g-shoshi さん プロフィール

  •  
g-shoshiさん: 行政書士資格ねっと
ハンドル名g-shoshi さん
ブログタイトル行政書士資格ねっと
ブログURLhttps://g-shoshi.info/
サイト紹介文行政書士資格と実務の情報サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 3日(平均18.7回/週) - 参加 2017/08/13 17:06

g-shoshi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 行政書士資格に将来性はある?
  • はじめに現代の日本社会は役に立つ情報がインターネットにあふれている世の中です。また、行政手続の簡易化により許認可手続きの必要書類も減少し、以前は仕事として成立していた代行業務が、今では成り立たなくなりつつあることは否めません。例えば、以前は運転免許試験会場の周辺に林立していた代書屋は、現在はほぼ消滅しつつあるのではないでしょうか。また、行政書士業務の代表格である車庫証明や自動車手続きも、手続きのオ [続きを読む]
  • 副業としての行政書士
  • 行政書士を副業とするときの課題昼間にサラリーマンとして勤務して定期収入を確保しつつ、夜間や土日を利用して行政書士を副業として行うというアイデアは魅力的な考えに思えます。そもそも「副業」にもさまざまなケースがあるとは思いますが、ここでは一般的なサラリーマンをしながら行政書士を開業するケースについて考えてみようと思います。まず、副業行政書士が許認可の申請代理を手がけようとするときに問題となるのが、顧客 [続きを読む]
  • 行政書士試験に独学で挑戦するための準備
  • 独学で合格を目指す前に理解しておくべきこと行政書士試験に短期間で合格した方の話を聞くと、こんな声を聞いたことはありませんか?『通勤通学の電車の中でちょっとテキストを読んだだけで合格できた』『行政書士試験は独学で十分』確かに、行政書士試験合格者の中には、実際に独学で挑戦して見事合格される方も多数いらっしゃるのも事実です。しかし、行政書士試験は司法試験や司法書士試験の受験者が腕試しに受けることが多く、 [続きを読む]
  • 行政書士とのダブルライセンス
  • 行政書士の実務を行っていると、行政書士資格だけでは足りずその他の資格が必要となるケースがあります。こうした業務を行う場合は、自分で必要な資格を取得するか(これをダブルライセンスと呼ぶひともいます)、又は他の有資格者と協力して業務に取り組む必要があります。 こうした資格は、行政書士と相性のよい資格であると考えられます。どのような場合にダブルライセンスや他士業と協力が必要となるか、以下でみてみます。会 [続きを読む]
  • 行政書士試験科目
  • 行政書士の試験は科目が多く、出題範囲が広い試験です。まずは試験全体を見渡し、どの科目でどのような試験対策が必要かを掴みましょう。行政書士の試験科目行政書士試験は法令科目と一般知識科目から出題されます。各試験科目と配点は以下のとおりです。■法令科目(全46問・配点244点)憲法【択一式2問(配点8点)】民法【択一式9問+記述式2問(配点76点)】商法【択一式5問(配点20点)】行政法【択一式19問+多肢選択式2問+ [続きを読む]
  • 行政書士試験の概要
  • 行政書士試験の概要は以下のとおりです。試験科目■行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)憲法行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)民法商法(会社法を含む)基礎法学■行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)政治・経済・社会情報通信・個人情報保護文章理解合格ライン行政書士試験に合格するには、次の3つの条件を [続きを読む]
  • 行政書士試験合格までにかかる費用
  • 行政書士試験の受験料は7000円かかります。このほかにも、試験勉強にも費用がかかりますが、これは独学か資格予備校を利用するかで大きく変わります。行政書士試験合格を目指すにあたり、かけられる費用によって勉強のスタイルが変わることもあります。そこで、独学の場合と資格スクールを利用した場合の費用の違いを見てみましょう。独学について独学の場合は、基本テキスト、過去問集、行政書士用六法、その他問題集(肢別問題集 [続きを読む]
  • 行政書士になるには
  • 行政書士となるには、行政書士試験に合格する必要があります。ところが、そのほかにも一定の資格や職歴を有する場合には試験合格者と同様に行政書士となる資格を得ることが可能です。試験が免除されるケース試験が免除される場合とは以下のケースです。行政書士法第2条次の各号のいずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。行政書士試験に合格した者弁護士となる資格を有する者弁理士となる資格を有する者公認会計士と [続きを読む]
  • 過去の記事 …