yuki さん プロフィール

  •  
yukiさん: 正面突破!イ・ミンホ with シンイ
ハンドル名yuki さん
ブログタイトル正面突破!イ・ミンホ with シンイ
ブログURLhttps://ameblo.jp/yukiukiyon
サイト紹介文イ・ミンホドラマシンイ他二次小説とイ・ミンホブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 12日(平均37.9回/週) - 参加 2017/08/12 01:45

yuki さんのブログ記事

  • 七夕special Vol.15 ーチャン・ビンの怒声ー
  •  テマンに怒声を浴びせたチャン・ビン。  「早く、二つの板をもってこいっ」 「今すぐに、早くっ」  そのような物言いを、これまで誰も聞いたことがなかった。あの王妃が刺された時も、チェ・ヨンが自分で自分の腹を刺し貫いた時も、この男は、このような声をあげはしなかった。  ただ、冷静に、ただ、すべてを一瞬で見極め計算し、結果を予測し突き進み、そして必ず、成果を挙げる。そのような高麗の侍医、チャン・ビン。 [続きを読む]
  • 痩せる気あるのか!今日のランチ
  • ああああ ああ、癒しタイムがやってきた?? いいね〜〜??????イ・ミンホ様?? ただいまランチ 小盛りにするはずが普通に そして店に入りライス大盛り無料でーす?? と言われ、ついつい お願いします と... まったく、意思の弱いヒト… く、く、苦しい そ、そして 油の匂いがばりっとついちゃった 野菜のはずがカツカレー頼んでるし さらにチーズトッピング まじ、やばい! く、くるし〜 musicゲット この曲なに? 聴け [続きを読む]
  • 幻ヨン 「いつも側におります。あなたの側に」
  • イムジャ……… どうしたのですそのように泣いて…… そんなに泣くから俺……も…辛くて…… 同じようにはらはらと涙を流していたら あの暗い部屋で空気の淀んだ、動のない止まったままの部屋で一人想いに任せてそのままにしていたら ここにくることができました 俺………苦しいのです イムジャがそのように泣いているかと思うと 助けてやりたいのに何もできぬ 抱きしめてやりたいのに触れられぬ どうしたのだ言ってみてください [続きを読む]
  • 2011-2012 Eider Min-Ho Movie
  • Day 104, 626days to go,22nd August 2017 どうしても今日ぶつけたかったEider Min-Ho 2011-2012 Ver. ぶつけたかったはずなのに、帰ってくるのが遅くて日にち変わってしまった?????? でも、まあ、youtubeタイムは本社のある米国基準なのでいっか。??????? 画質が荒くて残念ですがしょうがないので諦めて…… 2013年以降に期待・・・しよ・・ さて、2011ー2017summerまでのEider Min-Hoは永遠ということで?? [続きを読む]
  • 七夕special Vol.14「イム…ジャ…俺…の……」
  • 8月13日以来のアップになります。間があいてしまいすみません…。 前話はこちら七夕sepecial Vol.13「早く来て、私のところへ」  「今は…………」  これまでに耳にしたことのない低く唸うなるような震える声で、ミョン・ノサムがようやく、言葉を発した。  「ねえっ」  「話して」 「一体何があったの、ヨンに」  「ねえっ」  「ミョンっ」 「話して。お願いっ」  血流も止まってしまうほどの力で、ミョン・ノサムに [続きを読む]
  • 追記)Eiderに泣く…。7kissメンズからおはよ
  • Hi everyone〜Good Morning〜 アニョハセヨ〜????? おはよう〜 re-uploadのDay103627days to go〜?? いや〜がんばってるね〜動画でDay103 いやいやふつ〜じゃないね〜 コワイヒト スギル・・ ただいまのyukidicaチャンネルアップロード動画本数660本 まあ、これに近い数字をアップすればイ・ミンホ様に晴れてお会いできるという・・・ 記者会見でもやってもらえるのか…チャンミンのように… ぜひその暁には私を最前 [続きを読む]
  • ヨンの日常19 ーむせび泣くチェ・ヨンー
  •  「イムジャ、何をぶつぶついっておるのです」「早く、ほら。こちらへ」 「ほら、俺の手につかまって」  チェ・ヨンは、その頼りがいのある長い腕を差し出した。  絶対に自分を護ってくれる。  絶大なる安心感のあるその腕。その先の細く長い指のその親指の腹で、自分の手を撫でられるのがウンスは好きだった。  なんとも言えない、チェ・ヨンの親指。  音を奏でるような滑らかな動き。愚直で無骨なようでいて、時に細かく震 [続きを読む]
  • びっくり!蕎麦屋でミノ
