中野莉央 さん プロフィール

  •  
中野莉央さん: 生活のお役立ち情報ブログ
ハンドル名中野莉央 さん
ブログタイトル生活のお役立ち情報ブログ
ブログURLhttps://rionakano.blogspot.jp/
サイト紹介文生活の中で役立つ、お得な情報を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 42日(平均8.5回/週) - 参加 2017/08/14 21:45

中野莉央 さんのブログ記事

  • 生理痛の原因と痛みを緩和する対策
  • 生理の時は眠くなったり身体がだるくなったり酷い場合は痛みで動けないなんてケースもあります。多くの女性が悩まされている「生理痛」その原因と痛みを緩和するための対策についてご紹介します。生理痛の原因①身体が冷えることによる血行不良。生理痛の原因の一つが血行不良です。生理の期間は普段よりも体温が低くなっているます。特にお腹や腰を温めてあげることで血行が良くなり生理痛の痛みが緩和されます。夏場はクーラーの [続きを読む]
  • 「にんにくの皮を簡単にむく方法」と「にんにくの皮・活用法」
  • にんにくの栄養や臭い対策、消臭効果がある調理法をブログ記事に書きましたが今日は皮を簡単にむく方法とにんにくの皮利用法についてご紹介したいと思います。にんにくの皮を簡単にむく方法にんにくの臭い対策としてレンジで皮ごと加熱することで消臭効果があると以前の記事に書きましたがレンジで加熱した後のにんにくは非常に皮がむけやすい状態になっています。中身のにんにくが加熱されたことによって皮が熱で開いた状態になる [続きを読む]
  • にんにくの適切な保存方法【常温、冷蔵、冷凍】
  • 身体にとっても良いにんにくなので常にストックしておきたいものですが長期間、外に置いていると知らない内に芽が伸びてしまったりカビが発生していて、せっかく購入して買い置きしていたにんにくを泣く泣く捨てないといけないという事態になってしまうことがあります。そんな無駄を出さないためにも今日はにんにくの正しい保存方法と長期保存方法をご紹介します。にんにくの正しい保存方法スーパーなどの店頭では常温のまま売られ [続きを読む]
  • 「にんにく」の強い臭いを抑える調理方法【消臭効果】
  • 昨日とおとといの記事で「にんにく」の効能やにんにくを切ったり、すりおろしたりすることで強い「臭い」が発生してしまうことをご説明しましたがほんの一手間を加えるだけで「にんにく」の臭いを消す方法があります。にんにくの臭いを抑える方法それは、ずばり食べる前の調理段階で「にんにく」を加熱することです。生のにんにくを切ったり、すりおろしたりすることでにんにくの強い臭いの元となる「アリシン」ができますが、加熱 [続きを読む]
  • にんにく臭の持続時間と「消臭効果」のある飲み物とは?
  • 昨日の記事で「にんにく」の効果と効能についてご説明した通り、にんにくは健康にとても良いので積極的に食べたいのですが、何しろあのニオイがネックですよね。人と会う前「にんにく」はマナーやエチケットの面から控えるという方は少なくないと思います。しかも「にんにく」のニオイって持続時間が長いので、前日に食べても翌日までニオイが残るから不安な方も多いのではないでしょうか。そこで気になる「にんにく臭」の「持続時 [続きを読む]
  • 「にんにく」の栄養素とは? 効果と効能も説明。
  • 肉料理と相性の良い「にんにく」ラーメンなど、料理に欠かせないと言っても過言ではない存在です。「にんにく」が入るのと入らないのでは味が大きく変わってしまいます。そして美味しいだけでなく栄養面でも「にんにく」を食べるとスタミナがつく。などとよく言われていますが具体的に「にんにく」にはどんな栄養素が含まれているのでしょうか?「にんにく」の栄養とは?にんにくには、ビタミンB1、ビタミンB6、カリウム、食物繊維 [続きを読む]
  • 梨の栄養と効能。一番栄養がある部位【適切な保存方法も】
  • 秋の味覚として外せない果物のひとつ「梨」ジューシーな味わいが好きという方も多いと思います。そんな梨に含まれている栄養についてご紹介します。梨の代表的な栄養素梨は8割以上、つまりほとんどが水分で構成されていますが、「アスパラギン酸」という成分が含まれています。アスパラギン酸とは?ちょっと聞きなれない名称ですがアスパラギン酸は「アスパラギン酸アミノフェラーゼ」というアミノ酸の一種で、疲労に対して抵抗力 [続きを読む]
  • 「しいたけ」の栄養素と効果、効能。捨ててた部分も無駄にしない!
