ふるさとはじめ さん プロフィール

  •  
ふるさとはじめさん: ふるさと納税 はじめるナビ
ハンドル名ふるさとはじめ さん
ブログタイトルふるさと納税 はじめるナビ
ブログURLhttp://furusatonozei.biz/
サイト紹介文ふるさと納税を始めるにあたって知っておきたい仕組みや手続き、限度額などの情報を綴っています。
自由文ふるさと納税を始めるにあたって知っておきたい仕組みや手続き、限度額、確定申告などの情報、さらにはよくある疑問など、ふるさと納税に関する情報をできるだけ綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 35日(平均3.8回/週) - 参加 2017/08/15 02:00

ふるさとはじめ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 楽天ふるさと納税
  • もっとも気軽にふるさと納税を始められるのが、この「楽天ふるさと納税」かもしれません。ふだんのショッピングと同じ感覚でふるさと納税を始めることができます。■楽天ふるさと納税の特徴ふだんのショッピングとまったく同じ感覚でふるさと納税を始めることができるのが、「楽天ふるさと納税」の一番の特徴です。そして、ふだんのショッピングと同じように楽天スーパーポイントが貯まり、使うこともできます。 こちら >> 楽天 [続きを読む]
  • さとふる
  • 鈴木奈々と大森南朋のTVコマーシャルのおかげでしょうか、現在、認知度No.1の「ふるさと納税ポータルサイト」と言えば、この「さとふる」になります。■さとふるの特徴さとふるの特徴のひとつは、「寄附申し込み手続きが簡単」であることです。  こちら >> ふるさと納税!さとふるが簡単!返礼品や自治体の探し方はおもに以下の方法(カテゴリー)によります。  ・お礼品(ジャンル)からさがす  ・地域からさがす  [続きを読む]
  • ふるさとチョイス
  • ふるさと納税のポータルサイトの先駆けとも言えるのが、「ふるさとチョイス」です。総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」を別とすれば、掲載自治体数はNo.1です。■ふるさとチョイスの特徴「返礼品」や「地域」「使い道」などの様々なカテゴリ別の検索が可能な点が、掲載自治体数が同等の「総務省 ふるさと納税ポータルサイトとの違いと言えます。 こちら >> ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] ヘッドメニューに用 [続きを読む]
  • ふるさと納税のポータルサイト
  • ふるさと納税の実施自治体は、年々増える一方です。そして、自治体が増えるにつれて、情報収集にも苦労するようになります。申し込みや寄附金の支払いを自治体に対して直接行うというのも、少々無理があります。そのようなときに役に立つのが「ふるさと納税のポータルサイト」です。■ふるさと納税のポータルサイトとは「ポータルサイト」の「ポータル」とは、「玄関」や「入り口」といった意味です。つまりポータルサイトというの [続きを読む]
  • ふるさと納税 ポータルサイト
  • ふるさと納税の実施自治体は、年々増える一方です。そして、自治体が増えるにつれて、情報収集にも苦労するようになります。申し込みや寄附金の支払いを自治体に対して直接行うというのも、少々無理があります。そのようなときに役に立つのが「ふるさと納税のポータルサイト」です。■ふるさと納税のポータルサイトとは「ポータルサイト」の「ポータル」とは、「玄関」や「入り口」といった意味です。つまりポータルサイトというの [続きを読む]
  • 税金が安くなるのはいつからか
  • ふるさと納税は、自治体に寄附を行うことにより税金の控除が受けられる制度です。言ってみれば、寄附をした分だけ(2,000円を差し引いて)節税になるということです。節税になる税金は「所得税」と「住民税」ですが、それぞれの節税のタイミングやタイプは異なります。■所得税の還付所得税については、翌年度の税金から控除される(安くなる)のではなく、節税分が「還付」される形になります。自治体から送られてくる寄附金受領 [続きを読む]
  • ふるさと納税の返礼品に関する疑問
  • ふるさと納税の返礼品(特典)についての “よくある疑問” を集めてみました。■返礼品が届く時期は指定できるの?ふるさと納税の返礼品については、配達日の指定などはできないことがほとんどです。返礼品の届く時期は1週間後だったり、数ヵ月後だったり、自治体や返礼品の内容によっても異なってきます。多くの自治体では、「準備ができ次第お届けします」としていることが多いです。ですので、同時期に幾つもの寄附をしないよ [続きを読む]
  • ふるさと納税の寄附先に関する疑問
  • ふるさと納税の寄附先(自治体)についての “よくある疑問” を集めてみました。■寄附先は自分の生まれ育った土地でないといけないの?ふるさと納税は、「ふるさと」という言葉が使われていますが、寄附先は自分の生まれ育った土地(故郷)でなくても大丈夫です。ふるさと納税は、成人して自分の生まれ育った土地(故郷)を離れることにより、故郷の税収が減ってしまうという問題を解決するために作られた制度です。寄附という形 [続きを読む]
  • ふるさと納税 よくある疑問
