箏の波 さん プロフィール

  •  
箏の波さん: 箏の波 Kotonoha
ハンドル名箏の波 さん
ブログタイトル箏の波 Kotonoha
ブログURLhttps://ameblo.jp/kotonohawave/
サイト紹介文お箏の音色をもっと身近に!をテーマに、お箏の通信教育、練習教材、演奏会情報を紹介しています。
自由文箏の波は、みなさまの生活に、少しでもお箏が身近に感じていただけるよう、
①初めての方には → 弾いてみる
②習っている方には → お稽古してみる
③音色を楽しみたい方には → 聴いてみる
という3つの柱でお手伝いをしております。
ブログでは、おこじょの「こじょ」と文鳥の「ぶん」が、日々のつぶやきを綴っています。
http://kotonohawave.wixsite.com/kotonoha
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 39日(平均9.0回/週) - 参加 2017/08/17 11:10

箏の波 さんのブログ記事

  • ぶんの神様
  • 箏の波 ぶんです。 書棚を整理していて久しぶりに懐かしいものを手にしました。小野照崎神社の御朱印です。 日付を見ると、訪れたのは平成27年。もう2年前になりますか。早いものです。 小野照崎神社は東京の入谷にある学問、芸術、芸事などに関わるお社でその昔、渥美清さんが願掛けをしたところその直後に寅さんの役のオファーがきたことはあまりに有名な逸話とされています。 またこちらは文鳥ファンの間でも超有名なんです [続きを読む]
  • 趣味は何ですか?
  • 箏の波 ぶんです。 今日は秋分の日。秋の祝日、皆さんは何をして過ごされていますか? 私は午前中、生徒さんと稽古をしていました。この方は会社に正社員としてお勤めされているのでこうして仕事が休みの時に来て下さっています。 休日の朝くらい、ゆっくり寝ていたいというのが本音ではないかとも思うのですが、「こうしてたまにお箏を弾くのがいい気分転換になるんですよ」とのこと。本当に嬉しいことです。 さて今日、その方 [続きを読む]
  • 演奏会の準備
  • 箏の波 ぶんです。 昨日は近々参加させていただく演奏会の準備をしていました。 今度の会は規模が大きく、参加人数も多数なため予め準備について細かな指示が配布されています。 それを見ながら指示の通りに1つずつ揃えていきます。まず磯にはラベルを貼って。。 琴柱にも1つずつ名前を貼って。 ゆたんには布を縫い付け、そこに社中と名前を書きなさいとのこと。 「あ〜、めんどく…」なんて言ってはいけません。これも大事 [続きを読む]
  • 百聞は一見にしかず!
  • 箏の波 こじょです。 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)では、外国人を対象に、様々な和の芸能体験プログラムを開催しているそうです。 演芸、日本舞踊、長唄三味線に続き、10月からは、箏曲も始まりますhttp://www.tokyo-tradition.jp/program/035/ 1時間で、前半が演奏鑑賞、後半が実際に爪をつけての体験とのこと。しかも、無料外国人でなくても、こういう機会があるといいですよね 日舞やってみたいな [続きを読む]
  • 柔らかアタマ
  • 箏の波 こじょです。 京都高島屋で「ぼくらが日本を継いでいく」という展示が開催されているそうです。 琳派や伊藤若冲の日本画と、初音ミクやリラックマ等マンガ・アニメが、同じ画面に描かれたコラボレーションです その作品は、不思議な情景でありながら、しっくり一体感を感じます。 この展示は、細見美術館が特別協力しています。細見美術館といえば、日本美術の権威ですよねでありながら、このような企画に一緒になって携わ [続きを読む]
  • 奈良に行ってきました。
  • 箏の波 こじょです。 三連休の土日、台風にめげずに奈良に行ってきました。修学旅行以来鹿です。態度がデカイので、かわこわ(かわいい&怖い)でも、アタマぐりぐり触ってきました土曜日は雨でしたが、風は無く。唐招提寺のお庭の苔にうっとり覚悟していた日曜日は、奇跡的な曇り時々晴れ あまりに久しぶりなので、今回は基本の王道コース。次回はもうちょっとマニアックなお寺や、まちなか散策楽しみたいな〜 箏の波ホームページhtt [続きを読む]
  • 男の子のお箏
  • 箏の波 ぶんです。 一夜が明けて、皆様、台風の被害はありませんか。今は北海道が大変な様子。どうかどうかご無事でお過ごし下さい。さて、たろちゃんママ様、記事の日から随分経ってしまいましたがリブログさせていただきます。 私、こちらの記事を拝見した時、何かのイベントでこの時だけ体験されたのかと思っていたのです。でも息子さんはきちんと教室に通ってらしたんですね。そのことを伺ってとても嬉しくなりました。  ☆ [続きを読む]
  • 読書三昧
  • 箏の波 ぶんです。 台風の影響が続いていますね。 既に通過した沖縄・八重山地方の皆様、ご無事でしょうか。 またこれから先は九州から北日本まで日本を縦断する形で進むとのこと。どうかどうか大きな被害がでませんように。 ぶんの住む関東エリアは今のところ静かで平穏な時間が流れています。 この三連休の外出を諦めた私は昨日、図書館で本を借りてきました。宮部みゆきの「ブレイブ・ストーリー」です。 もうだいぶ前に書か [続きを読む]
  • 箏の波のメールマガジン配信開始!
