常観と死の苦しみ〜》 死は”究極の平等”ともいわれ、すべての人に例外なく訪れる。 古来、日本では、人が世を去るときの様々な心情を、「辞世」という独特の表現で言葉に表わしてきた。 そうし … "”いまわの際”の言葉〜無常観と死の苦しみ〜" の続きを読む [続きを読む]
  • 過去の記事 …