  • ふるさと納税の実施自治体は、年々増える一方です。そして、自治体が増えるにつれて、情報収集にも苦労するようになります。申し込みや寄附金の支払いを自治体に対して直接行うというのも、少々無理があります。そのようなときに役に立つのが「ふるさと納税のポータルサイト」です。■ふるさと納税のポータルサイトとは「ポータルサイト」の「ポータル」とは、「玄関」や「入り口」といった意味です。つまりポータルサイトというの [続きを読む]
  • 受け取りから確定申告まで
  • 寄附金の支払いが終わると、自治体からは以下のものが届きます。  ①寄付金受領証明書  ②ふるさと納税に対する返礼品寄付金受領証明書「寄付金受領証明書」は寄附を行ったことを証明する大事な書類です。A4ぐらいの用紙であったり、あるいはハガキ形式になっていたりなど、自治体によって形式はバラバラです。さらに送付のしかたもバラバラです。  ①返礼品と一緒に届く場合  ②受領証だけが郵送で届く場合  ③広報誌 [続きを読む]
  • 寄附の申し込みと寄附金の支払い
  • 寄附をする自治体(欲しい返礼品)が決まったら、寄附の申し込みをして、寄附金の支払いを行います。この寄附の申し込み方法は大きく分けて2通りあります。  ①自治体に直接申し込む方法  ②ポータルサイトから申し込む方法自治体に直接申し込む方法自治体に直接申し込むには、まず「申込書」を入手しなくてはなりません。申込書については、郵送等で送ってもらう場合と、各自治体のホームページからダウンロードできる場合と [続きを読む]
  • 寄附する自治体を決める
  • 自分の所得や家族構成に応じた「ふるさと納税の限度額」を把握したら、次にすることは、寄附する自治体を決めることです。寄附をする自治体に決まりはなく、どこに行ってもよいのですが、選び方については幾つかのパターンがあります。自分が生まれ育った自治体に寄附をするふるさと納税の元々の趣旨から考えると、自分が生まれ育った自治体(故郷)に寄附をするのが最も自然なパターンです。就職などの理由で都会に出てきても、遠 [続きを読む]
  • ふるさと納税ワンストップ特例制度
  • ふるさと納税は、“寄附金について確定申告をする” ことにより税金の控除が受けられる制度です。そして、このことが今までふるさと納税のハードルを高くしていた原因のひとつでもありました。そこで、2015年4月に「ふるさと納税ワンストップ特例制度」というものが創設され、条件を満たした場合、“確定申告をしなくても” 税金の控除が受けられるようになりました。■ワンストップ特例制度とはワンストップ特例制度というのは、 [続きを読む]
  • ふるさと納税の流れ
  • ふるさと納税の大まかな流れは以下のようになります。  ① 寄附する金額を決める  ② 寄附する自治体を決める  ③ 寄附を申し込む  ④ 寄附金を支払う  ⑤ 返礼品と寄附金受領証明書を受け取る  ⑥ 確定申告をする■寄附する金額を決める寄附する金額を決めるには、「ふるさと納税の限度額」を知ることから始めます。ふるさと納税は、寄附をすることにより、自己負担額2,000円を除いた寄附金の分だけ所得税や住民税な [続きを読む]
  • ふるさと納税の手続き
  • ふるさと納税の実施自治体は、年々増える一方です。そして、自治体が増えるにつれて、情報収集にも苦労するようになります。申し込みや寄附金の支払いを自治体に対して直接行うというのも、少々無理があります。そのようなときに役に立つのが「ふるさと納税のポータルサイト」です。■ふるさと納税のポータルサイトとは「ポータルサイト」の「ポータル」とは、「玄関」や「入り口」といった意味です。つまりポータルサイトというの [続きを読む]
  • ふるさと納税の限度額
  • ふるさと納税をはじめるときに、まず最初にすべきことは「ふるさと納税の限度額」のチェックです。限度額は、その人の年収や家族構成によって異なってきます。限度額を超えて寄附をしてしまうと、自己負担額は2,000円を超えてしまいます。たとえば、限度額が3万円の人が5万円の寄附をしてしまうと、自己負担額は2,000円ではなく、2万2,000円になってしまうのです。せっかく寄附をするのですから、ラインぎりぎりのところで行いた [続きを読む]
  • ふるさと納税の限度額
  • ふるさと納税の実施自治体は、年々増える一方です。そして、自治体が増えるにつれて、情報収集にも苦労するようになります。申し込みや寄附金の支払いを自治体に対して直接行うというのも、少々無理があります。そのようなときに役に立つのが「ふるさと納税のポータルサイト」です。■ふるさと納税のポータルサイトとは「ポータルサイト」の「ポータル」とは、「玄関」や「入り口」といった意味です。つまりポータルサイトというの [続きを読む]
  • ふるさと納税の仕組み
  • ふるさと納税は、自治体に寄附をすることにより税金の控除が受けられる制度です。大ざっぱには、「寄附をした分だけ税金が安くなる」というのが “ふるさと納税の仕組み” であるとも言えます。■自己負担額と税金控除額寄附に対する実質的な自己負担額は2,000円です。寄附をした額から自己負担額である2,000円を差し引いた額が翌年の税金から控除されるのです。ただし、寄附額については上限が設けられており、その上限額を超えて [続きを読む]
  • ふるさと納税の仕組み
  • ふるさと納税の実施自治体は、年々増える一方です。そして、自治体が増えるにつれて、情報収集にも苦労するようになります。申し込みや寄附金の支払いを自治体に対して直接行うというのも、少々無理があります。そのようなときに役に立つのが「ふるさと納税のポータルサイト」です。■ふるさと納税のポータルサイトとは「ポータルサイト」の「ポータル」とは、「玄関」や「入り口」といった意味です。つまりポータルサイトというの [続きを読む]
  • 過去の記事 …