宇治金時蜜子 さん プロフィール

  •  
宇治金時蜜子さん: 日々是甘味
ハンドル名宇治金時蜜子 さん
ブログタイトル日々是甘味
ブログURLhttp://monpuubuu.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文和菓子、甘味を中心に甘いものへの私的こだわりと愛情をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 7日(平均4.0回/週) - 参加 2017/08/14 12:42

宇治金時蜜子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おかゆで作る甘酒
  • いちから全部やる手仕事は憧れるけど、どうしても長続きしません。ぬか漬けは、何度も何度も始めてはみるもののいつの間にかフェードアウトしてしまいます。梅干しも、いつかやってみたいと思いつつ、まだ今は、母が作ったものを貰って喜んでいる始末。でも、売られているものと同じくらい美味しいものがそんなに苦労せず出来るなら、絶対自分で作ったほうが楽しい。そんな思いを実現させてくれる道具が、今の時代はたくさんありま [続きを読む]
  • 原宿 瑞穂の豆大福
  • *甘*甘*甘*甘*甘*原宿瑞穂の豆大福に出逢ったのは、今から37〜38年前のこと。お世話になっていた美容師さんが恵比寿のお店から独立して原宿の裏道に出店。「近くに美味しい豆大福のお店があるんですよ」と教えられた。それ以来の大ファン。月日を重ね私の口はすっかり瑞穂仕様になってしまい、人気の京都や泉岳寺の豆大福を食べても、結局ここに戻ってしまう。世の中の人気店の人気店たる所以はよくわかる。日常に寄り添う和 [続きを読む]
  • 伊勢の赤福、そして赤福愛
  • *甘*甘*甘*甘*甘*子供の頃から、人生で何箱赤福を食べただろう。ベタなのに愛してしまう和菓子のひとつ。やはりシンプルには、奥深さと力強さと普遍性がある。きめ細かいこしあんは、つるっとなめらかな餅の程よい柔らかさと、口の中できれいに混ざり合う。一個食べ終わると、気づかないうちに餅が餡の甘さをきれいに包んで流し込み、お茶を一口含めば、さあ、もうひとつどうぞと準備が整う。赤福を食べると思い出すのは、昔 [続きを読む]
  • 草月の黒松、うさぎや。そしていつか清寿軒。
  • *甘*甘*甘*甘*甘*東十条の和菓子屋「草月」のどら焼き『黒松』昨夜お土産にいただきました。きっと午前中に作られたものだから、新鮮なうちに食べなきゃと。夜中12時に食べてしまった。ちょっとした罪悪感は、ふわふわの軽い皮がかき消してくれた。みずみずしく控えめなあんこが、夜でもいけることを証明。黒糖の香り。横から。テレビで人形町の清寿軒のどら焼きが紹介されていた。知らなかった。まだまだ、まだまだ素人だ [続きを読む]
  • 過去の記事 …