  • ぶっ 思わず吹いた! 今まさに、そんな方、関東圏にたくさんいるのでは?? す、すごい イ・ミンホ 様。 さ、さ、さすがっ! 広告費0で テレビCM履行?? ただ今 ランチ中 今日は放浪してしまい ここぐっと我慢して 馴染みの 激安蕎麦屋へ な、な、なんと! 私が昼に、ただの! ざる蕎麦! のみっ! でも 大ザル 420円なりゲキヤスデス?? で、物語アップして朝あげたyoutube聴こうかな〜〜とヘッドフォンして テレビちら [続きを読む]
  • ヨンの日常18 ー世話を焼くチェ・ヨンー
  • 「イムジャ 時間がなくなります」 「それに俺、湖へ。この温泉湖へ入りたいのです」「傷を癒さなくてはなりませぬゆえ」 「俺の。それとイムジャの傷も……」「今すぐ」 「いいでしょう?イムジャ……」「ね………」 「いいでしょう?」  先ほどこの草原に着いた時、母の話をしたからか、今あのような激しい愛を果たしたばかりなのに、まるで人が変わったように甘えん坊のようになっているチェ・ヨン。  今、この桟橋でウンス [続きを読む]
  • Day102 Take it easy with Minho
  • 深夜にすみませぬ・・・。 本日Day102のカウントダウンテーマは Take it easy 気楽にいこう ですが…… そうさせてくれるのは イ・ミンホ様です。 本当は、お〜さんに車中から撮ってもらったなかなかうまい撮影の東京タワーとスカイツリー動画の予定だったのですが ミノ動画を見てるうちに 疲れた体に優しいミノ表情が欲しくなり もう全然季節外れのクリスマス・・に手をつけてしまいました これでチェ・ヨンのクリスマス物語に [続きを読む]
  • 追記)ヨンの日常17 ー恥ずかしがるチェ・ヨンー
  •  久しぶりの二人しかいない空間での愛。  それも、二人が大好きな崔家の草原の湖の前で。あの第一スリバン街の浴槽と同じくらい二人が好きな場所で、愛しあった二人。  飽くなき、ウンスへの愛。 飽くなき、ウンスを欲する欲望。  それらがとめどなく湧き出でて、もはやどうすることもできなくなっている男。男の中の男。高麗武士、チェ・ヨン。  それは、その男が初めて知った恋でもあった。  そのようなもの、自分の人生 [続きを読む]
  • 今朝のライブと「思い出の写真Q」正解集 VOL.1
  • こんにちは。ついに今日で・・・終わりです・・。 何が終わりかというとすばらしき、夏休みがです。 明日からは・・あの魔の・・日々・・が・・。 OMG やりたいことはいっぱいなのにやりたいこともネタも多すぎて何をやったらいいのか迷子になってしまっているので サンデーモーニングライブビデオ13本だけのライブ先ほどしてみました。 ライブ動画をこちらへアップするのは初めてかも・・・。この横でチャットがずら〜っと流れ [続きを読む]
  • 「Re:mind Minho & Eider」 movie
  • 5キスヨンだ。おい。 一体俺のヨンのクリスマス物語はどうなってるんだ。 かれこれ半年以上話が止まっているではないか。 どうしてくれるのだ。 ずっとユンソンと一緒でもう息がつまりそうだ。 あいつ。意外と細かいんだ。意外と寂しがり屋ですぐ拗ねて。 だから、俺がナナと話してるとすぐに怒ってコックピットからでてきて連れ戻しにくる。 実際問題操縦してるのはずっと副操縦士なんじゃないか? さっきみたら足を操縦かんに [続きを読む]
  • ヨンの日常16 ーチェ・ヨンの心と躰ー
  • 16話前のチェ・ヨンの愛はこちらから パスワードは2段階認証ですこのブログサイトのアメ限パスワード記事で確認ください。パスワードは以前のまま。変更していません。 「だから…お願い…です…」 「俺を……」「この俺を……」 「俺だけを……見ては…下さらぬか……」 「イム…ジャ……」  チェ・ヨンがいい、というその言葉。言わねばもっと奥へ行ってしまいますと、ウンスに執拗なまでに求めたその男。頑ななまでに、 [続きを読む]
  • お詫びの業務連絡
  • ス マ ン ?? オコッテルヒト イナイヨナ 前にいっぱいの記事を下書きモードにしてしまいました 先ほどから全部公開に戻してます この後ご飯食べてからも読者の皆様にはいっぱいの通知がいってしまうことお許しください じゃ・・・ 良い休日を オレニメンジテユルセ [続きを読む]
  • アメブロの不思議
  • この前、掲載できなかった残りの5枚前回含め、ここまでに掲載した写真がDMZ写真展のすべてです 一枚たりとも抜けてる写真はありません 総枚数何枚か。 あーこの大量の写真処理するのメンド…いや、大変そう。 でも、写真集ぜったい作る?? 写真展を再現?? デジタルパブリッシュ版で作るのでお楽しみに〜 ただいま、マッサージチェアーに座りLINEしながらちらちら自分のブログに いいね を押していただいてる貴重な方 [続きを読む]
  • ヨンの日常15ー触れるチェ・ヨンー
