ももはなこ さん プロフィール

  •  
ももはなこさん: ペットロスの方へ贈る、愛のメッセージ
ハンドル名ももはなこ さん
ブログタイトルペットロスの方へ贈る、愛のメッセージ
ブログURLhttp://momohanako07.blog.fc2.com/
サイト紹介文ペットロスの方へ、愛のメッセージをお届けします。
自由文一人暮らしで3頭の犬を見送った経験や、自身の死生観などについても書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 10日(平均9.8回/週) - 参加 2017/08/12 10:41

ももはなこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ハナの、ほんとにあった怖い話(?)
  • 昨日、ハナのアピールが強かったので、ハナの話を書きました。最近、ももの話ばかり書いていたので、甘えん坊さんだったハナが、「ハナも〜」って言ってるのは薄々感じていたんですが。今日は、ハナがわかりやすくアピールしてきた、おとといの話です。友人とラインをしていた時のことです。友人が、ライン画面の説明をしようと、自分のほうに出ている画面をコピーして、貼り付けて送ってきました。わたしはハナのアップの写真をラ [続きを読む]
  • ハナのこと。突然旅立つ子。
  • 今日も訪問ありがとうございます。本当は、まだももの話が終わってないのですが・・。二番目に迎えた次女の「ハナ」が、「ねえ、ハナは〜?ハナも〜」って、毎日言うようになったものですから・・。しかも、昨日とてもわかりやすくアピールをしてきたものですから、今日はハナの話をしようと思います。ハナは、ももが旅立って、40日後に迎えた、当時推定6歳の、繁殖リタイア犬のパグでした。ももを迎える前から、わたしは成犬を [続きを読む]
  • 立ち直るきっかけは、あの子からの贈り物。
  • ももが天国へ行ったあと、色んなことをしました。ももが使っていたものを、愛護団体に寄付したり、(当時のわたしは、ももの成仏の為には、早く物を整理したほうがよいのだ、と思い込んでいました。そのことについては、また後日書こうと思います。)一人で遺骨を持って、一緒に行った思い出の公園へ行ったり、(余計悲しくなって、失敗。)写真をたくさん、印刷したり、お花を欠かさないようにしたり、(これはよかった。お花は、 [続きを読む]
  • ペットへの愛と、失う怖さ。
  • 昨日、実家の犬(わたしとは超仲良し)を、夜うちで預かっていました。わたしは今は犬を飼っていないので、犬のいる風景はとても素敵でした。もう寝てるから、今日は早めに暗くしようかな?起こしたらかわいそうだから、大きな音を出さないようにしよう。プリンのふた、舐めるかな?暑くないかな?寒くないかな?あっ、それ大事なやつなんだけど・・でも貸してあげようかな。ぶつかるといけないから、扇風機を動かそう。同じ空間に [続きを読む]
  • 失うことを おそれない愛することを おそれないあるのは 今だけランキングに参加しています。よろしかったら お願いします。励みになります(*´ω`)↓下のバナーを すると投票できます。 後は、ランキングページに移動します。にほんブログ村みんなの得意を気軽に売り買いできるフリーマーケット、「ココナラ」に出店しています。あなただけへのメッセージを、販売しています。よかったら、ご覧になって [続きを読む]
  • ペットとの時間は、青春のようなもの。
  • 今日も訪問ありがとうございます(´ω`)お盆は、かわいい子たちに会えましたか?今日は、ももを見送って辛かった時期に、たまたまラジオから聴こえてきて、わたしをたくさん励ましてくれた曲をご紹介します。ペットと過ごした時間って、青春と似ているな、といつも思います。眩しくて、キラキラして、楽しくて、あっという間に、過ぎて行ってしまう。でも、たぶん一生忘れない、大切な宝物の時間。そんな時間があったこと、そんな [続きを読む]
  • (続編)最期を見せる子と、見せない子。
