本貴田英工 さん プロフィール

  •  
本貴田英工さん: 週刊ストーリーランド元作家 本貴田英工
ハンドル名本貴田英工 さん
ブログタイトル週刊ストーリーランド元作家 本貴田英工
ブログURLhttps://ameblo.jp/storyland/
サイト紹介文ぴったりのブログ を見るかどうかは、お客様の考え次第でございます
自由文週刊ストーリーランド元作家&アドバイザー
BI出版代表 電子書籍作家 『パウロの後継』著者:本貴田英工 発売中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 36日(平均8.9回/週) - 参加 2017/08/18 20:37

本貴田英工 さんのブログ記事

  • A Place In the Sun / 愛のみが なせる わざ
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(理系 さん)「自分のお気に入りは、無戸籍の圭太ですね。シングルマザーの母親を守るために、愛人の佐々山の自転車をこっそり直したり、朝食を作ってあげたりと甲斐甲斐しくて。本当は小学校に行きたいんですが、ランドセル一つ買うにもお金がかかるんで遠慮するって子でして。けど、佐々 [続きを読む]
  • マズロー先生との出会い / 学問とは、最高の感動
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(しりもち さん)「時間軸で見ると、栄京大学教授一家拉致殺害事件から始まり、その後連続狙撃事件が起こりますが、その間12年間なんですね。空間的にとらえると、東京、京都、西アフリカのリベリア共和国を舞台にしていると。さらに人物で見ると、日本人、リベリア人、トーゴ人が登場し、 [続きを読む]
  • マイリトルヒーロー・父の少年時代編 / 空白の十年
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(ヤマ さん)「生きる意味を考えさせられました。それに、連続狙撃事件を起こす「悲しみの人」もイエス・キリストをなぞらえた表現だと思いますが、まさに人々に見捨てられたこの悲しみの人に与えられた苦しみは、各章の聖書の言葉にヒントが隠されていたんですね。パウロと南森家に共通し [続きを読む]
  • マイヒーロー・アンディ / マイリトルヒーロー・圭太
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(宇宙 さん)「全く異なる世界で、生きている者たちが、【悲しみの人】が仕掛ける連続狙撃事件や爆破事件に巻き込まれていきます。実は、罠に陥れられていく者たち全員が、12年前に栄京大学教授一家殺害拉致事件を起こした秘密結社ポロに何らかのかかわりがあったんですね。秘密結社ポロ [続きを読む]
  • マイヒーロー / 愛する人へダイブ
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(しりもち さん)「時間軸で見ると、栄京大学教授一家拉致殺害事件から始まり、その後連続狙撃事件が起こりますが、その間12年間なんですね。空間的にとらえると、東京、京都、西アフリカのリベリア共和国を舞台にしていると。さらに人物で見ると、日本人、リベリア人、トーゴ人が登場し、 [続きを読む]
  • 走る / 向学心
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(ときめき さんより)「夢中になって一気読みしました。坂本瑠花という女の子が、すごくチャーミングですね。自分の弱さと真剣に向き合える、強い子です。相手が男だろうと、首根っこをつかんですごむ描写(たぶん、3回くらいあります)とかもいいです。実の兄を毛嫌いしますが、じつのと [続きを読む]
  • ひぉーっ! / フォッォー!
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(しりもち さん)「謎の人物が何人も出てきては、罠を仕掛けていきますが、実はそれが一人の人物で、その人こそ、悲しみの人だったんですね。しかも、その罠ってのが、全て、瑠花に宛てたメッセージだとは気づきませんでした。まさか、まさかが続く展開に、もう鳥肌が立ちましたし、何度も [続きを読む]
  • 人間の脳の不思議 / 生きるとは何か?
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(ときめき さんより)「夢中になって一気読みしました。坂本瑠花という女の子が、すごくチャーミングですね。自分の弱さと真剣に向き合える、強い子です。相手が男だろうと、首根っこをつかんですごむ描写(たぶん、3回くらいあります)とかもいいです。実の兄を毛嫌いしますが、じつのと [続きを読む]
  • 無口の少年もおしゃべりな男も同じ自分 / 吠える!
  • パウロの後継(完全版): 悲しみの人はルカに問う (BI) [Kindle版]本貴田英工(週刊ストーリーランド元アドバイザー)BI出版代表読者の感想(ときめき さんより)「夢中になって一気読みしました。坂本瑠花という女の子が、すごくチャーミングですね。自分の弱さと真剣に向き合える、強い子です。相手が男だろうと、首根っこをつかんですごむ描写(たぶん、3回くらいあります)とかもいいです。実の兄を毛嫌いしますが、じつのと [続きを読む]
  • パンの物語
  • どんな物語が具体的にあったかは、自分の胸の内のみにしまっておきます。 ただ少し、表面上をなぞらせてください。 心が清らかという表現とは少し違っておりまして、愚直なくらいにひたむきなんですよね。そのまっすぐな誠実さってのに、人は惚れますよ。そういうえば、昨日のブログでも、ゴルファーの松山英樹さんのことをつづりましたが、そういう人間の心につい、ほだされるのでしょうね。 なにぶん、親子の愛情や、男女の恋愛 [続きを読む]