  • 秋が旬の食べ物の一つ。しいたけ乾燥しいたけからは美味しいスープが作れたり何かと料理に活用されている非常に身近な食材です。今日はそんな「しいたけ」の栄養素、効能などについてご紹介します。しいたけの栄養素しいたけに含まれているのは食物繊維、レンチナン、エリタデニン、糖タンパク質ビタミンD、エルゴステロール、グルタミン酸、5-グアニル酸レンチオニン、ナイアシン、カリウム、レンチオニン酸になります。食物繊維 [続きを読む]
  • 【美容】実際、牛乳風呂に入ってみた【再利用】
  • 先日、古くなった牛乳は捨てないで牛乳風呂、牛乳美容法で活用できるとブログに書きましたがちょうど古くなった牛乳が冷蔵庫にあったので実際に、熱い湯船に牛乳を入れて試してみました。牛乳風呂に実際、入ってみた感想。量は1リットル弱、半分以上はあったので湯船に入れたんですが、お湯に投入するとほのかに牛乳の香りがしました。入浴した感想は、そんなに生臭くは無い。という感じですね。せっかくなので念入りに顔などをマ [続きを読む]
  • サツマイモの栄養効果と、無駄なく栄養素を摂取する調理法
  • 日差しが柔らかくなり、風も涼しくなってきました。秋になると美味しい旬の食べ物の一つがサツマイモ。レンジで加熱したり、蒸したり、焼いたりひと手間加えてスイーツにしてみたりどんな食べ方でも美味しく頂けるサツマイモ。その栄養効果についてご紹介します。買う時はどんな形のサツマイモが良いのか?まず、どんな形状のサツマイモが良いかというと太いサツマイモの方が良いです。スーパーや八百屋の店頭でサツマイモを選ぶと [続きを読む]
  • 古くなった牛乳の利用法!新たな使い道とは!?
  • お菓子作りや料理などで何かと欠かせない牛乳。シチューやグラタンホットケーキなど牛乳がなければ作れない料理は多いです。栄養も豊富で手ごろな値段な牛乳値段も安く家計に嬉しい反面、生ものだから意外と早く賞味期限が来て飲めなくなってしまった……。という経験をされた方多いと思います。そんな賞味期限が来て飲めなくなった牛乳ってどうしてますか?ほとんどの方は廃棄してらっしゃると思うんですがそんな古くなってしまっ [続きを読む]
  • 熱中症対策にもなる「経口補水液」の作り方
  • 「経口補水液」の作り方熱中症対策の飲み物としてスーパーなどでスポーツドリンクを購入する以外に自宅で「経口補水液」を作るという方法があります。材料・水   1リットル・砂糖  大さじ4,5(40g)・塩   小さじ1/2(3g)以上の3つをよく混ぜるだけで経口補水液が出来上がります。簡単ですが、ちょっと飲みにくいのでレモンの果汁をまぜてあげると飲みやすくなり、人体への吸収も早くなるのでおすすめです。あまり市販の [続きを読む]
  • 熱中症は気温が何度から危険なのか? 熱中症の症状と予防対策は?
  • 暑いけどクーラーをかけると寒すぎるし電気代もバカにならないからクーラーは使いたくない……。なんてこと、よくあると思います。でもあまりにも暑いのをガマンしすぎて知らない間に「熱中症」にかかり命に関わるケースだってあります。では熱中症になってしまう危険が高まる気温とは何度からなのでしょうか?熱中症になる危険が高い気温は何度から?一般的に熱中症になる危険が出るのは24度から、そして28度から厳重な警戒が必要 [続きを読む]
  • 「銀杏」の栄養と「銀杏中毒」について
  • 秋になると栗やイモなどが美味しい時期になりますが「銀杏」(ぎんなん)も秋が旬ですよね。茶碗蒸しの中に入ってる銀杏なら一粒といわずもっと欲しくなってしまいますが一度に多量を食べると身体に良くないとも言われていますよね。でも、規定量さえ守れば問題無いしちゃんと知識さえあれば怖いものでは無いはずです。そこで今日は秋の味覚「銀杏」についてご説明します。銀杏の栄養銀杏はたんぱく質、炭水化物、ビタミン、カリウ [続きを読む]
  • 麦茶の効能と使い終わった茶殻の有効活用
  • 誰もが飲んだ事がある麦茶。今日はその効能と使用済みの茶殻を活用する方法についてについて紹介します。麦茶の効能夏は冷蔵庫で冷やして、冬場はホットでもおいしく飲める「麦茶」値段も手ごろで一年中、愛飲しているご家庭も多いと思います。ノンカフェインだから安心!麦茶にはカフェインが含まれていない上、健胃効果があるので子供やお年寄りも安心して飲むことができるお茶です。血行を良くする!さらに血液の流れを良くする [続きを読む]
  • ひどい肩こりを解消する!