  •  「イムジャ……あそこ、見てください」  そう言いながら、湖から気泡が湧き出している湖の奥を指し示すチェ・ヨン。顔を真っ赤に蒸気させながら、そう言っている。   「え……な…に……」  上の空のウンス。チェ・ヨンの手が熱すぎて、それに先ほど押し付けられたチェ・ヨンはもっと熱すぎて、どうにかなってしまいそうになっていた。  何もされていない前からすでに心も躰も乱れ、チェ・ヨンが欲しくてたまらなくなってい [続きを読む]
  • Day100ライブ 22時30分から
  • とりあえず帰ってきました 東京自宅経由の別荘実家へ?? で、ドライブしながらおーさんリコメンドmusic聞いてたら そうだ!確か今日・・じゃなくて明日だった??日付またいで明日っていうことで・・ Day100!つ、つ、ついによ、よ、ようやく Day100///ohhhhh ということで恒例の予定変更 久々イ・ミンホライブを よければ参加してください じゃ、まだyoutube告知も仕込みもしてなくでもがまんできずmacはもってきた in 静岡 [続きを読む]
  • ダムリョンロケ地旅3…予習編(備忘録)
  • こちら、8月14日の深夜にアップしたロケ地旅予習編。 まだ行く前だったのでアメ限にしてましたけれど終了したので公開しま〜す?? これに沿ってさっさと行ってきたレポ上げおりたい 前回のもまだだった・・。 ああ、イ・ミンホ様〜ダムリョン様〜 では、本格レポの前に余興でみといていただけるとうれしいで〜す ではではお家についてすぐ静岡いくyuki?? あ〜ここで この大画面で・・・まったり・・した・・い・・・ oh no〜 [続きを読む]
  • 4日間の韓国レポご愛読ありがとう
  • 4日間ツキアッテクレテアリガト ただ今帰還。 スマホ充電ついにキレテあげられなかったコメ返できなかった ゴメン その間・・・ ハンソンの家からあの後下ったすっごい急な坂道昇り坂だったら大変でそんなこと多分思いもしなかったけれど 下り坂 店を出る前にざ〜っと降った雨 山の中から漂うその匂いと伴った緑の粒たち秋を知らせるあの大好きな虫の鳴き声 古い伝統家屋とレストランが入り混じった異文化漂う細い道 そんな [続きを読む]
  • やっときた〜〜念願のハンソンの家
  • チェ・ヨンじゃなくチェ・ハンソンの家わーチェつながりやっぱりね??今はカフェサンモトイあの急坂の原因はここでした〜〜??ひひひひ私、ハンソン好きにてもちろんパスタも??みたよ。何回もコーヒープリンスハンソンしか見てなかった??????ミノ、ごめ〜〜ん私、ミノにあうまえにほかのドラマいっーぱい、見てるのここはずーっと昔からきたかったカフェで有名だからみんな知ってると思うけど行きたい行きたい言って毎回 [続きを読む]
  • 最後の夜はヘジョンとハシゴvol.1
  • 食べたかった夏の風物詩コングクス豆乳スープに麺なんか今回は麺ばっかでも、これ好きで何食べたい?というヘジョンにコングクス焼肉 チメあのカフェをリクエスト市役所駅で待ち合わせ向かったのは創業55年こちらチンジュヘグヮンすごい有名らしいこんな感じ コネストイマイチムリで韓国でもGooglemap笑笑語る〜〜このことについて、語る〜wwアメージング??????あーたのしー帰りたくなーいでも、ママゴンが待ち構えてるので [続きを読む]
  • DMZリベンジ
  • ミノ昼食イメージ画像wwいや、真剣どこに手をつっこんでるのかなんかいい感じ??駅から見たMBC社屋フジテレビか??さっきは社屋前6車線道路横断して撮影あーこのさき、これが5シートあるけど15枚ルールでここまで今回は気づいたら展示場に一人??いや、ラッキーじっくり写真動画撮影時間ないのに笑笑じっくりとなぜならそこがMTG場所だからwwこれは動画にもするけどデジタル版の写真集にもしますいつか??じゃ、イ・ミンホさま [続きを読む]
  • Eider ミノにタクシーの中で泣く
  • 涙でるマジ涙こんなことがあるのか...昨日、新しいモデル性格がめちゃくちゃいいと言われてるボゴミ君が今Eiderの撮影にニュージーランドにいってると聞き涙ニュージーランド撮影もうイ・ミンホじゃないEiderミノが大好きででもなぜか動画作ると物哀しい感じになっていた今日このごろ今はまだEiderモデルミノだけどもう過去のモデルに変わってしまう私は昔のミノ、リアルで知らないけど過去動画を見ていて作っていてああ、ホント20 [続きを読む]
  • ヨンの日常14 ーあの湖へ転が落ちるチェ・ヨンー
  •  崔家の草原へ着くと、チェ・ヨンはチュホンを草原へと離してやり、そしてウンスの手を引き、いつの間にか、二人抱き合いながら転げ落ちるようにあの湖へと向かっていった。  菜の花が咲き乱れていたあの時。二人はまだ、ぎこちない愛の中にいて、抱きしめたく、抱かれたく、そんな想いでいっぱいだったのに、そのことが言えず我慢に我慢を重ねていた二人。  互いに互いを求めていたのだと、そのことが分かった時、二人は抱き合 [続きを読む]