おうちコンシェルジュ さん プロフィール

  •  
おうちコンシェルジュさん: おうちレシピ
ハンドル名おうちコンシェルジュ さん
ブログタイトルおうちレシピ
ブログURLhttp://myhomerecipe13.blog.fc2.com/
サイト紹介文今知っておくべき、ちょっと先行く家づくりスタンダード。価値ある建物を未来に残しましょう。
自由文今知っておくべき、ちょっと先行く家づくりスタンダード。 耐震、省エネ、健康など目まぐるしく変化する家づくりの流れ。本当に大事なことに焦点をあて、価値ある建物を未来に残しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 5日(平均14.0回/週) - 参加 2017/08/15 17:51

おうちコンシェルジュ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 30年後に家が腐る!?
  • 今回は『壁体内結露』と家の耐用年数について。『家が病気の原因!?』で書いたこととは別の観点でお送りします。日本の家の耐用年数が30年ともいわれています。30年後に住めなくなるリスクがあるということです。その原因の一つが『壁体内結露』です。前回の記事でも記載したように、高気密・高断熱化がされてない木造住宅だと、壁の中で結露するというリスクがあります。結露とは水滴が発生することなのでカビのリスクもあり [続きを読む]
  • 家が病気の原因!?
  • 普段イメージしにくいことですが、住環境が病気の発症率に大きく影響しています。ヨーロッパでは国家予算の医療費負担を軽減するべく、まず取り組んだのが住宅の高性能化でした。住宅の高性能化とは、いわゆる高気密・高断熱にすること。これにより住居内の温度環境は安定化し、ヒートショックによる家庭内事故を激減させます。日本でヒートショックで亡くなる方は、交通事故で亡くなる方よりも多いのです。さらに、北海道が一番少 [続きを読む]
  • なぜ樹脂サッシにスポットが当たらなかったのか?
  • 『日本の窓のヒミツ』でも書きましたが、明らかに性能のいい樹脂サッシにスポットが当たらなかったのか?それは、表示する数値にあまり違いが無かったからです。これはサッシメーカーの陰謀で、当然ですが自分たちに有利になるように計算方法を定めていたからです。実は日本のサッシの断熱性能は、窓全体で計測します。それに対してヨーロッパはガラス+枠で算出するのです。これによって、表面上アルミサッシでも樹脂サッシに近い [続きを読む]
  • 日本の窓のヒミツ
  • 現在、家を建てるときに使っている窓の大半は『アルミサッシ』です。アルミサッシ+ペアガラスは、断熱性能が高く省エネルギーです。と書かれています。これが日本の窓の9割を占めています。これは世界的にみると珍しいことで、ヨーロッパをはじめアメリカなどでも住宅にアルミサッシを使うことはありません。では何を使っているのでしょうか?その答えは『樹脂』です。金属のアルミに比べ1000倍断熱性能がいいのです。なんと [続きを読む]
  • 2020年にあなたの家が違法建築になる
  • 驚くことに今現在、住宅の省エネに関する法規制はありません。ヨーロッパなどでは冬の室内温度を規定する法律があり、断熱が弱く寒い家を作ると罰せられる。日本でも福島第一原発の事故後、電気を使わない社会へと動きつつあります。そんな中、2020年から住宅の省エネルギー性能に対して最低基準を定め、義務化するロードマップが出ています。東京オリンピックも開催される2020年はそう遠くない未来です。知らずに現行基準 [続きを読む]
  • 過去の記事 …