プク さん プロフィール

  •  
プクさん: 空色の本棚
ハンドル名プク さん
ブログタイトル空色の本棚
ブログURLhttp://aozora0803.blog.fc2.com/
サイト紹介文夫と二人暮らし40代後半主婦の読書記録と日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 12日(平均6.4回/週) - 参加 2017/08/12 21:54

プク さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【奥様はクレイジーフルーツ】柚木麻子
  • 元気な小説、明るい小説を読みたくなったらこの作家さんの本を読んでます。読みやすくて面白い??この小説は、30代前半のジュエリーデザイナーの初子が旦那さんとのセックスレスに悶々としちゃうお話(笑)夫が仕事でクタクタなのはわかるけど、余りにも淡白すぎて初子が可哀想になっちゃう。子供が欲しいって初子は思うんだけど、それ以前の問題で。女はタイムリミットがあるんだしさ。最近、芸能ニュースで不倫ネタが多く飽き飽き [続きを読む]
  • ロボアドバイザー
  • NISAが始まってから積立投信をしてきた。制度的に積立できる期間が5年しかなくって、きっと制度が見直されるだろう、もっと長期でできるようになるだろうって思ってた。積立投信は運用する期間が長い方がいいから。でも、制度が変わったのは上限が年間100万から120万に引き上げられたことだけ。あ、あと子供NISAってのが始まったか。もうひとつ、新しく来年の1月から「積立NISA」という制度が始まる。これは年間40万までを20年間運 [続きを読む]
  • ダラダラし過ぎた
  • この連休、ダラダラし過ぎた〜。元々ダラダラしたかったので目標達成?と言うべきか…。後、残り2日となりました。8日間の間に出掛けた所。スーパー。本屋。パン屋。スタバ。以上!天気の関係で遠出はしませんでした。家にずっといると体を動かさないので、私の場合余りお腹が減りません。すごい少食でした。で、体重少し減りました???う〜ん、でも一日中ダラダラは不健康だな。私の場合、仕事してないとダメだな。仕事と言って [続きを読む]
  • 【ふたり狂い】真梨幸子
  • イヤミスが大好き。(イヤミスっていうのは、読んでてイヤ〜な気分になるミステリーのことだよ)イヤミスの女王で超有名なのが湊かなえ。私も湊かなえが大好きなんだけど、もうすぐ読破しちゃうので、違う人のイヤミスをちょこちょこ読むようになりました。イヤミスの女王って呼ばれてる人が他にもいて、沼田まほかると今回の真梨幸子なんです(多分)湊かなえのイヤミスは、ミステリーより人間ドラマ感が強いところが魅力だと思い [続きを読む]
  • 老後の私
  • 今日、もう夫が帰省先から帰ってきます。私の短い一人暮らしが終了です。たった二泊三日だったけど、なんだか老後、私が一人になったらこんな感じなのかなって、私大丈夫かなって不安になりました。昨日はすごく一人が寂しいなって思ったんです。子どもがいないとママとももいないわけで、近所の人とは挨拶しかしません。マンション暮らしというのもあってか、ものすごくあっさりした付き合いです。将来、私が一人になった時のこと [続きを読む]
  • 怖がり
  • 昨日から夫が帰省してます。プチ同窓会を兼ねて。私はお留守番。夫とはとっても仲良しだけど、1人になれる時間って至福の時だと思う??なんだけど、、、のはずが、、、体がダルい〜?子供の頃からの怖がりが直んないよ…普段は部屋を暗くして寝てるんだけど、1人だと真っ暗が怖い?電気を付けっぱにしようか、テレビを付けっぱにしようか、試行錯誤してたら夜中の2時過ぎまで起きてた。結局暗くして、テレビを付けてボリュー [続きを読む]
  • 【かなたの子】角田光代
  • 角田光代は私が大好きな作家さんの1人。みんな面白いと思う。でも、私はこの本が一番好きかも。ひんやりしてて、幻想的。昔話に現代の感覚を合わせたような。ちょっと怖い、けど心にぐっとくる短編集だ。最初の「おみちゆき」は即神仏の話で、心を鷲掴みにされた。即神仏って実際に失敗した例がたくさんあるらしいんだけど、そういう話に作者のイマジネーションが加味されてる。なんとも印象に残る話だった。一番心が震えたのは「 [続きを読む]
  • 夏休み
  • 明日から夏休み???結婚してから約20年、毎年帰省(たまに旅行)をしていたけど、今年はどっこにも行かない。それがまた新鮮?旦那さんはちょこちょこ予定が入ってるけど、私はマッサラな10連休??多分、日帰りトライブ位はすると思うけど。毎日暑くって、元々汗かきなのに更年期に入ったからか、もーとにかく汗がすごいのよ!職場でもちょっと動くと汗がダーって。明日からクーラーの効いた家でまったりするぞ!ゆっくり本を読 [続きを読む]
  • 【あの子の考えることは変】本谷有希子
  • 2016年に芥川賞を受賞した【異類婚姻譚】を読んでこの作家さんが気になり出した。どうやらぶっ飛んだ小説を書く作家さんらしい。この本を読んで、いやいや、本当にぶっ飛んでるなーっていう印象。同じ高校の同級生が卒業して東京で一緒に暮らしている。23歳で1人はフリーター、1人はニート。フリーターの子は海外に彼女のいる男のセフレで、男を自分のものにするための作戦を実行している。カロリーを摂らせデブにして、髪型をマ [続きを読む]
  • 【マンガで実践!資産運用 超入門】東京大学株式投資クラブ
  • 私は40代後半の主婦で、子供はいないため、そろそろ老後の貯蓄をしなくっちゃって考えてます。甥っ子や姪っ子に迷惑をかけたくないですからね。現在、NISAとiDeCoをやってます。NISAはNISAが始まってすぐ投資信託を積み立て始め3年半強たちますが、結構プラスになってます。iDeCoはまだ制度が始まったばかりですが、少しプラスになってます。と、一応資産運用とやらをやってはいるけど、詳しいわけじゃありません。もう一度勉強し [続きを読む]
  • 【羊と鋼の森】宮下奈都
  • 頭で読む小説と心で読む小説があるとしたら、この本は間違いなく心で読む小説だと思う。1ページ目から好きになった。綺麗な文章だなあって。主人公の高校生は平凡でどこにでもいそうな目立たないタイプの男の子。ある日、学校に来た調律師を案内することになる。そして体育館のピアノの調律した音を聴いて彼の人生は変わるのだ。彼は調律師になるためにコツコツ、コツコツひたむきに努力する。努力するために努力するんじゃなくて [続きを読む]
  • 過去の記事 …