  • 肩こりが酷くて悩んでいる方、多いのではないでしょうか。夏場はクーラーの冷風で身体が冷やされ肩や腰が冷え、冬場は外の冷たい空気で筋肉が固まり肩こりも酷くなる……。なんだかんだ年中、悩まされる肩こり長時間、同じ姿勢で作業をしていた場合やストレス、自律神経の乱れが原因で肩こりの症状が酷くなる場合もあります。肩こりというと軽くとらえられがちですが身体の血流が悪くなることも肩がこる要因です。身体の血流が悪く [続きを読む]
  • 【ピーナツ】中身だけじゃなく皮まで有効活用!【落花生】
  • ピーナツについて小腹がすいた時にポリポリと食べたくなるピーナツ。太りやすいというイメージもあるピーナツですががピーナツに含まれている油は植物性の為、実は太りにくい油成分が含まれているんです。動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があるオレイン酸やリノール酸が含まれているため、意外と健康的な食べ物なんです。人体に必要な栄養素であるマグネシウムもピーナツから摂取できる上、血糖値の上昇をおさえるという効果も [続きを読む]
  • 栗の栄養と簡単な皮のむき方。栗の渋皮、再利用法も!
  • 最近は以前より涼しい風が吹くようになってきました。残暑が終わると秋の訪れを感じるわけですが秋と言えば「栗」ですよね。私は「栗」が大好きなので秋になると必ず栗を食べます。栗の栄養栗にはミネラル、でんぷん、たんぱく質、ビタミン、カリウムが豊富で食物繊維や亜鉛も含まれています。特に「亜鉛」は身体に必要な栄養素です。不足してしまうと味覚障害や肌荒れ、抜け毛などの症状が出てしまうと言われています。そういう状 [続きを読む]
  • 【秋刀魚】サンマはワタも食べると身体に良い!
  • そろそろサンマが美味しい季節になってきました。旬のサンマは脂が乗って美味しいし栄養が豊富な上、値段もお手ごろなので食べたいおかず上位にランクインしますよね。オーソドックスなのは魚焼きグリルで調理する方法。高温でパリッと焼けたサンマはなんとも言えず美味しいですが何気に後かたずけが手間なんですよね……。でも、最近は魚焼き専用のフライパンが発売されていたりフライパン用のホイルシートで焼き魚をおいしく焼け [続きを読む]
  • 【簡単おいしい】ドライトマトの作り方【保存食】
  • 昨日の記事で常温、冷蔵、冷凍するトマトの保存方法を書きましたが「ドライトマト」について触れていなかったので今日はドライトマトについて書こうと思います。ドライトマトというのは日本ではあまり馴染みが無いですがヨーロッパではオイル漬けにしたり煮込み料理に利用されたりと親しまれているそうです。その名前から分かるように水分を飛ばして乾燥させたトマトが「ドライトマト」なのですが乾燥させることによってトマトの旨 [続きを読む]
  • 【夏野菜】ナスの保存方法と活用法【皮とヘタも】
  • 夏野菜の代表格「ナス」野菜の中では栄養価が低いと言われていますが全く栄養が無い訳ではありません。ナスの紫色の皮は「ナスニン」というポリフェノールの一種によってあのような色になっています。他には少ないながらビタミンA、B1、B2、Cが含まれており、カルシウムや鉄も摂取できます。またアントシアニンも含まれているため眼の疲労に良いと言われています。それと、多くの夏野菜と同様にナスを食べると身体の体温を下 [続きを読む]
  • 【簡単】古着で猫用のベッド作成!【再利用】
  • 古着で猫用のベッド作成いらなくなった古着を再利用して猫用のベッドを作ることができます。作り方①トレーナーやセーターなどいらなくなったの上着の中に綿をつめていきます。②首部分、腰部分、手首部分。開いてる部位を縫い合わせていきます。これで中の綿はもう出てきません。③左右のソデ(手首部分)がくっつくように縫い合わせます。④ソデ部分が、ちょうど円状になったらそこが猫用ベッドの側面になります。胴部分が敷面に [続きを読む]
  • 【常温】トマトの保存方法【冷蔵、冷凍】
  • トマトの栄養と健康効果夏野菜の代表格「トマト」β-カロテンを多く含んでいる緑黄色野菜でトマトのリコピンは活性酸素を減らす為健康にとても良いことで知られています。また脂肪燃焼効果がある為、ダイエット中の人にはうってつけの野菜でありアルコール摂取の際にトマトを食べると血液中のアルコール濃度が下がるという研究結果が発表されています。健康に良く、ダイエットや二日酔い対策にもうってつけの万能野菜と言っていい [続きを読む]