  • 今日も訪問ありがとうございます。ランキングや拍手、励みになっています。ここで書いていることが、少しでも、誰かの心に届いたのかな?という気がして嬉しくなります(*´ω`)今日は、先日書いた「最期を見せる子と、見せない子」について、さらに思い出したことがあるので、書いていきたいと思います。ももの話に補足すると、ももは、知人から預かった犬なのですが、最期までわたしのところにいました。仕事の事情もあったので [続きを読む]
  • 天国からのメッセージの、見つけ方。
  • 今日も訪問してくださって、ありがとうございます。拍手や、ランキングへの 、とても励みになります。筆が進むのでよろしくお願いします(*´ω`)今日、わたしの住む地区では、朝から雨が降っています。わたしは、こういう雨とか曇りとか、ぼんやりした天気がけっこう好きです。空と地上の境目がぼんやりとして、空にいるあの子たちを、近くに感じるせいかもしれません。快晴の時は、空が高くなりますが、こういう天気では [続きを読む]
  • 愛のおみやげ
  • たくさんの方に読んでいただいて、とても嬉しいです。ありがとうございます。ペットからのたくさんの愛を、感じられますように。愛犬ももの状態が、日に日に悪くなっていった時、わたしは、あらゆる手を尽くして、生きてほしいと思いました。わたしは看護師なので、よけいに小さな変化も見逃さないようにしていました。毎日仕事が終わったら病院に通って、酸素ゲージをレンタルして、嫌がるお薬を飲ませて、犬の健康食品も買って、 [続きを読む]
  • 最期を見せる子と、見せない子。
  • 最期に立ち会えなかった、と悔やんでいる方もおられると思います。ペットが亡くなるのは、自宅でだったり、病院でだったり、病気だったり、老衰だったり、事故だったり、目の前でだったり、離れている時だったり、就寝中だったり、様々です。最期の場面を、見せる子と、見せない子がいます。わたしはそれを、その子が自分で決めたことなのではないか?と思っているのです。これは訪問看護の仕事で関わった方の話なのですが、自宅で [続きを読む]
  • わたしは、看取りの仕事をしていました。
  • わたしの仕事のことを、少しお話させていただきたいと思います。わたしは看護師をしています。一番長くしていたのが、「訪問看護」という、ご自宅を回る仕事です。訪問看護の仕事内容は多様で、お風呂などのお手伝いやお薬の管理、傷の処置や点滴などなど様々です。そんな中でも、わたしにとって、最も大変で、しかし一番やりがいを感じていたのが「看取り」の仕事でした。近年は、「最期は自宅で迎えたい」という方が増えてきまし [続きを読む]
  • 天国からの手紙。ももからのメッセージ。
  • わたしは今まで、何度も天国へ行った犬達からの手紙を受け取っています。それは、色んな形で目の前に現れます。今日はそのひとつのエピソードをご紹介します。今からもう10年前。それは、愛犬のももを癌で亡くした翌年に起きた出来事・・。ももがいた頃、わたしはアパートのベランダで、様々な花を育てていました。ももが闘病していたのは夏で、最後のほうはもう花どころでなくなってしまい、たいした世話はしてやれませんでした [続きを読む]
  • 癌になったもものこと。闘病した子の場合。
  • わたしが、一人で飼った最初の犬は、10歳のパグ「もも」でした。知り合いが長期出張で世話ができなくなったので、預かったのです。ももが来てから、わたしの生活は劇的に変化しました。おばあちゃん犬で、人懐っこく、世話好きで、ドジで、おもちゃが大好きな、かわいい子。一緒にいると楽しくて楽しくて、白黒とカラーくらい、世界が違って見えました。そんなももが、かけがえのない存在になった頃、ももは癌になりました。3か [続きを読む]
  • はじめまして。
  • はじめまして。「ももはなこ」と申します。ここを見てくださった方と、ご縁があったことを嬉しく思います。見てくださった方は、大切なペットを亡くされたご経験があるのかもしれません。あるいは、いつか来るお別れを、感じておられるのでしょうか。わたしは一人暮らしで、過去に、もも、ハナ、なこ、3頭のパグを見送りました。みんな訳あり犬で、大人になってからわたしのところに来たのですが、本当にかわいい子たちでした。ペ [続きを読む]
  • 過去の記事 …