  • 箏の波 こじょです。 本日はまたまた、宣伝でございます。 箏の波の情報は、こちらのブログや、Facebookでも発信しておりますが、いちいち、チェックするのが面倒くさいそんな貴方に朗報でございます 10月より、メールマガジンを配信することになりました。毎月一回、皆様のお箏LIFEや、お稽古に役立つ情報をお送りして参ります あれこれチェックする必要もなく、自動的に情報がお手元に届きます是非、ご登録なさって、ご活用くだ [続きを読む]
  • おもてなしの心
  • 箏の波 こじょです。 家の用事で、成田空港第一ターミナルによく行きます。ここのターミナルの建物と駐車場の間に、小さいながら、「蓮の和風庭園」があります。 もともとあった庭園をリニューアルし、「東京オリンピック・パラリンピックに向けて、年々増え続ける海外からのお客様に、可憐な蓮の花と和風庭園を楽しんでいただきたい」(成田国際空港会社NEWS RELEASEより)とのことで、2015年6月22日にオープンしたそうです。 こ [続きを読む]
  • 忍耐の先にあるもの
  • 箏の波 こじょです。 今年も栗の季節がやってきました毎年、山のようにいただきます。とってもありがたいことです 一部はひと晩水につけて、渋皮まで綺麗に剥いて、生栗として保存栗ご飯や、鶏肉とゴボウと煮る用 一部は軽く茹でて、鬼皮だけ剥きます渋皮煮用 鬼皮剥く時に、渋皮が剥けちゃったのは、渋皮も剥いて茹で栗として保存お菓子やピザの具(ブルーチーズとキノコのピザ)用 皮剥くだけで4〜5時間渋皮煮は、そこから重曹で煮 [続きを読む]
  • 追加のご案内
  • 箏の波 ぶんです。 昨日のこじょさんからのお知らせに追加してぶんからも1つご案内させていただきますね。 新しく販売開始となりましたKOTOLEKKO『紅葉』の試聴動画はYou Tubeでもご覧いただくことが出来ます。 またYou Tubeには箏の波のチャンネルもあり、そちらからですと、箏の波でご提供している全ての試聴動画を一気にご覧頂くことも可能です。 良かったら是非ご登録いただいて日々のお稽古にお役立て下さいませ。 お箏の [続きを読む]
  • KOTOLEKKO「紅葉」
  • 箏の波 こじょです。 先日予告しておりました、KOTOLEKKOの新曲「紅葉」を販売開始いたしました KOTOLEKKOとは、お箏初心者の方でも合奏が楽しめる、箏の波オリジナルの音源シリーズです。 1箏は、簡単なメロディーパート2箏は、それを彩る素敵な伴奏パート二つ合わせて、ぺんぱいなっぽーあっぽーぺんではなく 皆様ご存じの曲が、華麗な一曲になっております楽譜も付いておりますので、すぐにご利用になれます。 秋のイベントシ [続きを読む]
  • 糸締め
  • 箏の波 ぶんです。 9月下旬の会に備えてお箏の絃の張替えをお願いしました。 お箏の世界では絃の張替えのことを「糸締め」と言います。今回お願いしたのは2面。本番の舞台用は「新糸」でお稽古場用は「天地」でお願いしました。 …って、皆さん、何のことかお分かりになりますか 【新糸(あらいと)】というのは 文字通り「新しい糸に張りかえる」ことです。箏から糸を外して、全て新しい糸に替えることを言います。【天地(て [続きを読む]
  • 9月10日は「箏(くとぅ)の日」
  • 箏の波 こじょです。 今や、365日何かしらある「○○の日」 本日9月10日は、琉球箏曲の「箏(くとぅ)の日」とのこと。「箏に感謝をささげ、その魅力を発信しよう」と2001年に設定され、毎年記念演奏会が催されているようです。写真は、琉球新報社さんの記事に載っていた昨年の様子です。ところで、皆様「琉球箏曲」をご存じですか楽器は、同じ「お箏」です(絃の張り方はちょっとゆるめのようです)。もともとは琉球王朝の宮廷で [続きを読む]
  • 和楽器バンドのCM
  • 箏の波 ぶんです。 木曜夜10時に放映されていた「セシルのもくろみ」終っちゃいましたね。ご覧になっていましたか? 視聴率が低調で、打ち切りになってしまったとか。ぶんは何気に毎週見てたんですけど。 で、今日の話題はそのことではなくて。その時間帯に流れていたCMです。 和楽器バンド 今までリアルタイムで見ることはほとんどなく、録画したものを飛ばして見ていたので気付きませんでしたがこのCMはいつから流れていたん [続きを読む]
  • 箏の波 商標登録
  • 箏の波 ぶんです。 baynthy23122さま、昨日は嬉しいコメントをありがとうございました。 せっかくなので、こじょさんの返信に補足して今日は “ぶん” こと私から箏の波の由来についてご紹介させていただこうと思います。 箏の波のそもそもの起こりは、私の教室用に作ったKOTOLEをもっと多くの人に利用してもらえないか…と思ったことでした。インターネットからダウンロード出来る様にすればうちの生徒さんだけでなく、みんなに [続きを読む]
  • 見ること、聴くこと。
  • 箏の波 こじょです。 近視です。以前はコンタクトをしていましたがやめまして、今は、裸眼+メガネ生活。使っていたメガネの度数が合わなくなってきたので、レンズを変えました おお、お箏の向こうにある楽譜がよく見えるよく見えなくて、左手で持ったりしてました押手出来ないし でもでも、宮城道雄大先生は、何にも見ないで弾いていたのですよ。記念館には点字の楽譜もありましたが、あれはきっと記録用ですよね。点字触りながら [続きを読む]
  • 着せ綿
  • 箏の波 こじょです。 9月9日は重陽のお節句。長寿を祈る菊のお節句ですね 花より団子のこじょは、これが欠かせません。和菓子の、着せ綿 もともとは、前日の夜、菊の花の上に真綿を置いておき、翌朝(9月9日)、菊の香りと夜露を移した綿で、体や顔を拭うと不老長寿になる、と信じられていた風習とのこと。新暦になり、あまり行われなくなりましたが、和菓子の世界では、ちゃんと残してくれています。菊の花に綿を載せた意匠です [続きを読む]
  • 五木ひろし×観世能楽堂
  • 箏の波 こじょです。 夕べ、テレビを見ておりましたら、「五木ひろし 日本のこころを謡う」という番組をやっていました。http://ssl.bs-asahi.co.jp/itsukihiroshi2017/ これ、五木ひろしさんのコンサートなんですが、何がすごいってGINZA SIXの観世能楽堂で、邦楽器のみで演奏されているのです 橋掛かりに、お三味線2丁正面奥の後座に、お箏と十七絃箏向かって右の地謡座に、笛・大鼓・小鼓 五木ひろしさんの歌を、ちゃんと聴い [続きを読む]
  • blue Monday
  • 箏の波 ぶんです。 月曜日。一週間の始まり!と元気良くいきたいところですがなんだか今日はどんより気分。 涼しくて、稽古するには格好の日和なんだけどどうしても気がのりません。もう諦めて爪をはずし、残る時間はのんびり過ごすことに決めました。 まぁ、こんな日もありますよね。 箏の波ホームページhttp://kotonohawave.wixsite.com/kotonoha [続きを読む]
  • 大願成就
  • 箏の波 ぶんです。 昨日のこじょさんの記事を受けて、今朝、我が家のダルマに目を入れました。 こちらのダルマは昨年、高崎のお土産としていただいたもの。実はちょうどその頃、箏の波 Methodの構想作成に日夜頭を悩ませていたもので、「これはきっとこのダルマ様が助けて下さるに違いない!」と大成を祈願して開眼させたのでした。 そして約一年半の月日が経ち、この度ようやくメソッド完成。おかげ様でご利益叶って、見事両目 [続きを読む]
  • 箏の波Method初級コース!
  • 箏の波 こじょです。 本日は、がっつり宣伝させていただきますぶんさんと準備を進めて参りました「箏の波Method初級コース」大幅リニューアルして、販売再開となりました お箏を独学で学べる「箏の波Method」全くの初心者の方でも、動画をダウンロードして、いつでもどこでもお稽古が出来るお箏のe-learningです 入門コースは、定期的に配信される動画を見ながらのお稽古ですが、この度、初級コースは課題曲1曲ごとにダウンロード [続きを読む]
  • 音楽は美しいもの
  • 箏の波 ぶんです。 今日から9月。夏も終わりますね。そろそろ読書の秋。昔読んだ話をふと読み直したくなって図書館で本を借りてきました。 山本周五郎作『鼓くらべ』です。 確か中学の頃の教科書に載っていた話ですので記憶にある方も多いのではないでしょうか。城中で催される打ちくらべで鼓の腕を競い合う。その “鼓くらべ” にまつわるお話です。 なぜ今頃この話を思い出したのかというと。。 先日の「青春!」の話からなん [続きを読む]
  • 3.カンガルーの皮の三味線
  • 箏の波 こじょです。 行って参りました東京邦楽器商工業協同組合のイベント「東京三味線・東京琴展示製作実演会」の続きの続き 中学生とプロの演奏です。それぞれ素晴らしい演奏で、とっても楽しませていただきました ここでは、カンガルーの皮三味線を聴かせていただいたので、その感想をご報告いたします通常三味線の皮は、猫や犬の皮を使いますが、動物愛護や輸入物問題で、近年は大変手に入りにくくなっているそうです。そこ [続きを読む]